田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2016年02月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

16年02月01日 14時08分 着信

今日は朝から眼科。眼圧や視野検査など。それが終わってから大学に来たが、この後、肝臓の検診。1日で2つの病院に行くのは初めてなんだが、おそらくどちらも2ヶ月ごとの検診になるので、今後もこのパターンでいくことになりそうだ。

週末は娘たちの送り迎えと買い物以外は自宅でのんびりと。『築地市場 絵でみる魚市場の一日』を堪能し、『ダーウィンの覗き穴:性的器官はいかに進化したか』を読み終え、ヴォネガットの『これで駄目なら 若い君たちへ−卒業式講演集』を読み、アマゾンから土曜日に届いた『浦沢直樹 描いて描いて描きまくる』を読んでいた。この後の検診の待ち時間で読み終われるかな。

そういや、年が明けてから、注文して届いた本を書いてなかった。というか、あんまり本を買ってないんだよな、自分の感覚としては(そうでもないか)。ブクログの方には記録してあるので、それをもとにまとめてみた。

愚者のぐしゃぐしゃの方にも「田中求之が2016年に買ってしまった本」を新たに追加。

16年02月02日 16時22分 着信

今日は試験問題を考えたり、本を読んだり。

そういえば、下村健一『10代からの情報キャッチボール入門』という本がある。中高生を対象にネットや SNS を使う上で気をつけることが書かれているのだが、技術的な話ではなく他人とのコミュニケーションで気をつけることを中心に描かれている。昨年の附属中学の授業や、学生の指導に役に立つかなと買った本である。で、先日、次女が音読の宿題(国語の教科書を音読して親に聞いてもらうという宿題)の時に、「この話、好きだから全部読むね」といって読み始めたのが、下村健一の文章だった。「おとうさん、この人の本、持ってるよ。読んでみる?」「うん、読みたい」ということで渡したら、最後まで読んで、「おもしろかったぁ」と返してきた。小説などとは違った面白さを味わったみたいだ。音読の宿題を聞いてて思うんだが、最近の小学校の国語の教科書って、いろいろな文章が載っているのには感心する。

以前にハマってた iPhone の Threes というゲームに、また最近ハマっている。以前に出した自己最高スコアはまだ更新できていないんだが。

明日には組織論の試験問題を完成させなければ。正答はなくて、自分の考えを述べさせる応用問題を考えているのだが、なかなかこれだ!というのが見えない。

16年02月03日 16時55分 着信

問題作りと会議で1日が終わる。問題作成の方は、まだ納得がいかないので、明日、ギリギリまで考えることになりそうだ。

ついに我が家でも恵方巻きを食べることになりそうだ。

16年02月04日 16時28分 着信

明日の試験問題は無事に完成した。どんな解答が出てくるか、不安でもあり、楽しみでもあり。

先日読んだ『砂の惑星』新訳の解説の中で、オリジナルのシリーズの続編を、残されていたメモをもとに息子か書いていたことを知った。それが Kndle で購入したが読まないままになっていた Sandworms of Dune だったので、昨日から読み始めている。

通勤の友は上原ひろみの SPARK である。このところモンクのライブを聴いていたので、なんか新鮮。

試験に備えて学生たちがサイトにアクセスしているのだが、スマートフォンからのアクセスがけっこう多い。今のサイトはスマホ向けには最適化されていないので、読みにくいだろうに。

16年02月05日 16時08分 着信

組織論の試験は無事に終了。130名程度が受けていた。

気がつけば九頭竜川のサクラマス釣りが解禁になっていた。春が近づいてきたって感じ。

Sandworms of Dune を読んでるんだが、なんだかハチャメチャやなぁ。過去の登場人物たちを蘇らせて、敵と戦うって、なんかウルトラファミリー全員を揃えて、みたいな感じがある。でも、これは最後まで読まされるな。

日曜日に家族で「信長協奏曲」の映画を見に行くことになった。そして月曜日は年休をとってスーパーボウルの生中継を見るのだ。

16年02月09日 16時16分 着信

風が強い荒れた天気。もっとも雪ではない。

昨日は休みを取って自宅でスーパーボウルの生中継を観戦。毎年恒例。今年の試合はディフェンス戦で爽快感には欠けたが、こういうのもアメフトだよなぁというものだった。50周年ということで、過去の MVP の選手が一同に集うイベントなんかもあり、懐かしい名前がいくつも。

