田中求之的日々の雑感 アーカイブ

このページは田中求之的日々の雑感の2020年02月分のアーカイブです。ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

20年02月04日 09時58分 着信

昨日は休みをとって自宅でスーパーボウルの生中継を観戦。毎年、これだけは譲れない。今年は「映像研には手を出すな!」の録画を見てテンション上げてからの観戦。途中までは、このまま 49ers かなと(ディフェンス堅いしランが出てるし)思っていたが、後半の盛り上がりは凄かった。よいゲームでした。その後は自宅で『ビールの自然誌』を一気に読みきったのだった。

土曜日・日曜日は『社会心理学講義』や『核兵器』などをじっくりと読んだり、Amazon Prime でホーキンスの映画を見たりして過ごした。

今日はこの後、試験監督の応援。その後は自分の試験問題作りだな。

20年02月04日 15時12分 着信

とりあえず試験問題の原案を作り終えた。これから何度か読み返したり、検索したりして仕上げていく。InDesign での作業は、いまだに El Capitan (10.11) の CS5.5でやってるのだが、時々挙動がおかしくなる。まぁ、それすらにも慣れてしまっているのでいいけど。

そういや TypeSquare から OS X 10.12 もサポート対象外(Windows 7 も)になったとの連絡が来てた。今のところ El Capitan の Safari でも問題なく表示されるんで気にはしてないけど(そんなに凝った CSS で表示させてるわけじゃないし)。

1月の Google のレポートが届いたのだが、やはりバーナードが急上昇検索ワードになっていた。今週も相変わらず多いが、組織論の試験に備えての勤務校の学生と思われるアクセスが(試験期間なんだから当たり前だが)、急増中である。

20年02月05日 08時57分 着信

今日から冬型の気圧配置ということで、今夜には雪になるそうだ。積もるかな?

そういや、先週末は Prime Video で アポロ11 (完全版・字幕版)も観たのだった。実際の映像はやはり迫力があった。で、これの余韻にひたっているうちに、「博士と彼女のセオリー」を見始めて、そのまま引き込まれたのだった。アマゾンの Prime と Netflix では、自分がひっかかる映像が微妙に違うのが面白い。

組織論の応用問題、今朝の通勤の車の中で改良案が思いついた! ここを突く!という問題のコアが固まったな。この後、仕上げの作業。1日寝かして、明日印刷の予定。

20年02月05日 15時06分 着信

だいぶ天気が荒れてきたな。これはマジでこのあと雪が降るかな。

20年02月06日 09時58分 着信

昨日の帰宅時あたりから雪が降り始めて、今朝は久しぶりに雪道の通勤となったので、少し緊張しながらの運転。もっとも、雪よりも凍結に注意という状況ではあったが。道端の温度計が氷点下になっていた。今は雪も止んで晴れ間がのぞいている。

明日の組織論の試験問題は完成。印刷も済ませた。問題に関して、試験中に補足説明を行うことにして、問題文をすっきりさせた。

学生も一生懸命?サイトにアクセスしてる。ログを見る限り、スマホからのアクセスが多い感じだ。

このところ通勤の車では深町純を聴いているのだが、今日から春夏秋冬風月花鳥の8枚のソロアルバムを通して聴くことにした。

20年02月06日 13時07分 着信

げ、試験情報での教室を間違えてた!(昨年のファイルを修正して使った際に、修正ミスしてた)。明日は早めに教室に行って、訂正の表示をしておいたほうがよさそうだな。やれやれ。

20年02月07日 09時33分 着信

雪は止んだが晴れたので寒い。氷点下。

このあと組織論の試験。学生たちの最後のチェックがサイトに来てるが、どうするのかな?スマホの持ち込みは認めているが、試験開始時間にこのサイトはシャットダウンする(さっきセットした)。

試験の教室のアナウンスのミスを訂正する張り紙を朝のうちに貼っておいた。前の時間に行われている試験からそのまま残る学生がいると困るので、1コマ目の開始30分前に貼りに言ったのだが、すでに教室には学生がいた。

研究費で購入申請して待っていた洋書が届いたようだ。この週末は全力で取り組むことになりそう。その前に昨日から始めたハイデガー論のまとめを今日のうちに仕上げておこう。

