田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2011年04月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

11年04月04日 13時40分 着信

大学ではオリエンテーションも始まり、さっそくゼミの4年生の成績確認と就活の相談。新年度が始まった。日差しは暖かいが風は冷たい。

週末は自分の両親が福井に来ており、娘たちもおじいちゃん・おばあちゃんとの生活を楽しんでいた。父親は今日、松山に帰り、母親は次女の給食が始まるまで福井で留守番をしてくれることになっている。毎年のように母親には来てもらっているのだが、さすがに体が弱ってきているようで、娘たちの世話をしてもらうのも、今回が最後になるだろう。

土曜日に両親がソバを食べたいというので昼食はやっこに出かけた。シラウオのかき揚げ天ザルソバを食べたが、口に春がやってきたという感じ。父親はシラウオかき揚げおろしソバ、母親はシラウオかき揚げにかけソバを食べて喜んでいた。娘たちは普通の?かき揚げ天ザルを食べていたが、そちらもおいしそうであった。

両親が来ていても出かけたのはソバを食べに行ったのと妻の実家に挨拶にいっただけで、あとは買い物にいく以外は自宅で過ごしていた(父親は越鉄に乗って永平寺にでかけたが)。自分も黙々と本を読み、『まさかジープで来るとは』、『サウンド・ビジネス』、『声のしくみ』を読み終えた。また、買ったままになっていた『ベッドルームで群論を』を読み始めたら、これがなかなか面白い。そんなこんなで、本を読んだり、両親と話したり、父親にパソコンの指導(クラリスワークス4の使い方)をしたりして過ごしたのだった。

卒業式の写真の DVD も今日の午前中に発送して、作業終了。金曜日からは授業だ。

11年04月04日 17時12分 着信

その後もちょっとした打ち合わせや書類づくり、あるいはゼミ生が来たりと、ドタバタしているうちに今日は終わってしまった。そんなところに bk1 から本が届く:

あいかわらず統一感がない組み合わせではある。

11年04月05日 15時47分 着信

今日も書類を作ったりゼミ生の対応をしたりしながら授業に向けて情報収集等を行っていた。

昨日、自宅に戻って『プラントハンター』を読み始めたら、自分の知らない世界がど〜んと迫ってきて引き込まれて、久しぶりに布団に入っても読み続けてしまった。かつてのヨーロッパのプラントハンターのことは少し知っていたのだが、今の日本で、こんなふうに活動している人がいて、業界があることを知らなかったので、紹介されている花の魅力も含めて、たっぷりと堪能した。今朝は、新聞を待ちながら『先生、キジがヤギに縄張り宣言しています!』を読み始めて、昼休みに読み終えた。鳥取環境大学の教員のこのシリーズは最初から買って読んでいるのだが、今回もいつものように楽しむ。ただ、シリーズが長くなってきたためか、過去のエピソードを参照せよといった文章が増えてきていて、それがちょっとうるさかったかな。まぁ、自分が忘れているので「どんな話だったけ?」と引っかかってしまうからではあるんだが。

そういや、先の週末に『検索エンジンはなぜ見つけるのか』も読み終えたのであった。検索エンジンの仕組みや工夫について分かりやすく書かれており、ある程度のことは分かっていた自分でも、なるほど!と学ぶこともあり、やっぱ「なぜ」シリーズはいいなぁと実感。デジタル家電に焦点を絞る以前の情報システムの授業であれば取り上げていたなぁ。以前はパソコンの仕組みから始まってメールや web のプロトコルの解説、あるいはウイルスの原理なんかを話していたのだ。検索エンジンの仕組みをやったこともあったようには思うが、どうだったかしら?

