田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2014年08月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

14年08月01日 16時16分 着信

なんか殺人的な暑さなんですけど。

午前中は情報システムの試験。見慣れない顔がいっぱい。ある程度のことが頭に入っていれば40分ちょっとで解答がすむ問題だと思ったのだが、実際に、40分すぎて最初の方に退出し始めた学生たちは、授業で見た顔がほとんどだった。

午後は研究室があまりに暑いので、せっせと自炊しながら、本の整理など。自炊を始めてから改めて気がついたのは、紙の質や色が本によって全然違うということだ。『紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている』を読んだので、紙に目がいくわけだけど、確かに手触りも含めて、本当に多彩だ。おなじ選書のシリーズでも紙が微妙に違っていたりするのも面白い。色は同じでも、手触りが違うのがわかる(紙送りのエラーの数も違う)。

自炊をやってると、けっこう時間が細切れになる(一冊丸ごとを一気にスキャンするのは無理なので、何度かに分けてはスキャンさせないといけない)。本をじっくり読もうとしてもすぐに中断が入る。それで、これならいいだろうと読み出したのが『別のしかたで』(千葉雅也)。まさにぴったりで、どんどん読み進めることができた。

この週末は、中学校での作業だな。

14年08月05日 15時18分 着信

昨日は自宅で一日寝ていた。『アダム・スミスとその時代』を読んでいた。

金曜日の帰り際に honto から本が届いていた。

相変わらずのあれこれ。昨日までに『戦後の講談社と東都書房』、『還暦からの電脳事始』それにちょっと前に購入した『別のしかたで』を読み終えた。マンガも何冊か。

土曜日は夜に祭の準備へ。終わってからの打ち上げに出て帰ってきた。

日曜日は朝、中学校の作業へ。側溝の泥上げ。それから買い物をして自宅へ戻って、あとは読書など。

そして昨日は昼間はねていて、夜に長女を音楽教室へ連れて行った。待っている間にも本を読んでいた。

今日は情報システムの採点を一気に片付けて成績の提出も終わらせた。

しかし、暑い。

14年08月05日 15時27分 着信

そういや、この週末は池井戸潤『銀翼のイカロス』も読んだのだった。金曜日の帰りに本屋で煽られて購入。シリーズのこれまでのやつも読んでいるので(池井戸潤の本で初めて買ったのが『オレたちバブル入行組』だった)。同じ本を読んでいた人は全国にたくさんいただろうな。

14年08月06日 16時11分 着信

今日は研究室の片付けをしたり自炊をしたり Organizations を読み直したり、そんなこんなで終わった。

今日の夜は次女の祭の練習なのだが、さっきから雨。この週末はおつくね祭なんだが、台風の影響で天気が荒れそう。どうなるか、ちょっと心配。

14年08月07日 16時53分 着信

今日は自炊しながら前期に担当したオムニバス授業の答案の採点など。200冊ぐらい PDF にしたんだが、本が減ったという感じがまるでしない。コンピュータ関係をどうするか、ちょっと迷っている。

やはり週末は台風の影響を受けそうだなぁ。

14年08月08日 15時40分 着信

この週末に予定されていた東郷おつくね祭は、台風のために中止となった。残念だがしかたがない。「福井を学ぶ」の授業でも紹介・宣伝した祭なので、学生のなかには今年は出かけてみようかと思っていた者もいるかもしれないが、せっかくのチャンスが台風でつぶされてしまった。

今日も自炊をしていたのだが、1990年代のインターネットやパソコンに関する本を PDF にしていた。裁断してスキャナにかけながら、懐かしくて思わず読み返し始めたりするものもあったのだが、改めて20年の変化を実感した。中村正三郎や岩谷宏の文章を読むのなんて、ずいぶんとひさしぶりだ。また、『Macintoshインターネット入門』とか『インターネット漂流記』なども懐かしかった。

