田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2010年10月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

10年10月01日 15時20分 着信

組織論の授業が始まった。午前中はイントロダクション。中教室が学生でいっぱいになっていた。履修登録期間なので様子見の学生もいると思われたので、講義内容や授業に関しての諸注意などを話して午前中は軽く終了。午後のコマから組織論の講義に入ったのだが、相変わらず学生で一杯。内容は基本的視点としての世界と人間の複雑さ、環境、予期といったものの導入。次回は15日まで空くのだが、大教室に教室変更をしてもらうことにした。ただ、連続して使える教室がなく、午前と午後で別の教室という変則的なかたちになる。

しばらく講義をしていなかったので、のどに声が引っかかる感じがあって、授業が終わると少しのどが痛かった。毎回、学期始めの初回の講義で感じることではあるが、体というのは使わないとすぐに錆びることを実感する。涼しい気候ではあったが、講義をしていると暑くなって汗をかいた。ただ、前期のような着替えが必要になるというほどではない。それでも研究室に戻るとぐったりしてしまった。

10年10月05日 09時39分 着信

この週末は秋祭りにどっぷりだった。土曜日の朝8時から会場の設営。すでに組んであった舞台の上に屋根をくみ上げて行く。

自分はもっぱら記録係として作業の進行や組み立てのポイント箇所などを写真に収めて行く。昼前に舞台が組み上がってから、いすやテントを組み立てて会場の設営。それがすんで昼食を食べてからいったん自宅に戻って3時過ぎに再び会場に行って、今度は自分の班の担当であるヨーヨー釣り、飲み物、ポップコーンの屋台の準備などを地区の人たちとわいわいと作業を行う。4時過ぎに準備はだいたい終わる。

福田秋祭・会場

5時から屋台の開始。前夜祭では生ビールの飲み放題のサービスがあるので、生ビールを飲みながらポップコーンの係を担当していた。娘たちも従姉妹と一緒にやってきて楽しんでいた。9時の終了まで会場にいて帰宅。自宅に戻って床に転がったら、そのまま朝になっていた。

日曜日の午前中は子供神輿について回る。台車の上に乗せた神輿について歩きながら、お布施をいただいた家の前でワッショイとかつぐ。娘たちも神輿を引いていた。自分も家の前でかついでもらう。会場に戻ってからは、ふたたびポップコーンの販売や青壮年会の出し物などを行う。4時に祭がおわって会場の後片付けがすんだところで、疲れていたので、地区の打ち上げは失礼させてもらって、自分は自宅に戻った。金曜日に講義をして少し喉が痛かったのだが、神輿で大声をだしたりしたこともあって、声がすこし枯れてしまったのだった。

昨日は上の娘が風邪を引いて熱を出したので、自宅で娘を看ながら自分も休養をとることにした。一日中、村上春樹のインタビュー集を読みながら、うつらうつらと寝ていた。疲れているせいか、こってりと寝入るのではなく、浅い眠りを繰り返しながら、すこしずつ疲れがとれていくような感じであった。娘以外とは話さずに過ごしたので喉ももとにもどった。祭の二日間、それほどハードな作業をしたわけではないが、やっぱ歳をとったということかな。今朝は日焼けしたオヤジの顔になっている。

土曜日に自宅に bk1 から本が届く:

村上春樹のインタビューは、先日、「考える人」のロングインタビューに続いてということになるが、海外のメディアのインタビューが多く、質問内容も含めて面白く読めた。ポール・オースターはしばらくは手を付けられないかな。『フイヤン派の野望 小説フランス革命』も読み終えたので、次は『量子の海、ディラックの深淵』に進む予定。

この週末は「さらいや五葉」8(最終巻)とか「深夜食堂」6とか「とめはね!」7とか「ハチワンダイバー」とか、マンガもけっこう充実していた。オノナツメの新しいやつも読んだし。

さて、今日はゼミだ。

10年10月05日 16時51分 着信

ゼミの時に学生から「日に焼けてますねぇ」と突っ込まれた。

Parallels Desktop 6 の日本語版のアップグレードが公開されていたので購入してダウンロードし、インストールした。確かに Windows 7 が少し早く反応するようになった気がする。試しに Win 7 の設定をパフォーマンス最優先にしたら、さらにきびきびして気持ちが良い(見た目は XP みたいになっちゃって、少し寂しいけど)。これだったら Bootcamp の XP も不要かしら。最近、Parallels で用が済むことが多いので、XP を入れておく必要をあまり感じないのである。さて、どうするかね。

