田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2013年07月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

13年07月01日 16時41分 着信

金曜日に次女が体調を崩したこともあって、ドタバタの週末であった。

土曜日は自宅の畑のジャガイモ掘り。ことしもたくさん採れた。

昼食は採れたてを茹でて食べた。午後は次女の調子をみながら、だらだらと読書。『マチュピチュ探検記』にどっぷりと。

日曜日は朝から福友会で公園の草刈り。50歳になったので、青壮年会から福友会に移ったのである。自分たちが一番下っ端ということになった。草刈りが終わってから11時頃より近所の公園でバーベキュー。あれやこれやと色々なものを食べ、ビールをしこたま飲んだ。夕方4時過ぎまで。自宅に戻ってシャワーを浴びて横になったらそのまましばらく寝ていた。夕食はパス。一眠りしてから、妻が「黒子のテニス」を10巻までまとめ買いしてたので、それを読んでいた。

草刈りやらバーベキューの疲れで、今日は体調が今ひとつである。Mac の授業は Keynote を解説。

週末から今日にかけて、出荷が遅れていた本が届いた。

『ファミコンとその時代』をさっそく読み始めたところなのだが、テレビゲームやファミコンの誕生の経緯がたんねんにまとめられていて引き込まれている。

13年07月02日 16時11分 着信

暑いなぁ。

3年のゼミはバーナード組織論その2。今日はマネジメントの方。先週との2回でざっくりと骨格は説明できた。気がつけば、来週で前期のゼミは終了だ。

昨日の帰りに「黒子のバスケ」の残りを大人買い。長女が読み終えたものを自分が読む、という流れになっている。

昨日から『クモはなぜ糸をつくるのか?』を読んでいるのだが、引き込まれている。あらためてクモについて自分がいかに知らないことが多いのかが分かって楽しい。クモが巣を張るまでにどのように進化して来たかなんてのは、なるほどなぁというところである。クモの糸を使った繊維の量産化に成功したというニュースを先日見たばかりだったので、余計に糸についての話などを楽しめるのであった。

13年07月02日 16時13分 着信

そうそう、『ファミコンとその時代』は昨夜のうちに一気に最後まで読み切りました。これも良い本だった。

13年07月04日 15時47分 着信

一昨日の夕方の次女が体調を崩したので、昨日は自分が自宅で看病していた。午後に病院に連れて行った以外は、こってりと読書。『クモはなぜ糸をつくるのか?』を最後まで読み、「黒子のバスケ」も22巻まで読み終え、『徳の政治』まで。

そういえば、『クモはなぜ糸をつくるのか?』は翻訳なんだが、本の背表紙には原作者が記されていないし、表紙でも英語表記で原題が書かれているところに小さく記されているだけである。これっておかしいだろうと思うのだが、なんでこうなったんだろう? 

今日の基礎ゼミは科学者。ベーコンからワトソン&クリックまで。淡々と講義をするような授業になった。

honto から本が届く。このところ、ちょっと調子に乗って買い過ぎかなと自分でも思う。でも読みたい本が出てくるんだから仕方が無い。

ベル研の本に期待しているのだが、さてどうかな?

13年07月05日 15時29分 着信

今日の情報システムの授業は、教室が妙に蒸し暑くていつもより疲れた。ニュース解説の中で AltaVista がついに終了というのを取り上げて、Google 以前の検索サービスのことなどを少し話した。自分もかつては AltaVista は使っていたので、個人的な感傷?から取り上げた。まぁ、まだ続いてたということの方に驚くべきかもしれないが。講義はブルーレイの規格など。

昨日から『世界の技術を支配するベル研究所の興亡』を読み出したのだが、予想に違わず面白い。トランジスタの発明の経緯の部分を読んでいて、そういや小学生の頃、トランジスターがいかに発明されたかを書いた本を読んだのを思い出した。しかし、この本、原題は The Idea Factory なんだが、翻訳のタイトルはちょっといただけないよなぁ。

13年07月08日 16時20分 着信

無茶苦茶に暑い。すかっと晴れて西日がガンガンあたっている研究室。ふぅ。

金曜日の夜は出張に行っていた妻を福井駅で出迎えて、家族で外食。予定では「秋吉」に行く筈だったのだが満席で待ち時間も40分程度と告げられて断念。そこでイタリアンレストランへ。おいしい料理の力を全身で感じた。最近味にうるさくなってきた長女もゴキゲンであった。