20年02月07日 13時46分 着信

試験は無事に終了。学生たちは、事前に内容を告知しておいた基本問題の方は、持ち込んだ資料やスマホを見ながらサクサクと書いていたようだが、応用問題の方は、あれこれと検索しながら、けっこう悩んだようだった。スマホ持ち込みを許可した昨年もそうだったが、時間がかかった(かけた)学生の割合が多くなった。検索で正解は見つからないことに気がつくまで時間がかかるってことかな(そのことに気がつくないままの学生もいたかも)。

試験時間中は落としていたサイトも、何のトラブルもなく再起動した。

午後はアオッサ科目の紹介文などを書いてから、新着の文献に取り掛かるのだが、その準備として、昼休みに電子化(OCRでワードファイル化)した。これだとパソコンで読みながらクリックで辞書が引けるので(Copy&paste で書き抜きもできるし)、英語の文献はこの方法が使えるようになって本当に助かっている。研究費で購入した本だから書き込みなんかもできないしね。300ページほどの本を一気に処理させたのだが、思っていたよりも速く処理が進んだ。スキャンの操作に慣れてきたこともあるかな。

週末は娘たちはおそらく図書館に行くだろうから、その送り迎えとかが入るだろうが、それ以外は文献読み込み&読書かな。

20年02月07日 16時22分 着信

そういえば、昨日、次女は中学校で野村証券の人から株式投資入門みたいな授業を受けたそうだ。実際に簡単な株式投資のゲームをグループ対抗でやって、次女のグループがクラスで一番成績がよかったとのこと。値下がりした株を買わなかったのが勝因と言ってた。で、その授業で野村証券が配布した投資入門のパンフレットを見せてもらったのだが、漫画を交えての内容とはいえ、中学生にはちょっと難しくないかしらというもので、自分のゼミの学生に読ませてちょうど良いくらいではというものであった。しかし、中学校でそういう授業がある時代なんだな。……投機と投資の違い、キャピタル・ゲインとインカム・ゲインの違いなんかも教えてもらったか聞くのを忘れてしまったので、今日帰ったら聞いてみよう。

20年02月07日 16時31分 着信

しかし、ハイデガーの文献のメモを作っていると、単漢字変換しなければ出てこない熟語が多くて手間がかかる(二度目からはすぐに変換できるようにはなるが)。

20年02月10日 10時20分 着信

時々雪が舞う、寒い。でも冬らしいとは言えるか。

週末は予想通り?自宅で読書中心に。土曜日は『ハイデガー 存在と行為』の再読。そういや創文社が3月に書籍販売を終了するので、ハイデガー 全集は東大出版が引き継ぐようだけど、その他のハイデガー関連の書籍はどうなるんだろう? そのまますべて絶版なのかな。ハイデガーに浸った後は Margaret Gilbert の A Theory of Political Obligation を読み始めた。日曜日もこれを読み続けていたのだが、ちょっと一休みに Netflix でなんか観ようかなと探して、アメリカの中古車のレストア業者の番組(リアリティ番組ってやつだな)を見出したら、一気に引き込まれてシーズン1の8本を続けて見てしまった。アメリカの自動車文化の層の厚さみたいなものとか、レストアの見事さに感心。

20年02月10日 12時40分 着信

そういえば、この週末、ふと思い立って自宅での作業の際に Mac をダークモードにして使っていたのだが、最初はかなり違和感があったが、慣れてしまえばこれはいいかもという感じである。もっとも、自分の場合、文書中心の作業なんで、メニューなんかが黒くなるだけという感じではあるのだが。

試験の採点しなくっちゃ……

20年02月12日 09時39分 着信

昨日が休日だということに気がついたのは、朝、新聞を読んだ時だった。

休みの前には、自宅で読む本を持って帰るようにしているのだが、昨日は何も持って帰っていなかった。もっとも自宅において読み続けていた『生命進化の物理法則』があったので、これを最後まで読み、あとは久しぶりにセルズニックのノートをチマチマと書いていた。新年度までには公開にもっていけそうだ。取りかかってから時間がたっているので、最初の方と微妙に訳の言葉が違っていたりするが、まぁ、その辺は気にしなくてもいいか。

今日は4年生の答案の採点と成績入力などの予定。

Swift Playground が Mac でも動かせるようになったということで、さっそくインストールしてみた。ちょっとした空き時間にプレイする予定。Catalina の最新版でしか動かないというのが、ちょっと残念ではある。