ゼミの後、3名の学生の成績チェックを研究室でやっていたら、学生たちが本棚の本から面白そうなのを読みたいと借りていった。やっぱこういうのがあるからゼミは研究室でやれたほうがいいんだよなぁ。

10年10月06日 17時56分 着信

『進化思考の世界』を読み出したら、止まらなくなって、最後まで一気に読んだ。進化という思考のフレームの奥深さを堪能したが、自分としては、人間の認知・思考のパターンとしての議論に踏み込んでもらいたかった(多くの話題に振り回された結果としての感想かもしれないが)という思いが残った。でも刺激的な論考であった。

そういえば、昨日、iPad を研究室に忘れて帰ってしまったのだが、改めて iPad が身近にあることが自分の生活の一部になっていることに気がつかされたのだった。iPod Touch でもたいていのことはできるのだが、自分の iPod Touch が初代ということもあってかまどろこしいのであった。もっとも、ついついゲームを始めてしまって、それはそれで楽しんだのだが。

10年10月06日 21時01分 着信

そういえば、今日、ある業者の人と話していて iPad & iPhone の話になった時に、金沢大学ではソフトバンクの電波が全然届いていないという話を聞いた。金沢大学ではソフトバンクは使い物にならないそうだ。金沢大学といえば、北陸では一番の名門校ということになるわけだが(自分の出身校の松山東高校では北陸の大学で志望校にあがるのは金沢大学だけだったように思うし、それが当然だったというように憶えている)、それでも繋がらないならダメじゃん。自分の周りの学生からもソフトバンクの繋がらないこと(すぐに圏外になること)はよく聞く。こういう地域のために SIM LOCK 解除して欲しいなぁ。

10年10月07日 14時12分 着信

木曜日なのでサーバのメンテナンス。今日も少し CGI に手を加えた。ちょこちょこやるのが楽しいけど、どっぷりとプログラミングにハマりたい気持ちはある。プログラミングがらみの本で買ったままになるのが多くなっているので、ここらでじっくり取り組んでみたいんだけどね。

10年10月12日 10時58分 着信

金曜日には休みをとって京都に行っていた。いつもの床屋にいって散髪。京都駅の南にできたAEON MALLにも行ってみた。確かにでかい。大垣書店が入っていたのでぶらぶらと見て回った。新しい本屋を見て回るのは楽しい。結局、以下の3冊を購入。

『エスの系譜』は、とんでもないソシュール論(色々と賞をとったみたい)を書いた人の本なので期待。自宅にもどってからさっそく読みはじめて、この週末の休みの間に読み終えたが、あちこちに話がどんどん飛んでいくのに振り回された感はあったが、期待を裏切らない内容であった。

土曜日は娘たちと自分の勤務校の学園祭に出かける予定だったのだが、雨が降っていたので中止。そのかわりに?、昼食はマックということで話がついた。買い物に行ってマックで昼食を食べて帰ってから、午後はだらだらとおでんを作りながら本を読んで過ごしていた。

日曜日の午前中は地区の青壮年会で祭の後片付け。朝から雨だったのだが、雨が小降りになったところで作業開始。祭の舞台の解体である。そのうちに晴れて来て、気がつけばTシャツ一枚でも暑いくらいに。終わってからビールを飲みながらけっこう話し込んでしまった。娘たちは妻と恐竜博物館へでかけたので、自宅に戻って一人で昼寝。

昨日も娘たちとのんびりと過ごしていた。昼食はカップ麺の小さいやつを色々と買ってきて食べ比べ。午後はシチューを煮込みながらの読書。夕方には散歩に出かけた。のんびりと歩くのにちょうどよい気候。そんな感じで、なんだかんだとだらだらと過ごした週末であった。

