田中求之的日々の雑感 アーカイブ

このページは田中求之的日々の雑感の2021年08月分のアーカイブです。ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

21年08月02日 11時20分 着信

昨日の午後に4クルー目の抗癌剤治療のために入院。前回同様に1週間の入院予定。昨日から点滴が始まり、先ほど、抗がん剤の投与が始まった。

治療の経過や体調などについては、これまで同様に、ここには書かずに Twitter の方に書く。

前回は入院中にエミュレータにハマった日々を送ったが、今回はおとなしく?、読書中心の予定。迷ったけど、読みかけのまま中断したくなくて『言語存在論』も持ってきた。

21年08月05日 09時36分 着信

今回の入院では mac 関係にはあまり手をつけていなかったのだが、今朝から、かつての appleScript ML での記事を再読したり、エミュレータ上で General Magic のエミュレータ(開発用・デモ用)を動かしたりしている。先日、General Magic の映画を見た時にも思ったが、やはりこれを実現するには技術が追いついてなかったんだなと強く感じる。これが今の iPhone (だと画面が狭いかな)あたりで動けば、仕事には十分な感じはあるよな。

FF III のリメイク版が出ていて、2D だということで、購入してしまった。この後 IV, V, VI が出てくる予定だが、さて……

21年08月07日 14時12分 着信

予定通りに退院。その後、マシンのチェックとセットアップのために研究室に来た。くそ暑い。これから本屋に寄って帰る予定。今回の抗癌剤投与は副作用がまだそれほどキツくないのは、体が慣れてきたのか、それとも効果が遅れているのか。ま、体が楽なのはありがたい。

21年08月09日 10時54分 着信

台風の影響でこの後、雨風が強くなりそうなので、午前中のうちにちょいと研究室に来て、本を探したり、サーバのメンテナンス。ついでに、ヤフオクで OS9 ブート可能な Mac mini を手に入れたので、それをちょいといじっていた。さすがに音が静かだ。ただ、サーバにするには作動が不安定なので、やはり開発・メンテナンス用のマシンとして使うことにする。

先日、ディスク交換でトラブった AppleShareIP サーバを、改めてディスク交換して再構築。今回は作業ごとに丹念にチェックして進めたので、これでしばらくは問題なく動いてくれるかな。

そういや、先週の入院中は病室でずっと Spotify を流しながら本を読んでいたのだが、検診にくる看護師さんや清掃などのスタッフの方に、この部屋に来ると気持ちの良い BGM が流れていると、なかなか好評だった。確かに Spotify の MIx なんかの選曲は、なかなか良いなと自分でも感じる。

21年08月09日 10時58分 着信

FF III もぽちぽち進めているのだが(最初の段階である程度のレベル上げをしておくのが自分のやり方なので、進行は遅い)、iPhone がけっこう熱くなる(バッテリーも消費する)。たぶん、今まで使ったアプリの中でも、ここまで熱くなるのはなかったように思う。2D とはいえ、グラフィックや音楽に凝ってるので(コントロールの反応も悪くない)、そのせいかしら。

21年08月10日 09時45分 着信

やはり AppleShareIP のファイルサーバに 500G のディスクをつけて大量にデータ転送を行うと(バックアップなど)、サーバの挙動がおかしくなる。IDE のディスクの熱対策が不十分(かなり狭いスペースに押し込むことになっている)なのではないかと思うが、こればっかりは構造上の問題なのでしょうがないか。結局、元のディスクに戻したのだが、このディスクも気をつけないといけないかな。まぁ、いっそ SSD にしちゃうという手はあるのだが、普段はそんなに使わないサーバだしな。ま、しばらく考えよう。

昨日の午後から台風の影響で雨風が強かったのだが、峠は超えたようだ。

21年08月10日 10時22分 着信

今日は天気はいまいちだが、気温は低めだな。用事は大体済んだので、早めに切り上げて、『カントの自己触発論』でもこってり読むことにするかな。

21年08月10日 12時57分 着信

思い立ったが吉日ということで、AppleShareIP のサーバを SSD にした。手元にあった SATA の 250G をアダプタを介して IDE に接続した。

