田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2012年12月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

12年12月03日 14時04分 着信

今日はすっきりと晴れ。その分、朝は寒かった。週間的予報に雪マークが登場。今日は肝臓の検診なんだが、早めに終わったら車のタイヤの交換をした方がいいかもしれない。

土曜日は次女を皮膚科に連れて行き、そのまま二人で買い物をして自宅に戻り、午後はのんびりと。次女はちょうど九九を覚えている最中なので、病院や買い物に行った車の中で、目についた2つの数字を九九にして答えるというのをやらせてみたら、かなり面白がって夢中になっていた。自分もちょうどよい頭の体操というところ。その次女が、学校の給食の揚げ餃子がおいしいのでうちでも食べたいというので、生協の手作り餃子を使って揚げ餃子を作った。唐揚げなども揚げて、揚げ物たっぷりの夕食。

日曜日は長女の音楽教室の発表会。家族で出かけた。発表会というのは YAMAHA Junior Original Concert で、自作の曲を演奏するもの。主に小学生が演奏するのだが、なかなか聴かせる曲もあり、楽しめた。久しぶりにビデオ撮影の親バカもした。コンサートは昼過ぎに終了。妻は午後は仕事。自分は娘たちと夕食のおでんの買い物をして自宅に戻った。その後は、大根の下茹や厚揚げの油抜きなどのおでんの準備をしながら、土曜日に買った『光圀伝』を読んだり、玉岡さんに勧められた桑原あいのトリオを聴いたり。桑原あいは土曜日から聴いているのだが、なんていうか、ジャズにこだわらなくてもいいじゃんって感じが最高にジャズっぽい感じで、しばらく車でヘビーローテーションかな。期せずして?、ヤマハのコンサートの色々な演奏で感じた楽しさみたいなものにもつながってる気がする。ミシェル・ペトルチアーニっぽい感じもなかなか。ペトルチアーニもしばらく聴いてないなぁ。桑原あいの後は、ペトルチアーニのドレイファス・コンプリートセットを車で聴こうかしら。

Angry Birds Star Wars の新しい面は、この週末に三ツ星クリア完了。そこへすかさず? Angry Birds Seasons のクリスマス・カウントダウンが始まった。毎日のちょっとした楽しみができたな。

12年12月04日 16時27分 着信

荒れた天気になってきた。まだ雪ではないが、あられやみぞれが。やれやれ。

3年生のゼミでは女性の髪がみな真っ黒。就活が始まったなと実感させられる。すでに合同説明会に行ったりしているようなんだが、話を聞いていると、とりあえず乗り遅れないようにと変に焦っている感がある。ゼミは「こんな時代の生き方」。どんな時代として切り取るか、それにどんな生き方をつなげるか、をいくつも考えてもらう。色々な切り口&生き方が出てきて面白かったが、やや掘り下げ方が浅いかなというところ。

週末に『光圀伝』と一緒に買った三崎亜紀の『逆回りのお散歩』を、昨日の検診の待ち時間に読み始めたのだが、独特の三崎ワールドに今回もどっぷりと引き込まれた。今朝、読み終えた。堪能。

12年12月05日 16時48分 着信

午前中はゼミコンで Mac の Keynote を使いたいという学生たち(自分のゼミ生ではないんだが)に、Mac の基本的な使い方と、Keynote でどのようなプレゼンが作れるのかの説明。以前に授業で使っていた iBook G4 を貸し出すことにした。ジョブズみたいなプレゼンがしたい、と言っていたが、さてさて。

