田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2012年06月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

12年06月01日 12時18分 着信

今日は開学記念日で授業はないのだが、サイトのメンテナンスなどの雑用もあったので研究室に来た。学部の20周年記念サイトの写真を追加しようと EOS Kiss X3 を持ってきたので、学部棟の上に設置された時計のアップの写真を撮ってみた。

今日は早めに帰宅して自宅で本を読む予定。もっとも、Angry Birds Space に新しい面が追加されたので、その影響は出るかもしれないな。この週末は特に予定が入っていない、静かな週末になりそうだ。

そういや、自宅の ADSL がどれくらいの速度が出ているかを計ってみた。MacBook Air を使っての測定なので、無線LANの影響も入っているのだが、夕方6時頃で、下りで 19.7Mbps 上りで 2.8Mbps だった。まぁ、ADSL ならこんなもんか。電話回線は線路距離 680m 伝送損失 20 dB とのことなので、有線でルーターにつなげば、もう少し早いのかもしれない。

12年06月04日 15時37分 着信

週末はこってりと自宅で読みかけになっていた本を黙々と読んで過ごした。

土曜日は昼前に買い物に行ったのと、夕方、次女と散歩に出かけた以外は自宅で。散歩のときに、こびり庵の前で堂田川の鯉の餌を売っていたので、次女と二人分を買って、堂田川での初餌やり体験。錦鯉などがわらわらと寄ってきて、なかなか壮観だった。次女も大興奮。カメラを持って行くのを忘れたのが残念だったが、また次回にでも。帰りに公園で次女にブランコのこぎ方を教えてやる。どうやらこつが分かってきたようだ。

日曜日は妻も含めて家族全員がこってりと家にこもって過ごした。昼食や夕食も自宅のストックですませたのだが、県民生協の宅配のものなどでなんとかなった。この週末で、色々な本を片付けることができた。

今日は Mac の授業。GarageBand である。簡単に説明してから、あとはループの組み合わせや Magic GarageBand などで「曲つくり」にはげんでもらった。気温が高いので、エアコンが効いた演習室が気持ちよかった。来週は UNIX に触れてもらう予定。

12年06月04日 15時40分 着信

そうそう、Angry Birds Space の新しい面は無事に3つ星クリア完了。Space の攻め方も分かってきた感じがする。

しかし、今日は暑い。自分の研究室は西日が直接あたるので、これからの季節、午後はつらい。遮熱・遮光シートみたいなものを窓に張りたいなぁ。節電対策で配ってもらえないかしら?かなり効果があると思うのだが。

12年06月06日 15時28分 着信

気がつけば昨日はここに投稿しないまま終わってた。いつものように授業準備などをして、3年生のゼミでは恒例の『ぼくを探して』をとりあげる。毎年、それまでに無かった切り口の意見が出てくるのが面白い。今年は、なんで主人公が別れたのか分からないという発言が複数出てきて、それが新鮮だった。

今日は金星が太陽の前を通過するということで、朝、娘の太陽観察メガネで見てみたのだが、時間が早かったこともあってか、自分は確認できなかった。長女は今日から宿泊研修なのだが、研修先で観察と解説があるそうだ。今夜は次女だけの3人での食事になるので、長女が嫌いで次女が好きな食材の料理にしようということになったのだが、長女は好き嫌いがほとんどない(次女と二人そろってコーンが嫌いというのが自分には分からんのだが)。一つだけあったのがチーズということで、今夜はパンとチーズなどを食べることになった。自分がチーズを帰りに買うのだが、買いすぎないように気をつけなければ。

honto から本が到着。

金子兜太が俳句について語った本は、ついつい買ってしまう。音の本の方は、渡辺香津美やアラン・パーソンズのインタビューが載っているということを新聞広告で知って注文した。さっき読んでみたら短くてちょっとがっかりしたが、音にまつわる色々なことが書かれているようなので、それは楽しみ。情報システムの講義のネタが仕入れられるかもしれない。

