田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2013年10月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

13年10月03日 16時47分 着信

一昨日と昨日、ここに投稿するのを忘れていた。

一昨日は後期の授業開始日。3年生のゼミは成績確認や進路についての個人面談と、次回以降につかうテキストの配布と説明。岩井克人の日本の会社についての文章を読んでいくことにした。ゼミの後、長女を歯医者に連れて行くために早めに帰宅。Perfume の新しいアルバムが届いていたので長女の iPod に入れてやってから送っていった。

昨日は娘たちの小学校の校内体育大会。自分は休みを取り、午前中は見に行き、午後は夕食のおでんを作りながら本を読んでいた。

今日は明日の授業の準備など。明日はイントロなんだが、社会の機能的分化のことをどれだけ話すかまだ迷っている。

13年10月04日 17時04分 着信

いよいよ後期の講義が始まった。組織論の午前のコマは、イントロということで授業の概要などを話して短めに終わる。午後のコマは世界・人間の複雑性と予期に関する講義。今年も大講義室なのだが、教室が少し暑くてけっこう汗をかいた。しばらく講義をしていなかったので声がまだ本調子ではない感じもあったが、無事に終了。初回ということもあってか学生たちは静かに聞いていた。もっとも、最近はスマホがあるので静かにしてても聞いてない学生がいるんだろうが。

講義を終えて研究室に戻ってからは、サーバのメンテナンス。相変わらずサーバへのアタックは続いていて、1週間で500余りの IP アドレスからアタックを受けている。記録しておいた IP のリストから WebSTAR の Deny に載ってない IP を割り出すスクリプトを思いついたので、さっそく書いて試してみたら、ばっちり成功。40弱が新たな IP として割り出せたので、さっそくアドレスを Deny に登録し、スクリプトを CGI に組み込んだ。アタックしてきた IP アドレスは、記録用のフォルダの中にその IP と同じ名前のテキストファイルを作成するという方法で記録している(アタックごとに 0 を書き込むようにしているので、ファイルのバイト数をチェックすればアタックの頻度も確認できる)。WebSTAR の Deny (アクセス拒否)は、アクセスしてきた IP アドレスを登録されている IP との前方一致検索で照合するようになっている。そこで、Deny の登録リストを抜き出し、それをもとに記録用フォルダの中を自作の Tanaka's osax の List Files でファイル名の前方一致検索を行えば Deny で拒否した IP を割り出せる。それを削除していって、最後に残ったファイル(IP)が、まだ Deny に登録されていないアドレスということになる。自分で作っておいて言うのもなんだが、Tanaka`s osax は便利だわ。

この週末は、自分が住んでいる東郷福田地区の祭。2日とも朝から準備などに走り回ることになる。今年の屋台の飲み物&ヨーヨー&フランクなので、屋台の作業自体は楽である。天気が少し心配ではある。さて、どうなるか。

13年10月07日 15時35分 着信

この週末は地区の祭一色だった。

土曜日は午前8時半に地区のセンターに集合して、屋台の材料などの調達に出かける。戻ってから弁当などを食べて一息ついて、午後1時から屋台の準備が始まる。自分の班の担当は飲み物&ヨーヨー&フランク。飲み物の準備をしてからヨーヨー作り。次女の同級生など小学生たちが手伝ってくれし(普段やらないから面白がっていた)、音響の準備で流れていた BGM が70〜80年代のポップスで、懐かしい曲を聴きながら、ご機嫌に作業ができた。あちこちの準備などを手伝ってからフランクの準備を始めたら、冷凍されたのが届いていてホットプレートでは焼くのに時間がかかりすぎることが判明。急遽、センターまで運んでボイルすることになり、同じ担当委員と二人で茹でる作業。祭の屋台が始まってからは、ふるまいの無料の生ビールをのみながら、フランクを売ったりしていた。9時に終了し、片付けを終えてから、何人かの連中で毘沙門寿司に行って飲みながら、あれこれと。自宅に戻ったら11時過ぎで、そのままリビングで寝てしまった。

日曜日は地区のセンターに朝7時に集合。二日目用の材料などを運んでから、屋台の準備。掃除をしたり、うどん・そばの屋台のコンロと鍋を借りてフランクを茹でたりといった作業。こども神輿(今年は付いて回らなかった)が帰ってきてからは、屋台でフランクなどを売っていた。祭が終わって、片付けをして、地区の反省会はパスして自宅に戻って、風呂に入り、早めに寝た。