午後は授業の準備や人格システム論の展開について考えたりしていた。ナラティブ・アプローチや物語的キャリア論など、筋はいくつかあるんだが、さて。

今日帰ったらタイヤを交換した方がよさそうだ……

12年12月06日 16時24分 着信

今日あたりから雪になりそうだということで、今朝は自宅で車のタイヤをスタッドレスに交換してから大学に来た。

午後には4年生のゼミの卒業アルバム用写真撮影。残念ながら全員がそろうことはできなかったが、研究室で和やかに撮影し、その後、少し話をしてゼミは終了。

そういえば、今日来ていたゼミ生から聞いたのだが、今年の2年生は来年度からのゼミをとらないことにした学生がそれなりにいるそうだ。自分のところに来た第1次希望の学生の数が少なかったのは、そのせいもあるのかもしれない。自分の勤務校の場合、演習を履修しなくても専門科目の単位を多く取ることで卒業はできるのだが、ゼミは履修するのが当たり前ということでここまで来ていた。そんな「普通」が通用しなくなったのかな。

今夜雪が降ったら、明日の組織論の出席者は減るかもしれないなぁ。

12年12月07日 16時38分 着信

みぞれが時折雪に変わるという天気。まだ積もるような雪にはなっていない。

そういえば、今朝、大学に来る時、九頭竜川を渡る橋の手前の交差点が大渋滞になっていた。妻を職場に送っていってからだったので、いつもより30分ほど遅かったのだが、いつもならむしろ渋滞しないはずなんだが?と思いながらのろのろと走っていると、橋を越えたところで警察が事故処理。どうやら事故があって、そのせいで渋滞が大きくなってしまったようだ。講義までに十分な余裕があったのでよかったが、ギリギリだったら休講になっていたところだった。自分の授業は開始のチャイムが鳴り終わったらすぐに始めるようにしており、学生には開始から10分経っても来なかったら休講とみなしてよいといってあるので、ちょっとした遅れが影響するのだった。

組織論の講義は午前中が状況システム、午後はその特異例としての境界上のポジション。先週から公式組織に関わって働く具体的な状況について考察していく内容になっている。昨年までとは論じる順番を変えたのと、会話分析の議論を講義に取り入れたので、うまく流れになるか不安があったが、なんとかなったかなというところ。天気が悪いので学生が減ってるかと思ったが、そうでもなかった。まぁ、すでに、減るだけ減ってしまっているとも言えるのかもしれないが。

このサイトのいくつかのページでも使っている BiND がバージョンアップするとのメールが届いた。今のやつでも自分には十分だったりするのだが、まぁ、またアップグレードするだろうなぁ。

12年12月10日 16時32分 着信

この冬始めての雪道走行。もっとも、自宅前以外の道は除雪されていたけど。

この週末も、基本的には自宅でのんびり。土曜日は昼前に次女と買い物にでかけ、自宅に戻ってからは、買って来たマンガなどを読んだりしてのんびりと。夕食は自宅でとれた大根の煮物など。

日曜日は、朝、妻の車のタイヤを交換し、昼前に自分が買い物に出た。夕食は鍋ということで、妻の実家で白菜をもらったりして買い物をすませ、戻ってきてからはゴロゴロと。ひさしぶりにタラとカキを入れた味噌鍋にした。娘たちが貝類が好きでないため、鍋には入れないようにしているのだが、昨日は自分が食べたいという気持ちが勝った。そういえば、日曜の朝にはしっかりと雪が積もっていたので、自分がタイヤ交換の作業をしている横で、娘たちは雪だるまを作って遊んでいた。自分も、季節最初の積雪に、すこしテンションが上がった。

今日は明日の授業の準備や会議など。

honto から本が届いた:

村上春樹のチャンドラーの新訳が出てたので、ついでにいくつか。チューリングのやつは読みでがありそうだ。さて、いつになったら読めるかな。

12年12月11日 17時27分 着信

午前中は大学院の授業。労働政策研究・研修機構の「入職初期のキャリア形成と世代間コミュニケーションに関する調査」を取り上げた。企業が自社での長期的な教育を再び重視し始めた傾向などが出ていて面白いレポートだった。

午後はあれこれと雑用をこなしてから3年のゼミ。大学院で使ったレポートの一部や、今日の日経新聞、それに日経ビジネスオンラインの記事を使って、「好きな仕事」へのこだわりについて。思ったよりも自分の「やりたい」仕事とか「好きな」仕事へのこだわりはないようであった。もっとも、自己分析なんかをやってないということがあるのかもしれないが。それと、女子の場合、「自宅から通える」といった制約がまずあって、仕事の内容が第一とは言えない状況もあるようだった。