10年10月13日 11時38分 着信

昨日の午前中は大学院のワークショップ。同僚と二人で担当する隔週の演習授業なのだが、初回だったので参加者の確認と今後の進め方などを話し合って早めに終了。人数が少ない授業なので(今年は4人かな)、出席者次第で内容や進行が変わっていくのだが、自分も刺激を受ける授業である。さて、今期はどうなるかな? 午後には3年生のゼミ。「働くこと」について、まず「働くこととはXである」のXに入る言葉を何でも良いからどんどんと挙げさせていって、働くことの色々な側面を取り出した後、自分が中心的なキーワードを絞って整理していき、それをもとに各自に「働くこととは」という文章を、自分の言葉で書くように指示した。就活前のキャリア教育みたいなものだが、テーマごとに話し合いながら進める授業はこちらも刺激がある。

今日は授業も会議もないので、組織論の授業準備とゼミの教科書作り演習の準備として、コミュニケーション論の講義ノートを書き直している。今日は一日、これに専念することになる。

10年10月13日 16時15分 着信

過去に書いたノートを読み返しながら黙々と文章を書いていた。コミュニケーション論は看護学校の非常勤の授業でも毎年論じていた内容だったので、なんども手を入れたノートになっているのだが、過去のものを引っ張り出してくると、自分の考え方や語り口の変化が見えて面白い。それにいつのまにか削ってしまった部分にも面白いものがあって、それを再加工してみたりと、どっぷりと作業してしまった。疲れたけど、こういう疲れ方は気持ちが良いものである。

10年10月14日 13時12分 着信

午前中でコミュニケーション論の講義ノートの整理が完了したので、先ほどのサイトのメンテナンスの際にサーバにあげて組織論のページにリンクを追加しておいた。午後はこれをもとに明日の講義の準備。

娘たちは今日で1学期が終了し、明日から短い秋休みに入る。ちょっとだけの間、慌ただしい朝から開放されるかな。

このところ iPod Touch でパズルゲームを楽しむのにハマっているのだが、先日ダウンロードした Trainyard Express をここしばらく楽しんでいた。すべての面をクリアしたのだが、有料版だと面が多いということや iPad での拡大表示にも対応しているらしいし、何よりも値引きセール中だったので、購入してしまった。iPad の方に入れて昼休みにちょっとやってみたが、画面が広いと線路が引きやすくて楽しめる。iPad の方にもパズル系ゲームがいくつか入っているので、今度は iPad でのパズルゲームにハマりそうだ。

10月20日にアップルが MacOS X に関するイベントを開催するらしい。WWDC のキーノートではまったく触れられなかった OS X の次期バージョンの概要の発表っぽいな。楽しみである。

10年10月15日 16時00分 着信

組織論の講義の日。今日から大教室を使っての講義になる。内容はコミュニケーション論。学生もそこそこ出席してた。少なくとも大教室が寂しいという感じではない。意味/分かることから始めて午前中は伝達行為まで、午後にメッセージの見出しから3つの選択の統合、そして受容/拒否までいき、2コマでコミュニケーション論を終えることができた。今日は喉も普通通りの感じ。さすがに2コマを連続でやると疲れるが、手応えというか心地よい疲労感である。

bk1 から本が届いた:

平凡社ライブラリーが3冊。アルチュセールの本は、ハードカバーのやつを買おうかどうかずっと迷っていたやつで、市田さんのアルチュセール論を読んでやっぱ買って読むかと思っていたら出たので即購入。ついでにデリダのハイデガー論も。また日高さんの最終講義というのも面白そうだし、宗教史のやつも自分が知らないことが多々ある分野なので惹かれてしまったのであった。

