田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2011年10月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

11年10月03日 12時45分 着信

地区の祭にどっぷりと漬かった週末だった。まだ疲れが残っている。そのせいか、老眼鏡を家に忘れてきてしまった。本や書類が読みにくい。

土曜日は朝から舞台の設営。1週間前に骨組みだけ組んだ舞台に、屋根をはったり緞帳を取り付ける作業。天気予報では雨が降る可能性があったのだが、天気に恵まれて作業は順調に。舞台設営が終わってから屋台用のテントを組んだりする作業に。娘たちを留守番させていたので、正午にいったん自宅に戻って娘たちと昼食。市販のパスタソースで3種類のパスタを作って、皆で分け合いながら食べた。その後、自分は一休みして、夕方から再び会場へ。自分の班は今年は焼き鳥担当なので、黙々と焼き鳥を焼く作業に。ビールなどを飲んだりしながら地区の人たちとわいわいとやっていた。前夜祭が終わってから屋台の片付けをして自宅に帰った。

日曜日は、まず神社で青壮年会代表として神事に参加。おはらいを受けて、玉串をささげて、と初めての体験。神社の本殿の奥まで入ったのも初めて。その後、子ども神輿の担ぎ手として地区を回る。昼前に祭の会場につく。神社で神輿を解体してしまってから、今度は青壮年会と子供会の出し物の準備に。子供会と青壮年会の出し物が連続するというプログラムだったので、休む暇もなしに舞台で出し物を手伝ったり、司会をしたり。ようやく昼食を食べれたのは3時前だった。道ばたに座って皆と話しながら一休み。祭の最後の抽選会の手伝いをして(自分も散水用ホースがあたった)、祭の後片付け。終わってからふれあいセンターで反省会。そのころが疲労のピークで、あまり食べたり飲んだりする気にもなれず、早めに中座して自宅へもどった。風呂に入って家族で平成教育委員会を見て(自分はウイスキーを飲みつつ)寝た。さすがに今朝は5時過ぎまでこってり寝てしまったのだった。

なかなか濃い週末だった。今日から後期の授業が始まるが、幸いに今日は講義がない。

11年10月04日 16時49分 着信

今朝は寒かった。先週まで冷房だった研究室のエアコンが、設定を変えずに動かすと暖房に。気持ちのよい天気ではあるが。

今日は後期最初の3年生のゼミ。組織論のテキスト作りを開始しようと思うので、今日はベースとなる考え方を簡単に説明した。昨年同様にコミュニケーション論から始める予定なのだが、昨年度からの修正が終わっていない。ゼミが終わってから来週の火曜日は月曜日時間割に変更の日で、次回まで2週間開くことになっていたのだ。これなら修正が間に合うかな。

Angry Birds Rio の新しい面が追加された。昼休みに最終15面以外の14面は3つ星クリアできた。あとは最終面の3つ星クリアとアップルをあと1個探さなければ。Angry Birds Rio の新しい面以外に World of Goo と Where's my water? も入ってしまったのだった。

11年10月05日 16時55分 着信

午前中は娘たちの小学校の運動会へ。時おり小雨がちらつく中、雨の間をぬうように行われた(午後は中止になったようだ)。カメラで娘たちをとりながら、見に来ていた親たちと話をしたり。自分は昼前に引き上げて研究室へ来た。

Apple の Special Event の様子がさっそく Podcast に登録されていたので見てみた。新しい CEO は、下手なウケ狙いや演出をせずにプレゼンをするという印象。英語は聞き取りやすかった。iPod nano , iPod Touch の新しいバージョンと iPhone 4S が発表された。また iOS 5 や iCloud についても改めて説明。iPhone 5 は来なかったが、4S もなかなか機能的にアップしたものになっている。日本では KDDI も発売することも。そういえば、観客席の最前列は Apple の役員たちが並んで座っていたが、Reserved のまま空席になっている席が一つ。Jobs の席、ということなんだろうな。

Angry Birds Rio は無事に新しい面すべてを三ツ星クリア。Golden apple もすべて揃った。

青空文庫に入っている夏目漱石の「文芸の哲学的基礎」を新聞を待つ間にふと読み始めたら、これがなかなか面白い。意識の作動一元論みたいな議論になっており、ヒュームの人性論やルーマンの議論にもつながるような感じ。これを読み終えたら、他の夏目漱石の文学・文芸論を読んでみたくなった。