で、ふと気がつけば、このページも10周年を過ぎていた。自分でも全然気がついていなかったのだが、たぶん、続けようという意識もないくらいに、このページへの投稿を書くことが、普段の自分の生活の一部になっているからのように思う。サーバのマシンやソフトは大きく変わったけどね。そっか、サーバの SSD 化も春休み中にやっておいたほうがいいかな。

11年04月07日 16時26分 着信

昨日は次女の小学校の入学式。例年なら桜が咲いているのだが、今年は寒さが続いたためか、まだつぼみ。でも、次女はいよいよ小学生になれるのが嬉しくて、テンションが高かった。いつものように写真を撮りまくっていた。和やかに式を終えて自宅に戻り、次女を皮膚科に連れて行って昼食。その後、次女は友達のうちに遊びに行き、自分と長女と母親は買い物へ。夕食は入学記念の手巻き寿司であった。

今朝は次女はランドセルを背負っての初登校。集団登校の待ち合わせ場所にいつもより早く出て行ったのだが、待っているのが少し寒そうであった。

明日の授業に備えて講義用のメモを作っていた。今日もゼミ生たちが単位確認&就活状況報告に次々とやってきた。福井近辺の企業でも選考が進んでいるようで、そろそろ内定が出始める状況のようだ。一方、関東で就活をしている学生は選考が延期・中断しているところが増えたとの報告も。学生たちには、目一杯ジタバタしろと言うぐらいしかできない。卒業のために授業を多く取らなくてはならない学生も何名かいることも分かり、今年度も最後までやきもきしそうである。

そういえば、先日来、研究室で使っている Canon の LBP3980が、通常印刷ではエラーになってイメージ印刷しろとの指示が出るようになった。また、そのイメージ印刷でも印刷が崩れることがあるという問題も出ていた。原因としては、MacOS 10.6.7 に上げたことぐらいしか考えられないので、そうであればドライバーの新しいバージョンが出ているはずとキヤノンのサポートページをチェックしたら、まさにその通り!で更新版が出ていた。それをインストールすると問題は解決。やれやれ。

11年04月08日 13時15分 着信

情報システムの今年度初回の講義。初回なので授業内容の説明や、取り上げる分野とその最近の動向等をさらっと確認してから、情報のデジタル化の本質は離散的な数値データ化であること、そのことが持つ意味などを述べて早めに終了。最後は、いわゆるアナログ時計は正確にはアナログじゃないよという毎度のネタで締めくくった。久しぶりの講義だったので、発声がいまいちで、妙に疲れてしまった。やっぱ肉体的な技能は間隔をあけると確実に劣化するなぁ。今年度は同時間に開講されている学部の授業が他に2つあるためか、昨年のように中教室で座れない学生がでるほどではなく、程よい?感じである。まぁ、来週以降、どれだけの学生が来るのかは分からないが。

研究室に戻って TechCrunch に目を通していたら、あの Steven Levy があの Google について書いた本、"In The Plex" が発売になったことを知る。TechCrunch に掲載されていたインタビューは自分のヒアリング能力ではよくわからないところが多々あったのだが、とりあえず、スティーブン・レヴィが書いた本なら買いだなということで Amazon を見たら、Kindle version もまもなく発売予定で予約可能になっていた。それなら直ぐに手に入るし、Kindle なら辞書で単語を調べながら読めるということで、Kindle 版を予約。12日には配信するよということで、ちょっと楽しみである。

新学期の始まりにあわせてサイトの更新をしなければならないのだが、その前にサーバの SSD 化をやってしまうかどうか、さっきから思案中。

11年04月08日 16時57分 着信

来週からは本格的に授業が始まることだし、と自分に言い聞かせて、サーバの SSD の置換を行った。

G3 B&W に SSD を取り付け

取り付け金具のサイズが短かったが、無事に置換作業は終了。SSD を初期化し、取り外した SATA のディスクを Firewire でつないでシステムやサイトのファイルをコピーして、ディスク交換に伴う設定変更を行うと、無事に SSD 上でサーバが動き始めた。やはり速い。まぁ、今後、何らかの問題が生じる可能性はあるが、それはそのときだな。これで一連の置換作業は一区切りである。

11年04月10日 16時10分 着信

一気に春が駆けて来たような陽気の週末。次女と散歩しながら選挙に行ったのだが、町内でもあちこちで桜や水仙や梅がはなやかだ。桜の満開にはまだ少しというところだが、春が来たなぁという空気がどっかりと。

