田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2014年04月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

14年04月01日 11時32分 着信

密度の濃い週末だった。

金曜日は朝から自宅で黙々と山本義隆『世界の見方の転換』を読んでいた。夕食の買い物に出かけた以外は、ひたすら読んでいた。夕食後、東郷ふるさとおこし協議会の総会へ。ふるさとおこし協議会を紹介する授業を担当することになったことを報告。

土曜日もひたすら『世界の見方の転換』を読み続ける。3巻に入った。夕方、福友会の総会&懇親会へ。気持ちよく酒を飲み、色々な地区の知り合いの人たちと歓談。自宅に戻って蓄熱暖房機の前にごろんと横になったらそのまま寝てしまっていた。

日曜日は午前4時前に起床。6時前の越美北線の始発で家族で東京へ。三鷹の森のジブリ美術館をメインとした一泊二日の東京行き。昼前に東京へ着いたのだが、東京は雨。宿泊した渋谷のホテルに荷物を預けて、歩いて NHK スタジオパークへ向かう。途中の無印良品で軽く食事。スタジオパークはなかなか面白かった。その後、歩いて原宿へ。東京は桜がちょうど満開を迎えていて、あちこちの桜が奇麗だった。竹下通りを歩いたりしたが、とにかくすごい人であった。渋谷に戻ってヒカリエへ。夕食もヒカリエの食品売り場で買い込んだあれこれをホテルの部屋で食べた。

昨日は、朝食後、歩いて再び原宿へ。娘たちがパンケーキがブームのようなので食べてみたいと言うので行ったのだが、ガイドに紹介されている店などはすべて長い行列が。パンケーキは諦めて喫茶店でケーキなどを食べて、東京駅へ。妻の希望で駅前の KITTE へ。それから中央線で吉祥寺へ行き、ジブリ美術館へと。ジブリ美術館は、予想以上に自分も楽しめた。自分のみやげに千と千尋のキャラの描かれた花札を。吉祥寺に行くのは25年ぶりぐらいになると思うのだが、記憶がまったく役に立たないほど変わっていた。まぁ、あたりまえか。美術館の後、東京駅へ出て、夕食などを購入して、新幹線で福井へ戻って来た。ホテルや新幹線のなかでも『世界の見方の転換』を読んでいた。まだ読み終えていないし、週末の疲れも残っているので、今日は早めに切り上げて、『世界の見方の転換』を最後まで読む予定。

14年04月02日 15時32分 着信

大学の桜が咲き始めた。もう少しで見頃だな。

『世界の見方の転換』は、昨日、ようやく読み終えることができた。堪能。地動説がもたらしたものなどがすっきりと見えてきた。

今日から学生のオリエンテーションが始まった。成績チェックの学生が2名やってきたが、どちらも特に問題はなし。就活の状況なども聞いた。落とされる日々に突入している。今年は選考は4月開始ということになっていたはずだが、どこも面談会とかなんとか妙な名称で実質的な選考を3月中に開始しており、今がピークという感じだ。

ユクスキュルの『動物の環境と内的世界』を読んでいた。彼の環境(機能環)について確認しておこうと思ったのである。議論はなかなか面白い。個々の動物の記述に入っていくと全然進まないので、そのへんは流して読んでいる。

14年04月03日 16時10分 着信

せっかく桜が開き始めたのに天気は下り坂のようだ。

今日もユクスキュルを読んでいた。とりあえず最後まで目を通し、いくつかメモをとっておいた。その後は、Software Design を読んだり、学生の対応など。この平和な時間も今週で終わりだ。

14年04月04日 15時56分 着信

冷たい雨。この週末は娘たちと桜を見ながら散歩でもと思ってたが、無理っぽいな。

金曜日はサーバのメンテナンス。サイトの再構築をそろそろ真剣に考え始めようかな、などと思いながら久しぶりに HyperCard を立ち上げて触っていた。G4 1G だと爆速やなぁ。