NIFTY 時代からの Mac 仲間の ML で MacSE 2FD が話題に出てきたので、研究室の SE を久しぶりに起動してみた。

Mac SE 2FD は今でも動く

こいつは自分にとっての最初の Mac なので、箱までとってあるのであった。うむ、今日もちゃんと動いた。起動時のアイコンパレードでSuper Boomerang とか SuperClock!, OnCue といったツールのアイコンが並ぶのが懐かしい。中に入っているのは YooEdit とか ZeroByWord, EGWord, SuperPaint 2, Excel 2.2 それに HyperCard 2.3 なので、何をするというわけでもない。で、そういや SCSI につなぐイーサーのアダプタがあったはずと研究室の机や戸棚をごそごそして見つけ出す。せっかくだからこいつを MacSE に繋いでみようと、ドライバーをインストールしようとしたら、ドライバのフロッピーが HD なので SE では読めない。そこで PowerBook 190 を起動して、HD から 2DD のフロッピーにドライバのインストーラーをコピーして、なんとか SE にドライバをインストール。で、リスタートしてコントロールパネルのネットワークで EtherTalk に変更。アダプターの Link は点灯しているので物理的には接続されたような感じなのだが、考えてみたら、肝心の TCP/IP のツールがない。そもそも System 6 には TCP/IP のコンパネもない。EtherTalk でサーバを探しても、古い AppleTalk に対応したサーバなんか動かしていないので、セレクタには何も出てこない。う〜む、無事にイーサーで接続されたんかどうか、よくわからん、というのが今日の状況である。もし無事につながるようであれば、MacHTTP を動かして Web サーバにしてみようかしらと思っていたのだが…… System 6 の頃の TCP/IP あたりの設定とかツールについては、自分がインターネットを使い出した頃には System 7 以降だったこともあって、よく覚えていない。とりあえず TCP/IP のインストールは必要な気がするが、どうなんだろ? まぁ、今日のところはここまでにして、いずれまた、と思っているのであった。

この週末は日曜日に地区のセンターの清掃ぐらいなので、落ち着いて本が読めるかな? 週明けにはまたひとつ歳をとる。

10年10月15日 16時21分 着信

MacHTTP の古いやつのドキュメントを読めば何かわかるかなと思ったが、手元に残っているのは MacHTTP 1.3 で、こいつは system 7 が必要なバージョンであった。その前のやつもどこかにあったはずなんだが…… うむ。自宅に残してある古いディスクとかをごそごそやってみるかな。まぁ、そこまでして MacSE をネットに繋げても、何もできないわけではあるが。

10年10月15日 22時39分 着信

今朝の7時頃だったか、パトカーのサイレンが聞こえてきて、何だろうねと妻や娘たちと話していたのだが、どうやら町中に熊が出たということだったらしい。JRの駅前から娘たちの通う小学校あたりに親子の熊がでたらしい。熊が里に降りてきて人に被害を与えるって事件が最近起きているけど、やっぱ自分達の住んでいる所でも起きたかって感じである。すぐそこに熊が出る所に住んでいるって考えようによっては、スゲーことではある。

10年10月18日 10時18分 着信

自分が乗っている Fit RS のタイヤがけっこうつるつるになってしまったので、この週末に買い替えようと思って土曜日の朝にディーラーに連絡。最初は日曜日には入荷して交換できるかなということだったが、今週の半ばまでタイヤが入らないということで交換は先送りになったのだった。最初、日曜日に交換できそうだということになった時点で、娘たちに日曜日はタイヤの交換にいって、作業の間に昼ご飯をケンタッキーで食べようと提案してしまったので、娘たちはすっかりその気になっていたので、日曜日の買い物の際に昼ご飯をケンタッキーで食べることになってしまったのだった。

土曜日は娘たちと買い物に出かけて、帰りに久しぶりにかまどやの弁当の各自好きなものを買い、下馬公園に行って食べたのだった。暑くなく寒くなく、ちょうどの気候で、外で食べるのは気持ちよかった。犬の愛好家の集まりのようなイベントが開かれていて、犬を連れた人がたくさん。犬の種類もたくさん。それらも含めて楽しんだのだった。帰ってきてからは読書とゲーム。iPad で Trainyard にはまっていた。これがなかなかよくできたゲームなのである。夕方散歩に出かけて帰って来てから夕食の準備。メインは買い物の際に買ったカレイの唐揚げや白身フライだったのだが、妻の母親が庭に植えてくれた小松菜が食べごろになったので、夕食には厚揚げと一緒に煮物を作ってみたら、なかなかうまかった。やせた土地で日当りもよいとはいえないところで作っているので、味は薄めだったが、その分、癖がない感じで、たくさん食べられる。無農薬なので虫などに食べられまくった穴あきの小松菜なんだが、とれたてはおいしい。厚揚げが残ったので、日曜日の朝も、小松菜を追加して煮物を作って食べた。日曜日の朝に小松菜を洗っていると、小さなカタツムリが付いていたので、小松菜の葉の切れ端と一緒に、以前に買ったアリの巣の観察キットのケースに入れておいたら、動き回って葉を食べており、娘たちが楽しそうに見ていた。