土曜日は自宅でゆるゆると。自宅の畑のオクラとモロヘイヤの植え替えをした以外は、読書など。『世界の技術を支配するベル研究所の興亡』を最後まで一気に読んだ。UNIX 誕生の話が無かったのは残念だが、トランジスタやシャノンのこと、人工衛星や海中ケーブルなど、色々な技術が生まれてきた経緯などを堪能した。

日曜日も同じように過ごした。暑くて自宅の外には出たくなかったこともあり、だらだらと読書をしていた。『ミサキア記のタダシガ記』を読み終えて『ビーグル号航海記 新訳 上』にとりかかったところで週末終了。

そういや、このところ、読書の合間の気分転換に wii でゴルフをやっている。昨日は久しぶりに1ラウンドで2回のイーグル。自分が wii をやってると、以前なら娘たちも遊びたがったのだが、今では 3DS があるので、wii には関心を示さなくなった。もっとも友人が遊びにきた時には皆でやってるみたいではあるが。

日曜日の「題名のない音楽会」で本多俊之が高校生のブラスバンドの指導をするのを見た。高校生のレベルが高いのにびっくり。本多俊之のアルトサックスは相変わらず?、気持ちのよい音だった。

今日は Mac の授業。都合で今日が最終日となる。iBooks Author の実演(iPad でプレビューするのも見せた)など、これまでの授業の落ち穂拾いみたいな内容。早めに片付けをして研究室に来てもらい、例年通り、授業の締めくくりとして Mac Plus の実演…… のはずだったのだが、なんと、Plus は立ち上がるのだが外付けのハードディスクを認識しない。どうやら外付けのディスクの方がトラブってる感じ。やれやれ。とりあえずフロッピーアイコンが点滅している Plus を前にして、自分が Mac に出会ってハマっていった経緯などを話して授業終了。授業が終わってから、どうせならフロッピーのシステムで立ち上げればよかったかなと気がついたが、2DD のフロッピーのシステムって、どこにしまったか忘れている。まぁ、日を改めて探してみるか。

iBooks Author は、講義ノートの作成に使えるかもしれない。あれこれ試してみよう。もっとも、テキストを流し込んだりすると処理が重いんだが。

13年07月09日 17時02分 着信

とにかく暑い。

今日で前期のゼミは終了。毎年恒例の絵葉書と、七夕の二本立て。演習室は狭い分、エアコンがきちんと効いて涼しかった。自分の研究室はエアコンを入れてもほとんど効かない。西日がガンガン照りつけている。

昨日、アマゾンから「チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1」が届いたので、それを最後まで一気に読んでいた。

チェルノブイリの今についての自分の理解が深まったのは言うまでもないが、色々と考えさせられた刺激的な本であった。

13年07月10日 15時19分 着信

今日はこの後、フリーペーパーの編集に携わっている学生の取材。おすすめの本を紹介して欲しいとのことなので、朝から研究室に積み上がっている本を整理したりしながら、本を選んでいたのだが、ついつい手に取った本を読み始めてしまうというのが何度となくあり、気がつけば午後になっていた。

自宅では『ビーグル号航海記 新訳 上』を読んでいるのだが、なかなか面白い。分量があるので、ゆるゆると読み進めるつもりである。

13年07月11日 16時33分 着信

基礎ゼミは今日が授業の最終。食と文化をとりあげた。来週はテスト。

4年のゼミは、なかなか盛り上がった。今日来ていた学生は全員 iPhone で、LINE を使っていた。学生たちの間では、今や、LINE 使ってない方が少ない(もしかしていない?)ようだ。

暑くて頭がうまく動かない感じ。西向きの窓に遮光カーテンを付けたくなる。

13年07月12日 14時46分 着信

情報システムの授業はニュース解説とその補足。クラウドとか P2P などを。暑さで頭がぼ〜っとなってしまった。授業評価アンケートの実施もあったので、早めに切り上げた。

研究室に戻って一休みしてからは honto から届いていた以下の本を一気に読んだ。

金魚の世界も奥が深いなぁ。なんか金魚を飼いたくなってきた。

その後、サーバのメンテナンス。

CGI にちょっと手を入れることにして、久しぶりに AppleScript でスクリプトを書いた。簡単な文字列の処理なのに、構文を忘れていて、自分でもちょっと哀しい。でも、プログラミングはやっぱ楽しい。