このところ会話分析の文献を読んでいたのだが、今日はちょっと気分を変えて言語行為論、言語ゲーム論について野家啓一『言語行為の現象学』の中の論考を読み返している。買ったときには、なんか自分にひっかかるものがなくて読みかけのまま放り出しておいた本なのだが、今読むと、なかなか刺激的なのだ。これまで読まなかったのがもったいなかったなという感じなのだが、まぁ、本には味わうべき/出会うべき時というものがあるんだろう。

12年06月07日 15時47分 着信

今日も暑い。長女は宿泊研修に行っているので、今朝は次女と3人。次女一人だと、学校へ行く準備なども早い(いつも長女と二人で話したりふざけたりけんかしてるので時間がかかるのだ)。

午前中は授業の準備や会話分析の文献を読む。午後の基礎ゼミは西洋近代史の大まかな流れを確認する授業。ルネサンス、宗教改革、市民革命、産業革命の4つについて、時期や地域、内容を確認。といっても、自分がひたすら講義するだけになってしまうのだが。暑いし講義だしということもあってか、学生たちはテンション低めであった。

今日の夜は東郷ふるさとおこし協議会の広報部会の会合に出る予定。

12年06月08日 15時23分 着信

情報システムの講義のニュース解説は World IPv6 Launch を取り上げた。IPv4 との違いや移行の問題点などを話す。講義の方はデジカメの初回ということで、ビットマップとベクターの違いの説明をしてから、なぜ光の3限色で色々な色が表現できるのか?という話へ。光とは?、色とは?、そして人間の色の知覚のメカニズム(3種類の錐体細胞の興奮の度合いが脳で色として処理されること)へ。そして撮像素子、補間処理の話までで今日の講義は終了。暑くて汗だくになった。一休みして同僚の Mac のサポート。最初に話を聞いたときにはややこしいトラブルのようだったのだが、原因は外付けハードディスクの電源コードが抜けていたということで、無事に解決。研究室に戻ってからは、自分のサーバのメンテナンス。こちらは久しぶりにマシンのフリーズを体験する。ネットワークブラウザで PowerBook G4 にアクセスしようとすると、たまにフリーズを起こすのだ。PBG4 は今ではサーバのメンテの時ぐらいしか起動しなくなったが、MacOS 9 側からアクセス可能な OS X のファイル共有は Leopard までなので、まだまだがんばってもらわないといけない。

昨夜は9時まで東郷広報委員会に出席。顔見知りの地区の人も増えてきたのを実感。

honto から本が届く:

この週末は数学ガールですな。

12年06月11日 15時27分 着信

また新しい週が始まった。

土曜日の午前中にバルコニーの下を囲って自転車置き場にする工事が入った。なかなかいい感じのものになったと思う。完全に雨を防ぐようなものではないが、少々の雨なら大丈夫という感じである。また、思ったほど部屋が暗くならなかった。昼食にピザ(以前に1次発酵をすませたものを冷凍してあった)をつくって食べ、次女と東郷区民館へ。東郷せせらぎコンサート&堂田川ライトアップの際に使う灯ろうをつくるという子供向けのイベント。折り紙を切り絵にして貼っていくという感じの作業なのだが、学校の友達も来ていたこともあって、次女は楽しそうにつくっていた。堂田川ライトアップ本番の際に見つけられるかな? 夕方から自分は青壮年会の作業&総会へ。地区のゴミステーションに置いておくプランター作り。霧のような雨が降るあいにくの天気だったが、作業はさくさくと進む。今年度は役員ではないので、気楽に楽しめる。その後、臨時総会と懇親会。メンバーとあれやこれやと話していたので、自宅に戻ったら9時過ぎ。そしてそのままリビングの床で朝まで寝てしまった。

日曜日は『数学ガール』を読みながら自宅でのんびりと。夕方、娘たちと堂田川まで行って鯉の餌やり。うにゅうにゅと鯉が集ってくるのに娘たちは興奮しながらえさをやっていた。しばらくプチ・ブームになるかも。