11年10月06日 16時43分 着信

Steve Jobs passed away today. 今日はこのことが一日中、頭の片隅で渦を巻いていた。予感されていたことではあるが、実際にその日が来ると、以前と以後が区切られてしまったことの重みのようなものを感じる。Macintosh を手にしなかったら、自分の人生の多くのことが、良くも悪くも、別様だったはずだ。今、こうして福井で大学教員をやっていることすらも、自分が Mac ユーザーであることと、少なからず繋がっている。そんなこんなの想いが渦を巻いている。冥福を祈りたい。

次々に掲載される Jobs 追悼記事などを読みながら、授業の準備や、「複雑性の時間化」の再読、それに4年生のゼミ。明日の講義は午前中だけで、午後は学祭の準備に配慮して休講にした。初回なのでそんなに突っ込んだ話はせずに終わる予定。

11年10月07日 14時43分 着信

iPad 用アプリとして「言葉のデザイン2010」という電子書籍が出ていた。タイポグラフィをめぐる研究会の記録だ。1200円という価格だったので、最初はためらっていたのだが、考えてみれば、これが紙の本で出版されたとしてもおそらく買うし、紙の本なら 1200 円という価格より高くなることはほぼ間違いないだろう。というわけで購入し、少し読んでみた。iPad で読むことを考慮した作りになっており、ただページをめくっていくだけの本ではない。もちろん、文字組みも端正で奇麗で読みやすい。この週末の楽しみだな。

組織論の講義の初回。今日は講義内容の概要と簡単なイントロダクションだけにして、早めに終了。午後は学祭準備を考慮して休講にした。今年は同じ時間帯に重なっている講義が少なくないので、学生が少ないだろうと予想していたのだが、思ったよりは多い。昨年度に受講生が多かったということで大講義室が割り当てられていたのだが、これなら途中から中講義室に移った方がいいかもしれない。まぁ、来週以降、どれだけの学生が来るかによるな。

Parallels Desktop の新しいビルドが出ていたのでアップデート。アップデータのダウンロード&インストールの間に、このサイトのサーバのメンテナンスも行う。このところ、全くのノートラブルで淡々と動いているのが嬉しい。REALBasic 1.1 で組んだ UVJ Mailer のタイマー機能が2週間弱で機能しなくなるという問題(これは RB 1.1 の Timer 機能自体が抱えるバグ)さえなければ、放りっぱなしにしてもいいんじゃないかという感じである。まぁ、週に1度、メンテをすることで、ちょっとした異変の前触れ(いつもより遅い、音が違う等)をこれまで見つけて、それで大きな事故になる前に対処できたわけなので、定期的に、手順通り、同じことをするのを続けるのが良いのだろう。

明日は大学の学園祭に娘たちを連れてくる予定。ついでにドングリ拾いでもしようかと思っていたのだが、まだ大学のドングリは落ちるまでになっていないようだ。日曜日は先週の祭の後片付け。

11年10月10日 17時10分 着信

穏やかに連休が終わろうとしている。

土曜日は娘たちと勤務校の学園祭に。娘たちが食べたいものを買ってやり、昼食に。それから自宅に戻り、妻の実家に草刈り機を借りにって、自宅の横の空き地(市道らしいが)の草刈り。通りがかった近所の人と話し込んだりしながらも、なんとか草を刈ることができた。草刈り機も2度目なので慣れてきた。草刈り機を妻の実家に帰しにいき、一息ついてから、近所の人たちとバーベキュー。近所の幼稚園の親の集まりという感じであったが声をかけてもらったので、娘たちを連れて出かける。肉、焼き鳥、ホルモンなどを食べながら歓談。十分食べた娘たちは先に自宅に戻った。自分は最後までのんびりと飲んで帰った。