13年07月16日 15時36分 着信

あれっという感じで3連休はあっさり終わった。基本的に自宅で読書して過ごした。

「しろくまカフェ」の新刊、『有頂天家族公式読本』、『メフィストフェレスの定理』を読み終えた。そして『ビーグル号航海記 新訳 上』をポチポチと。

自宅の畑でピーマンが収穫できるようになってきたので、日曜の夜はそれを使って青椒肉絲を作ったりしたのだが、体調不良で自分は食べなかった。夏バテかなという感じ。まぁ、何もせずゴロゴロと本を読んでいるだけだとお腹もすかないわけだが。

今日は基礎ゼミの期末テストの作成。今年度からあらたに取り上げた税金の問題などを作ったり、最近のニュースに合わせて問題を書き直したり(地図の問題は各地の反政府運動の広がりにからめてみた)。なんとか作成は完了。あとは情報システムの最終回と期末試験の内容を詰めなければ。

iTunes Store 5周年記念で無料になっていたゲームをすこしプレイしてみた。自分が買ってみた中では「スキタイの娘」が素晴らしい。

13年07月17日 17時22分 着信

先ほどまで教授会だったのだが、会議中に試験などの日程を確認していて、大変なことに気がついた。今週の金曜日はもう補講期間だ! もちろん補講の必要は全くないので、補講の時間割には自分の授業は載っていない。それなのに、先週の授業の終わりに「来週の最終回の授業で……」と言ってしまった。さっそく自分の授業の用のサイトには授業は無いことの告知を掲載したが、当日、念のために教室に行って、もし学生が来ていたら謝ろう。それと、試験に関する説明のページや試験問題の作成をきちんとやんなきゃ。

教授会までの時間に、授業で取り上げる筈だった25年版情報通信白書をいっしょうけんめい読んでいたのに…… まぁ、それは自分の知識になったからいいんだが。

今日は習い事に行っている娘たちを迎えに行ってから夕食作りなので、夜はすこし遅くなりそうだ。

honto から本が届いた:

ヴォネガットの伝記が出ていたとは知らなかった。『数学ガール』は毎度の買い。『微生物ハンター、深海を行く』はナショナルジオグラフィックの Web での連載が面白かったので買った。

13年07月18日 16時39分 着信

昨日、自宅に戻って『微生物ハンター、深海を行く』を読み始めたら、やはりぐっぅと引き込まれ、結局、今日の午前中に読み終えた。研究者の青春記として面白いのはもちろんだが、地球上の生物(微生物)に関する視野をぐいっと広げてくれる快感もある。そういや、南極の氷の下に閉じ込められていた湖の水から微生物がみつかったというニュースが最近流れたよなぁ、などと思い出しながら読んでいた。

基礎ゼミは期末試験。その場で採点も終えて返却して、正解を説明して授業は終了。

『数学ガールの秘密ノート 式とグラフ』を読み始めたのだが、これも味わい深い本。自分が問題を解くことの方にしか目を向けていなかったことを痛感。

13年07月19日 15時43分 着信

情報システムの授業は自分の勘違いで今日は無かったのだが、今日も授業があると思って学生が来てないか、授業時間前に教室まで行ってみたら、廊下に一群の学生たちが! 自分のミスを謝り試験について簡単に説明しておいた。で、研究室に戻ってきたら、別の学生たちが今日の授業はどうなったのか?と尋ねにきた。ここでも事情を説明して謝っておいた。やれやれ。

雑用を片付けたり、ルーマンにちょっと目を通したりしていたら、この時間になった。でも、暑いと集中力が落ちるよなぁ。

この週末は地区の社会奉仕があったり、娘たちを図書館の行事に連れて行ったりするので、だらだらと読書というわけにはいかないだろうな。『数学ガールの秘密ノート 式とグラフ』は今朝読み終わり、『人生なんて、そんなものさ』を読み始めたところなんだが。今日は帰りに書店に寄るつもりなので、新書なんかを買ってしまいそうだ。