今日の Mac の授業はターミナルで UNIX (BSD) の世界に触れてもらうというもの。cal コマンドでカレンダーを表示したり、ファイルに出力したり、say コマンド(これは正確には MacOS 独自コマンドだけど)に色々なパラメーターをつけて Mac にしゃべらせるなど。Jobs のスタンフォード大学の卒業式のスピーチの最後の部分をテキストファイルにしたものを、読み込ませてしゃべらせるというのをやったんだが、voice を Kyoko にすると、まさに自分が棒読みするような発音でしゃべるのが受けていた。ファイルやプロセスの管理、あるいは ssh でのリモートログインなどを実演し、>console でのログインや、シングル・ユーザーモードでの立ち上げなども紹介。学生の目の前にあるマシンが、いきなりしゃべってリスタートするっても受けていた。

12年06月12日 17時01分 着信

どこでも jedit で書いていた投稿が safari に反映されること無く消えてしまった……。けっこう重宝していたのだが、使い方を気をつけた方がいいかもしれない。

WWDC がらみの記事を今朝は見ていたが、個人的には Keynote で触れられずに新しくなった製品が多いことに驚いた。新しい iPad のケースと、こちらは Keynote で出たようだが Thunderbolt のギガビット・イーサーのアダプタが気に入ったので購入することにした。Keynote は podcast に登録されたら見ようと思っているのだが、今の時点ではまだのようだ。

ゼミでは「オヤジ・オバサンの本質を考える」というもの。例年とはやり方をかえたこともあって、面白い切り口のものが出てきていたように感じた。

自宅では『数学ガール』を黙々。

12年06月13日 16時39分 着信

Podcast に昨日の Keynote が登録されたので見てみた。あれこれと盛りだくさんの内容であった。Keynote を見ていたら、Mountain Lion に触ってみたくなったので、Developer Preview 4 を外付けディスクにインストールして起動してみた。なるほどね、という感じである。そのうち WWDC のセッションも iTunes U に載せてくるだろうから、それが楽しみではある。

明日の基礎ゼミでは放射線を取り上げるので、そのワークシート作りをしていた。原子についての基礎から核分裂と原発、そして被爆の問題へと、なんとかまとめた。昨年も取り上げたのだが、その時のシートは自分でも不十分だったのだが、ようやくまともになったかな。

『数学ガール ガロア理論』を読んでいるのだが、ゆっくり読んで行かないと展開について行けないので時間がかかる。でも面白い。

12年06月14日 16時45分 着信

基礎ゼミでは放射線。原子から話を始めて、放射線の確率的影響まで。学生は原子が原子核と何からできるか?という最初の問ですでに解答できないようだったので(予想されていたことではあるんだけど)、ずっと自分が講義しながらワークシートの枠を埋めさせる授業になった。ただ、今年は流れはうまくいったかなというささやかな自己満足的手応えはあったかな。

明日の情報システムはデジカメ(デジタル画像)の2回目なんだが、最近のデジカメの付加機能を調べていると、なんかすごいよなぁと思ってしまう。画素数もとんでもなくなって来ているし。Exif の話などもまだしていないので、明日では終わらないな、たぶん。

今日はさすがに暑かったので演習室でもエアコンが使えるようになっていた。

12年06月15日 16時30分 着信

今日も暑い。情報システムの授業のニース解説では、スマホ向けウイルスアプリで国内初の逮捕者が出たこと、今日にも著作権法改正案が修正案付きで委員会採決されそうなこと(これにより、違法ダウンロードの刑事罰化と DVD のリッピングが私的複製ではなくなること)、それと今日の日経産業新聞に載っていたクアルコムの snapdragon の生産が需要に追いついていないことが国内メーカーのスマホの発売時期に影響を与えていること、の3つをとりあげた。著作権法改正案は結局、今日の午後、衆議院本会議で可決されてしまったが、おそらくそうなるであろうという理由も説明した。授業の方はデジカメの2回目で、現像処理、メモリーカード、DCF & Exif、RAW データまで。業界動向や新技術は次週にまわした。次週はデジカメの残りと音楽データかな。