今日も体には疲れが残っている。明日あたり、筋肉痛がやってくるかな。

そういえば、昨夜、早めに寝ることにして、久しぶりに Shure EC3 を取り出して、iPod Nano につないで、寝床で聞いていたんだが、こんなに音が良かったっけ?と久しぶりの Shure の音に感動した。耳栓みたいなフォームで耳に突っ込むやつで聞いていたんだが、音の定位や広がりが気持ちよかった。以前、初代の iPod Touch につないで聞いてた頃は、ここまでくっきりと鳴らなかったように思うんだが、iPod のアナログ系回路も良くなってるってことかな。ウレタンフォームがへたってきてたので、新しいパーツを買おうかとすら思ってしまった。

研究費で購入申請していた熊野純彦の『マルクス 資本論の思考』が届いた。700ページ強は読み出がありそうだ。同時に申請していたユクスキュル『動物の環境と内的世界』、三中信宏『生物系統学』も届いた。どれも面白そうなんだが、さて、読む時間をどれだけ取れるかな。

13年10月09日 17時06分 着信

昨日は3年のゼミ。岩井克人の文章を読んでいくことにしたのだが、まずは株式会社に関する基本的な事項の説明で終わった。

今日は作業をしたり『0と1の話』を読んでいた。ブール代数とシャノン理論という副題の本なんだが、途中で数式を追うのがすこしつらくなってきている。ちょっとクセのある文章だが、書かれていることは面白い。

なんかドタバタと日々は過ぎていくのであった。

13年10月11日 15時29分 着信

今日の組織論の講義は午前中だけ(午後は学祭準備のために休講)。講義室は蒸し暑くて、講義を始める前からすでに汗が出てくる状態。講義を始めたら汗がどんどん出てきて、汗だく状態で、シャツの色も変わってしまったほど。聞いてる学生も暑そうだったが、自分の汗だくの姿に余計に暑苦しかったかもしれない。内容はコミュニケーション論。今年度は受け手の成立の話を最初に入れて、コミュニケーションが2人の間で起きる出来事であることを確認してから、意味が分かる=選択として了解するという話へ。

研究室に戻ってから、私費で買って読んだ新書の選別へ。本の置き場に困ってきたので、もう読まない新書を処分することにした。210冊ほどを選び出した。

レジ袋に詰めて、ゼミの学生にブックオフに売りに行ってもらった。ついでに自宅から持ってきてあった、もうよまないマンガの処分も一緒に頼んだ。でも、新書が210冊程度では、たいしてスペースが空かないんだよなぁ。

その後、サーバのメンテナンス。相変わらずのアタックが続いているが、新規の IP はかなり減って来た。もっとも、WebSTAR の Deny (アクセス拒否)のリストの長いこと!

娘たちは今日から秋休み。福井市は2学期制なので、昨日、1学期が終わった。そういや、今朝、長女が iPod がおかしいと泣きそうな顔。イヤホンから出る音がおかしくなっていた。別のイヤホンに取り替えても同じ症状なので、もしかしたらサウンド関連のハードの故障かな?と思ったが、まずはこういうときのお約束であるシャットダウン&リスタートを試したら、無事に直った。やれやれ。

この週末は特に予定もない。明日は妻と娘たちは朝から出かける(買い物&カラオケ)ので、自分は一人でのんびりと本を読んでいるつもり。昨日、長女の本を買うついでに注文した自分の本もアマゾンから到着。

國分功一郎氏の本が2冊。これと『マルクス 資本論の思考』あたりがこの週末のお供かな。

13年10月15日 15時44分 着信

台風が近づいているためか、雨がしっかり降り始めた。明日から娘たちは2学期なんだが、ちょうど朝に一番影響をうけそうな気配。

連休は基本的に自宅でごろごろ。土曜日は妻と娘たちは出かけ、自分は自宅でごろごろと読書と昼寝。日曜日も、自宅の窓枠のメンテナンスを行ったぐらいで、あとはだらだらと過ごした。昨日は昼過ぎに娘たちを図書館へ連れて行ったぐらいで、あとはのんびり。しかし、歳を取るとなんでこんなに昼寝ができるようになるかね、と実感する。