日曜日は朝8時から祭の後片付け。舞台を解体し、資材を神社やふれあいセンターにしまう作業。青壮年会のメンバーは20人ぐらいかな。メンバーが職場からクレーン車を借りてきてくれたので、作業は楽だった。10時過ぎに終了して、いつものように宴会が始まったのだが、自分は飲みたいのをぐっとこらえて自宅に戻る。それから娘たちを連れて買い物へ。本屋でマンガやダヴィンチを仕込んだり、夕食の鍋などの買い物。ちょうど昼時で、娘たちがお腹がすいたというので、ケンタッキーで昼食。そういえば、買い物に行く途中に、いきなり後ろを走っていた車が覆面パトカーだったらしくサイレンを鳴らし始め、げぇ、なんかまずいことやったか?と思って焦ったのだが、何かの事件の現場に急行することになったのか、単に道をあけろということで一安心。でも、心臓に悪いよなぁ。自宅に戻ってからは夕食の準備などをしていたのだが、風呂に入ってあとは鍋に具材を入れて煮始めるだけというところで、アルコールも入っていたためか、寝込んでしまった。帰ってきた妻に起こされて、眠かったので、そのまま食べずに寝てしまった。

今日は家族全員が自宅でのんびりと過ごすとあらかじめ決めてあった。朝、昨夜の鍋の残りを自分は食べる。娘や妻は雑炊を食べていた。昼食はパスタ・パーティーと称して、市販のパスタソース3品とゆかりで4種類のパスタを作り、それを皆で食べた。味のバリエーションがあるとたくさん食べられるのか、4人で 500g の麺をゆでたのだが、少し足りないぐらいだった。ゆかりをかけてオリーブオイルで絡めたパスタが思いがけずうまかった。午後は「言葉のデザイン2010」を読み、合間に World of Goo をプレイ(なんとか最後までクリアした)。昨夜放送されたマルモ・スペシャルも家族で見た。今は夕食の煮物を作っている。妻と娘たちは妻の実家に出かけている。ちょっと暑いくらいのいい天気の週末だった。

11年10月11日 15時19分 着信

Brad Mehldau の新譜 "Modern Music" が届いたので昼休みに聴いていた。タイトル通り現代音楽とジャズの融合といった感じの演奏なのでいつもとは少し雰囲気が違うが、Melhdau のアルバムとして楽しめた。このアプバムを聴いていて、MacBook と PowerBock G4 の iTunes に入れてある曲を整理しようと思い立ち、MacBook は iTunes Store で購入した曲の収納(バックアップ)、PBG4 は研究室で聴くためのアルバムという役割分担にした。自分の CD はもっぱらロスレスで読み込んでいるので、MacBook の方は4ギガほどのファイルを消去することになった。ちょっとディスクに余裕ができた。

今日は月曜日の時間割に変更の日なので授業はない。組織論の講義のためにノートや文献を読み返している。今年の講義ではどれだけ新たな展開ができるか、自分でも楽しみであり不安でもあり。新しいチャレンジがないと講義をしていても自分で飽きてしまうのだ。ささやかなことでも、こういうことだったんだと自分なりの発見や気付きがあれば、その喜びのようなものが講義をドライブしてくれる。

11年10月11日 16時02分 着信

bk1から本が届く:

書籍関係が3冊と、なんかわかんないけど面白いかもという本。「出版人に聞く」シリーズも6になった。

11年10月12日 12時51分 着信

今朝は朝もやがかかった景色の中を走っていた。

父親がアジアに旅行に行った際に、Nikon D5000 というデジカメを持っていって写真を撮ってきたのだが、RAW で撮ったために、父親の iBook G3 (OS 9.2) では現像できない。それで自分のところに SD カードを送ってもらって JPEG に現像して送り返すことにした。昨日、カードが届いたので、今朝、MacBooK の iPhoto に読み込ませたら、RAW からの読み込みだと時間がかかる。読み込んだ 1200 枚ほどの写真を JPEG の最高画質で書き出したら、9G を超えるサイズになってしまった。それを3枚の DVD-ROM に分けて焼いたのだった。iPhoto の RAW の現像で見た限りの印象なんだが、やはり自分が使っている CANON の画像とは色合いが違うことを実感。で、DVD を焼いている間、ディスクがブンブンうなっている MacBook で仕事をする気にならないので、研究室にあるアップル本、ジョブズ本をかき集めてみた。

もうじきジョブズの公認伝記が出るので BK1 に予約をしたのだが、そのときに、ふと、自分はアップル&ジョブズ本ってどれくらい持ってたっけ?と思ったのである。なんだかんだと買っているなぁ。確かスカリーが書いたやつもあったと思ったが、どうやら学生に貸したまま帰ってきていないようだ。やれやれ。で、アップル本を探しているときに見つけたのが Ted Nelson の "Computer Lib / Dream Machines" の 1987 年版。