アップルに注文してあった iPad の新しいカバーと Thunderbolt ギガビット・アダプターが昨日届いた。ケースの方はさっそく昨夜 iPad に装着。最初の iPad のケースに似ていることもあってか、自分はこちらの方が使いやすい。ギガビット・アダプターは、今朝、研究室に来て MacBook Air に装着。学内に接続するための手続き(これまでは AirMac でしかつないでなかったマシンなので、有線でつなぐ際には新たに登録などの手続きが必要になる)をすませてから、有線に切り替えたら、やっぱ早い早い。学内はまだギガビットではないが、先日の SINET の回線切替工事があってからは、外部とのトラフィックがかなり早くなった。それまでは有線の MacBook と無線の MacBook Air とで速度の違いを感じることはあまり無かった(Time Machine のバックアップぐらいなか)のだが、回線切替後は差が出るようになったのだ。そういうこともあって注文したアダプターなんだが、それだけのことはあったな。マシンの処理能力は Air の方が上なので、Web サイトの表示などは air の方が確実に早くなった。Thunderbolt のアップデータを適用するとカーネルパニックが起きるというトラブルも出ているようだが、自分の Air は全く問題なかったはよかった。

明日は家族で小浜に行く。雨になりそうなのが残念。

12年06月18日 10時31分 着信

土曜日は家族で小浜へ。妻が午後に若狭学習センターでグリムのお話の会に出るので、それに皆でついて行くことに。雨が降る中、北陸道で敦賀までいき、梅街道で小浜まで行ったのだが、沿線では高速道路の工事が着々と進んでいた。小浜に入ってからの沿線もショッピングセンターやらなんやらが立ち並んでいて、自分の記憶とはずいぶんと違っていた。もっとも、オープンカレッジや学会の受付サーバのサポートで小浜に行ってたのは10年ほど前のことだから、まぁ当たり前ではあるか。伊勢屋で葛饅頭を食べ、若狭小浜お魚センターでサバのみりん干しやカマスの開きを買ったりして、フィッシャーマンズワーフをのぞいたり、昼食を食べてたんだが、時間が余ったので、結局、娘たちの希望で100満ボルトで時間をつぶした。お話の会が終わってから再び梅街道〜北陸道と走って福井に戻ったのが4時半ごろ。鯖江インターで降りて戸ノ口を通って妻の実家に寄ったのだが、こちらも新しいトンネルの工事が進んでいた。なかなか楽しい小浜行きだったのだが、カメラを持って行くのを忘れたのが失敗。

日曜日は自宅でゴロゴロと。『数学ガール ガロア理論』をようやく読み終えた。夕方に雨が上がって青空が拡がったので、浴室の窓を開けて少し早めにシャワーを浴びたら気持ちよかった。

今日は肝臓の検診があるので、Mac の授業は短縮版になる。WWDC での発表などを紹介しながら、OS X, iOS の今後についてしゃべって、あとは起動時のオプションやリカバリー用のパーティションの確認などを行う予定。

自宅の庭に妻の母親が植えてくれたジャガイモがそろそろ収穫の時期なのだが、なかなか芋掘りのタイミング(天気)にならないなぁ。

12年06月19日 17時15分 着信

台風が近づいているようだが、今のところ、ただの雨という感じである。今夜は荒れるのかな?

昨日の帰り際に honto から本が届いていた:

チューリング関係が2冊。あとは例によって雑多。ゴッフマンは、ちょうど会話分析などを読んでいるところなので、ぴったりかな。

昨日の肝臓の検診の待ち時間は『地上の飯』を読んでいた。世界には色々な食があることを改めて実感。

今日のゼミではスティーブ・ジョブズのスタンフォード大でのスピーチを読ませてから Stay hungry. Stay Foolish. を意訳させるという課題。昨年やったのがなかなか面白かったので、今年もやってみた。色々な切り口や語り口が出てきて面白かった。

12年06月20日 17時53分 着信

書類をつくったり本を読んだりして、午後に教授会。疲れた……

『機械より人間らしくなれるか?』を読み始めたら、なかなか面白い。ただ、ちょっとまとまりが無い感じはある。

12年06月21日 15時08分 着信

すっきりしない天気である。

『機械より人間らしくなれるか?』を読み続けているのだが、チューリングテストで人間だと分かってもらうのはどうするか?というテーマを中心に、人間らしさ、人間のコミュニケーションなどなど、脳科学や哲学、会話分析まで色々な領域に話をつなげて行くのが面白い。あちこちふらふらする感じは、ある意味、人間らしく書くということを実践した書き方なのかなと思えてきた。今日中には終わるな。