『生命進化の物理法則』は、予想していた以上に得るところが多い本だった。生物が炭素(有機物)中心に構成される原理など、なるほど!!と納得。先日の『核兵器』の話と合わせて、新年度の授業で物理学の内容を充実させようかな。

20年02月12日 14時03分 着信

今日は暖かいな。もっとも、このあと雨になるようだが。

4年生の採点は終了。授業に出てたと思われる学生と、とりあえず受けた(なんせスマホとか持ち込めたし)学生との差が激しかった。試験中にバーナードの本(『経営者の役割』やバーナードの解説書)を積み上げて解いてた学生がいて、おいおいそれは地雷踏むぞと思っていたのだが、どうやらさっき採点した4年生の一人だったようだ。

20年02月12日 14時40分 着信

MacBook Pro で Swift Playground を動かしてみたのだが、かなり CPU を食うみたいで、ファンが回り始めた。みた感じは、そんなに重い処理をやってるとは思えないのだが、これは Playground の問題なのか、iPad アプリを動かす仕組みの問題なのか、どっちなんだろう。

20年02月13日 09時22分 着信

今日は朝イチで大学案内のための写真撮影。さすがにカーディガンではまずいかと、ジャケットを持ってきて、研究室で着替えて撮影に。今日は暖かいので助かった。

サイトの再構築の準備などをぽちぽちと始めることにする。

20年02月13日 15時11分 着信

試験の採点をする気にならず、『生物進化の物理法則』と『核兵器』から、物理・化学・生物学にまたがる内容の部分のノートを作っていた。新年度の授業に使う予定だが、どのようなワークシートに落とし込むかな…… 自分の今の実感に一番近いのは「原子から(改めて)始めてみよう」というところか。

20年02月14日 11時35分 着信

暖かい。ほんとに2月の福井か?という感じである。

例年、バレンタインの前後は、娘たちは友チョコ作りをやっていたのだが、今年は受験生ということで話題にもならない。というか、世間的にバレンタインの騒ぎも収まったような気もする。

『社会システム論』の新訳を読み始めたのだが、訳の違いはあるにせよ、以前に比べて、あ、ここでこの話をしてたのかという気づきが多い。組織論の講義ノートにあれこれと加筆修正しなきゃと思いついたこともある。

で、その合間にポチポチとセルズニックのノートを書いている(というか、書きぬきを訳している)のだが、彼の英文は訳しにくい。まぁ、辞書をひっくり返したり英辞郎Proで例文を色々あたったりしながらの作業は、嫌いではないんだが。後半はコメント抜きの抜粋訳を並べたままで、とりあえずアルファ版で公開しようかと思ってる。

20年02月14日 12時12分 着信

新型コロナウイルスの影響で、色々なイベントが中止や延期になっている。学校保健安全法施行規則が規定する第一種の感染症になったということで、東大が罹患者は受験できないという通知を出していたが、当然、この措置は他の大学でも同様だろう。しかし、受験生が風邪ような症状が出たとして、もしかして?と病院で検査受けるかなぁ…… 新型コロナウイルスと診断されたら、一切、受験できなくなるわけだし。これはインフルエンザにも言えることではあるが。国内感染の広がり次第では、なんらかの制度的な措置が、今後、出てくる可能性はあるな。

20年02月17日 10時02分 着信

小雨が降っている。夜にかけて雪になるかもしれないとのこと。それでもこの冬は雪が少ない。

自宅を建ててから10年以上たったので、あちこちメンテナンスの必要性が出てきているのだが、金曜日の帰りに、ふと思いついて職場の近くのホームセンター(この辺では最大規模だろう)に行った。風呂場の鏡の曇りをとるために、研磨するやつを探しに行ったのだ。鏡の曇りは、ガラス自体の変質のはずはなく、石鹸カスとかが固着したのが原因のはずなので、削り取ればなんとかなるだろうと考えてのこと。以前に高圧洗浄機で洗ってみたが、多少きれいになったかな程度だった。これは、やはり研磨剤みたいなものでゴシゴシやるしかないだろうと、あれこれ見ていると、さすがにプロ用の資材が揃っている店だけあって、ぴったりのものを見つけた。3M の 5085 というスポンジ研磨剤。思っていたより安いので2枚買って帰って、夕方、風呂の準備をしながら磨いてみたら、これがピカピカに。2枚では足りなかったようで、完全には曇りは取れてないが、ばっちりだった。洗面所やトイレの陶器の汚れも取れるようなので、近いうちにまた買って、色々と磨こうかと思っている。しかし、ホームセンターって楽しい。