Ted Nelson's Computer Lib

どこで買ったのか覚えていないが、確か古本屋で買ったように記憶している。いつか読もうと思ったまま、本の山の中に埋もれていた。

昨日のうちに『震災に負けない古書ふみくら』を読み終えた。震災の被害の話ももちろんのことだが、図書館や古書業界の話など、自分の知らない世界のことが面白かった。書籍文化ってやつはまことに層が厚いこと、それが今、変わりつつあることを実感させられる。続けて『和本入門』を読み出したら、これまた知らないことばかりで面白い。また、印刷出版にまつわる言葉には、中国や日本の書籍の歴史のなかで生まれてきた言葉が多々あること(ある意味、当たり前なんだけど)を知る。自宅ではしばらく和本の歴史にどっぷりかな。

今日も組織論の講義の準備。社会システム論の基本的な概念を確認する作業。

11年10月12日 13時57分 着信

そういや、自分はこのところ時計をはめていない。愛用していた時計のバンドが古くなって破れてしまったからだ。破れただけでベルトが切れたわけではないのだが、破れたところにベルトの内部のゴム素材が出ているようで、はめていると皮膚が痒くなって炎症を起こすのだ。自分はゴムアレルギーなので、ゴムが少しでも混じったものを肌につけておくと確実に赤くなって痒くなる。以前にスウォッチの時計を買った時も、買うときに気がつかなかったんだがベルトの素材にゴムが混じっていたようで、炎症をおこしてしまった。なので、金属バンドの新しい時計を買おうかなと、このところ思っていた。買うならスウォッチのやつかなと考えていたのだが、先日の iPhone 4S の発表会の時の Podcast を見ていたら、iPod nano に新しい時計アプリが追加されていて、その紹介のときに腕時計としても人気があるんだよねというようなことを言っているのを聞いて、そうか、iPod nano を腕時計にするのも悪くないなぁと思い始めた。もっとも、音楽を iPod nano で聴くチャンスはそんなにもない(公共交通機関はほとんど使わない生活だから)。腕時計にコネクタケーブルを刺した状態で車の運転はできないしなぁ。時計機能のためだけに買うのは、やっぱバカだよな、と分かっているのだが、頭の中から消えてくれないのだった。

車ではこのところチック・コリアのエレクトリックバンドをまとめて一気に聴いている。作品ごとにけっこう違いがあることを改めて感じる。

11年10月13日 16時27分 着信

iOS 5 と iCloud がらみのアップデートが一斉に出た。朝、自宅の Apple TV をアップデートしようとしたら、何やらダウンロードしてアップデートの作業には入るようなのだが、アップデートできませんでしたというエラーになった。大学でまず OS X 10.7.2 のアップデートを試みたら、ダウンロードがむちゃくちゃ遅く、インストールが始まるまで2時間ほどかかった。その間に iPad/iPod のアプリのアップデートをすませた(こちらも時間がかかったが)。で、肝心の iOS 5 へのアップデートは、これまた全然ダウンロードが進行しないので(残り2日とか出た)、今日は見送った。OS X のアップデートが無事に終了してから iPhoto のアップデートを済ませた。こんな感じで、MacBook は一日中なにかをダウンロードしたりインストールしたりという作業に追われていたのだった。それでもいつものように使えるのだから、最近の OS は丈夫になったなぁと思う。

ドタバタと色々なダウンロードをしながら、明日の講義の準備。明日は複雑性、予期の導入を行ってから、コミュニケーション論へ入っていく予定。

今夜は妻は出張でいない。娘たちは明日から小学校の秋休みで朝から児童館。なので明日の朝は娘たちの弁当を自分が作るのだ。ちょっとドキドキ。

11年10月14日 16時37分 着信

組織論の講義の日。二コマ連続の講義は半年ぶりとなる。ただ、思っていた以上に喉の調子は良かった。先週、1コマだけだが講義をしたことで、体が声の出し方を思い出したかな。午前中は世界と人間についての基本的な考え方の確認、午後はコミュニケーション論の初回。学生もこのへんの話はけっこう熱心に聞いてくれている。講義では順調にしゃべることができたのだが、研究室に戻ると一気に疲れがでた。ぼんやりとしながらサイトのメンテナンス。