で、そろそろこのサイトの20周年のページでも作るかなという気になっている。どうせならサイトの再構築もいっしょにやってしまいたいところなんだが。この週末、BiND のマニュアルでも読み返すかな。そういや BiND のオンライン版、BiND クラウドの案内が届いてたな。

妻が使っている初代 iPad なんだが、Twitter なんかがよく落ちるようになったそうだ。妻用の新しいのを買うかな。今は二人共にガラケーのケータイをスマホにするという話もあって、これは9月9日のイベントやらを待っての検討になりそう。でも、自分や妻の電話の使い方からすると、確実に料金があがるんだよなぁ。

14年08月11日 15時20分 着信

おつくね祭が中止になったので静かな週末。

土曜日は長女を部活に送っていってから次女の皮膚科。いったん自宅に戻って昼前に次女とマクドナルドへ。また復活してたチキンタツタを食べた。夕食にはパンとチーズを食べようということで、久しぶりに色々なチーズを買い込んだ。

日曜日は次女の自由研究の手伝い。一緒に材料を買いにいって、昼食後に実験。色々なものを色々な液体に浮かべてみる(浮くのか沈むのか)という実験なのだが、なかなか楽しかった。

今日は大学もお盆休みに入ったなぁという感じ。『大塚久雄と丸山眞男』を最後までじっくりと読んでいた。主体性、自発性などに関して色々な刺激をもらった本だった。

そういやこの週末、先日買ったアラン・パーソンズ・プロジェクトのコレクションの CD をロスレスでエンコードして iPod に入れた。リマスターということなので、聴き直してみよう。

14年08月12日 15時52分 着信

今日は黙々と本を読んでいた。自炊をちょっとしながら『差異と反復』を読み、その後は『社会的世界の時間構成』や『システム理論入門』など。

通勤の車のなかでアラン・パーソンズ・プロジェクトのアルバムを通しで昨日から聞き始めているのだが、リマスターであるのとロスレスで取り込んであることもあってか、音が細かくクリアーに聞こえて、なんども聞いているのに新鮮に感じる。

14年08月13日 16時02分 着信

大学も人の気配がしない。

あれこれと本を読んだりしながら今日も自炊をしていた。90年代ぐらいからのインターネット関連、パソコン関連、ゲーム関連の本などを次々と PDF にしているんだが、こんなの買ってたなぁという懐かしい本も少なくない。今日までのところ、以下のような本を PDF にした。

  • 「へんな会社」のつくり方
  • 2ちゃんねる宣言
  • 1989年のファミコン通信
  • CONTENT's FUTURE
  • iPad vs. キンドル
  • iPhoneが日本に上陸する日
  • iPhoneショック
  • Javaの10年
  • Macintoshインターネット入門
  • Web系の仕事・システムエンジニア
  • Web系の仕事・プロジェクトマネージャ
  • インターネット・クッキングガイド
  • インターネットは儲からない!
  • インターネットビジネスは楽じゃない
  • インターネット漂流記
  • ウェブログ・ハンドブック
  • ゲームをかえた男・飯野賢治
  • ゲーム産業で何が起こったか?
  • ごくらくゲーム業界
  • コの業界のオキテ!
  • コンピューターの終焉
  • ザ・ファーストネットセンチュリー下
  • ザ・ファーストネットセンチュリー上
  • システム管理社の眠れない夜
  • システム管理者の眠れない夜・新装改訂版
  • システム障害はなぜ起きたか
  • ソニー病
  • だからWinMXはやめられない
  • デジタルネットワーク社会
  • パソコン界遊学見聞録
  • フェリカの真実
  • プログラマの秘密
  • メール道
  • ラジカルなコンピュータ
  • 暗黒のシステムインテグレーション
  • 思想のためのインターネット
  • 私は♀プログラマ
  • 新ゲームデザイン
  • 世界一不思議な日本のケータイ
  • 星降る夜のパソコン情話
  • 続星降る夜のパソコン情話
  • 電子書籍元年
  • 電子書籍奮闘記
  • 電脳生活
  • 電脳曼陀羅