昨日届いた本は、結局、昨夜はどれも手を付けられなかった。今夜はどうかなぁ。

そういえば、以前にこのサイトで運用していた Web Scripter Meeting のあるページについて、リンク先が全く別の業態に変わっているので、情報を削除して欲しいとの要望がとどいた。10年以上も前のページだった。今でも検索でひっかかってリンク先に飛んだり、クロウラーが入り込んだりするということなのかな? もはや懐古的資料みたいなものだったので、ページをサイトから削除しておいた。ついでに、先週の金曜日にできなかったサイトのメンテナンスもしておいた。

12年12月12日 16時29分 着信

今日は黙々と授業準備や文献読み。

Angry Birds に新しい面が来た。Seasons も進行中。どっぷりハマりたいが、時間がない。未読の本にも手を出せない。かろうじて、昨夜は吉田秋生の新刊を読めた。

自分の中に、くみ出す言葉が無い、空っぽな感じがする。ま、そういうときもあるか。

12年12月13日 17時11分 着信

明日の授業準備と4年生のゼミ。明日は組織文化・組織学習を取り上げる予定なのだが、話がまだうまくまとまらない感じ。さてどうなるか。

4年のゼミでは、今週の日経や日経ビジネスオンラインの記事の中から、自分がピックアップしたものを4本ほど読ませて、補足説明。欧米や日本でのオリーブオイルの品質偽装(本来適さないものがエクストラ・バージンオイルとしてかなり出回っている)の記事は自分はけっこう驚いたので学生に紹介したのだが、学生たちは自分で料理などしないせいか、反応はいまいちだった。日経にここ20年の新党や党の分裂の経過を図にしたものがあったので、それも紹介。そういや、そんな党があったよなぁ、と自分は懐かし?かった。

12年12月14日 16時06分 着信

昨夜は双子座流星群のピークということで、夜にちょっとだけ空を見ていたが、それほど明るくないのがさっと流れるの見ただけで、寒くて家に引っ込んだ。

今日の組織論の講義は組織文化。淡々と講義をしていたら、2コマともに。自分がそんなに拘ってないテーマだからかな。来週は都合で休講にするので、年内の講義はこれで最後。

研究室に戻って『ニュートンと贋金づくり』を読み始めた。贋金づくりの犯罪者とニュートンとの伝記的記述になっているのは予想外だった。ニュートンの伝記として楽しめそうだ。

この週末は地区の年末総会と選挙。日曜の夜は選挙速報を見ながら酒をのむかな。もっとも地区総会のあとの忘年会でたっぷり飲んでそうそうに寝てしまうという可能性もあるが。

そろそろクリスマスに向けて娘たちのプレゼントの準備をしなければ。

12年12月17日 12時34分 着信

金曜日の帰りの買い物の際、マンガの新刊を買いにショッピングセンター内の書店に寄った。ゲームも扱っている店なので、まさかとは思いながらも念のため 3DS のゲームのところを見てみたら「とびだせ どうぶつの森」のパッケージの在庫が。無事にサンタの課題をクリアできて、うれしくていつもより少し高めのワイン(っても1500円程度のやつ)を買ってしまった。長女の iPod Touch は土曜日に長女に色などを選ばせてアップルストアに発注し、こちらもクリア。次女の「どうぶつの森」はダウンロード版を覚悟して、娘たちの 3DS の SD カードを 32G の Class 10 のものに買い替えたのだが、その必要はなかったということに。まぁ、体験版なんかをあれこれ落としているようだし、よしとするか。