来週から授業が始まる。なので、思い切って、この週末を使って『ヴェブレンとその時代』を読むことにして、先ほどから読み始めている。ヴェブレンについては、ほとんど何も知らないに等しいのだが、彼が育った当時のアメリカの社会や大学や学問の状況を丹念に描いてあって、アメリカ現代史みたいな面白さもある。彼がカントを研究していたとのことに、おっと、このところカントとあちこちで出会うなと。昨日まで読んでいたユクスキュルもカントだったしな。もっともヴェブレンは『判断力批判』で、スクスキュルは『純粋理性批判』だが。

月曜日は長女の中学校の入学式。次女は始業式。自宅でもドタバタの日々が始まる。

14年04月08日 17時06分 着信

週末はおとなしく『ヴェブレンとその時代』などを読んで過ごし、昨日は長女の中学校の入学式。

大学は今日から授業開始。さっそく新3年生のゼミ。連絡先の確認や顔写真の撮影など、例年通りの初回。バーナードの『経営者の役割』を本格的に読むのはGW頃になるかな。さて、どんなゼミになるか。

週末の買い物の際に『イベリコ豚を買いに』(野地秩嘉)を本屋で見かけて購入。一気に読んだ。イベリコ豚の名前ぐらいは知っていたが、本当のことを何も知らなかったんだなと気づかされた。

14年04月09日 16時08分 着信

ようやく『ヴェブレンとその時代』を読み終えた。なかなか読みでのある本だった。

今日はゼミ生を連絡先として登録する作業など。これがけっこう時間がかかるのだった。

昨日、自宅に、長女のために買った Perfume のドームのライブの DVD が届いていた。少しだけ自分も見たのだが、なかなかすごい仕掛けと演出に驚かされた。確かにパフォーマンスという感じだ。

14年04月10日 16時59分 着信

今日は基礎ゼミの初回。日本の都道府県の位置を覚えるのと、世界地図の間違い探しなど、軽い演習で終了。次回から地理をたっぷりと。

4年のゼミでは就活の状況や成績の確認など。

授業が始まると、やはり、なにかとバタバタするなぁ。

14年04月11日 16時46分 着信

今日は情報システムの初回。イントロも兼ねて、デジタル機器(家電)へのスマホの影響などをざくっと話してから、情報のデジタル化の本質はなにかを話して早めに終了。受講生の数は、まぁ、この程度が話しやすいよなという感じであった。教室のプロジェクタなどの AV 機器が更新されて新しいものになっていたのだが、HDMI での接続には対応していないようだった。でも iPad つないであれこれ試してみようかな。

研究室に戻って一息ついてからサーバのメンテナンス。特に問題もなく終了。

昨日、honto から本が届いていた。

『トロイアの真実』を読み出したら一気に引き込まれ、気がついたら最後まで読み切ってしまっていた。小学生の頃、シュリーマンのトロイア発見とか、ツタンカーメン発掘の話に胸を躍らせた者として、最近ではむしろシュリーマンへの批判が強いぐらいだという状況にまず驚く。実際にトルコ(アナトリア)で遺跡の発掘に携わっている人による検証の文章だけに、読みでもあるし説得力もある。収穫の一冊であった。

この週末は日曜日に近所の神社の清掃があるぐらい。のんびりと新着の本に浸れるかな。

14年04月14日 16時33分 着信

基本的にのんびりとした週末を過ごした。今日は Macintosh の授業の初回。今年はあみだくじで7名に絞り込むことになった。その後、簡単なレクチャーとアカウントの作成など。3月にメンテナンスを行った後にOS のアップデートが出ていたので、授業で使うマシンのアップデートを行おうとしたが、ネットが遅過ぎてどれだけ時間がかかるか分からない状態だったので、今日は断念した。研究室にもってくるのも面倒なんだが、さてどうしたものかね。