基礎ゼミでは法・裁判・国会。『発酵食品学』をもとに、発酵食品全般をみていくやつを準備していたのだが、時間切れで来週にまわし、ちょうど国会での駆け引きがニュースになっているので(違法ダウンロードの刑罰化もあったし)、国会の委員会主義などを説明した。

12年06月21日 15時10分 着信

そうそう、Angry Birds Seasons の新しい面は、昨日、無事に三ツ星クリア完了したのだった。

明日の情報システムの授業のニュース解説は、やっぱ MS のタブレットと Windows Phone 8 の発表かなと思っている。

12年06月22日 15時52分 着信

今日の情報システムのニュース解説は、著作権法改正案が可決・成立したこと、MS の Surface 発表、MS の Windows Phone 8 の発表。授業ではデジカメの最近の動向(ミラーレスや HDR など)の解説をしてから、音楽データ編へ移り、音の3要素の確認まで。

『チューリングを読む』を読み始めたのだが、予想通りに面白い。「計算可能数とその決定問題への応用」を丹念に読み解いて行く本なのだが、チューリングマシンがどういうもので、それで何を彼が示したのかといったことを、色々な解説を織り交ぜつつ解いて行くようになっている。チューリングマシンあるいは万能チューリングマシンについては、チューリングテストにあれこれ調べていたときに、簡単な解説などを読んで、ちょっとだけ分かっていたのだが、だいぶはっきりと分かってきた。チューリングテスト関連のページを書いてからずいぶんと時間が経ったが、改めて手を入れることになるかもしれない。

12年06月25日 16時22分 着信

週末に honto で買った本が届いていた:

相変わらずのごたまぜ。チューリングの本を読んでいた後なので、『工学部ヒラノ教授の事件ファイル』あたりから読むかな。もっとも、昨日の買い物の際に買った小説などがあったりするんだが……。

土曜日は、午前中は次女の PTA の行事。福井市立美術館でタイルを使ったコースター作り。自分は写真をとったり、時々手伝ったりしながらみていた。いつも一緒に遊んでいる友達と一緒のテーブルだったので、次女が友達とどんなふうに話したりしているのかも分かって面白かった。自宅に戻ってから、庭に妻の母が植えてくれたジャガイモの収穫。娘たちといっしょに掘ってみたら、けっこうな量の芋を収穫することができた。

夕方、せせらぎコンサート&堂田川ライトアップに出かける。小学6年生の合唱や、次女の友達一家の演奏などを聴く。先日、次女がつくった灯ろうもなかなかきれいに光っていた。

日曜日は、家族でまったりと過ごした。昼食を食べに出て本屋などをのぞいて自宅に戻り、夕方、買い物に。県民生協宅配便の「手作りぎょうざ」と焼きそばが夕食だったのだが、餃子がうまかった。

今日の Mac の授業は自由演習ということで、各自に好きなように触ってもらい、何か質問があったら受け付けるという形の授業。iMovie, GarageBand あたりがやはり人気のようだった。

12年06月25日 16時25分 着信

そういえば、この週末はずっと『チューリングを読む』を読んでいたのだが、後半に入ったあたりから数学の説明を追うのをあきらめ、もっぱらストーリー(数学の論文でもそういうのか?)を確認しながら読んでいた。なかなか面白かった。チューリングテストの論文とのつながりも見えた気がする。いつか確認してみたとは思う。

12年06月26日 16時30分 着信

午前中は資料をつくったり授業の準備で終わる。午後には3年のゼミだったのだが、人数が少なかったので研究室でゼミをした。やはり研究室でやった方がゼミらしいよなぁと改めて思う。話の流れで資料とかもすぐに印刷配布できるしな。ただ、話が色々と脇道に入ってしまいやすくなるんだけど、それもまたよしということで。

自宅では、以前に「ダ・ヴィンチ」などで取り上げられていた『楽園のカンヴァス』を読んだ。ルソーの絵については、以前にポストカードを集めていた頃に何枚か買ったぐらいしか接点がなかったのだが、独特な感じは覚えている。そのルソーの絵をめぐるドラマということで、美術や美術業界のことも含め、色々と楽しみながら最後まで読めた。もう一度読み直すことがあるかどうかは微妙だけど。続いて橋源一郎の『さようならクリストファー・ロビン』を読み始めた。引き込まれている。