朝8時半から近くの神社の清掃作業。地区の人たちと挨拶を交わしながら、あれこれ話しながらの作業。どうしても震災関連の話になってしまうわけだが、色々なところに影響が出ている。宮城に仮設住宅の設置に行くかもしれないという人、父親に資産として贈られた電力株の値下がりをくらった人、節電と危機管理体制の再構築に追われている人、皆それぞれに今に向かい合っている。

神社の清掃作業が終わってから長女の音楽教室のグレード試験。松木屋花月センターが会場なのだが、初めて行く所なので早目に家を出たらあっさりと着いてしまい時間をちょっと持て余してしまった。長女はかなり緊張していたが、自分なりには上手くできたようだった。終わってからの表情が明るかった。自宅に戻って昼食を食べてから自分は母親と買物に行く。

自分と長女が出かけている間に次女と母親が土筆を取りに行き、それを煮物に料理していた。土筆を食べるのは久しぶりだ。小学生の頃、母親と妹と摘みに行って、それを卵とじにしたのを食べた記憶があるが、それこそ、その頃以来になるのではないかしら。

フランスに行っていた同僚から土産にとカルヴァドスを貰った。カルヴァドスを飲むのは久しぶりだが、うまい。やっぱスピリッツはいいよなぁ。昨夜はちょっと飲みすぎたかな、と自分でも思った。

昨日は午前中に買物に行き、後は自宅でまったりと本を読んだり昼寝をしたり、あるいは妻の車のタイヤをノーマルに交換したりしていた。

そういえば、Amazonで GX200 に取り付けられるヴューファインダーが安かったので買ってしまった。ほぼ半額。昼間に外で撮影する時、液晶画面では絵が見えないことがあるので、そういう時 VF が欲しいなと思っていた。これから散歩に出る機会も増えるだろうから、使う機会も増えるだろう。

この週末の読書は、『ニューヨーク 変わりゆく街の食文化』と、各社のテレビ受像機のカタログ。授業のためと、自宅用に購入するやつの品定めを兼ねてカタログを読み込んでいる。録画機能をどの程度持たせるかが悩みどころである。BD をどうするかだなぁ。

11年04月11日 14時53分 着信

今日の三コマ目は Mac の授業(情報処理D)。用意できる MacBook Pro の台数の関係で定員が七名。今年もあみだくじによる抽選となった。ただ、今年は四年生には最初に遠慮してもらった。七名の受講生が確定し、自分のアカウントを作ってもらってログインするところまでで今日は終了。早めに終了したのは溜まっている Software Update を適用するためだったのだが、更新用ファイルの容量が全部で 1.5G ほどになり、とうてい8台全部をいっきに更新できない(さすがにネットワークの帯域がたりない)。来週までにとりあえずシステムの Combo アップデートのファイルを用意することにした。

SSD に置換したこのサイトだが、とりあえず問題も無く順調に走っている。100Base である学外からのアクセスではそれほど違いが無いとは思うが、研究室でギガビットで繋ぐとファイルの読み込みが早くなったのを実感できる。でも、すぐにこの早さに慣れるんだろうな。そういえば、Mac の授業で使う MacBook Pro は、去年の授業のときには自分が普段使っている MacBook よりも圧倒的に早いなぁと感心したのだが、ことしは、むしろ自分のやつの方が早いんじゃないか、という感じであった。もっとも、今日のところはアカウントを作ったりする程度の、CPU の処理速度の差よりもファイルの読み書きの速度の差の方が効いてくる作業だったからだろうが。

11年04月12日 17時12分 着信

今年度のゼミの初回。今年の三年生は九名なのだが、一名が欠席。例年通り、自分の自己紹介、住所等の連絡情報の記入、写真撮影、そして自分を食べ物にたとえるというネタ。今年は人数が少なめなので、人間以外に生まれ変わるなら何になりたいかというネタもやった。履修上の注意等も伝えて早めに終了。今年は男性が多いのと、県外出身者が多いので、例年とは違った雰囲気のゼミになるかもしれない。ゼミが終わってからアドレスブックに学生を加えた。一覧写真は来週に繰り越しである。