昨日も含めて週末はずっと Sandworms of Dune を読んでいた。やっぱ英語を読む速度が落ちてるのを実感。『生物はなぜ誕生したのか』は読みかけのままだが、最近の新発見、新説が面白い。

今日は学生の相談に乗ったり、学内の雑用を片付けたり。

16年02月09日 16時18分 着信

そういえば、日曜日に「信長協奏曲」を家族で見に行く予定だったが、都合により、中止となった。

16年02月10日 16時29分 着信

午前中は雪が舞ってたが、午後から回復。

卒業できないゼミの4年生が出た模様。やれやれ。他にも出そうなのが怖い。

『教養としての認知科学』を読み始めたのだが、自分が詳しくない分野って面白い。そうなんだ!という発見というか、初めて知ることが多い本は楽しい。

明日は休日。娘たちの送り迎えなんかでドタバタしそうだ。Sandworms of Dune を読み終えられるかな?

16年02月12日 16時21分 着信

昨日はアマゾンから『声のお仕事』川端裕人が届いたので、それを読みふけっていた。

読んでいる最中に、次女が、どんな本?とたずねてきたので(たぶん、タイトルで興味を持ったんだろう)、声優をがんばる青年の話で、声優という仕事のことがくわしく書いてある小説だと説明した。面白そうだねというので、読み終わってから、次女に「読んでみるか?」とたずねると、読む!と言うので、渡した。なんか、このところ、次女が自分の本を読むことが続いている。ちょっとうれしい。

昨日は、その他にマンガなども読んでいた。昼前に次女を音楽教室の発表会の練習に連れて行って、終わるまでの間に買い物をしていたのだが、そこで購入したマンガ。山岸涼子がジャンヌ・ダルクを描くって読まないわけにはいかんよ。

今日は雑用を済ませたり、『教養としての認知科学』を読んだり。

この週末は次女の参観日ぐらいかな、予定としては。さてどんな週末かな。今度こそ?、Sandworms of Dune を最後まで読みたい。

16年02月15日 13時04分 着信

雪が舞って寒い

週末の記録:土曜日の午前中は次女の授業参観へ。その後、授業の終わった次女を塾に送り、買い物をして帰り、部活の長女を迎えに。夕食はカレー鍋。日曜日は、基本的に自宅でのんびりと。

以前に買って読んでないままになっていた『重力波とアインシュタイン』を、この週末に読み始めた。相対論の議論(数学の議論なんだもん)の部分がチンプンカンプンなので読むのを諦めていた本なのだが、重力波が観測されたというニュースでもう一度トライする気になったのだ。相対論の議論の部分はわからないが、何が問題になっているか、どんな解釈や立場がぶつかっていたのか、という部分だけは追えている。

Sandworms of Dune をようやく読み終えた。え?そういう展開?という驚きで最後まで引っ張られたというところ。これだけ集中して英文を読み続けたのは久しぶりだな。

今日はこの後、アオッサの COC+ のキックオフミーティングに出席。大学からバスでアオッサに行き、終わったらまた大学へ戻る。

そういえば、今朝、長女が Perfume のライブが福井である!とハイテンションで起きてきた。福井にくることはまずないよと言ってたのだが、まさか、というところ。当然、長女は行きたいわけで、そうなるとチケットをどうやって手に入れるかが問題になる。すぐに売り切れ確実だろう。公式ファンクラブに入っていれば先行予約とかあるかもしれないということで、入会の手続きをとってやった。さて、どうなることやら。

16年02月16日 16時33分 着信

今日は一日中、雪が舞っている。少し積もっている。

昨日の午後の COC+ のキックオフミーティングに出てみたら、これまでとはなんか話が違うぞということもあり、やれやれといったところ。大学と会場のアオッサの間を貸切のバスで往復したのだが、自分で車を運転する時とはまた違った景色が目に入って、ちょっと新鮮であった。