似たような本?はまだけっこうある。O'Reillyの本をどうするかなぁ。

明日は休みをとる。

14年08月18日 14時24分 着信

このところ雨がちだったので、今日の晴れ間が久しぶりに感じる。くそ暑いけど。

木曜日から昨日まで、実質的に自分のお盆休みだった。木曜日は家族で「思い出のマーニー」を見に行った。映画へ行くのは「風立ちぬ」以来。だが、映画館で涙がこぼれたのは、自分でも思い出せないくらい久しぶりだった。帰りに原作を購入。鯖江のイタリアンで夕食。

金曜日は高校の同窓会に行く妻を送っていき、買い物をして自宅に戻り、あとは読書。土日も買い物以外は自宅でごろごろして過ごした。日曜日は妻と娘達は外出したのだが、自分は自宅で次女のためにファイナル・ファンタジーVのレベル上げなど。軽い気持ちで始めたら、しっかりハマってしまったのだった。

今日は車の点検。これまで自分の担当だったディーラーの人が春江の店に変わったということで、大学まで車をとりにきてくれた。代車として新しい Fit のハイブリッドを持ってきてくれたのだが、かなり変わっているのに驚く。キーレス・エントリーの操作からエンジンの掛け方、シフトのしかた等、今はこれが標準なんだろうが、ついていけてない。駐車場を少し走ってみたが、エンジンなどの感触も違う(ハイブリッドなんで当たり前なんだが)。これで走り回るのは怖いのでそのまま止めておいた。

いろいろとやらないと行けないこともあるのだが、まだエンジンがちゃんとかかってない感じ。

アラン・パーソンズ・プロジェクトの通し聴きは、アンモニア・アベニューまでたどりついた。

休み中にアマゾンから届いた本:

最近、HONZ に煽られて購入というパターンが増えてきた……

14年08月18日 15時53分 着信

なんか新手のアタックがこのサーバに来ている。そういや、ちょうど1年前頃は POSTのアタックでサーバが落ちまくって、その対処にドタバタしてたんだった。今でも POST アタックは続いているが、ずいぶんと少なくなった。もちろん、サーバは全く落ちない。

14年08月19日 16時22分 着信

今日もくそ暑い。

今日はルーマンの『社会構造とゼマンティク』の中からいくつかを再読。とくに3の「個人・個性・個人主義」の中でのキャリアに関する議論などが面白い。後期の大学院の授業でとりあげられたら良いかなと思いつつ読んでいた。

14年08月19日 16時26分 着信

そういや点検してもらってエンジンオイルなどを交換してもらった Fit は、走りもすこし変わってた(というか、元の良い状態に戻ったってことだけど)。このところガソリンが高いので、なるべくブレーキを踏まないで済むように加速や減速に気を配り、定速度で走るようにしてるのだが、アクセルをオフの状態での走行距離が伸びた。昨日の帰宅の時には、せっかく身に付いていた技というか感覚を修正しなければならなかった。でも気持ちよく車が走るのは楽しい。

14年08月21日 16時27分 着信

昨日は黙々とゼマンティクの論文をあれこれと読んでいた。人格一貫性要求からキャリアの話までつなげる道筋が少し見えたかな。

今日は娘達は登校日。久しぶりの朝のリズム。次女は「花子とアン」を朝見ることができないのが残念そうだった。研究室に来てからは雑用を片付けたり、新しく入った印刷機(リソグラフ)の説明会に出たりして、あとは『今西錦司伝』を読んでいた。思っていた以上にスケールのでかい人である。学部時代に教養の自然人類学の授業が面白く、その後も理学部の自然人類学の授業に潜り込んでたことがあるのだが(人数が少ない授業で、明らかによそものであることは周りにはバレバレだったんだが)、それらの授業を担当されていた先生とか文献を読んだ先生が今西の弟子として出てきていて、それも懐かしかった。