ゼミの書類等を準備しているときに、単位チェックシートも今の三年生向けバージョンを作成していた。今の3年生から一般教育の卒業要件が変更になるので、これまでにように3・4年生共通のものにはできないのであった。

アマゾンの Kindle で予約した "In The Plex" はこちらの時間で午後4時過ぎに出荷した(オーダーが完了した)とのメールが届いた。さっそく iPad の Kindle を開くとダウンロードされた。読み始めると、やっぱ面白そうなのだ、これが。読み進めるのが楽しみである。

bk1 からも本が届いた:

毎度のごちゃまぜ。

11年04月13日 16時32分 着信

昨夜、自宅で寝る前に "In The Plex" を読み始めたら、一気に引き込まれてしまい、寝床に iPad を持ち込んで読み続けたのだが、すぐに寝てしまった。今朝、4時前に目が覚めたので、思いきって起き、読み続けていた。そして研究室に来てからも、明日の授業の準備や学生の応対等の他は、ひたすら読み続けていた。ようやく 20% ぐらいを読み終えたところ(Kindle 版にはページが無く、Location の進行の度合いしかわからないのだ)だが、やっぱスティーブン・レヴィの本は外れがないよなぁと改めて実感。Google という会社については昨年の『グーグル秘録』のような読みでのある本がすでに何冊か出ているわけだが、技術的な発展の過程を、開発に取り組んだ人々に焦点を当てながら、その苦労と成果を鮮やかに描いてみせることができるのは、名著『ハッカーズ』の著者ならではだろう。たぶん、これもすでに翻訳が進行しているだろうな。

しかし、英文を読む速度も落ちてきたなぁと実感。今日のうちに 40% ぐらいはいけるかなと思ったのに。

11年04月13日 16時48分 着信

そういえば、今日は Windows Update の日なので、Paralells の Windows 7 の更新作業も行った。また OS X 10.7 Lion Developer Preview もインストールして、ちょっとだけ触っていたのだった。でも、ほとんど iPad の Kindle で In The Plex を読み続けていたわけだが、目が特に疲れたという感じも無いのは、普段も MacBook の液晶画面を見続けているようなもんだからかな?

11年04月14日 16時34分 着信

午前中は基礎ゼミや明日の授業の準備、午後は基礎ゼミと4年生のゼミ。明日の授業はデジタルTVの原理編なので例年と同じような内容になるので準備は楽である。基礎ゼミは初回なので、こちらも例年通り、日本地図と世界地図を書かせてみた。そして都道府県の位置を覚えさせてテスト。毎年のことだが、世界地図のあやふやさはなかなかのものである。

授業準備の合間をぬって In The Plex を読み続ける。Google の広告システムなども経緯などが丹念の書かれていて面白い。正直、これを読み終えるまでは他のことには手がつかない状態にハマっている。

bk1 で佐藤さとるファンタジー全集の15と16が無事に?載っていたので購入の手続。これで全巻そろう。そういえば、bk1 で買えなくてアマゾンで買った分も、今では販売されているようだ。全集以後の作品を収めたやつなんか出ないかなぁ。

このところ車ではパット・メセニーを集中的に聴いている。熱心なファンではないが、発売されると買っていたという感じで手元に何枚かあるのだ。これまでそんなに熱心には聴いていなかったし、いまひとつすごいとも思わなかったんだが、集中して行くと、独特の音の世界にハマる感じはあるかな。ファンの人には怒られそうなだが、自分は適度な距離感をもって楽しめるのが心地よい。

11年04月15日 16時12分 着信

情報システムの講義の日なんだが、3時前に目が覚めて In The Plex の続きを読み始めてしまったので、なんかテンションがいつもと違っている感じで講義をした。内容は、最初に電磁波について簡単な説明をしてから、今日のメインである地上デジタル放送に。今日のところは放送の規格なんかが中心で、次回はTV受像機の方の話の予定。寝不足気味だったこともあってか、講義が終わって研究室に戻ったらど〜んと疲れが出た。

iOS のアップデートや Mac のセキュリティアップデートなどを行って、サイトのメンテナンス。SSD で動かしてはいるが、どんな問題が起きるか分からないので、念のため、これまで同様に、PowerBook G4、AppleShare IP サーバ、そしてマシンの IDE の方のディスクの3箇所にサイトのバックアップを取っておくことにした。