昨日やらなかった iOS 5 へのアップデートを午前中の講義の間に行い、昼休みに MobileMe から iCloud への移行を済ませた。午後の講義の間に Xcode のアップデートのダウンロード。講義後にアップデートのインストール。自宅の Apple TV は、昨夜、無事にアップデート完了。ということで、iCloud な環境への移行は完了。iOS 5 はこの週末に色々と試してみようかとは思っている。

今朝は娘たちの弁当作り。長女にはサンドウィッチ、次女にはおにぎりの弁当。総菜のヒレカツを昨日買ってきておいて、長女はカツサンド、ハムレタスサンド、ツナサンドの3品。次女はおにぎり二つにほうれん草のおかか和え、ヒレカツ、キューチク、ツナキュウリというおかず。なんとかそれらしいものにはなったかな。ただ、いつもは家族で食べる食事を作っている(買い物もその分量で買っている)ため、どれくらい作ればいいのか迷ってしまった。多すぎたかもしれない(娘たちは全部食べられるよとは言っていたが)。弁当を作って、余ったおかずで朝食を食べ、娘たちを児童館に送ってから大学に来た。いつもより30分ほど遅いだけで道は空いていた。

C言語、UNIX の生みの親の一人である Dennis Ritchie が死去とのこと。『プログラミング言語 C』は幾度か読み返した。それでCのソースコードが読めるようになったし、プログラミングというものについても理解が深まった。またひとり、世界を変えた人物が亡くなった。

bk1 から本が届く:

マンガ編集者の回顧録といった本。これが週末の楽しみかな。

11年10月17日 16時21分 着信

この週末は地区の行事もなく、静かに過ごした。

土曜日は、まず次女を皮膚科に連れて行き、帰りに夕食の買い物を済ませて自宅に戻り、あとはごろごろと本を読んで過ごした。

日曜日は、娘たちを連れて100満ボルトに行って、すこし早いのだが長女の誕生日のプレゼントということで wii の「みんなのリズム天国」と、「スーパーマリオ・ブラザース」を、これまで溜め込んでいたポイントを使って購入。最初はリズム天国だけの予定だったのだが、店頭の DS 版のマリオを夢中になって遊んでいるのをみて、DS か wii のどちらかのマリオを買ってやることにしたのだ。娘たちは wii の方を選んだ。溜まっていたポイントだけで両方買えたので、自分としては、まぁいいか、というところ。買い物を済ませ自宅に戻って昼食。魚屋で買ったカレイの唐揚げとカキフライが旨かった。午後からはのんびりと。娘たちがゲームをするのを見たりして過ごす。夜はプレートで鉄板焼きを家族で貪り食ったのであった。

Facebook でゼミの卒業生が少しずつ増えてきているのが楽しい。

11年10月17日 16時26分 着信

今日はもくもくとコミュニケーション論の講義ノートの修正・加筆の作業。ゼミや授業に備えてである。そういや、週末に『わたしの少女マンガ史』を読んだのだが、自分が少女マンガに出会ってハマっていったころの状況や事情が分かって面白かった。『和本入門』も読み終え、『江戸の本屋と本づくり』を読んでいるのだが、こちらの方が本屋の話として自分には面白いかな。いずれにせよ、自分の知らなかった世界とのつながりがまたひとつ増えたのは嬉しい。

11年10月19日 11時39分 着信

講義ノートの修正やらゼミやら、あるいは Facebook での誕生祝いのメッセージへの返答やら、ドタバタしていたらここを書くのを忘れていた。

昨日、また一つ歳をとった。前日の月曜の夕食はお祝いということで久しぶりにくるくるの鮨を妻が買ってきてくれて自宅で食べた。

昨日は朝から Facebook の友達から祝いのメッセージ。祝いの言葉を家族以外の多くの人からかけてもらったのは久しぶりだ。こういうのも面白い。秋休み最後の娘たちを児童館に送ってから大学へ。娘たちは勝山の「ゆめおーれ勝山」に遠足。研究室では朝からコミュニケーション論の加筆修正作業。午後の3年生のゼミでテキストとして渡すつもりだったので、それまでにコミュニケーション論の修正を済ませる必要があり、もくもくと作業。なんとかゼミには間に合った。ゼミでは読書、本を読むことについて。今年の読書週間の標語が「信じよう、本のちから」だったので、本の力(読書で得られるもの)って何だろうということをゼミ生たちと話し合う。知識が増えることで世界との回路が増える/広がる(自分の引き出しが増える、楽しめる違いが増える)、言葉を知ることで世界の肌理が細かくなる、といったところに集約。その後、コミュニケーション論を印刷したものを配布。次回は教科書作りプロジェクト。