ゼミ生の一覧の顔写真を貼ってあるスペースが満杯になっていたんだが、元になる画像データが残っている 2004 年度以後を B5 で印刷し直すことで、新しいゼミ生のためのスペースを確保することにした。金曜日の帰りの買い物の際に、100満ボルトに寄って印刷用紙を購入したのだが、インクジェット用の B5 用紙は事務用が1種類あっただけ。以前はもっと種類が多かったんだが。仕方がないので A4 用紙を買って裁断機で B5 にして使うことにした。で、印刷しようとすると PIXUS 865R が、プリントヘッドが装着されていないというエラーを表示。接触不良のようだ。そこでプリントヘッドを取り出して再び装着してみたり、何度か電源を入れ直してみたりしたのだが、エラーは消えない。やれやれ故障かぁとため息をつきながら、念のためネットで 865R 用のプリントヘッドが手に入るか調べてみたが、中古の再生品ぐらいしかなく、それも値段が高い。新しいプリンタを買ったほうがいいのかどうか考えようと、いったんプリンタの電源を切って別の作業に。その後、念のために電源を入れ直すと、今回はエラーが出ない。どうやらエラーが出るときと出ないときがあるようだ。うまく動いているうちに印刷してしまおうと、先ほどから一気に印刷をかけて、印刷が終わったものを張り替えている。……でも、今年と来年の2年分しか新たな枠がとれなかった。

週末の読書は「ちはやふる」24巻、『わたし、解体はじめました 狩猟女子の暮らしづくり』(一気に読んでしまった)。あと、本屋の店先でみかけて買ってみた「応天の門 1」灰原薬も読んだ。今は『進化という謎』を読んでいる。

14年04月15日 16時42分 着信

CodeIQというサイトに結城浩さんからSpacetalky(スペーストーキー)という新しい問題が出ていたので、挑戦してみることにしたら、今回は AppleScript で解答を作成できた。初めての挑戦。さて、あってるかな?

日経ビジネスオンラインで 、Jobs 後のアップルに注目した Haunted Empire という本の紹介と著者に取材した記事が載っていた。おもしろそうだなと Amazon で値段を見てみたら、Kindle 版が大幅なディスカウントでうられていたので、即購入し、読み始めた。面白い。

今日の3年のゼミは、他のゼミ生の意見を聞いてみたいこと、という年度最初の恒例のテーマ。進めていくうちに、その場の雰囲気が変わっていくのが感じられて、毎回のことだが、こちらも楽しい。

固定資産税の請求が来た。5月には自動車の税金も。税金の季節である。

14年04月17日 16時42分 着信

昨日は教授会と新任の教員の歓迎会。それ以外の時間は "Haunted Empire"。

今日は基礎ゼミと4年生のゼミ。ようやく内定をとる学生も出てきて、ちょっと一安心。基礎ゼミではヨーロッパと中東の地理(国名と場所)の演習なのだが、今年からヨーロッパに関しては首都も覚えさせることにした。

14年04月18日 16時13分 着信

情報システムの講義は、ニュース解説にかなり時間を割いてしまい、携帯電話についての本来の講義は「電波とは何か?」を話すだけで終わってしまった。ニュースとして取り上げたのは、OpenSSL の Heartbleed 問題、海外からの配信に対する消費税の問題と OECD の会議、消費動向調査でのスマホとタブレットの普及率、総務省の情報メディアの利用状況に関する調査の速報(スマホの利用率とか SNS の利用率)、そしてドコモの新料金プラン(通話定額)と夏モデルでの VoLTE 対応。それぞれのニュースを理解するための基本的な事項の説明(SSL とは何かとか、VoLTE と現在の LTE の違いとか)を加えていたので、1時間はニュース解説をやっていた。まぁ、講義で取り上げる内容と関連があるもので、いいんだけど。

そういえばニュース解説で取り上げた総務省の「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」速報のなかで、SNS の利用率が載っているのだが、Facebook よりも Google+ の方が利用率が高くなっていて、講義の際に「これはおかしいと思う」と述べておいたのだが、講義が終わって研究室に戻ってネットを見てたら、同じことを指摘した記事やブログが出てきていた。やっぱ、みんなおかしいと思うよなぁ。なんでこうなったのか、みたいなことを推理してる記事もあって、ようはアンケートに回答した人のなかに Google と Google+ の区別がついてない人が結構いたのではないかということだったが、自分もその辺かなとは思う。

サーバのメンテをいつものように行って、その後は Haunted Empire。サムスンとの泥仕合の話の次の章に、『イノベーションのジレンマ』のハーバート・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセンが出てきたりと、なかなか読ませてくれる構成になっている。ただ、文章は読みやすいが、普段あまり目にしない単語がけっこう出てきて、Kindle の辞書機能に助けられっぱなしで読んでいる。