13年07月22日 15時01分 着信

何かとドタバタしてた週末だった。

土曜日の朝、やはり自宅のパソコンを買い替えることに決めて、アップルのオンラインストアで注文。MacBook Air 13インチを、CPU を 1.7G に、メモリを 8G に、SSD を 512G にオプションでアップしたものを注文。ついでに新しい AirMac Extreme、Paralells desktop 8、あと、勢いで Bose の SoundLink Mini Bluetooth ワイヤレススピーカーと、Lightning - 30ピンアダプタも購入。その後、アマゾンで Windows 7 と MS Office 2011 も購入。Bose のスピーカーはいつになるかわからない(発売と同時に在庫がなくなったというニュースを読んでいたので、覚悟のうえで発注した)が、その他は今週末には揃うだろう。で、一息ついたところに、アップルからクレジットカードの決済ができないとのメール。そんなはずないと思いながら、あれこれ調べてみたが、どこもおかしいことはない。そこでメールに記載されていたサポートセンターに電話して確認してみると、購入代金が高額だったため、一時的にセキュリティ・ロックがかかったようだとのことで、すぐに問題はなくなったとのこと。やれやれ。

土曜日はもっぱら『人生なんて、そんなものさ』を読んでいた。ヴォネガットの人生って、なかなか波瀾万丈で、引き込まれる。午後に娘たちを図書館の催し物に連れて行き、自分は買い物へ。

日曜日は朝から地区の社会奉仕。自分の班は自宅近くの公園の清掃。側溝にたまった泥あげなどを1時間あまり。かなり汗をかいた。娘たちは子供会で空き缶拾い。自宅に戻ってシャワーを浴びて一休みしてから買い物へ。午後は娘たちを図書館の催し物へ送って行き、自分は自宅にいったん戻り、終わったら迎えに行った。この日は、アマゾンで Windows といっしょに購入した『アップル帝国の正体』(後藤直義&森川潤)が届いた(Windows も届いた)のを一気に読んだ。日本の様々な分野の産業が iPhone にいかに絡めとられているか、とった内容の本。

今日はこれから肝臓の検診。待ち時間は吉野朔実の新刊とヴォネガットの伝記だな。

そういや、土曜日に「スキタイのムスメ」をエンディングまでプレイした。なかなか面白かったので、日曜日に最初からもう一度始めたのだった。スキタイといっしょに購入した Tiny Wing は、自分と娘たちがハマってます。

13年07月24日 15時59分 着信

昨日は自宅の7年点検だったので、自宅で作業していた。次女は児童館へ。長女は自宅で一人できままに過ごしていた。

自分が家を建てて東郷に移り住んでから7年たったわけである。早いものだなと思う。色々な地区の役員などをして多くの人と顔見知りになり、今ではすっかり東郷が自分の町という感覚がある。

昨日は Apple から新しい AirMac Extreme も届いた。さっそくこれまでのものと取り替えてセットアップを行ったのだが、アンテナなどが改良されているせいか、11n の 5G での通信速度が速くなった。また、これまで 5G は一階でしか繋がらなかったのだが、二階でも繋がるようになった。これはうれしい。MacBook Air が届いて 11ac を試すのが楽しみだ。

自宅では自分のサイトに載せる試験情報のページを BiND で編集していた。ニュース解説で取り上げた事柄をどこまで試験範囲に含めるかで悩んだが、なんとかページをまとめた。今朝、大学に来てからサーバーにアップしたのだが、学生たちがどんどんアクセスしている。久しぶりに目にも留まらぬ早さで WebSTAR のログ画面が流れて行く。スマホと思われる学外のアドレスでアクセスしてくる件数がこれまでよりも多いのだが、スマホでは持ち込み用紙をまとめるのは難しいだろうな。

今日は研究室の MacBook Air を Cinema Display につないで期末試験の問題作成。過去の問題を加筆修正する形で作成していたのだが、その時のニュースにからめて書いた問題文などは全面書き直し。とりあえず完成したが、明日、もう一度検討する。

今日の夜から、娘たちのおつくね祭の練習が始まる。自分が連れて行って、ついでに青壮年会の作業を手伝おうかなと思っている。もっとも、雨が降りそうなのが気がかりなんだが。

Angry Birds の兄弟ゲームである Bad Piggies に新しい面が追加されたのだが、なんかやる気が起きない。Angry Birds ともども飽きて来たなぁ。まぁ、そのうち、何かのきっかけで再びハマるかもしれないが。