金曜日の夕食は娘たちと丸八へ。自分はいつものようにモツ煮込みうどんを食べた。

週末は娘たちは図書館。自分は自宅で読書など。土曜日は『QRコードの奇跡』を一気読み。技術の話はこれまでも知っていたのだが(開発の経緯はともかく)、標準化に向けての交渉などの話は始めて知った。「情報システム」の授業のネタがまた一つ増えたのだが、来年度からは後期開講なので、しばらく寝かしておくことになる。この授業はこれまで前期開講だったので。国会での法案(改正案)の審議状況なども折り込みながらの授業になっていたのだが、来年度は国会も終わって情報白書も出てからになるので、ニュース解説の中身も変わりそうだ。

日曜日は『社会システム』を読んだり、Swift Playground やゲーム(このところ GRIS を Mac でやっているのだ。iPhone だと操作性が最悪なので)をやったりしていた。

今日は夕方に会議。それまでに書類の仕上げなど。

20年02月17日 10時47分 着信

京都の三月書房が閉店とのニュース。最近では行かなくなっていたので勝手な感想ではあるが、残念で哀しい。学生時代、聖護院の下宿からブラブラと寺町の画廊とかをのぞきつつ、三月書房に行って本を見たり買ったりして、その後も、河原町の本屋をあちこち京都書院まで回って…… というのが、休日(というか授業に出ない日)の楽しみだったのだが。

20年02月17日 12時10分 着信

そういえば、福井市の中学校では、3年生の給食で、食べ方を教わりながらセイコガニをたべるというのがあって、娘たちがうらやましかったのだが、予算の関係で新年度から廃止されるらしい。福井市の給食のレベルの高さは、娘たちが学校に行くようになって実感したことだが(娘たちも小学校の間は、今日の給食は何かを朝確認して朝食時の話題にしてた)、まぁ、色々と大変なところはあるんだろうな。

20年02月17日 14時19分 着信

新型コロナウィルスの対策(予防策)としてテレワーク推奨みたいな話が出てきてるが、当然、自宅の私費で購入したパソコンで作業ってことになるんだろうから、情報流出とか、テレワーク後に出社した際のUSB 経由のマルウェア感染とか、それはそれで、新たなトラブルのタネになるんじゃないかしら。皆が、VPN でつないで、ローカルのストレージやアプリを使わないで作業できる、なんて会社、どんだけあるんだろ?

20年02月18日 10時22分 着信

朝、コーヒーを買いに入ったコンビニで「銀の匙」15巻(最終巻)を見つけて、つい購入してしまい、研究室について一気に読んだ。なんか気分よく1日が始まった。

昨夜からの雪が少し積もったなかを大学まできた。積雪らしい積雪というのはこの冬初めてだが、この後はもう降らないみたいだ。いつもの冬なら、車に雪をのけるためのスコップも積むんだが、この冬は積まなくても済みそうだな。

色々と書類を整えたりする作業やら、試験の採点やらあるんだが、さてどこから手をつけるかな。

そういえば、3月のダイヤ改正で越美北線のダイヤが変わるらしい。サンダーバードやしらさぎとの接続の時間に余裕を持たせるために、朝の列車の時間が20分ほど繰り上がる。春からは次女も越美北線で通うことになる予定だが、新しいダイヤだと、自宅を出る時間も繰り上がるし、福井駅についてからの越前鉄道とかの接続に待ち時間が増えることになるらしい。本数が少ないローカル路線は、ダイヤ改正が生活などに与える影響って大きい。

20年02月18日 10時56分 着信

長女に『元素生活』という本を持ってるかとたずねられた。図書館か本屋で見かけて面白いかなと思い、こういう本なら父親の自分が持ってそうだと思ったらしい。確かに、買って読んだのは覚えている。ずいぶん前の本だけどなと思ってネットで調べてみたら、新装版が出たらしい。まぁ古い方でもいいかなと自宅や研究室を探ってみたのだが、見つからない。うむ。新学期からの基礎ゼミで物理・化学の強化(原子と元素)を予定しているので、新しいのを買いなおしてもいいんだが。まぁ、まずは研究室の整理だろうなぁ。どこに行ったのやら…… 研究室に溜まっているパソコンや周辺機器の空き箱(こういうのが捨てられないんだよなぁ)を片付けて、本置場を確保するというのがこの春休みの計画の一つなんだが(あとはサイトの再構築)、これを機に取り掛かるかなぁ……

20年02月18日 15時02分 着信

映像研、TVドラマでも放映されるのか。実写映画はともかく、TVの方は観ることにしようかな。もっとも、福井で見られるのかな?