土曜日は娘たちといつもの週末。昼食のパンをいっしょに買いにいき、買い物をして自宅へもどってからは、のんびりと本を読んでいた。『ニュートンと贋金づくり』を読み終えた。ニュートンの伝記として面白く読んだ。錬金術へのこだわりについても納得いく説明がなされていたし、中央銀行や金融などの解説も分かりやすくて、良い本だった。続いて『物語消費論改』と『ウィトゲンシュタインvs.チューリング』をぽちぽちと。後者はけっこう期待している(ウィトゲンシュタインの授業にチューリングが出ていたことは知らなかったし)

日曜日の朝、久しぶりにちゃんとした?風邪を引いてしまったことに気がつく。微熱があり、のどから気管支あたりが痛い。とりあえずひどくなる前に選挙だけは行っておいて、自宅に戻って朝食を食べてから、再び布団へ。村上春樹のチャンドラー『大いなる眠り』を読みながら寝ていた。すこし寝たこともあって、体は楽になったのだが、昼食に家族でマック(チキンタツタが復活してるので)という予定はパスし、妻と娘たちが出かけた後も自宅でゆっくりと。チャンドラーを読み終え、他の本を読んだりしているうちに地区の年末総会の時間になったので出かけた。総会の後には忘年会があったのだが、やはりゆっくりと酒を飲むという気にもならず、忘年会はパスして帰ってきた。夜は選挙速報を見ながら酒を飲むというのがこの週末の楽しみだったのだが、さっさと寝てしまったのだった。

今日もまだ喉や胸のあたりに違和感が残っているのだが、熱も下がって、だるさもないので、いつものように大学へ来た。

12年12月18日 16時36分 着信

今年最後の3年生のゼミは、図らずも懇親会みたいなものになってしまった。まぁ、流れというか勢いに乗るのも悪くない。自分の勤務校では、ゼミが終わってから気軽に飲みにいくような場所にはない。大半の学生が車で大学に来ているので、飲み会をするなら、あらかじめ送迎などの計画をきちんとたてないといけない。自分が学生の時、特に大学院で飯野先生の授業に出ていた頃は、その日の勢いで食事に行ったり、飲みにいったりというのがけっこうあって、それが楽しかったのだが、そういう学生生活を今のゼミ生に伝えられないのは、少し寂しいところはある。

ゼミ以外の時間は、色々と文献にあたっていた。ルーマンのタームのドイツ語を調べたりという作業もあったのだが、改めて訳者によって訳語が違うなぁと実感。

風邪はまだ完全には直っていなくて、喉に違和感が残っているのだが、もう生活には影響はない程度。短く済んで助かった。

12年12月20日 15時39分 着信

昨日は教授会が終わってすぐに帰宅したので、このページへの投稿を忘れていた。もっとも、とりたてて何があったというわけではない一日ではあったのだが。

今日は卒論指導と4年のゼミだったのだが、諸般の事情でどちらも休講になった。

このところ『制度としての基本権』を補助線に使いながら『公式組織』の議論を整理するという作業をしているのだが、一昨日から『基本権』の原書にあたりながら術語を確認するという作業をしている。ルーマンの翻訳は訳者によって訳語がかなりぶれるところがあるのと、『基本権』の場合は、同じ本の中であきらかに同じ語を別に訳しているだろうと思われるものがあるからだ(2名で訳しているので、そのためだろう)。『基本権』の人格(人格システム)の議論と『公式組織』の公式化されたシステムの議論を合わせると、この頃のルーマンが近代社会(分化した社会)をどのようにみていたか(組織にどんな意義を見いだしていたか)がくっきりとする感じがある。うまくまとめられればいいのだけど。

長女の iPod Touch が届いた。これでサンタの仕入れは完了。後はラッピングをすればいいだけ。

bk1 とアマゾンから本が到着:

『醤油鯛』は、気になっていたが買いそびれていた本。自宅では『ジャコバン派の独裁』を読み始めた。

同僚の Mac のメンテナンスが入ったのだが、メモリーが 1G だと今では苦しいということを実感。やっぱ 4G はいるよなぁ、今なら。

12年12月21日 15時43分 着信

今日は自分の都合により組織論は休講。あれやこれやと用事をすませた。この後、早めに研究室を出てプレゼント用のラッピングを買いにいく予定。

また今週末から雪になるようだ。日曜日は地区の青壮年会のしめ縄作りなんだが、雨か雪の中での作業になりそうだ。

『公式組織』の原書のチェックを始めたのだが、組織化されたシステムと組織を厳密に使い分けていることがはっきりしたし、人格システムや自己表現の問題も『基本権』と同じ議論になっているようだということも分かってきた。この週末も作業できるかな? ……誘っている本が多いので無理かなぁ。

12年12月21日 15時45分 着信

そうそう、『醤油鯛』は面白く、一気に読み切った(といっても図鑑のところは流し読みだが)。これから醤油鯛を見る目が変わるだろうな。

12年12月25日 16時13分 着信

今年のクリスマスも無事に?サンタのつとめを終えた。

土曜日はまず年賀状の作成と印刷。以前は印刷は一日がかりの作業だったが、新しいプリンターだと宛名の印刷も含めてあっという間に終わってしまった。その後、妻と娘たちは皮膚科に行ったり買い物にいったりしたが、自分は自宅で『ジャコバン派の独裁』を読んでいた。

日曜日は朝から地区の青壮年会のしめ縄作り。神社に奉納するしめ縄を2本と、地区のセンターに飾るものを藁から作る作業。雪になるとの予報だったのだが、作業をしている時には日も射し、暖かった。昼前から地区の子供会のクリスマス会があり、娘たちはそれに出席。その間、自分はしめ縄を神社にとりつける作業など。作業を終えてから、おろしソバとビールで乾杯し、クリスマス会が終わったところで娘たちと自宅に戻った。午後はのんびりと。

クリスマスイブの昨日は、家族で買い物などに出かけた。春休みにディズニーランドへ行く予定なので、その予約なども。ほぼ日のカレンダーを買うはずだったのだが、いつも買いにいっている Loft では売り切れていたので、ネットで購入することに。本屋をぶらついていて、1冊買ってしまった。買い物の途中で長女が体調を崩してしまい、夜はしずかに。クリスマス・ケーキは今朝食べた。

今朝は、娘たちの枕元にプレゼントをおいて、サンタ完了。長女の iPod Touch の設定などを行ってやってから大学に来た。書類を書いたり、原稿を書いたり。さすがに大学は静かである。

12年12月28日 16時29分 着信

水曜日は自分の原稿やら卒論の指導でドタバタしているうちに終わってしまい、このページに投稿するのも忘れていた。

昨日は休みをとって、次女を発表会の練習や歯科に連れて行った。次女と二人だけで長い時間を過ごすしたのは久しぶりである。長女と一緒の時とはまた少し違った調子になるのが面白い。

発表会の練習は Lpa であったのだが、たくさんの人が買い物に来ていたりするところだから、3DS の「すれ違い通信」で新しいすれ違いができるかもしれないということで、娘たち二人の 3DS を持っていった。次女が練習している間に自分は買い物などをしていたのだが、その間も自分が 3DS を鞄に入れて持ち歩いていた。で、練習が終わりそうな頃に迎えに行ったら、来ていた他の子どもたちの親が DS を取り出して「すれ違い通信」しあったりしているという状況になっており、練習を終えた子どもたちも自分の分を取り出したり、と大騒ぎになった。娘たちの分も当然のごとく通信していた。ほとんどの子どもが DS を持っていたことに驚くとともに、それがきっかけで初対面の者同士で話が盛り上がるってのすごいなと感じたのであった。自分も、最初は黙っていたのだが、鞄の中に入ってることをカミングアウトして笑いをとり、練習が終わった次女が出てきてからは騒ぎに加わったのであった。

買い物の際には、よしながふみの「大奥」をまとめ買いしてしまった。

水曜日の帰り際に honto から本が到着:

同じ探検家の本を2冊。で、これがどちらも予想を裏切らない面白さで、昨日のうちに2冊とも一気に読み終えてしまった。どちらも自分が知らなかったことが書かれており(ロビンソン・クールソーに実在のモデルがいたとは!)楽しめたのだが、サンタクロースの方の色々なものがつながっていく感じが読ませた。

今日は研究室でもっぱら原稿書きなど。仕事納めの日ということもあって、静かだ。

このところ聞いていた桑原あいのピアノがミシェル・ペトルチアーニに似た響きの曲があったりしたので、久しぶりにこってりとペトルチアーニを聴きたくなって、ドレイファスのコンプリート盤BOX の CD をすべてリッピングして iPod Nano に入れて、一昨日から車で順に聴いている。ドイツでのトリオのライブの DVD に入っているカンタービレの演奏が好きなので、それも入れておいた。しばらくはどっぷりだ。

12年12月28日 16時34分 着信

そういや今年買って読んだ本の総括しなくっちゃ。

Time Capsule の空き容量がほとんどない状態のため、Time Machine のバックアップに時間がかかる(古いアーカイブの削除などが入るため)ようになった。Parallels の Windows の仮想マシンもバックアップするようにしているので、それが更新に含まれると 30G を軽く越えるバックアップのデータサイズになる。このため、今日は MacBook が2時間ぐらい延々と作業していた。

12年12月30日 14時16分 着信

昨日は自宅の大掃除。晴れて暖かく、絶好の掃除日和という感じであった。自分は風呂場と換気扇の掃除、それとスチームモップかけなどを担当。夕食は久しぶりに家族で王将へ行った。

ダイアモンド・オンラインの紹介記事でおもしろそうだったので『ヒッグス粒子を追え』(フランク・クローズ)をアマゾンで購入し、昨日から読みはじめた。物理学の解説部分は、さすがに分かるとはいいかねる部分があるのだが、多くの物理学者がしのぎをけずる様はおもしろい。

今日の午前中は妻の実家で餅つき。できたての餅を食べてきた。自宅に戻って一休みしてから研究室へ。1月3日に停電があるので、それにそなえて3日の早朝にサーバをシャットダウンするためのプログラムを仕込んだ。例年は大学まで来てサーバを落としているのだが、雪になりそうだし、サーバを落とすためだけに大学に来るのもおっくうになってきたので、今年はプログラムで落とすことにした。4日には買い物ついでに立ち上げにくる予定だが、もしかしたらもう少し落としたままになるかもしれない。

今年買って読んだ本の中から印象に残っているものをリストアップしようと、買った本のリストを見ていたら、読んでないものや読みかけで中断している本が今年は多いことに気がつく。小説は外すとして、現時点で候補に残っているのは以下の本である。

12年12月31日 16時13分 着信

今日は自宅でゆっくりと文献の読み込みなどを行っている。

ミシェル・ペトルチアーニのドレイファスのアルバムは iPod に入れたので、ブルー・ノート時代のアルバムも入れてしまおうとリッピング作業を始めた。個人的には、Bluenote 時代のペトルチアーニは、どこかしら中途半端な感じがあって、後のドレイファスの時代のプレイに比べるといまいちな感じがするのだが、曲には良いものが多い。アルバムとしては Playground が自分としては一番好きだ。だけど、日本側からの企画で作られたんじゃないかと思うのだが、The Manhattan Project というアルバムでペトルチアーニとウェイン・ショーターとスタンリー・クラークがいっしょに演奏している(ドラムはレニー・ホワイト)のがあって、これがけっこう好きだったりする(このバンドでラシェル・フェレルの枯葉を録音してるのも好きだ)。ペトルチアーニのBluenote 時代の中途半端な立ち位置が、結果的に良い音楽につながってるのが、Playgoround とこの The Manhattan Project じゃないかと思ったりもする。まぁ、ドレイファスに移ってからのエディー・ルイスやステファン・グラペリとの演奏の方が良いと個人的には思うけど。そんなことを思いながら、Bluenote 時代のアルバムをリッピングして腕時計がわりに使ってる iPod nano に入れたのだった。