さて、雨も上がったようだし、今日の作業はこれくらいにしておくかな。

21年08月10日 17時15分 着信

人生初の JBL のスピーカー(小さなデスクトップ・モニターだけど)が届いた。あたりまえだが、これまで使ってきた Sony のデスクトップ・スピーカーとは音が違う(比較する方が間違ってるけど)。

21年08月11日 08時48分 着信

やはり AppleShareIP の挙動がおかしい。どうやら、ディスクの交換とかあれこれやってるうちに、不具合が生じたようだ。なので、AppleShare IP の使用を止めて、ファイル共有は OS のを使い、その他のサーバは、個別に立ち上げることにした。それでもネットワーク経由で一気に転送を行おうとすると、挙動がおかしくなる(このへんはディスクのI/O がらみという気もするが)。このへんは、しばらく放っておいて、データのバックアップは別のネットワーク・ストレージに集中させることにした(OS 9 から直接アクセスできないのが、ちょっと不便だが)。

今週の平日は夏休みをとっているのだが、なんとなく朝から研究室に来てしまっている。どうせ来たならとあれこれやっているうちに結構時間が経つ。

抗癌剤の副作用がすこし強めに出てきた。その点では、今週は夏休みでよかったかな。

21年08月12日 09時46分 着信

今日も研究室に来てしまった。今日は自宅で文献の読み込みなんかをする予定だったのだが、サーバの設定に関するちょっとしたことを思いついてしまって、え〜っい、行ってしまえと自宅を出たのだった。抗癌剤の副作用がすこしきつい時期に入ったので(これまで通りの経過なんで問題はないと思うが)、なんか落ち着かないというのもある。

『カントの自己触発論』が、概念主義のマクダウェルを論じていて、やっぱりそうくるよなぁと面白い議論。イナクトメントを自己触発とするのは、組織論なんかの参考になる。用が済んだら早めに自宅に戻って読み続けよう。

21年08月12日 09時50分 着信

作業ついでに、Mac 関連情報のページで BiND で作成した、今となっては古臭くなってしまったページ(レイアウトや情報が)を削除した。結局、BiND 導入前に自分でタグ打ちで作ったページが残った。これで、このサイトの情報のうち、BiND で作成したページで残っているのは、情報システムの過去の講義ノートだけのはず。

21年08月12日 11時08分 着信

Big Sur のアップデートが出ていたので、サーバの作業の間にサクッとアップデート。

21年08月16日 11時18分 着信

今日も副作用がちょっときつめ。

VMware が個人使用なら無料になったということで、インストールして、Parallels から Mavericks を取り込んでみた。当たり前だが、普通に動く。macOS (OS X)のエミュレートはこっちにして、Windows は Parallels にするという使い分けでいくかな。

週末は読みかけになっていた本をあれこれ読んだり、自宅のマンガの整理など。

21年08月17日 09時28分 着信

次女と父親の墓参りに行ってから、次女を駅まで送って大学に来た。

このところの AppleShare IP のドタバタだが、昨日、ずっと使ってきた 160G HDD に戻して、ディスクをイニシャライズして、システムからすべて新規インストールし、運用を再開した。システムとサーバシステムを新規にインストールしなおしたこともあってか、キビキビと動くし、大量のデータ転送で固まることもない。PM G3 の最初のマシンで PCI 導入期ということもあってか、やはり IDE の HDD というのがバランスよく運用できるようだ。