20年02月19日 10時11分 着信

今日は午前と午後に会議。

20年02月19日 16時54分 着信

来週からの入試とか、その後の各種行事が、新型コロナの状況を見極めつつという体制になってきた。新年度の新入生歓迎行事に関わっているのだが、開催するかどうかも含めてドタバタしそうだ。まぁ、仕方ないけど。

20年02月21日 11時07分 着信

昨日は、中途半端な時間に目が覚めてしまったせいか、朝食後に眠くなり、自宅で一眠りしてから、そのまま本を読んでいた。『進化のからくり』を一気読みし(最近、ブルーバックスで面白い本が増えてきたなぁ)、その後、『オーケストラ』。

今日は長女を送ってから大学へ。長女をおろしてから、これまで使ってなかったルートで大学へ来たのだが、こっちの方がよかった。

研究室に4年生が本を返しに来て、しばらく雑談。

今日はすっきり晴れて気温も上がるようだ。期末試験の成績提出期限にはまだ少し余裕があるので、『社会システム』の読み込みを続けるかな。

20年02月21日 14時11分 着信

この週末は連休だが、前期試験がらみでドタバタするかな。まぁ、大人しくしてることになるだろうが。

20年02月25日 11時22分 着信

みすずから出た『オーケストラ』をこってり読み耽った週末だった。

それ以外はセルズニックのノートの加筆・修正。書き始めてから時間がたっているので、最初と最後ではかなり説明や訳に違いが出てるのと、全体としてみると、内容的な重複(繰り返し)が目につくので(まぁ、これはセルズニックの原書の内容がそうなんだが)、その辺を修正し絞り込む必要がある。まぁ、新年度までにはまとまるかな。来年度は大学院の社会システム論の授業があるので、せっかくなんでそれに使えたらいいかなと考えている。

昨日から長女と妻は入試へ。昨日は次女を図書館に送って行き、自宅に戻ってからは録画しておいた映像研を見たり、読みかけになっていた『着せる女』を最後まで読んだり。

そのほか、この週末に京大が公開したプログラミング(Python)のテキストを読んでいたが、自習用のテキストとしてかなり良いかなという感じである。

20年02月26日 08時54分 着信

フーコーの『言葉と物』の新装版が出たのか。新訳かと思ったら違ってた(新訳なら買っていいかなと思ったのだが)。箱入りだったのを普通のハードカバーの装丁にするだけみたいだ。学生時代、この本を買ってお金がなくなって、学食で素うどんを3食食べて1週間ほど過ごしたってのは、自分の学生時代の本にまつわる思い出話の定番ネタの一つなのだ(他には、4年生の時に酒飲みに初めて部屋に来た友人が本棚を見て、これだけの本を買ったお金を別のことにつぎ込んでたら、お前には別の青春があったと思うわ、と言われた話とかがある)。フーコーの本で自分が一番読み込み、読み直した本でもある。フランス語の原書も持っている(こっちは読み通せなかったけど)。自分が社会思想史に進んだことに、この本との出会いもあったのは確かだな。

コロナウイルスに関するデマが Twitter とかで流れてくるのを見て、やっぱ理科の基礎的な知識が欠けてる(忘れてる)のは、けっこう深刻な問題ではないかなと、改めて思う。基礎ゼミで、以前、MERS 感染が問題になった際に、ウイルスとか感染症に関する授業をやったのだが(時事問題解説としてやったので演習用ワークシートは作ってない)、新学期からの授業で、ちゃんとワークシート作って取り上げた方がいいかな。話題になってる岩田健太郎氏が「もやしもん」の石川雅之のイラストで出した『絵でわかる感染症』をテキストにしたいぐらいだ(コロナ騒ぎで、自分も改めて読み直したもんな)。