日曜日は、朝、自分たちの班が当番になっていたので地区のセンターの掃除に出かけ久しぶりに床のぞうきんがけなど。買い物に行ってケンタッキーを買って、帰りに前日に続いて下馬公園の芝生で食べた。土曜日が気持ちよかったので、日曜日も外で食べようということになったのだが、適当な場所が思いつかず、結局、再びの下馬公園ということになったのである。同じように昼食を食べにきたり、子供連れで遊びに来ている家族がたくさん目についた。自宅に戻ってから、自分は玄関とベランダの柱のキシラデコール塗装にとりかかる。サンダーで表面を磨いてよく拭いておいてから、キシラデコールを2度塗りする。昨年の窓の再塗装の際にだいたいのこつはつかんでおいたので戸惑うことなく作業はできたのだが、柱の上の方は脚立に上っての作業になるので、なんだかんだと時間がかかってしまった。、昨年に買っておいたマスカーや養生テープのストックがあと少しでなくなるというところで作業は完了。近いうちに二階の窓枠の再塗装も行う予定。塗り終わってから下の娘の自転車の練習を久しぶりにして、その後は夕食の準備。自分が野菜を切ったりしている横で、下の娘が野菜くずを使ってスープ作りごっこを楽しそうにしていた。

そんな感じで過ごして、今日になって、一つ歳をとった。朝、娘たちがバースデー・メッセージカードを贈ってくれた。昨夜のうちに自分の母親に電話で自分が生まれた時間をきいて、その時間にあわせて渡してくれたようだ。自分が生まれた時間は知らなかった(聞いたことがあったかも知れないが忘れていた)。6時45分とのことだった。今日の夜には家族で秋吉に行くことになっている。

今日は授業も会議も入っていないので、組織論の講義に備えて恊働論のノートの検討と修正。システムに対する捉え方を変えたので、かなり修正の必要がありそうだ。コミュニケーションが連続するとき、そこにすでにシステムは宿っているということを恊働論の最初のあたりで入れて、システムとは区切ることがつながり続けることだということを確認しておこうと思っている。

10年10月18日 10時27分 着信

今朝、研究室に来て、作業に入る前に MacBook のメンテナンスを行ったのだが、その際に、すっぱりと Bootcamp のパーティションを削除した。Parallels 6 になって Win 7 の調子も良いみたいだし、自分が Windows を必要とする作業はこれで十分こなせるとの判断である。何より、Windows と Mac の間をいったりきたりして作業できる方が Bootcamp で Win 専用になってしまうよりも効率的なのである。あんまり使い込むことなく、XP は去っていったのであった。

10年10月19日 16時22分 着信

午後に3年生のゼミ。今年度から始める教科書プロジェクトの初回である。今日はコミュニケーション論の講義ノートを読んできてもらって、全般的な感想を述べてもらってから、最初からセクションごとに内容の確認と突っ込みの受付。色々な意見が出てきて、ばしばし突っ込まれた。だが、言われてみればそうだなと思える指摘が多く、また自分の言葉の足りないところ、あるいはくどいところ、うまくまとまっていないところなど、多くの問題点が見えてきた。自分が予想していた以上に、学生たちがきちんと読んできてくれていたように感じた。これから隔週ぐらいを目処にこの作業を行っていくことにしようと考えている。

午前中からゼミの時間までは、恊働論のノートの修正。こちらもゼミ生に検討してもらうたたき台として書き直しながら、今年度に追加したい内容(システムなんてそこら中にぽこぽこ生まれているもので、話題があればシステムってできてるよん、みたいな話)を書き加えていた。明日は教授会だが、それまではこの作業を続ける。

昨夜の夕食は家族で秋吉に。越美北線に乗って福井駅に出て駅前の秋吉に行き、焼き鳥や串カツを存分に食べてきた。ひさしぶりの秋吉に家族皆が大満足。やっぱ秋吉はいいよなぁ。1時間ぐらいで食べ終わり、帰りも越美北線に乗って帰ってくることができた。

10年10月19日 16時29分 着信

そういえば、ゼミで学生たちから突っ込まれた点を記録しておくために、iPad に Apple のワイヤレスキーボードを繋いで、iText Pad でメモを書いていた。最初は候補の選択などに迷ったが、慣れてきたら、そこそこの速度で打てる。これはいいわ。持ち運びに便利なキーボードが欲しくなってきた。折りたたみのやつとか良さそうだなぁ。