12年06月27日 17時12分 着信

西日に焼かれているような研究室である。

午前中は明日の基礎ゼミの準備。発酵食品全般をとりあげる。昨年は酒にしぼって、その代わりに酒税法の話などもおりこんだものにしたのだが、やや細かいところに入りすぎたので、今年は発酵食品全般に話を広げ、いかに色々なものが発酵という現象のお世話になっているかを見て行くことにした。基礎ゼミでは、いつも物理や歴史の話だけでは重くなるので、食と文化みたいなネタを混ぜることにしているのだが、こういうとき、面白がる学生となんでこんなこと?という反応の学生に分かれるのが面白い。

午後は色々な文献や先日届いたゴッフマンの『儀礼としての相互行為』を読んでいた。今日は娘たちを7時に迎えに行くので、時間的余裕がある。そのことが頭にせいか、ど〜んと読みふけっていて、気がつくと5時を回っていた。頭の心地よい疲労感。

12年06月27日 17時17分 着信

そうそう、自宅では今朝新聞を待ちながら『さようならクリストファー・ロビン』を読み終えた。高橋源一郎だよなぁとしか言いようがない触感の本だった。最近の彼の小説の中では個人的には一番好きだな。高橋源一郎の後は、第2期が始まった佐藤賢一の『小説フランス革命 ジロンド派の興亡』を読み始めた。これまたぐいっと引き込まれる。

12年06月28日 16時43分 着信

演習室が暑くて今日の基礎ゼミはなかなかこたえた。発酵食品一般についてざくっとやったのだが、話している自分も、聞いている学生も、テンションが上がらないような感じで終わってしまった。まぁ、内容的にもちょっと詰め込みすぎたかな、というのはあるが。

ようやく4年のゼミ生も内々定ももらった学生が増えてきたのだが、全員の進路が決まるのはまだまだ先という感じである。

Google Drive を使ってきたのだが、今日、エラーがでて終了させる(終了するように促すダイアログが出る)ことになった。なんか不安定だな。メインは Dropbox の方なので、Google Drive が使えなくても困ることは無いので、しばらく使用停止することにした。

休憩の時や、ちょっと気分転換を図りたいときに『静けさの中から』を読んでいる。プロのピアニストによる短いエッセーが集められた本なのだが、プロの音楽家とはこんなふうに感じてるのか・考えているのかということが著されていて、それが面白い。身近な出来事から話が始まって音楽/演奏について考えを巡らせたり、気づきが語られて行くという、まさにエッセーとはこういうものだよな、という文章が連なって行くのが読んでいて気持ちがよい。ちょうどさっき読んだところにあった文章:

いずれにしても世界中の人々が、もしかしたら「どうでもよいこと」かもしれない、小さな営みを続けていなかったら、世界は今ごろ、住みやすいとは言いがたい、さらに難しい世界になっていただろう。それだけは確信をもって言える。

スーザン・トムズ著・小川典子訳『静けさの中から』

12年06月29日 15時22分 着信

空気が乾燥しているとはいえ暑いのにはかわりがない。

情報システムの授業は教室にエアコンは入っていたが、汗をぬぎながらの講義。ニュースでは海外からの配信に消費税(総務省)、キンドルが日本でも販売へ、グーグルがタブレット Nexus 7 を販売へ、Anonymous が政府系サイトなどへサイバー攻撃、ファーストサーバ社のレンタルサーバ障害でデータ復旧不可能を取り上げた。授業では人間の聴覚の特性をやってからデジタル化のサンプリングと量子化の解説まで。

午後はサーバのメンテナンスをしたり、本を読んだり。やはり暑くなってくると講義の疲れからか、集中して何かをするという気が起きない。やれやれ。

iPad 用の Google Chrome が出たのでインストールして触ってみた。表示は早い気がする。タブの移動がスワイプでできるのは便利かな。使い続けるかどうかは微妙なところ。