今日は月曜日の時間割で進行する日なので、自分は授業などはなし。授業の準備などをして、『社会の抜け道』を読んでいた。

13年10月16日 17時08分 着信

台風で娘たちの小学校の始業時間が2時間くりさがった(10時までに登校)、その時間は、まだ雨風とも強かったので、登校は大変だったかも。家族の最後に娘たちが家を出るという初めてのパターン。

今日はもっぱら『心と行動の進化を探る』という人間行動進化学の入門書を読んでいた。なるほど、と面白く読めた。その後、教授会。

13年10月16日 17時11分 着信

そういえば FM 福井から先日出た番組の録音(音楽 CD 化されたもの)が、昨日、大学に届いていた。クラウド・ストレージに放り込んだのを自宅で iPad で聴き直してみたんだが、自分の関西弁風の変なしゃべりに苦笑。それと編集の結果もあるんだろうが、自分が一番しゃべってたのを改めて感じた。まぁ、いいけど。

13年10月18日 16時25分 着信

また一つ、つまらぬものをとってしまった、って感じの誕生日である。

組織論の授業は、午前、午後ともにコミュニケーション論。コミュニケーションのシステム=社会的システムの導入まで一気にやって、少し早めに授業を終えた。毎年やっている内容であっても、毎年のように、新しい切り口と言うか、語り口が思いつくのが面白い。やはり人前でしゃべることは面白い。

先週の授業ではたっぷりと汗をかいたのだが、今日は、いつも程度の感じで、シャツが濡れるまでは汗をかかなかった。話しやすい季節になった。

Facebook で元ゼミ生やネット仲間などから祝いのメッセージをもらって、それに返信してたのだが、こういう祝いのされ方があるのは、なかなか悪くないよなと思う。

そういえば、何がきっかけなのか分からないのだが、娘たちが花札の「こいこい」にハマっている。もちろん、iPad のアプリで、自分が初代 iPod Touch を手に入れた際に購入したものだ。自分もずいぶんと遊んだ。それを夢中になってやっているので、横からアドバイスをしたりしている。そのうち、アプリではない本物の花札を買ってきて、娘たちとこいこいをやる日も来るかもしれない。こいこいは、学生時代、友人たちとかなりやったのが懐かしい。

13年10月21日 15時59分 着信

秋らしい天気である。今朝、新聞を取りに出たら、朝もやがたちこめていた。

週末は久しぶりにあれこれと出かけていた。土曜日は、昼間は昼食をトランタンに娘たちと買いに行ったぐらいでおとなしく『マルクス 資本論の思考』を読んでいた。大学院入試の勉強としてノートを取りながら『資本論』全巻を読んでいた頃を思い出しつつ、久しぶりにこってりと価値形態論に向かい合っていた。夕方6時前に娘たちと自宅を出て、越美北線で福井駅前へ。仕事を終えた妻と合流して、駅前の秋吉に。自分の誕生祝いの外食。久しぶりの秋吉を堪能。やっぱうまいわ。店も混んでいた。そして秋吉に行く前に、駅前のおもちゃ屋で花札を購入。もちろん任天堂の花札である。こいこいにハマっている娘たちが、やはり対戦をしたいということで買うことにしたのである。2千円もするとは思わなかったが。秋吉から自宅に戻って、さっそく実際の花札でこいこい。娘たちには花見酒と月見酒を認め、とりあえず先に役が出来た方が勝ち、という変則ルールで対戦していたら、やっぱ自分も負けるのであった。そのうち連続勝負で点数(文)を付ける本式?にして、「こいこい」ができるようにしようと思うが、まずは札の扱いや取り方に慣れるのが先。

日曜日は次女の音楽教室の発表会。自分が作曲した曲を演奏するというもので、30弱の生徒が演奏。次女は緊張していたようだが、小さなミスだけで無事に演奏終了。自分は今回はデジカメでの撮影だけ。回りの家族はスマホで撮ったり、一眼レフの動画撮影機能で撮ったりしていた。発表会が終わってからいったん自宅に戻って荷物などを置いてから久しぶりに Lpa へ。無印良品とユニクロで自分のシャツやズボンを買うのが目的なのだが、無印ではお茶やカレーなどの食品も大量に購入。また併設の本屋でマンガなど。昼食に久しぶりのモスバーガー(これも Lpa に行った目的の一つ)。やっぱうまいわ。自宅に近かったら、もっと頻繁に出かけてるだろうな。それから夕食の買い物をして自宅に戻った。妻や娘たちは録画してあったドラマを、そのかたわらで自分は『マルクス 資本論の思考』を読んだりしてすごした。もちろん、こいこいもした。