10年10月21日 13時29分 着信

昨日は授業の準備と教授会で終わってしまった。恊働論に手を加えているのだが、システム概念の説明を恊働の成立の場面で行うことにしたので、かなりの修正が必要になっている。今日も朝から黙々と作業。うむ、明日の授業は大丈夫かしら。

昨日のアップルのイベントでは、MacBook Air の新しいのとか、iLife 11 とか、OS X の次期メジャーアップデートの Lion の新機能の紹介などが行われたようだ。ジョブズのキーノートはすでに podcast に登録されていたのでダウンロードしたのだが、今日は見ている時間がない。明日の授業が終わってからかな。Lion では OS X と iOS の融合に向けて動くような感じ。Mac 用の App Store が出てくるとは思わなかった。すでにニュースはネットのあちこちにあふれているが、キーノートを視るのを楽しみにしよう。

他大学の教員の方から責任優先説について書いた論文の抜き刷りのリクエストがあったので、よろこんで送らせてもらったら、好意的なコメントを返していただいた。やっぱ嬉しいものである。

10年10月21日 14時11分 着信

火曜日のゼミの時にワイヤレス・キーボードを使って iPad で記録を取ったら、やっぱキーボードでの入力は楽でいいよなぁ、と実感したので、iPad 用にワイヤレス・キーボードを買おうという気になった。アップルのやつも好きなんだが、他になにかいいのはないかしらと探していたら、リュウドから iPhone, iPad 用の折りたたみ式のキーボードが出ていることを知った。Mac 用で US 配列のキーボードである。これはいいということでさっそく注文したのだが、それが先ほど届いた。さっそく iPad にペアリングして使ってみたが、予想以上にしっかりしている感じ。以前に、同僚にポメラを見せてもらった時にけっこうそそられたのだが(自分の同僚たちでポメラを購入した人は少なからずいる)、結果的に買わなくて良かったかなというところである。これで自宅でもメモを書いたりする効率が上がりそうだ。Evernote をプレミアムにするかなぁ……

bk1 から本も届いた。

吉野朔実の新刊を買おうとして、ついつい面白そうな本とか、保留していた本も買ってしまったのだった。自宅では『量子の海、ディラックの深淵』に引き込まれているところなんだが、いつになったら読めるんだろう…… まぁ、いいか。

10年10月22日 15時14分 着信

組織論の授業の日。今日は恊働論ということでダブル・コンティンジェンシーからコミュニケーションの連鎖が生まれて……という展開。今年からこの段階でシステム概念を導入して、コミュニケーションのつながりとまとまり(区別)が生じた時には、そこにシステムがあるという話の展開にしたので、すこし自分の中でもうまく話をつなげていけない部分もあったりして、すこしドタバタした感じはある。ただ、コミュニケーションという出来事の確認の後に、すぐに社会的システムという概念を持ってくる方が、全体の流れとしてはすっきりすると思う。今日の講義は、コミュニケーションの連鎖の=原初的システムにおいて予期が生まれてくる時の予期の分化と、その中での人格の話まで。次回に役割論を入れてから、予期の一般化へと進む予定。恊働論がシステム論の導入にもなったので膨らんだ。

このところ、空き時間に Trainyard をやっているのだが、ボーナストラックの最後の面で行き詰まっている。この週末には解きたいなぁ。といいながら、また新しいゲームに手を出してしまったのだけど。

週末はスウェーデンハウスのモデルハウス誕生祭や青壮年会の懇親会、それに妻の講習と一緒に滋賀・京都へ家族ででかけたりするので、ゆっくりと本を読んでいる時間は少なそうだ。ディラックの本がいよいよ量子力学が展開していく場面に入って面白いのだが。

今日はこれから自分の車のタイヤの交換に行く。

10年10月22日 15時18分 着信

そういえば、昨日買った『本屋の窓からのぞいた京都 恵文社一乗寺店の京都案内』を自宅でぱらぱらと読んでいたら、京一会館とかあの付近の懐かしい地名などがとびこんできた。恵文社一乗寺店にはそれほど熱心に通ったわけではないが、ひさうちみきおの文庫カバーは覚えている。というか、本の中でカバーがかつてはひさうちみきおのイラストだったという文章に出くわして、ああ、あの本屋か!と自分の記憶と結びついたわけだが。