昨日の帰り際に iPad のアプリのアップデートが出ていたので、iPad で更新を始めたら、大学のネットが遅くてなかなか終わりそうもない。仕方なしに更新の途中でスリープさせて自宅に戻ったのだが(スリープ中も研究室の Wifi に繋がっている間はダウンロードを続けていた)、自宅に戻って、自宅の WiFi に繋がったら、中断されていた更新が何事もなかったように再開され、あっという間に終了。「中断されました」というアラートぐらいでるかと思っていたが、それもなし。よくできているなぁと思う自分が古いのかな。そういや、iOS 5 になってバッテリーの持ちが良くなったように思う。

今日は協働論のノートの修正加筆。こちらは木曜日の4年生のゼミで使う予定。もちろん今年の講義の準備も兼ねている。午後に教授会。

11年10月20日 16時26分 着信

今日も協働論の修正加筆。急用で4年のゼミを休講にしたのだが、おかげで?、すこし時間に余裕ができたこともあって、なんとか最後まで手を入れることができた。コミュニケーション論よりもずいぶんと長いものになってしまったが、書き直すことで、論点をよりきっちりと整理できたように思う。来週から4年生のゼミで叩いてもらう。

これまでゼミで講義ノートを検討する際には web ページの原稿を Safari で表示して印刷していた。講義ノートは Jedit X でタグの手打ちで書いているからだ(長文を一枚に収めるので BiND には移さない)。今日、協働論を印刷してみたら、ページの切れ目に文字がかかってしまって文字がぶった切られて印刷されてしまう部分がかなり発生した。そこで試しに Firefox で印刷してみたら、文字がぶった切られることもないし、適度な余白は確保されるし、ページ数も入れられるしと、Safari で印刷するより格段に印刷の仕上がりがよい。以前は Firefox の方が印刷がおかしくなることがあったので、ずっと使ってなかったのだが、これからは印刷は Firefox を使うことにした。

明日の組織論は2コマともにコミュニケーション論の予定。

11年10月21日 16時46分 着信

経営組織論の講義はコミュニケーション論と、協働論の最初。コミュニケーション論だけで終わるかと思っていたが、話し始めると自分が思っていたよりも早く進んでしまったので、午後の講義の途中で協働論に入った。気温が高めだったせいで(外にいるとちょうど心地よいぐらい)、講義中はけっこう汗をかき、午後の講義では少しへたり気味。後期だからこそ2コマ連続でやれることを改めて実感。

講義を終えてから研究室でサーバのメンテナンスなどをしながら、基本的視座やコミュニケーション論の講義ノートの修正を行って、先ほどアップしておいた。

この週末は再び地区の行事がらみ。明日の夜は青壮年会のレクリエーションでリライムで温泉&宴会。日曜日の朝は小学校の廃品回収があり(子供会の役員なので自分も集めて回る)、それを終えてから娘たちと福井県児童科学館に出かける予定である。長女が理科が好きで『青少年のための科学の祭典2011 福井大会』に行ってみたいと言うので。Angry Birds Seasons に新しい面(今年のハローウィン版)が追加されたし、なかなか楽しめる週末になるかな?

11年10月21日 16時56分 着信

そういえば Facebook で Mac 仲間に教えてもらった SingleText というアプリがなかなか便利そうだ。Mac と iPad/iPhone で同じテキストを iCloud 経由で同期するというシンプルなものなのだが、シンプルな分、起動が速い。自宅で思いついたことなんかを iPad のやつに書き込めば、研究室では macBook で直ぐに確認できる。クラウドやなぁ。

DiskWarrior 4.4 へのアップデートも行った。ディスクチェック用の USB メモリーにインストールしてブートし(久しぶりの 10.6 だ)、MacBook のディスクをチェックしてみたが、特に大きなエラーはなし。