ふと、iTunes でマーカス・ミラーの最近のアルバムを2枚買った。今朝から車で聴いているのだが、やっぱすごいわ。

アマゾンから本が到着

  • 『制御と社会: 欲望と権力のテクノロジー』北野圭介

    出版社で序文が公開されていたのを読んで、おもしろそうかなと。Haunted Empire が終わったあとの、この週末のお楽しみ。

  • 14年04月21日 17時12分 着信

    金曜日の買い物の際に、そういや村上春樹の新刊が出てるんだと気づき、購入。そのまま金曜日と土曜日は村上春樹の『女のいない男たち』を読んでいた。最近の彼の短編とは少し気配が違うかなと感じたが、考えてみれば、彼の短編自体が久しぶりだ。

    昨日は『制御と社会: 欲望と権力のテクノロジー』を読み始めたのだが、妙にすべっていく感じがして、まだうまく入り込めない。もうちょっと読み進めれば、文体や論の展開の仕方に慣れるだろう。

    今日は Mac の授業。システム環境設定であれこれの機能を説明しつつ触ってもらう。授業後に COC の会議。

    14年04月22日 16時27分 着信

    Haunted Empire を読みつづけ、それから3年生のゼミ。ゼミでは先週に引き続いて、他の人の意見を聞いてみたいこと、というテーマで。皆の口がどんどんと軽くなっていき、表情から堅さがとれていく。今年度は13名なので、まだ全員の分が終わっていない。次回は、このテーマと、『経営者の役割』のイントロの予定。

    Haunted Empire の書評や評判を Google で調べてみたが、けっこうネガティブな評価が多いなぁ。まぁ、アップルが好きな人間にとっては、けっして気持ちよく読める本ではないけれど。筆者も Cock 体制にやや批判的かなと感じるが、どこかしら Jobs がいないんだからしょうがないという書き方ではあると思う。カリスマリーダーがいなくなった後に会社に次々と襲いかかる難題に、いかに向き合ったかという記録として、面白い。

    同僚から掘り立ての筍をいただいた。今夜、さっそく食べる。シンプルに茹でたてを食べるのが一番うまそうだ。

    そういや、有川浩が書いたコロボックルの本が出たと知って、アマゾンに注文。明日には届く予定。アマゾンなんかのコメントを見ると、佐藤さとるのコロボックルが好きな人は幻滅するらしいが、さて?

    14年04月23日 16時33分 着信

    明日の基礎ゼミのための課題シートを作って、それからは Haunted Empire を最後まで読んだ。なんていうか、みんな、アップルに期待し過ぎだって、という感想。まぁ、自分にとってのアップルは、Mac のアップルなんだけどね、iPhone じゃなくて。

    トーベ・ヤンソンの評伝の英訳版が Kindle で買えたので購入。なんか洋書づいてるな。

    さて、早めに帰って地区の配りものをやんなきゃ。

    14年04月23日 16時42分 着信

    Kindle で購入したトーベ・ヤンソンの評伝は以下のもの。

    フィンランドで出たものの英訳版。……この本の URL を確かめるためにアマゾンにアクセスしたら、上原ひろみの新しい CD と DVD が出るよんと誘われて、ポチッと One Click 予約してしまった。

    14年04月24日 16時24分 着信

    昨日、自宅に有川浩のコロボックルが届いた。

    コロボックル・シリーズの続編ではなく、それに入る前の、佐藤さとるから有川浩への橋渡しのような話。自分としては十分に楽しめた。イラストが村上勉で、懐かしい場面を新たに書き直してあり、それもまたうれしいところ。今後に期待だな。

    そういえば、週末に Honto から届いた本があって、

    これをこのところ読んでいるのだが、タコがそんな生き物だったなんて!という驚きの連続。

    今日の基礎ゼミは、先週に続いて地理。東アジアの国と首都、中南米の国名の確認。今回で地理は終わり。次回は、理科か算数の予定。新しいネタも仕込みたいところだが、GWになにか作れるかな?