ルーマンの『社会構造とゼマンティク2』が届いたので、ぽちぽちと。

13年07月24日 16時27分 着信

そういえば、このところ届いた本を記しておくのを忘れてた。

吉野朔実は月曜日の肝臓の検診の待ち時間の間に読み終えた。『アップル帝国の正体』と『ジル・ドゥルーズの哲学』は Windows 7 といっしょにアマゾンで購入したもの。前者は日曜日のうちに読み終えている。後者はまだぱらぱらとめくってみた程度だが、読みでがありそう。自分がヒューム論を書く時にずいぶんと読み返した『経験論と主体性』(フランス語の書籍を最初から最後まできっちり読み込んだのは、このドゥルーズの本が最初で、おそらく最後)がどのように読み解かれているか、楽しみだ。

ヴォネガットの伝記の『人生なんて、そんなものさ』は、月曜の待ち時間の間にかなり読み進めることができ(空調の利いた病院の待合室は読書に最適だ)、昨日、読み終えた。

ダーウィンの『ビーグル号航海記 新訳 上』もポチポチと読み進めている。動植物や地質学に関する記述だけでなく、当時の人々の生活や風習なども書いてあって、それもまた楽しい。

13年07月24日 16時31分 着信

そういえば、昨日、友人の玉岡さんから懐かしいものを送ってもらった。以前に(といっても14年前だが)、神戸で Mac のサーバ運用に関するワークショップを玉岡さんたちと行ったことがあるのだが、それをとりあげた MacWIRE オンラインの記事(参加者の一人でもあった飯嶋淳さんが書いたもの)。そうかもう14年か。

13年07月25日 15時45分 着信

昨夜は次女をつれておつくね祭の踊りの練習へ。次女が練習している間、青壮年会の作業を手伝う。久しぶりの作業は楽しかった。今日は地区の子供会の海水浴の日なのだが、今年は妻の都合やらもう行きたがらない長女やらがあって、不参加。

午前中に明日の試験問題を仕上げて、印刷。印刷が終わったところで2問作り忘れていることに気がつく。試験中に板書で問題を追加することも考えたが、基本的に穴埋め問題を出題しているので、それも面倒だ。ということで、2問分をサービスということにした。点数にして4点だが、この点数で救われる学生も出てくるかもしれない。サーバの方は朝からガンガンとアクセスがある。今夜がピークだな。帰りに念のためサーバをリスタートしておこう。万が一サーバが落ちたらかわいそうだ。

今日もまた honto から本が。

まずは『佐藤君と柴田君の逆襲!!』からかな。

MacBook Air が自宅に届いたとの連絡が長女から。今夜は本体のセットアップかな。

13年07月26日 14時58分 着信

昨日自宅に戻ったら MacBook Air が到着していた。夕食を作るまですこし時間があったので、さっそく娘たちとセットアップ。家族のそれぞれのアカウントを作り、ソフトウェア・アップデートをかけ……と作業していたのだが、やっぱ新しいマシンは爆速。マシンやソフトの立ち上がりが全然違う。また、Thunderbolt のイーサーアダプターを使って光のルーターに有線でつないで作業を行ったのだが、こちらはマシンとは関係ないけど、やっぱ有線は早いわ。Windows 7 と Office 2010 のインストールも行ったのだが、Windows 7 の立ち上がりも笑ってしまうぐらい早いし、大量の Windows Update もボコボコってな感じでダウンロードされインストールされた。作業が一区切りついたところで、自宅の AirMac Extreme の設定を済ませて 11ac でつないでみたら、これも早い早い。久々に早さに感動する体験だった。この週末は研究室にある MacBook と MacBook Air を持って帰って、iTunes のライブラリや iPhoto のアルバムを自宅のマシンに移行する。それと自宅の XP からのデータ移行。XP を丸ごと仮想化して Parallels で動かすことも可能なんだが、その場合、XP の認証を電話でする必要があるのが面倒。データのみの移行にするか、仮想化か、まだ迷っている。まぁ、こういうのをあれこれ迷うのも楽しいわけだが。

情報システムの試験は問題も無く終了。答案をぱらぱらと見た限りでは、皆、そこそこ出来ているようだ。

昨日から『佐藤君と柴田君の逆襲!!』を読み出して、先ほど読み終えた。なかなか楽しめた本だった。

13年07月26日 15時03分 着信

そういや、先ほど、Amazon.com の Kindle アカウントを Amazon.co.jp のアカウントに統合した。新書などは Kindle で買って読めばいいか、と思ったのである。

13年07月26日 15時44分 着信

日本の Kindle で新書が意外と揃っているのに気づいた。これ、やばいかも。NHK の『ドキュメント 深海の超巨大イカを追え!』の kindle 版を買うついでに一冊余分に買ってしまった。

13年07月29日 16時18分 着信

今日は激しい雨が降っている。まだ梅雨が開けてないんだっけ?