最近は、自宅に戻ると、食事の準備をしながら娘達の FF V の相談&指導という毎日。

14年08月22日 15時37分 着信

今日は時折雨がぱらつく不安定な天気。車のタイヤを交換してもらった。2本がすり減っていたので交換。これで日曜日からの帰省にばっちりなんだが、四国・中国地方はずっと雨の予報なので、運転は気が張ることになりそうだ。

ルーマンのキャリアに関する議論を教育論の方で確認していた。改めて『社会の教育システム』を読んでるわけだが、なかなか面白い。

サーバのメンテもいつも通り。

そういや、昨日、Parallels Desktop 10 のアップグレードの案内が来ていたので、研究室の MacBook Air の方はアップグレードした。自宅の方は、それほど Windows を使う機会もない(というか、年賀状を作った時に XP を動かした以外、まともには使ってない)ので、しばらく留保。Yosemite で動かなかったらアップグレードだな。

アップグレードと言えば、Apple の iOS Developer Program と Mac Developer Program のメンバーシップの更新も済ませた。今年はどちらも \7,800- で、去年の \8,000- より少し安くなってた。そういや Yosemite のベータのバージョンも上がってきたなぁ。そうそう、今日は Pages, Numbers, Keynote のアップデートもあった。9月9日に向けてってことかな?

日曜日から帰省。今年は舞鶴若狭自動車道が全線開通したので、高速だけで松山に着ける。

『今西錦司伝』は今朝読み終えた。面白い人だったんやなぁ。

14年08月27日 14時55分 着信

日曜日から昨日までの3日間、帰省&旅行に出かけていた。

日曜日の朝6時前に自宅を出発。福井インターから高速にのって、敦賀からは全線開通した舞鶴若狭自動車道へ。新しい区間はトンネルが多かった。トンネル内の照明が LED ってのが新しい。吉川JCから中国道で神戸JC、そして山陽道、瀬戸大橋、松山道と快調に走り、12時過ぎに川内インターを降りた。ファミレスで昼食をとってから両親の家へ。電話では普通に話すのに、娘達は最初は緊張気味だった。

父親から、これまで MacOS 9.2 の iBook で使っていたプリンタが壊れたので、MacBook(写真編集専用に使っている)で文書を印刷できるようにして欲しいという相談(帰省前の電話では新しいプリンタはどれがいいのか、ソフトは何を使うのか教えて欲しいと言ってた)。MacBook にはエプソンのプリンタが繋がっているのだが、それは写真専用で文書は印刷できないと言っていたので、てっきりそういう専用のプリンタを買ったのかと思っていたら、ごく普通のインクジェットのプリンタだった(写真が奇麗に印刷できる顔料インクを使うタイプのようだ)。そこで、まずそのプリンタで普通に文書が印刷できること、その際の設定(白黒印刷の指定法)を実演して、ちゃんと文書の印刷に使えることを納得してもらう。問題は、父親はずっとクラリスワークスを使って文書を書いているので、そのままでは MacBook では印刷できないこと。Snow Leopard のインテルマシンなので Rosetta で AppleWorks という技も使えない。そこで iBook のクラリスワークスの方で文書をただのテキストファイルに変換する方法を教えようとしたら、なぜかクラリスワークスのコンバーターがちゃんとインストールされてなくて、変換できない(爆弾が出た)。父親の iBook をセットアップしたのは自分なので、自分に責任があるのだが、これは大誤算。こまったなぁと iBook に入れてあるソフトを見ていたら、こちらに AppleWorks が入ってたので、それを使うことに。デスクトップに AppleWorks のエイリアスを置いて、そこにクラリスのファイルを Drag & Drop して別名で保存で変換する方法を説明し、手順を書いた文書を作っておいた(作業を自動化する AppleScript のアプリを作っておけばよかったと気がついたのは先ほどだ)。しかし、父親はいまだに文書をフロッピーに保存しているのには少し驚いた。