今日はこってりとバーナードの電子化の作業に取り組む予定だが、さて。

21年08月17日 12時17分 着信

そういえば、昨日の AppleShareIP のクリーン・インストールの際に、これまで長年使ってきたシステムフォルダの中身を色々とみていたら、フォント用のフォルダの中にサウンドのファイルが入っていて、それを時報に鳴らしていたことを思い出した。サウンド関連のリソースは System ファイルに組み込むのが普通だったけど、システムをいじるのはリスクがあるので、こういう方法でリソースの追加を行なっていたなぁ、と思い出したのだった。しかし、長年あれこれ使っていると Preference (初期設定)のフォルダの中に、これって何のやつ?ってのが山のように溜まっていたのであった。中には記録し忘れた昔のシェアウェアのシリアル(登録)情報が残っていたりするので、とりあえずフォルダ丸ごと保存しておくことにしたのだった。

21年08月17日 14時32分 着信

普段も胃ろうからの栄養&水分摂取(注入)を行うようになって、ネットで水分補給とか使用する栄養剤のことなどを調べたりしたのだが、やはり?、高齢者介護での胃ろうの使用に関する記事で、自分の場合はちょっと違うよなという内容のものが多かった。まぁ、自分も高齢者に近づいているのは確かなんだけど。だいたい、本人が栄養剤や器具を準備し、自分の身体の反応を確かめながら操作するなんてことは想定されてない。ただ、自己流はさすがにちょっと危ないかなという感じなので、色々な情報をサーベイしておくことは必要だとは思っている。

21年08月18日 09時48分 着信

このところ雨が続いているが、気温はそれほど上がらない。お盆も過ぎたということで、暑さのピークは超えたのかな。

電子化したデータの校正をかねつつ、バーナードの Organization & Manegement を最初から読み直している。とりあえず、決定論ノートに関係ありそうな箇所を探るのが目的だが、原文で読み直すのは久しぶりなので、見落としていた表現などにも気をつけつつ。しばらくはこの作業かな。

Amazonで胃ろう用の道具を注文したのだが、栄養剤とかシリンジなどがAmazonで買えるのは助かる。というか、そうでなければ自分で面倒を見るなんてことはできない(ドラッグストアは売れるものしか置いてないので頼れない)。ありがたいことである。

21年08月18日 15時15分 着信

こってりとバーナードに取り組んでいたら、さすがに頭が疲れた。今日はここまでにしておこう。この後は気分転換に Software Design でも読もう。

21年08月19日 09時43分 着信

朝からサーバの CGI のプログラミング。AppleScript でサクッと新機能を実装した。たいした機能ではないが、思いついたらすぐに実装できるのは自前サーバの強みだな。やはりプログラミングは楽しい。

今日もスッキリしない天気である。

この後は、昨日に引き続いて、コッテリとバーナードの再読&校正作業。

21年08月19日 13時30分 着信

CGI に追加した機能は問題なく動いている。で、まぁ、よくある話だが、これがいけるならあれもいけるか?と思いついてしまうものなのであった。まぁ、急を要するような機能ではないし(いまさら自分のサーバに急を要するものなどないけど)、しばらくアイデアを寝かせておくことにしよう。久しぶりに Inside Mac も確認しないといけないし。

21年08月20日 08時28分 着信

ヤフオクで手に入れた PM G4 用の STAT ボードが届いたので、さっそく装着してテスト。ディスクは SCSI で認識されるため、これまで ATA 変換アダプタで使っていたディスクも改めて初期化する必要がある。とりあえず、今、メインで使っている SDD はしばらくそのままにしておくことにした。サーバ機の G3 B&W は、同じように SCSI で接続される STAT ボードを使っているのだが、ATA 変換よりも安定しているように思うので(SDD 自体の不良でディスク交換したことはあったが)、いずれはこちらに切り替えかな。まずは起動などのテストをしてからかな。

PM G4 MDD を入手して以来、ヤフオクで Mac の古い周辺機器やパーツをチェックするようになり、つい買ってしまうものも増えた。今もいくつか動向をチェックしている品がある。