このサイトに検索エンジン経由でやってくるユーザーの1時間当りの数の推移を見て行くのも面白いかなと思って、CGI (正確には PostProcessor )に新しいスクリプトを書き加えようかと思っている。今日やってしまおうかと思っていたのだが、In The Plex を読み続けたいという思いには勝てず。この週末には読み切ってしまいたいが、さて。

明日は娘たちの小学校の参観日。今年は自分が PTA の役員に選ばれたので、学校行事にも色々と関わることになりそうだ。まぁ、いつかはやってくるとは思っていたが。

11年04月18日 16時02分 着信

午前中に会議が一つ。午後の Mac の授業の準備をしていて、会議の始まる時間になったのに気がつかず、電話であわてて会議へと走る。会議が終わってから、今度は授業の準備のために演習室へ。午後は Mac の授業。実質的に初回なのだが、説明の焦点がうまく絞りきれずにドタバタした授業になってしまった。自分も固かったが、学生たちも固いって感じである。授業の後、授業用の Mac のメンテナンス。10.6.7 のアップデーはあらかじめダウンロードしておいたものをコピーしてインストールし、後はSoftware Update をかけたのだが、1時間ほどの作業になってしまった。こういうとき、NetBoot で一括管理体制が組めたら便利だろうなと思う。会議室に走って行ってから Mac のメンテナンスが終わるまで、ほぼ休みなしで作業等をしていたので、研究室に戻ってきたら、なんか疲れがどんと出た。ふぅ。今日はこのまま In The Plex を読むことにする。

土曜日は娘たちの小学校の参観日。二人の授業をみて、その後の PTA 総会に出席して自分は自宅に戻った。その後、学級懇談会を終えて帰ってきた妻と昼食は百で。午後はのんびりと読書。

日曜日は午前中に娘たちと買い物に。昼食は娘たちのリクエストで弁当。午後は自分はひたすら In The Plex で、娘たちは近所の友達とこってり遊んでいた。

週末は黙々と In The Plex を読んでいたのだが、まだ終わらないのであった。

11年04月19日 16時24分 着信

明日はオムニバス授業の経営学総論の組織論の講義があるので、その準備。基本的にはバーバードの組織論を中心に一通りの話をするのだが、ここ2年ほど担当してきたので、過去のノートの確認と追加である。その後、状況システム論を詰めたり。午後は3年生のゼミ。他人に意見をきいてみたいこと、というテーマ。今年は人数が9名なので1回で終わるかと思ったが、次回にも続くことになった。次回は続きとシルヴァスタインの『ぼくをさがしに』である。

今日は夜から PTA 評議会。

Angry Birds Seasons にイースター版が追加された。

11年04月20日 16時52分 着信

1コマ目は経営学総論の講義。200名弱の学生でうまった講義室でバーナード組織論のダイジェスト版を中心に話をする。学生は静かに聴いていた。1年生配当の必修科目ということで、入学時の緊張感がまだ続いているような感じはある。その後、研究室で iPad 向けに『図解 原子力』が無料で公開されていたので、それをさっそく入手して読んでいた。今期の基礎ゼミでは原子力、放射線等を取り上げるつもりだったので、ちょうどよいテキストが手に入ったというところである。

午後には教授会。これが先ほど終わったところ。そして今夜は地区の子供会の役員会。昨夜の PTA 役員会に続いての地区活動というところ。日曜日の廃品回収の打ち合わせが中心になるかな。

11年04月21日 16時32分 着信

基礎ゼミと4年生のゼミ。基礎ゼミではヨーロッパと中東の国の名前と位置を確認し覚えさせる。また UK とか EU とか通貨統合等の話もする。4年のゼミでは就活の状況などを確認しながらあれこれと。福井近辺の会社でも内定が出始めた。