今日は朝からジンメルの『社会学』をこってりと読んでいる。組織論は今週から協働論に入るのだが、今年は人格システム論の幅を広げることにして、そのためにジンメルを読んでいる。ジンメルをまともに読むのは時初めてなんだが、これが面白い! 今まで読まずに来たのが残念に思える。

13年10月23日 15時52分 着信

昨日はこのページに投稿するのを忘れてた。昨日は3年のゼミ。岩井克人の法人論を読んでいる。ゼミ生は、わかってんのかどうか、微妙な反応である。来年度のゼミのシラバスを作成しなければならないのだが、来年はがっちりバーナードを読むゼミにしようかなと思ったりもした。

今日は、起きてから、まず Apple のイベントの情報をチェック。Mavericks が出ていたので、自宅の MacBook Air をアップデート。無料でアップデートというのは少し驚いた。研究室に来てから Keynote をストリーミングで観た。新しいハードなどは事前に予想(リーク)されていた通りというところか。研究室の MacBook と MacBook Air もアップデート。特に問題もなくアップデートは完了。大学に来る前に、自宅で、朝、自宅のマシンのアップデートの際にダウンロードしたインストーラーを実行前に USB メモリに入れておいたので、研究室ではダウンロードしなくて作業に入れた。アプリもアップデート。Pages などの iWork のインターフェースがかなり変わった感じだ。また、全体に動作が少し速くなったような気がする。

それ以外は授業の準備やジンメルを読んだり。ルーマンがジンメルの流れにあるのを実感する。

13年10月24日 16時31分 着信

昨夜、自宅にアマゾンで予約しておいた『動きすぎてはいけない』が届いた。

今年はドゥルーズ論が熱いなぁ。さっそく読み始めたのだが、少しクセのある文体にひっかりつつも、刺激的である。ヒューム論の分析のところでは、そうくるかぁ、とうなっていた。今日も研究室で少し読み進めた。

今日の午後は大学訪問で訪れた鯖江高校の生徒たちに学部紹介をした。30分ほど、大学と高校の違いとか、経済学と経営学のこととか、あれこれと。少しまとまりのない話になったかもしれない。

honto からの本も届いた。

あいかわらずのバラバラである。

自分の使う Mac をすべて Macericks にしたのだが、特にトラブルもないなぁと思っていたら、キヤノンのレーザープリンターがネット接続では印刷できなくなってしまってた。大学案内の下書きを印刷しようとして気がついた。かなり焦ったが、USB で接続すると印刷ができたので一安心。Developer Preview 版であれこれと試してはいたのだが、印刷は盲点だった。

最近の通勤の友はキース・ジャレットのバッハのヴァイオリン協奏曲。ECM から出てたのに気がつかなくて買ったもの。ヴァイオリン協奏曲はグレン・グールドの演奏は学生時代から聴いてきたのだが、他の演奏者のものを聴くのは初めてだ。ここ2週間ぐらい、間にフュージョンなんかを挟みつつ、何度も聴いている。

13年10月25日 16時18分 着信

OS X を Macericks にアップデートしてちょっと不便になったと感じることが一つ。使用中に電源ボタンを押すと、これまでは再起動、スリープ、終了を選ぶパネルが出てきていたのだが、Mavericks ではいきなりスリープする。Windows のノートブックでこの仕様になってたのは知ってたが、Mac もそこはあわせたのかな? まぁ、コントロール+電源ボタンでパネルは出てくる(そしてリターンで終了できる)んで、指が一本、余分に必要になっただけではあるが。

今日の組織論の講義は協働論。2コマで協働論を駆け抜けてしまった(おまけに少し早めに終わったし)。ダブル・コンティンジェンシーの話をばっさりとカットしたので、短くなってしまったというのあるし、昨年、講義ノートに手を入れた部分がまだうまくまとまってないので、さらっと流したというのもある。ちょっと反省。