今日は訳者の方から贈っていただいた『「誤差」「大間違い」「ウソ」を見分ける統計学』をまずは読む。昨日から読み始めているのだが、面白い。その後は、バーナードの精読&校正作業。英語の文献をマジで読み続ける(しかも OCR のミスを見つけるために単語レベルで、ここにこの語でいいのか?というチェックしながら)のは、けっこう疲れる。

……とはいいながら、昨日手を入れた CGI の新機能の改良を思いついてしまったので、そっちに手を出してしまいそうだが……

21年08月20日 11時20分 着信

やはり SATA-SCSI の方が、STAT-ATA よりも安定して高速な感じがするんだが、これは PM G4 の ATA の規格が古いからということもあるだろうな。たしか、当時は、上位の規格の SCSI は ATA より高速だったはずだし(Mac 内蔵の SCSI は遅かったけど)。

さて、午後は、やはり気分転換にプログラミングかな。

21年08月20日 13時18分 着信

『「誤差」「大間違い」「ウソ」を見分ける統計学』を読み終わって、統計についての基礎ゼミのネタに使いたいエピソードがあったのだが、さて、来年度の基礎ゼミはどうなるかな。抗癌剤の副作用の喉頭の腫れは、来年度までには治っていると思いたいけど、こればっかは自分の身体次第なんで、わかんないな。9月の検診で、今後の治療がどうなるかもあるし。まぁ、なるようにしかならないわけだが。

CGI の改良はあっさりと終了。自分でスクリプトを書いて処理しなければと思っていた機能は FaceSpan が最初から組み込んでくれていた。やっぱ良くできてるわ、FaceSpan は。

21年08月20日 15時41分 着信

この週末のお楽しみの本が自宅に届いたようだ。小説とブルーバックスとドキュメント。

21年08月23日 11時46分 着信

週末は自宅で読書。『スピルオーバー』など。あと、バーナードの再読&校正も進んだ。とりあえず目処にしていた「組織の概念」まで、今日中には終了する予定。

今日は朝から Mac 関連の作業。PM G4 のメインディスクの SSD を ATA-STAT 変換から、PCI のSCSI-SATA 変換に切り替える作業を行い、これまで使っていた SDD は取り外す。また、OS X は HDD の方にインストールすることにして、その作業など。このところ、Mac OS X 10.4 を何度かインストール作業をおこったのだが、Mac OS X 10.4 だと、いまだに Software Update で更新ができるのには感心する。

その後、かつての同僚が置いていった Mac mini (G4)を分解して HDD を取り出しておいた。この Mac mini は OS X 10.4.11 がインストールされていたのだが、起動しなかったり、起動してもしばらくすると終了してしまうようになっていた(おそらくロジックボード関連かな)ので、再利用は諦めて、使える HDD だけは取り出しておくことにした。Mac mini の分解は久しぶり。アップルの修理用マニュアルが手に入ったので、それを見ながらサクッと作業を進めた。とはいえ、IDE(ATA) の 160G (2'5) のディスクって、特に何かに使えるわけではないのだが。データ保存用にでもするかな。

このところの Mac 関連の整備作業で、ずいぶんと放置したままになっていた、かつて使っていた HDD を動かしたりしていたのだが、故障していなければ HDD はちゃんと動く。10年ぐらい放っておいたやつでも大丈夫だ。インターフェースは USB に変換するアダプタを使えば、最近の Mac につなげることができる(SCSI のディスクは無理だが)。そういう点では、HDD のデータを保存しておいてしまっておくというのは、デジタルデータの保存法としては悪くないのかもしれない。少なくとも、自分の感覚では、CD-R や DVD-R に焼いておくよりは(時々動かして確認する作業をすれば)、確実な気がする。