昨夜の地区の子供会の役員会は9時頃まで。日曜日の廃品回収の打ち合わせや、交通安全指導の分担など。来週は朝、交差点で旗ふりだ。

HyperCard のスタックのゲームとして一部の?熱狂的な支持を得ていた「うにょ!2」が iPhone/iPod アプリとして復活した。「うにょ! Revenge」 という名前のアプリになっている。HyperCard のスタックがそのまんま再現されている。かつて自分がちょっとだけ関わったことがあるので、iTunes Store の説明文の中に自分の名前も載っているのであった。もう20年近くになるのか…… 自分の場合、今でもスタック版を遊べたりするのだが。

11年04月22日 15時20分 着信

情報システムの講義はデジタルTVの2回目で、今日は受像機関連を話す。画素や解像度といった基本的な用語や原理を確認してから、液晶とプラズマの違い、液晶の最近の技術的動向まで。講義を始める前は話題が少ないので途中でネタ切れになるかなと思っていたのだが、話し始めるとむしろ時間が足りなくなって、録画機能と複数のチューナーの搭載といった話はきちんとできなかった。次回からケータイ。

講義を終えて研究室に戻ると、ゼミの卒業生で現在は山形の実家の寺を手伝っている元学生が遊びにきてくれていた(研究室の廊下で授業が終わるのを待っていてくれた)。知り合いの結婚式で久しぶりに福井に来たということで寄ってくれたようだ。話題はどうしても震災のことになるわけだが、山形の方は停電で影響が出たぐらいだったようだ。卒業してすぐに永平寺に入山して修行したやつなので、永平寺にも挨拶に行くとのことだった。こうして卒業生がひょっこり顔を出してくれるのは、やはり嬉しいものである。

そういや、先日の教授会で20周年記念事業の一環として学部独自の企画を実施する委員になった。卒業生たちに呼びかけて、たまには大学へ遊びに来いよという感じで大学としてホームカミングデーを実施するようなので、それにあわせる形でなにかできたら面白いだろうともう一人の委員の同僚と話をしたのだった。まずは卒業生の連絡網というか、呼びかけて行くネットワークの構築がポイントになるわけだが、自分のゼミの卒業生を中心になんとかできたらよいのだが。

11年04月25日 05時51分 着信

土曜日の午前中は次女を皮膚科に連れて行き、帰りに昼食の買い物。カップ麺のミニサイズの詰め合わせを買って帰って、好きなものを選んで食べた。3時すぎに長女の歯科へ。歯科矯正を始めることにしたのである。下あご(下の歯)にワイヤーを入れていた。歯の配置だけではなく、顎の筋肉の使い方や、舌の使い方も「矯正」しないとうまくいかないということなので、これから長い取り組みになりそうだ。

日曜日の午前中は小学校の資源回収。地区を回って新聞・雑誌をトラックの荷台に積む作業。自分の地区は東郷の中でも世帯が多いし、子供も多いということで、かなりの量になる。晴れたおかげで作業は順調に進んで、9時過ぎには作業終了。昼食後に次女の音楽教室の発表会に。幼児課終了のステップアップコンサート。先に次女と妻が出かけ、自分は長女とあとからでかけ、いつものように、写真を撮っていた。そういえば、今使っている EOS Kiss X3 は長女のステップアップコンサートに備えて買い替えたんだった。ISO 1600 で手ぶれ補正が効くので、フラッシュを焚かなくてもそれなりの写真は撮れた。

自宅にいったん戻ってから自分と妻が買い物に。娘たちは外で遊んでいたのだが、何も考えずに自分が家の鍵をかけてしまって、娘たちをロックアウトしてしまった。買い物を終えて帰ってきたら娘たちに責められてしまった。たまたま妻の母親が自宅の畑にジャガイモを植えにきてくれたので、家に入れるようになったとのことであった。そろそろ長女には鍵を渡してもいいのかもしれない。

11年04月25日 14時57分 着信

Mac の授業は safari を中心に、基本的な設定の仕方や Safari ならではの機能を紹介していった(ダブルクリック、トリプルクリックでの選択、PDF の扱いや辞書で調べるといった OS の機能の説明も兼ねて)。学生たちもトラックパッドの操作等に馴染んできたようだ。