今日は東郷の寺で「ほんこさん」。正式には報恩講という浄土真宗の秋の行事だが、福井では「ほんこさん」と皆呼んでいる。自分は東郷に住むようになって初めて知った。で、その際には寺に屋台が出るのだが、そこのクレープを娘たちと妻は毎年、楽しみにしている。今日の夕方、妻が遅くなるようだったら、自分が娘たちを連れて出かけ、妻の分も買っておくことになってる。屋台が出ているところへ出かけるのは好きなんだが、雨がやみそうにないのがちょっと残念。

『動きすぎてはいけない』を読んでいるのだが、なかなかじっくりと読む時間がとれない。この週末は、日曜日に県立図書館でビブリオバトルに出演するので、あんまり読書の時間はとれそうもないな。

13年10月28日 16時10分 着信

今日はえらく寒くなった。そろそろ家の蓄熱暖房の準備を始めた方がよいかもしれない。

金曜日の夜は娘たちを連れて「ほんこさん」へ。娘たちの友人もたくさん見かけた。クレープを買い、唐揚げと広島焼きを買って自宅に戻った。

土曜日は娘たちを皮膚科に連れて行って買い物をして戻った以外は自宅で過ごした。おでんを作りながら、『動きすぎてはいけない』などを読んでいた。次女は夕方から友達と「ほんこさん」へ。

日曜日の午前中はビブリオバトルに備えて片岡義男を読み直したりしていた。13時に県立図書館へ。出演者の事前の打ち合わせなどをして控え室で待機。いつも福井新聞の書評コラムを楽しみに読んでいる瀬川あづささんとも初めて話をすることができた。FM福井の飴田彩子アナウンサーや勝木書店の店員さんも交えて、けっこう話がもりあがる。14時から本番。50名強の参加者。バトルでは、瀬川さんの推薦した内澤旬子『飼い食い』がチャンプ本に。終了後、図書館の館長や職員も交えて控え室であれこれと話が盛り上がって、それもまた楽しかった。終了後、夕食の買い物をして自宅に戻った。

今日はもっぱら『動きすぎてはいけない』を読んでいた。これもまた収穫の一冊だった。

13年10月29日 16時45分 着信

書類書いたりゼミして一日が終わる。

昨夜、アラン・パーソンズの新しいライブ版、LiveSpan が到着。今朝、iPod で聴いた。車でも聴いている。しばらくヘビーローテーションだな。

13年10月30日 16時43分 着信

来年度のゼミや基礎ゼミのシラバスを書いたり、授業評価のコメントを書いたりして午前中は終わり、午後は作業などをこなして、『野生のオーケストラが聴こえる サウンドスケープ生態学と音楽の起源』バーニー・クラウスがあと少しで読み終わるので、それを最後まで読んでいた。来年度のゼミは大きく方向転換することに決めた。このところずっと頭の片隅にひっかかっていたのだが、とりあえずやってみることに。バーナードの『経営者の役割』の輪読。ルーマンの『公式組織』も考えたが、もういちどバーナードに向かうのもいいだろうということで。ゼミに応募してくる学生は減るだろうな。

『野生のオーケストラが聴こえる』は、音、サウンドスケープというものへの新しい目を(耳を?)開いてくれた、これまた収穫の一冊だった。読書は『一〇〇年目の書体づくり 「秀英体平成の大改刻」の記録』へと進む。

Alan Parsons の LiveSpan を通勤の車の中で大きめの音で聴いている。Live とはいえ音がしっかりしているのは、アラン・パーソンズのこだわりだろうな。過去のすべてのアルバムの中から1曲は演奏している感じだったのだが、Stereotomy と Vulture Culture からの曲はないようだ。この時期、エアコンをかける必要もないので、車内は雑音が少なくて、音がクリアに聞こえるのがうれしい。

cakes(ケイクス)という、色々な人が書いた記事を有料で(150円/週、500円/月)で配信しているサイトがあって、これまでも気になっていたんだが、今日、ユーザー登録した。料金は月500円の方を選択。けっこう面白そうな記事があって、おまけに過去の記事もたっぷりあって、今なら一日中読んでいられるかもしれない。そんな時間はないけど。

Mavericks の電源ボタンで終了パネルの件は、ボタンを長押しすれば出てくるとのアドバイスをもらった。確かに。あとは指が押す長さを覚えたら、これまでのように使えそう。

そういえば、大学の端末(リースのパソコン)の更新で新しい iMac が入った同僚のサポートに行ったのだが、iMac の音の良さに驚いた。あれなら外付けスピーカーなんか付けなくても十分に楽しめるだろうな。