両親の家から、いったん、ホテルへ。昨年同様に「たかのこのホテル」。たかのこの温泉に併設されているホテルなので、さっそく温泉へ。その後、一休みしてから、両親と待ち合わせていた寿司屋へ行き、みんなで夕食。なんでもおいしそうに食べる長女を両親はうれしそうに見ていた。食事中、父親が、さきほどの変換作業を自分でやってみたらうまくいかないと言うので、食事が終わってから自分だけ父親とともに家に向かい、さっそくチェック。原因はフロッピーの書き込み禁止のロックがかかっていたことだった。やれやれ。今後も電話サポートが必要になりそうだ。ホテルに戻ってから、再度、温泉へ入った。

翌日は朝早くにホテルをたって、石手川ダムの横を抜けて今治に出て、しまなみ海道を通って、広島へ。Perfume ファンの長女が、Perfume が番組などであれこれ話題にする広島へ行ってみたいとのことで、今回は広島に行くことになったのだ。しまなみ海道から山陽道へ入るのに、すこしドタバタしたが(ナビの地図は古いままだ)、無事に広島のホテルへ到着。まだチェックインできない時間だったので、荷物をフロントに預けて、広島電鉄で宮島へ向かう。宮島に渡って、あちこちの店で買った色々なものを昼食代わりに食べながら散策し、厳島神社へ。ちょうど干潮で大鳥居の根元まで歩いていけた。神社に参拝し(見学と言った方が正確かな)、土産物を買い込んでからホテルに戻った。夕食は妻が同僚に紹介してもらった店に行って、広島風お好み焼きやら鉄板焼きを食べる。ちゃんとした広島風お好み焼きを食べるのは初めてだったのだが、うまかった。

最終日は、ホテルをチェックアウトし、荷物を車に積んでおいてから、路面電車で広島駅へ。駅の土産物売り場で買い物。それから広島を発って自宅までひたすら高速を走った。天気予報では3日間とも四国・中国地方は雨だったのだが、行きの松山道で一時的にどしゃぶりにぶつかった以外は、宮島で傘をささなくてもなんとかなる程度の雨に降られただけで済んだ。車に乗ってた時間が一番長かった帰省ではあったが、夏休みの小旅行という感じで、なかなか楽しかった。

今日はなんとなく疲れが残っているというか、旅行気分が尾を引いている感じである。来週からあれこれと会議やら用事が入ってくるので、今日はゆるりと本を読んでいる。

honto から本が届いていた。

ニュートンムックは基礎ゼミのネタを仕入れるのも目的。この週末は、旅のお供もかねて『仙丹の契り 僕僕先生』(仁木英之)と、『グリーン・グリーン』(あさのあつこ)も読んだ。

14年08月28日 16時57分 着信

今日は涼しい。娘達は今日が夏休みの最終日。

自炊しながら『人体の物語』を読んでいた。人体をめぐる生物・医学・文学・思想を自在に駆け巡る博物的なエッセーという感じの本で、楽しめた。著者が元素に関する本も書いており、それが早川で翻訳されて出ていたので(発売時には自分のチェックに引っかからなかった)、アマゾンで One Click。

そういや、帰省の間の3日間、ずっと家族4人が乗った状態で車を運転していたのだが、昨日、久しぶりに一人で運転すると、ブレーキやアクセルの反応が自分の身体が予想していたのとは違うというのが感じられ面白かった。4人乗りの方に馴染んでしまっていたってことだろう。まぁ、1200km 余りを走ったわけだし当然かな。今日になって違和感はなくなったけど。

自炊した本は250冊を越えた。ようやく本棚や本置き場にスペースが出てきた。

14年08月29日 16時05分 着信

今日は(今日も?)、黙々と自炊しながらあれこれと本を読んだりしていた。来週になると9月で、のんびりとしている時間もなくなりそうなので、一区切りがつくところまで自炊をやっておくことにした。

この週末は日曜日に地区の秋祭りの実行委員会。今年は班長と買い出し係なので、祭前後は忙しいことになりそうだ。