金曜日に山形に住んでいるゼミの卒業生が遊びにきてくれた際に、土産として山形の金龍という焼酎メーカーの「殿様のだだちゃ豆のお酒」を持ってきてくれた。山形のだだちゃ豆は旨いので有名な枝豆だが、そのスピリッツ。学生は「枝豆を飲んでるような気になる」と言っていたのだが、まさにその通りで、枝豆のうまみがとけ込んだものになっていて、最初に飲んだときには、思わず笑ってしまったほどだった。色々なお酒があるもんだと感心。

11年04月25日 18時31分 着信

そう言えば、今朝、大学に来る前に、銀行によって固定資産税を払って来た。もうじき車の税金の請求も来るな。何かとお金が出て行く季節である。娘達にそろそろベッドを買ってやる必要がありそうだし…

11年04月26日 16時22分 着信

昨日の帰り際に、bk1から本が届いていた:

いつもながらの雑多な組み合わせ。モンキービジネスはポール・オースターということで買ったのだが、村上春樹と小沢征爾の対談が載っていて、これがなかなか面白かった。もっとも、自分にはクラシック音楽をほとんど聞いたことがないので、グールドの以外の話題はよくわからない話ではあるんだが。

で、今日になって東京バンドワゴンや万城目の新刊が出たということで、また注文してしまったのであった。なんか、今年は本を買うピッチが上がってきているぞ。未読の待機本も増えてきたなぁ。

午後に3年生のゼミ。他の人の意見を聞いてみるというやつの残りと、『ぼくを探しに』をどう読むか?である。毎度のことながら、色々な学生がいて色々な意見が出てきて、面白い。学生たちも少しは慣れてきたようだし。

ゼミ以外は、自分の作業を黙々と。なんか同じところをぐるぐる回っていて、進まない。

11年04月27日 10時34分 着信

今朝は小学校の交通安全指導ということで、自宅近くの交差点で旗ふり。もっとも、自分が担当した交差点を通って通学する小学生は多くなく、むしろ地区の中学生たちの方が多い。皆に「おはよう」と声をかけながら立っていたら、少し離れたところでキジがトコトコと道を渡っていた。明日も当番なのだが今日の午後から天気が崩れそうなので、明日は雨の中、立つことになるのかな。風が強ければ、先日購入した合羽の出番になりそうだ。

11年04月27日 16時28分 着信

先ほどから雷雨だ。けっこう雨が降りそうだ。

万城目の新刊と一緒に注文した本が bk1 から届いた:

『続・時をかける少女』は NHK少年ドラマシリーズの「続・タイムトラベラー」の原作の復刊。小学生のときには持っていたのだが、もちろん、今は手元にない。何年ぶりに読むことになるのか? 35年ぶりぐらいか?  後の本も、どれもが誘っている。GWはどうなるか……

11年04月28日 16時13分 着信

昨日のうちに『続・時をかける少女』を一気に読みきった。38年経っても大まかなストーリーや場面を覚えている自分がいた。そして、それがきっかけとなって少年ドラマシリーズのことなんかをあれこれと思い出し、そういえば「タイムトラベラー」のメインキャスト二人が『静かに自習せよ』が原作のやつもやってたな、なんてことも浮かび上がって来たのだった。その後、『オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ』を読もうとしたら眠くなってしまっったのだが、夜中の2時過ぎにふと目が覚めてしまい、読み始めたら一気に入り込んで朝までに読み終えた。オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ』を読み終えてから新聞が来るまでに時間があったので『偉大なる、しゅららぼん』も読み始めたが、これも面白い。今日中に読み終わるだろう。

雨が降っている中、小学校の交通安全指導で旗ふりをしてから大学へ来たのだが、睡眠不足だが頭は物語が詰め込まれた妙な興奮状態という状態で一日を過ごした。基礎ゼミでは地理演習の2回目で東アジアと中南米。次回は自動車か放射線の予定。