日曜日に妻が近江八幡で講習に出るので、家族で出かけて、自分と娘たちは京都あたりで遊ぶ予定。金閣寺にでも行ってみようかと思っている。地下鉄や嵐電にのるのもいいかな。

10年10月25日 11時13分 着信

なかなか濃い週末であった。

金曜日は、早めに研究室を出て車のディーラーへ。タイヤを新しく買い替える。オイル交換なども含めて1時間ぐらいだろうと思って、車を預けてから近くのショッピングセンターで夕食の買い物などを済ませる。ディーラーに戻ったら、ホイールの取り付け部分にトラブルなどがあって作業終了までにしばらく時間がかかるとのことだったので、iPod で BlockMania の新しく配信された面をクリア(バージョンアップで新しい面が配信されるのは嬉しい)。その後、iPad に新しく入れた Angry Bird をやって時間をつぶす。交換等が終わってから娘たちを迎えにいったのだが、タイヤが新しくなって(グリップの良いやつにしてもらった)、オイルも交換したので、車の反応が良くなっていて嬉しい。やっぱこうだよなぁと思いながら運転していた。

土曜日の午前中は、まず下の娘を皮膚科に連れて行ってから、娘たちと3人でスウェーデンハウスの福井モデルハウス誕生祭に。ファブリックを作り、昼食を食べ、会場に来ていた人と言葉を交わしたりしながら楽しく過ごす。娘たちも楽しんでいた。買い物を済ませて自宅にもどって一休みしてから、自分は青壮年会のレクリエーションへ。リライムで風呂に入って宴会。こちらもあれやこれやと楽しく過ごす。自宅に戻ったら11時頃であった。

日曜日は家族で近江八幡市へ。妻が講習に参加している間、娘たちと自分は京都へ遊びにいくことにしたのだ。高速を使って2時間ほどでJR近江八幡駅近くに到着。講習の会場に車を置いて、自分たちは歩いてJRの駅に。近江八幡から新快速で京都に出て、バスで金閣寺へ。娘たちと行って面白そうなところということで、まぁ、金閣寺かなという選択である。金閣寺に行くバスは西大路を北に上がっていくものだったのだが、かつて4回ほど小学生に理科を教えるために来たことがある場所を通って懐かしかった。というか、バスで通った時に、そういえばこのへんに来たことがあるなぁと思い出したのだった。OD の時に滋賀の小野で中学生の理科の塾講師をやっていたことがあるのだが、そこの塾の見習いというか馴らしで西大路七条の教室で教えたのだった。そんなこともあって、久しぶりの西大路を自分は楽しんでいたのだが、娘たちは退屈していた。金閣寺についてから、沢山の観光客に混じって金閣寺をみる。娘たちは金箔の建物を面白がっていた。下の娘は、英語をしゃべる人がいっぱいいる!(下の娘は日本以外の言語は英語だと思ってる)とちょっと驚き、興奮気味であった。北大路に出て(ここらも懐かしかった)地下鉄で京都駅に戻って昼食を食べ、買い物(漬け物である)をすませて、新快速で近江八幡に戻る。この頃から雨が降り出した。駅前のショッピングセンターの文具・アクセサリー売り場で娘たちを遊ばせて、自分はベンチで休憩。それから妻の講習の会場に戻り、合流して、福井へ。雨が激しく降る高速を走るのは久しぶりだったが、タイヤとオイルを交換したばかりの車は快調であった。王将で夕食を食べて自宅に戻ったのだった。

この週末に Trainyard はボーナス画面も全面クリア。Angry Bird は娘たちもいっしょに遊べて盛り上がった。そういや、先日のアップルのイベントのキーノートの Podcast を iPad に入れてもってかえったのだが、iPad ではなぜか再生できなかった。今日の昼休みにでも MacBook で見ることにしよう。