Lion でのトラックパッドでのスクロールやスワイプの方向は、従来の、指の動きと反対(指を下げると画面の下へとスクロール)にして使っていたのだが、アプリやスペースの切り替え、あるいは Safari での戻る操作などでは、反対に動くことがかえって混乱してしまうことがあった。そこで、ナチュラルに設定して使うことにした。画面の上下のスクロールだけは、まだ慣れていいが、その他の操作は「自然」になった。ただ、PowerBook G4 の二本指スクロールと逆の動きになるので、2台を切り替えながら作業する時とか、混乱しそうだ。

11年10月24日 16時32分 着信

ばたばたと週末を過ごした。土曜日は昼間はのんびりと過ごす。夕方から自分は青壮年会のレクリエーションへ。送迎バスでリライムへ。風呂に入ってから宴会は鍋。参加人数が少し少なかったが、鍋ということもあって盛り上がる。11時にリライムをたち送迎バスで地区まで戻ってきた。日曜日は朝7時過ぎから小学校の資源回収。トラックで地区を回って新聞を積み込んでいく。すこし雨気味だったが、なんとか大きく崩れることなく作業終了。自宅に戻って一休みしてから、妻の実家に泊まりにいっていた娘たちを迎えに行く。それから丸岡の福井県児童科学館(エンゼルランドふくい)に出かけた。『青少年のための科学の祭典2011 福井大会』が行われており、最近理科が好きになっている長女が学校で案内のビラをもらったときに行ってみたいと言ったのである。色々なブース(机)で実験ができるようになっていたが、小学生の娘たちが楽しめるのはスライムやグライダーや目の錯覚を起こすコマのようなものであった。自分も手伝ったりしてたのだが、なかなか面白かった。それから昼食はマクドで食べて、本屋でマンガ等を仕入れ、買い物をして帰ってきた。夕食はハヤシライスの予定だったのだが、買い物に行ったスーパーで生の牛すじが売られていてうまそうだったので買って煮込みを作って、それにハヤシライス用に買った肉を使った炒め物が夕食になった。

今朝には軽い筋肉痛。午前中には書類作り。午後に会議。長女が体調を崩して早退したとのことなので、明日はすこしドタバタするかもしれない。

そういえば、アリストテレスの『形而上学』の英文を見つけたので、以前から気になっていた、バーナードが『経営者の役割』のエピグラフに引用している場所はどこか探してみた。大学院生の頃、飯野先生が、どこから引用しているのかわからないと言っていた記憶がある(間違いかもしれないが)。ギリシャ語を英文に翻訳したものだから、おそらくいくつかのバージョンがあるはずで、自分が見つけたのはバーナードが引用している文と同じ可能性は低いと考えて、単語で検索をしていったら、ビンゴ、みつかった。第12巻(λ本という人もいるようだ)第10章 a20 の部分である。自分が使った英文とバーナードの英文は違っていたが、同じ箇所であることは間違いない。最高善と自然体系との関係についての論考のようだ。先ほど、同僚に岩波のアリストテレス全集を借りて、該当箇所近辺を読んでみたが、アリストテレスなんて読むのは学生のとき以来の自分には、いまひとつピンと来ないというか、なんでバーナードは他でもなくここをエピグラフにしたのか?これかぁという手応えはない。バーナードの書き写している英文には system という単語があるので、それでかなとは思うが。とりあえず翻訳を書き写しておいたので、バーナードの原文も参照にしながら、考えてみよう。グーグルでチェスター・バーナードとアリストテレスで検索しても、これというページはない。

11年10月25日 16時19分 着信

午後の3年生のゼミは教科書プロジェクト。皆、まじめに読んできてくれていて、的確な突っ込みがびしびしという感じであった。また、学生たちに「言い訳」をしているうちに、新たな展開の仕方が思い浮かんだりした。やはり自分の文章を叩いてもらうのは刺激になる。

昨日、バーナードのエピグラフのアリストテレスの出典箇所が分かったので、今日の午前中は、色々な英訳版を探しては読み比べてみるというのにハマってしまっていた。グーグル eBooks で昔の訳本を見たり、ネットで検索したりしていたのだが、訳によって語彙が異なるのは当然としても、解釈が全然違っているものがあって、それが面白い。結局、バーナードが引用に使った訳というのは見つからなかったのだが、トマス・アクィナス の注解の英訳なども見つかって、楽しかった。しかし、アリストテレスの目的論や不動の動者の議論というのは、翻訳(日本語にしろ英語にしろ)を読んでも、いまひとつピンと来ないのであった。