    明日の情報システムのニュース解説はそれほど多くならずに済みそうだ。セルラーコンセプトの説明などの技術解説をする予定。

    14年04月25日 15時38分 着信

    『タコの才能』をさきほど読み終わった。なかなかの収穫の本だった。タコってすごいわ。

    今日の情報システムのニュース解説は、Heartbleed による国内被害、ソフトバンクの「スマ放題」の延期、KDDI のキャリアアグリゲーションの導入、キャリアケータイの絵文字が共通化(あわせて文字コード、Unicode の解説)、6月から4K試験放送(あわせて4Kとは何かということで、解像度やハイビジョンのことを説明)、そして総務省の会議で新興通信会社が SIM ロック解除を要請をとりあげた。そして最後の SIM ロックの話から日本のケータイ産業の垂直統合、SIM カードとは、MVNO とは、という流れでケータイの講義に。今日はセルラーコンセプトの解説の予定だったが、どうせならニュース解説の流れで行った方がつながるだろうということで、急遽、予定変更。研究室に帰ってから、ふと、どうせならニュース解説中心で講義を組み立てるのも面白いかもしれないと思ったんだが、話があちこちに飛ぶことになるので無理だな。

    サーバのメンテナンスはいつものように問題なく終了。

    今朝、新刊本をチェックしていたら、東京バンドワゴンをはじめとして、読みたい新刊が何冊か出ているのに気がつく。毎日の新刊本のチェックは honto のサイトを利用しており、基本的にそこで購入しているのだが、この週末の連休に、なるべく早く読みたくなって、アマゾンで注文した。アマゾンに予約注文してあった本も出るようなので、週末にはど〜んと届くかな?

    明日は次女の小学校の授業参観。

    14年04月30日 16時38分 着信

    この連休は毎日のようにアマゾンから本が届いた。

    金曜日から昨日にかけて、ひたすらこれらの本などを読んでいた。

    土曜日は次女の小学校の授業参観。緊急時の引き渡し訓練ということでいっしょに歩いて下校。

    日曜日は特に何もなく自宅でのんびり。買い物の際にホームセンターで苗を買ってきて、自宅の畑(というほどの広さもないが)にキュウリとモロヘイヤとピーマンを植えた。オクラも植えたいので苗を買おうとしたら、ホームセンターの人がオクラの苗が良くないしもう少し待った方がいいよとのアドバイス。それで昨日はオクラは見送った。トランタンのパンを買って久しぶりに下馬公園で娘たちと昼食。

    月曜日は夕食をバーベキューということで、次女と大野まで肉を買いに行った。すこし雨が降るなか、ガレージで焼き肉。

    火曜日は長女の授業参観。最近の中学の英語の授業はこうなってるのか、とちょっと驚いた。

    今日は火曜日の時間割で進行の日。午後に3年生のゼミ。『経営者の役割』という本についての軽い説明と、自分との関わりなどを話す。この本と飯野先生に出会わなければ、いま、ここに自分はいなかったといったオヤジの回顧話を。時間が余ったので、家族や友人を変なものに例えるという例年のネタを急遽やって盛り上がる。GWあけからガチでバーナードである。

    この休みの間に『砂糖の世界史』、『ウィニー・ザ・プー』(新訳)、『ドリトル先生航海記』(新訳)、『オール・ユー・ニード・イズ・ラブ』(東京バンドワゴン)、『新・世界怪魚釣行記』、『数学ガールの秘密ノート/丸い三角関数』、それに『制御と社会』を読み終えた。今は『ニクラス・ルーマン入門』を読んでいる。原書は読んだので迷ったんだが、買ってしまった。

    自分が読み終えた本はブクログ経由で Facebook と Twitter に流しているのだが、Twitter の方で結城浩さんからリプがあった。なんかこういうのは楽しい。数学ガールの秘密ノートシリーズを基礎ゼミのテキストというかネタ本にしたいなぁ。

    結城浩さんといえば、CodeIQ のスペーストーキー問題の評価と解説も届いた。完全に間抜けな見落としがあって評価3だった。新作が明日には出るそうなので、こちらも楽しみ。