同僚が撮影してきた資料の画像処理を自分が引き受けているのだが、今回は 5000 枚ほどで全部で 13G ほどある。MacOS 9.2 を入れた iBook G3 で処理することにしているのだが、さすがにハードディスクの余りが足りない。かといってネットワーク経由で処理するのも遅いので、USB の外付けハードディスクにデータを入れて処理させることにした。ただ、iBook G3 は USB 1.1 なので読み書きの速度が遅い。5000 枚の処理には24時間ぐらいかかるかもしれない。

今日は協働論のノートの修正など。

10年10月26日 16時40分 着信

いきなり冬のような天気である。午前中に大学院の授業。午後に学部のゼミ。授業でなんか疲れた感じ。

同僚の5000枚の画像処理は、やはり昨夜の夜中にスクリプトがエラーを起こしていた。Photoshop に連続して処理をさせると、そのうちに反応が鈍くなって、最後にはタイムアウトになってしまうようである。そこで、50枚ごとに Photoshop を再起動するというその場しのぎの手段で問題を回避して処理を再開。今夜のうちには終わりそうである。G3 とはいえ1枚が2Mをこえる画像ファイルにフィルタなどの処理を加えていくのは時間がかかるのであった。CS5 になって Photoshop も速くなった(もちろんそれを動かせるマシン自体が G3 よりは速いわけだけど)ので、MacBook で Automator で組んだら速いだろうな。でも、使えるマシンがないから仕方がないが。

10年10月27日 16時31分 着信

冬の寒さである。昨夜、自宅の蓄熱暖房機を入れた。まだ蓄熱量を抑えてあるのでほんのりと暖かくなる程度であるが、それでも暖かいのは嬉しい。

協働論のノートの見直しをやっているのだが、システム概念を早めに導入することにしたので、あちこちで手直しが必要な気がして、さて、どうしたものかなぁというところである。明日もこの作業を続ける。

自宅で読み続けているディラックの伝記はまもなく終わる。20世紀の物理学の展開史にもなっているので、その点でも面白い。

10年10月28日 14時16分 着信

bk1から本が届いた:

そろえることに決めた佐藤さとるの全集と、森博嗣の自伝的小説。まだまだ未読の本が山となって誘っているのだが、とりあえず買っておいたのである。本との出会いは一期一会なのだ、と自分に言い聞かせて。今朝、ラディックの伝記を読み終え、吉野朔実の本もさくっと読み終えたところなので、次の本に今日から取りかかるのだが、森博嗣のやつを読むかな。ポール・オースターも手招きしてるんだけど。

先日抜き刷りを送らせてもらった方から著書をいただいてしまった。日本的人材マネジメントに関する論考で、日本の組織で働くということについての現実の分析と理論的な考察がなされている。自分にとっても刺激になりそうであり、また組織論の講義や大学院の授業で参考にできそうな本である。ありがたいことである。

協働論にシステム論を入れ込んでいく作業を今日も続けている。ただ、明日の講義は、あまりシステム論には深入りしない方がよいかなという感じである。

10年10月29日 16時00分 着信

組織論の講義は今日も協働論。予期の分化として人格や役割の把握などを論じて午前中は終了。午後は予期の一般化、そして協働から協働システムへの転化を論じた。具体的な話と抽象的な概念整理がごちゃごちゃになった感はあるが、まずまずうまく話せたかなというところである。講義にもっていったメモに書き込んだことなどを講義ノートにフィードバックする作業が必要かな。来週からは組織論。

授業が終わってから研究室に戻ってサーバのメンテナンス。ちょっとした osax が欲しくなったので、久しぶりに開発用の iBook G3 (MacOS 9.2 専用マシン)を立ち上げて、osax 開発用の CompileIt! を立ち上げ、ソースを見ていたが、細かなパラメータの処理の書き方などを忘れている。うむ、どうするかな。既存のソースを切り貼りしたものに処理を書き加えれば望みのものができるという道筋は見えているのだが、コードがすらすらと書けない。なんか哀しくなってしまった。2コマの講義をこなした疲れもあって、今日のところはチャレンジを見送った。もっとも、どうしても必要なものでもないということはあるが。BBEdit を久しぶりに使ったりして、それはそれで楽しかったのだった。

この週末は特にイベントは入っていないので、山積みになった未読の本にど〜んとダイブできそうだ。嬉しい。昨夜、少しだけ森博嗣の小説を読み出しただが、まずはこれを読み終えたいと思わせる内容であった。今夜はどこまで起きていられるかなぁ。