21年08月24日 10時09分 着信

eSATA-SATA のケーブルで、SATA の HDD をサーバ機の内部に一つ追加。eSATA の外部端子から PCI の空いたスロットを経由して内部にケーブルを引き込み、電源は内部の ATA 用から変換ケーブルで接続、といういささか変な接続方法ではあるが、ディスクは問題なく使用できる。主にバックアップなどに使う。eSATA に接続するような外部記憶装置を持ってない(というか、売ってるのかな?)ので、ずっと使わないままになっていたのだが、これで SATA の2系統を共に使えるようになった。まぁ、これも必要というより、できるからやってみたという感じではあるが。

バーナードの決定論ノートの読解の作業をぽちぽちと。『組織と管理』の関連箇所はほぼ洗い出したので、今日はウォルフ氏との対話からのポイント抽出と、サイモンの『経営行動』の原文確認などの予定。

ヤフオクで落札した PCI の Firewire ボードが今日届くはずなので、昨日届いた USB ボードと一緒に、明日、ファイルサーバの PM G3 に取り付ける予定。MacOS 9.1 で動かしているので、ドライバなしで認識するはずなのだが、さて。

21年08月24日 13時32分 着信

抗癌剤投与で入院すると、夜中に点滴の交換などがあるので、生活のリズムが崩れるのだが、それをまだ引きずってる感じ。夜中に目が覚めて、寝れないので起きてゴソゴソとネット見たり本を読んだりしてしまう一方で、夜はかなり早い時間に眠くなってしまう。まぁ、今はこのままのリズムでもそれほど困らないのだが、もうすこし「普通」に戻した方が良いだろうな。

21年08月25日 10時20分 着信

ヤフオクで入手した PCI の USB と Firewire のボードを AppleShareIP サーバにしている PowerMac G3 Mini-tower に取り付けた。ボードはちゃんと認識され、MacOS 9 .1 インストーラの追加インストールでドライバを入れたら、USB と Firewire がサーバでも使えるようになった。これでネット経由でなくても、いろいろなデータなどの保管場所として使える(そもそも OS X だとネット経由でも、もはや接続できないし)。久しぶりにフルオープンにした G3 はホコリがたっぷりで、ボードの取り付けより掃除の方が時間がかかってしまったのだった。

21年08月25日 12時43分 着信

ウルトラマンのイデ隊員(を演じた二瓶正也さん)が亡くなったのか。イデ隊員、好きだったなぁ。まぁ、多くの人がそうじゃないかと思うが、思い出すのはジャミラの話かな。あと、メカがかっこよかったのだ。

21年08月25日 14時58分 着信

バーナードの読解に疲れたので、SoftwareDesign の9月号を読んでいる。特集がメモリー管理で、これを読んでいると、osax を作っていた時、自分で確保したポインターやハンドルの開放し忘れがないか、1000回単位でループ回して、ZoneRanger でヒープの空き状況をモニターするテストをしつこくやっていたことを懐かしく思い出した(あと確保されてないポインターやハンドルを不正に呼び出してないかも。これは MacsBug に落ちるようにしてあった)。一回呼び出して作業が終わるような、通常のスクリプティングでは問題が表面化しないことも多いが、なんせサーバの CGI で何度も呼び出すものだったので、メモリー管理のミスは致命的だったのだ(MacOS サーバの再起動は、マシンのところまで行かないと無理だし)。Toolbox (MacOS の API)を呼び出す際などの構造体は自分でヒープ上にメモリー確保するようにしていたので、NewPtr や NewHandle を呼び出さない osax なんて作らなかったので、メモリーの管理だけは気をつけていた。 ……そういうレベルまで突っ込むようなプログラミングは久しくやってないな。この先も、たぶん、無いような気がする。

21年08月27日 12時12分 着信

昨日は体調がいまひとつだったので、自宅で『中世の写本ができるまで』を読み耽っていた。『中世の写本ができるまで』は、印刷もすばらしく、内容は知らないことばかりで刺激的であった。このところ、研究費などで請求した本がどんどん届いて、読みたい本が山積み状態なのだが、この週末はどれに手をつけるかな。