この週末は自宅の新しい MacBook Air の設定が中心。土曜日はこれまで使ってきた Windows XP のマシンからのデータの移行を行ったのだが、思い切って XP を仮想化してまるごと MacBook Air へ移行することに決めた。電話で XP の認証すませると、これまでと同じものが爆速で動き始めた。その他に、Pages などを購入してインストール。その時に、これまでに購入して研究室のマシンにインストールしてあるソフトが自動的にインストールされていたのに気がつく。娘たちを撮影した写真などもすべて自宅のマシンへ。そんなこんなであれこれと作業していた。夕食後は娘たちを祭の練習に連れて行き、自分は青壮年会の作業の手伝いを少しした。

日曜日の朝、自宅のトマトが大量に採れたので、トマトソースを作ることにした。

煮込みながら本を読んでいると、Bose SoundLink mini が到着!

さっそく iPad をペアリングして鳴らしてみたら、その音の良さに興奮してしまった。リビングでじっくり聴くのに十分。サイズが小さく充電式なので、好きなところへ持って行って聴くこともできる。午前中は久しぶりにこってりと色々なものを聴いてみたのだが、合う/合わないは少しありそうだ。

午後には娘たちと県立図書館の催し物へ。空気を使った実験などの企画。なかなか楽しめた。自宅に戻ってから、娘たちに Mac の講習。普段自分が使っているところを見ているせいか、すんなりとトラックパッドなどの操作を覚え、楽しそうに使っていた。

今日は黙々とルーマンのゼマンティクなど。

13年07月30日 16時26分 着信

今日は雨はそれほど降らなかったが、気温が上がって湿度が高い一日。大学に来る時に通った足羽川も九頭竜川も、ここまでの水量になっているのは久しぶりだという流れだった。

昨日、『群れは意識をもつ 個の自由と集団の秩序』(郡司ペギオ‐幸夫)を読み終えたので、そのままの勢いで Kindle で購入した同じ人による『生きていることの科学』を読んでいた。分かった!とは言えないが、色々と刺激になる議論があった。その後、ルーマンのゼマンティク。

自宅で次女が Mac を使いたい一心で、長女からローマ字を習い始めた。次女は iPad などはひらがな一覧から入力していたが、パソコンはローマ字入力しか認めないことにしたのである。長女の方は、ローマ字入力には iPod Touch で慣れてきたのか、けっこう速く入力できるようになってきていた。もっとも、娘たちが自分のような変則的なタイピング(右手の人差し指でのタイピング)を身につけないか、ちょっと心配ではある。次女の手の大きさではタッチタイピングは無理なので、両手の人差し指でキーを探しては押している。それがだんだん早くなっていくと……。まぁ、本人が困らないのなら良いとは思うのだが。自分だって結局矯正は諦めてるし。

明日は試験監督の応援。答案の採点とか研究室の片付けなんかもする予定。

13年07月31日 16時03分 着信

午前中は試験監督の応援。自分の授業ではない試験監督というのは、あまり面白いものではない。

午後は研究室の片付け。honto やアマゾンから本が送られてきた時の段ボールが山積み状態だったのを片付けたり、授業の資料のあまりなどを廃棄。本当は本も整理したかったのだが、汗だくになったので片付けを止めた。それから研究室の Windows XP を Mac に仮想化して移行する作業。自宅で行った時に XP の再認証の手順なども分かったので、研究室のも移行しておくことにした。移行して XP の認証を終えてから、仮想化された XP のチューンナップ。極端な話、ワードとエクセルさえ走ればなんとかなるので、ガシガシとソフトを削り、テンポラリファイルなどもばっさり消去。かなり軽くなった。

明日は休みを取って京都へ行く予定。