『重力波とアインシュタイン』は、3分の2あたりでギブアップ。やっぱ素人には難しい本だった。

Perfume が福井に来る騒動は、公式ファンクラブの会員でも、2月9日以前からの会員でないとチケットの先行予約ができないことがわかり、チケット業者の方の会員になるしかないのか?というところ。さて、どうなるかなぁ。

16年02月17日 16時17分 着信

雪はまだちらちらしていたが、ベタベタの雪だ。

今日の午後は教授会だった。

風邪をひいたかな……

16年02月18日 16時58分 着信

期末試験の採点の準備(答案を学籍番号順に並び変えるなど)をしたり、来年度後期の非常勤のシラバスを作成したり、『意味とシステム』を再読したり、という1日だった。

研究費で購入したジョナサン・スターンの『聞こえくる過去』が手元に届いた。さっそく読み始めてみたが、内容の濃さと広さに引き込まれる。

16年02月19日 15時10分 着信

朝、研究室について、いつものようにコーヒーを飲みながらニュースサイトの記事などを読んでいたところに、一本の電話。FBC の記者の方からの電話で、未成年者の SNS がらみの事件に関連することをたずねられた。運営者側でどのような対策がとられ、また可能であるのかといったことだったのだが、専門家ではないとことわった上で自分が知っている範囲で答えたのだが、夕方の情報番組用のコメントを撮りたいとのことで、急遽、TV取材が入ることに。それからあわてて研究室の片付けのドタバタ。とりあえず、採点途中の答案やら本やら会議資料などが山積みになっていた机を綺麗にした。記者の方が一人でやってきて、カメラの撮影も記者の方がするという取材で、取材自体は和やかに進んだ。場合によっては使わないこともありうるとのことだったが、さてさて。

その後、ちょっと気が抜けたようになり(自分では感じなかったが、やはり緊張していたようだ)、こういうときは作業に限るとサーバのメンテをしたり、非常勤の授業の参考にする本を探し出したりしていた。その後は『聞こえくる過去』を読んだり。

さて、この週末はどうなるかな? アマゾンに注文した本が今日には届く予定だし、『聞こえくる過去』もあるし、またまったりと過ごすことになるかな。

そういや、honto からも注文した本を発送したとのメールが来たのだが、何気に見ていて、1万7千円も注文していた。ま、どれも読んでみたい本だからいいんだけど。

16年02月22日 16時01分 着信

金曜日のTVの取材は、ワンカットだけ映っていた。

土曜日は次女と昼食はマクドナルドで。その後、次女を塾に送っていき、買い物をして帰り、部活を終えた長女を迎えに。その後は夕食の準備などしながら、だらだらと。

日曜日は自宅でのんびりと。アマゾンから届いた『生物界を作った微生物』を読んだり、『聞こえくる過去』を読んだり。

今日は色々と文献を読んだりしていた。体調がいまいちだなぁ。

16年02月23日 14時25分 着信

長女を 4:10 に迎えに行くには、買い物の時間を含めると3時には研究室を出ないといけないということに、今気がついた。やれやれ。

昨日、honto から届いた本:

昨夜のうちに『本屋稼業』を読み、今日は『デイヴィッド・ヒューム』を読んでいた。ヒュームで修論書いたけど、イングランド史は読まなかったので、かなり新鮮だった。

16年02月24日 16時15分 着信

今日もいろいろな文献などに目を通していた。時間を忘れるって感じだな。

明日は前期入試。

16年02月29日 12時29分 着信

木曜日と金曜日は、こってりと入試の採点業務。疲れた。

週末はのんびりと。土曜の夕食は、音楽の講習会に出ていた長女を迎えに行って、娘たちと三人で外食。たまに行く蕎麦屋に行ったら、蕎麦が切れたということで、丸八へ。日曜日は自宅でごろごろ。

ジョナサン・スターンの『聞こえくる過去』には圧倒されたのだが、彼が MP3 に関する本を出しているとのことで、アマゾンで調べてみたら、Kindle で割引で販売されていたので購入。この週末、ぽちぽちと読んでいた。期待通りの面白さ。