新年度は基礎ゼミのワークシートの追加・充実をやるかな(原子・放射線は2回以上になるのが確定だし)。

20年02月26日 13時44分 着信

学内の説明会や講習あたりで、色々なものが延期され始めてきたなぁ。

20年02月26日 15時44分 着信

そういえば、昨日、卒業を控えたゼミ生が本の返却に来たのだが、京都に旅行に行ったとのことで土産に菓子をもらった。話を聞くと、やはり京都は空いていたそうだ。卒業旅行で海外に行ってる学生も少なくないんだが(昨日来たゼミ生は、海外より国内の温泉に行きたいといってた)、日本人ということで入国禁止や隔離とか行動範囲の制限とかされるかもなぁという話になったんだが、なんか、冗談じゃなくなってきてるような……

アマゾンから『6502とApple II システムROMの秘密』を発送したとの連絡。これは楽しみ。自分がコンピュータに関心を持ったのは、中学3年の時にアマチュア無線の雑誌である「CQ」に、簡単なデジタル回路(TTLでの回路)の解説記事が連載されたのがきっかけで、それから高校時代にかけて、 TK-80 の本とか、マイコン(当時はそう呼ばれてた)の自作ガイドを読み始めたんだが、その時、インテルの 8080、モトローラの 6800 と並んで取り上げられてたのが 6502 だった。この時、モトローラの 6800 の方が、なんとなく(確かアドレッシングかなんかの仕様だったかな)好きだなと思ったのだが、実際に作るなら 6502 かなと思ったのを覚えている。6502 のカスタマイズ版はファミコンにも載ってて、ファミコンの技術解説の本(当時の限られた能力とリソースの状況で、いかに工夫されてたかを解説した本)でも触れられていたんだが、やっぱ 6502 といえば Apple II とウォズニアックのテクだよなぁ。さて、どんな内容か、楽しみ。

こういうパソコン系テクノロジの歴史的な記録・解説って好きなんだが、ソフトウェアでは少ないよな。エクセルひとつとっても、ここまでの変遷は面白いものがあるんだが。あと、やっぱ、HyperCard は、誰かが、きちんと整理解説した本を出してほしいかな(開発時の記録やソースコードなんか内部文書は残ってないのかな?)

20年02月27日 09時02分 着信

今日は午前中に打ち合わせ。午後は N-BOX の点検に行く。点検の間の待ち時間は、セルズニックのノートの再読かな。

20年02月28日 09時05分 着信

小中高校の休校要請…… 来週からドタバタするのは確定だな。来週の高校入試や、その後の大学入試がどうなるか…… 卒業式なんかも変則的なものになりそうだ(中止もありえるな)。

昨日の午後は N-box の点検にディーラーへ。作業は1時間ほどで済んだので、慣れない N-Box の運転を楽しみながら、のんびりと自宅に戻って『6502とApple II システムROMの秘密』を読んでいた。なかなか濃い内容。

そういや、Fit の新しいのが出たということで、カタログをもらってきた。まだ買い換える気はないけど、参考までに。

20年02月28日 11時12分 着信

図書館で閲覧を中止するところが出てきたのか…… 学校が自由登校になっている長女は、今日は図書館に行ったはずだし、この週末も娘たちは図書館で勉強する予定なんだが。同様の措置が広がるのか、ちょっと気になる。来週、学校が休校になるんなら図書館へ行ってと考える生徒も少なからずいると思うし。

期末試験の採点をしているのだが、貨幣経済における公式組織における動機づけと権威の一般化について、授業中にも板書したし講義ノートにも書いてある「公式組織は無関心圏を金で買ってる」というフレーズを書いてる学生が多い。そこだよねぇって感じで出題したので予想通りではあるのだが、それがどういうことかをちゃんと説明できてる答案が、思っていたよりは多いかな(学生には失礼だけど)。

20年02月28日 13時52分 着信

メール確認したり Twitter を見たりするたびに、色々と新しい動きなんかが出てきて、なんか落ち着かない。まぁ、自分がジタバタしてもしょうがないと頭ではわかっているんだが。あと、コロナ関連のニュースの影?で、JASRAC 関連の地裁の判決とか、トルコとロシアの紛争とか、けっこう大きな(個人的にかもしれないけど)ニュースが流れてきてるな。

昨日なポール・オースターの新刊も届いたし、今日は『源氏物語』下も届くし、Computer Age Statistical Inference っていう面白そうな文献も手に入ったし、この週末はどっぷりと本読みといきたいとこだけど、たぶん、ネットでニュースを確認しながらになるな。

20年02月28日 14時24分 着信

福井市の小中学校も、2日(月曜日)の午後から休校か。部活はもちろん、図書館等へ行くことも禁止のようだ。