バーナードの読解がらみで、バーナードも言及してる経済学者ということで、フランク・H・ナイト『リスク、不確実性、利潤』を研究費で購入したんだが、こんな感じで、そういやあの人/あの本は…… ってな感じで本はどんどん増えていくのであった。

21年08月27日 15時29分 着信

ヤフオクで入手したマシンの環境整備などもひと段落ついたので、現在使用中の Mac などを Mac 関連情報のページに載せておいた。久しぶりに HTML と CSS をポチポチと手打ち。

ついでに?、PreProcessor のプログラムの更新も行なった。REALbasic 4 でのプログラミングなんだが、久しぶりなので MemoryBlock の扱い方などを Language Reference で確認しながら作業。

21年08月27日 16時19分 着信

PreProcessor にバグ発見。ついでに、ちょっとだけ高速化(といっても、体感上はまったく変わらないはずだけど)の方法も思いついた。やっぱ久しぶりにプログラミングすると、気配りする点などを見落とすなぁ。

21年08月28日 06時18分 着信

朝起きて、布団の中でぼ〜っとしてたら、PreProcessor の改良が思い浮かんだ。そうなると、すぐにテスト&実装したくなって、週末のこんな時間なのに、研究室に来てしまった。実機に直接じゃないとプログラムの書き換えもできないというのは、セキュリティ的には安全なんだが、こういうときには困ったもんではある。

PreProcessor の改良は済んだ。この投稿はテストも兼ねている。うまくいくかな?

夜明けの道を Fusion 流しながら走るのは気持ちよかった(信号も大半が点滅なので、止まることなく走り続けられたし)。

21年08月30日 10時34分 着信

なんかすっきりしない天気である。体調も万全ではないが、まぁ、なんとなくこれが「日常」になってきたかなという感じはある。

昨日は自宅でもっぱら xojo のドキュメントを読んできた。REALbasic の後継の開発環境である。ちょっと普段使っている MacBook で動くアプリが欲しくなってきたので、調べてみることにした。

21年08月30日 12時13分 着信

サーバの CGI (PreProcessor と PostProcessor)にまた手を入れてしまった。こういうのって、ちょっといじり始めると、不思議とアイデアが湧いてくるんだよな。普段はこんなもんかなと使っていても。

さて、午後はバーナードの決定論ノート読解の作業だ。

21年08月31日 08時20分 着信

今朝も早めにきたので、また CGI に少し手を入れてしまった。ついでに?、このところ CGI や補助ツールに手を加えることが増えてきたので、今更ながらだが、バージョン管理ソフトである VOODOO をサーバで使うことにした。かつて osax などを作っていた頃に重宝したツールである。今なら Git みたいなもん、という説明で通じると思うのだが、当時は、特に自分のようなアマチュアレベルでは、Mac Developer Journal の解説記事を読んで初めて、そういうのがあるんだと知ったものである。

使い方をすっかり忘れていたが、なんとか FaceSpan (AppleScript) と REALbasic をプロジェクトに加えて、設定完了した。これで、元に戻したい時にはすぐにロールバックできる。AppleScript で操作可能なようなので、リビジョン管理の自動化も可能かな。このへんはいずれ。

なにやらぼんやりした天気である。

ヤフオクで落札した PM G4 用の PCI SCSI カードが今日には届くようなので、明日は、その装着なんかで楽しい1日になるだろうから、今日はコッテリとバーナードなどの予定。

21年08月31日 12時54分 着信

このところ、細切れだけど、ヤン・ド・フリースの『勤勉革命』を読んでいる。こういう本を読むと、経済史とか経済人類学も面白いよなぁと改めて思う。また、自分が修士でヒュームに取り組んでいた頃、この本があったら(2008年に出た本なので、ありえないわけだが)、ヒュームの切り口も変わっていたかもしれない。ただ、この本に正面から取り組むのは、修士の頃の自分では無理だったけどね。