11年10月25日 16時24分 着信

そういや、昼休みに angry Birds Seasons の新ハロウィンのやつを、とりあえず全面クリアした。3つ星クリアは今回はすぐにはできそうもないな。新しい風船野郎の使い方はだいぶわかってきたのだが、それ以外の従来の鳥たちも含めて、ピンポイントで狙っていかないと、3つ星どころか、クリアさえも難しい面があった。

世間では "Steve Jobs" が発売になったということで盛り上がっているが、自分の bk1 予約分はまだ発送されていない。Kindle で英語版が $18 なので買ってしまいそうになるが、今これを買ったら、色々な作業が滞ってしまうのは目に見えているので、我慢しておいた。

11年10月27日 13時30分 着信

気がついたら昨日は書いてなかった。色々なものを読みふけっていたら一日が終わったってところ

bk1に予約した『スティーブ・ジョブズ』は I と II がセットで発送されることになっていた。なので届くのは来週になるということで、iPad の Kindle で今朝購入して読んでいた。読みやすい文章で、それほど辞書を引かなくてもすむ。この週末には読んでしまえるかな。翻訳が来たら、まぁ、また読み直すのも悪くないか。

今日はこのあと4年生のゼミ。協働論の講義ノートの検討。明日の講義の準備にもなる。

11年10月27日 13時31分 着信

そういえば、Angry Birds Seasons の新しいハロウィンの面は、今日の昼休みに、無事に3つ星クリア成功。今回はなかなか手強かった。

11年10月28日 16時12分 着信

組織論の講義は午前、午後ともに協働論。協働システムまでたどりついて協働論を終えた。次回から組織論。2コマの講義は疲れるなぁ、やっぱ。

昨日の4年のゼミで協働論の最初の部分の批判的検討をやったのだが、学生たちは相変わらず鋭いところをついてくる。また、彼らに説明しようと(弁明しようと)するなかで、自分がうまく書けていなかったり、自分の中で十分に整理できていない部分が見えてくる。

この週末は地区の行事等はない。のんびりと "Steve Jobs" なんかを読めるかな。そういや、さっき読んでたところに永平寺の名前がでてきた。永平寺に入山しようかと思ったことがあったそうな。

このサイトに検索でやってくるアクセスの検索語句をログに残してあるのだが、最近になって Google から来るアクセスの中に、 URL エンコードされたままの語句がログに残るものがでてきた。PostProcessor で URL デコードしているのは間違いないし、その部分を通らないとログには残らないはずなので、プログラム側の問題ではなく、Google の検索結果のリンクのリファラの仕様(が変わった?)のではないかと思われる。Google を調べたら何かドキュメントが見つかるのかもしれないが、面倒なので、今日のところは URL デコードを2度行うようにプログラムを変更しておいた。

11年10月31日 14時43分 着信

週末はもっぱら読書で。金曜日に bk1 から本が届いた:

笠井潔の矢吹駆のシリーズだけは今でも読むことにしている。高校生のときに野生時代で「バイバイ、エンジェル」を読んで以来だから、もう30年以上の付き合いになるのか。今回はラカンとクリステヴァでした。クリステヴァの説に触れるのもずいぶんと久しぶりだ。週末はもっぱらこの本を読んでいたので、"Steve Jobs" は読み終わらなかった。『バッド・ビューティフル』は村上春樹が訳したジャズ小説?なんだが、新刊のときには見落としていたので。『日本語は映像的である』は心理学からのアプローチってのが面白いかな?と。ちょうどコミュニケーション論をやったこともあって買ってみた。

土曜日は、朝、まず次女を皮膚科に連れて行ってから、娘たちと足羽山へ。次女が学校でのリース作りのためにドングリが欲しいというので、足羽山ならあるかもしれないと思って出かけた。西側の原生林(が残っていることを初めて知った)のなかに「ブナの道」と「ドングリの道」という散歩道があることに気がつき、そこを歩いてみたら、山のようにドングリを拾うことができた。また、ゆっくりと森の中を歩くのは気持ちがいい。もっとも「どんぐりの道」の方は上り下りで疲れたけど。それからドラッグストアに買い物に行き、昼食はかまどやで弁当を買い、下馬公園の芝生で食べた。その後は自宅でのんびりと。日曜日は天気も悪かったので自宅で本を読みながら過ごしていた。

今日は授業の準備や会議。