田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2010年05月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

10年05月02日 11時59分 着信

昨日は家族で岐阜の淡水水族館の「アクア・トトぎふ」に出かけていた。行きは米原経由で一宮JC経由で。2時間ほどで着いた。奇麗に晴れて気持ちが良い。

水族館と公園が一体になっていて、それが高速のサービスエリアにもなっているところなのだが、気楽に気持ちよく過ごせた。水族館ではアシカショーを見てから順に見て回ったのだが、やはりアマゾンの巨大淡水魚、なかでもピラルクが悠然と泳いでいる姿をこの目で見られたのは感動であった。いつまでも見ていたいぐらいであった。水族館が終わってからは芝生で持っていたおにぎりを食べ、その後は観覧車にのったり、芝生で軽い運動をしたり。自分たちと同じような家族連れがあちこちで同じようなことをしていた。

帰りは東海北陸自動車道で白鳥まで一気にあがって、そこから油坂を抜けて、まだ桜が奇麗だった九頭竜湖を通って、大野へおりて帰ってきた。「アクア・トトぎふ」はサービスエリアから行ったので高速を降りたことにはならず、福井からぐるっと白鳥まで回ったことになって、高速の料金は1000円。白鳥までは一気だったのだが、やはり油坂から自宅までに時間がかかったのだった。

今日は自宅で家族で昼食はバーベキュー。朝から星山に肉を買いに行ってきたのだった。

10年05月03日 16時31分 着信

昨日は昼間に庭でバーベキューをしたので(当然、焼きながらビールをごくごく流し込むわけだ)、その後はだらだらと過ごし、夕食は簡単に済ませて終わったのだった。やっぱ大野の星山の肉はうまい。また、いつも行くショッピングセンターの肉屋の方に骨付きフランクというのがあって、これも買ってきたのだが、もう最高って感じで、妻とこれからの自宅のバーベキューでは外せないねと言っていたのだった。もっとも、いつも置いてある品ではないようだったので、その点が心配だったりするのだが。

今日から妻は仕事なので娘たちと自分で過ごしている。午前中の買い物の際に、ホームセンターで娘たちと庭に植える野菜の苗を選んでいた。娘たちと協議の結果、今回はキュウリ、ミニトマト、フルーツトマト、オクラ、パプリカというラインナップに挑戦することにした。野菜用の土も一緒に購入した。午後からは娘たちは妻の実家に行ったので、自分一人でのんびりと過ごしている。まず、ケーブルテレビの STB をデジタル契約のものに交換する作業。ケーブル自体にはアナログも流れているので、STB を交換してもこれまでと変わらないのだが、STB からの出力としてデジタル放送が見られるようになった。ブラウン管のTVで見ても絵が奇麗だわ、やっぱ。これでアナログ波が止まっても STB からのアナログ出力でデジタル放送は見られるようになったので、TVをいまのままでもしばらくは大丈夫ということになった。HDMI 対応のモニターさえ繋げば、ハイビジョンも見られるようになる。ただ、問題は、今使っているレコーダーがアナログ波用ってことだな。これだけはアナログが止まったら、予約録画ができなくなる(外部入力の録画ということになるので)。ま、今年いっぱい、ゆっくりと考えよう。ケーブルの契約変更を期にTVの買換えもアリかなとも思ったが、自動車の税金も来たし、iPad も出るし、今はTVどころではなくなった。

ケーブルTVの STB の変更作業が終わってから、庭に出て買ってきた苗を植える作業。鋤で土をおこして、底に野菜用の土と、先日買ってきた籾殻の炭をまいて、よく耕すというか混ぜ、それから苗を植えて、最後に水をたっぷりかけておいた。さて、今年はどうなるかな?

10年05月04日 15時10分 着信

今日も娘たちと3人なのだが、昼食前に娘たちは妻の実家へ。その後は自分はのんびりと過ごしている。窓をあけて、田植えの準備のトラクタの音などを耳にしつつ、溜まった本やら買った本屋らをせっせと読んでいる。なにがあるというわけではないが、それがずいぶんと贅沢に感じられる時間。

昨日、自宅の庭に野菜の苗を植えたのだが、少しだけスペースが余っていたので、今日、追加することにした。下の娘はメロンかスイカがいいといっていたのだが、結局、枝豆を植えることにした。さて、今年の夏は自家製の枝豆でビールということになるかな?

いつも買い物際に寄っている本屋には見つからなかったので、bk1 で東京バンドワゴンの新作を購入したのが届いた:

休日の午後にゆっくりと読むのに最適だな。

10年05月05日 09時43分 着信

今日も夏のような晴天。今年のGWはずっと天気が良かった。

天窓を開けると、そこから熱くなった空気が外へと抜けていき、開け放った窓から涼しい空気が流れ込んでくる。その空気の流れのなかで、ニーチェアに座ってのんびりと本を読み続ける。この連休は、シンプルだけど贅沢な時間を味わった気がする。 ……っていうか、普段は、じっくりと本を読むことすらできてないってことの反動だとは思うけど。

10年05月06日 16時05分 着信

今日も真夏のような天気。午後になると研究室が暑い。

基礎ゼミでは自動車を取り上げる。もっぱら制度的な区分や税制の話をして(ちょうど、今日、自分の自動車税を納めたところだし)、エコカー減税&補助金の解説をして、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの違いなどの技術的な話を少しして終わる。ゼミといっても、今日のところはもっぱら自分が解説をしていったので、暑くて汗をかいてしまった。その後、4年のゼミでは進路の相談など。出席者も少なく早めに終了した。

明日の情報システムでは携帯電話の話に入るのだが、毎年恒例の?、キャリアごとの契約者数の動向などの統計の整理をしなくてはいけない。まぁ、明日は垂直統合の話と歴史で終わるとは思うが。

色々な本の割り込みがあって読むのを中断していた『土の文明史』を読み続けだしたのだが、改めて、耕すことは土を失うことであり、それが社会の動向に大きな影響を与えるのだということを思い知らされている。耕すというと、全面的に良いことというイメージがあるわけだが、そんなに単純な話ではないわけだ。土壌という観点で歴史や環境を見ることの面白さを得られたのは収穫である。ただ、面白く読み進められる本ではないけど(だから割り込みがいっぱいかかったわけだが)。

10年05月07日 15時08分 着信

今日の情報システムは携帯電話。ニュース解説を兼ねて3大キャリアの決算報告から数値を収益と利益とARPUを紹介し、産業としての規模などを確認してから、日本のケータイ業界について垂直統合を軸に解説。インセンティブ販売から割賦販売への変化をおさえてから、日本のケータイの歴史を確認して今日の授業は終了した。毎年、ケータイの回の冒頭に契約数の推移などの統計資料を配布しているのだが、2010年4月の数値がまだ発表になっていないので、次回に送ることにした。教室は少し暑い感じだったので、けっこう疲れた。

一休みしてからサーバのメンテナンスを行ったのだが、最近、サーバ機のファンの音が大きく聞こえるようになった気がして、もしかして気温が上がってきたからか?と思っていたのだが(なんせ G4 に取り替えてあるし)、よく考えてみれば、暖かくなって(というか、一気に暑いとこまで来てるんだが)研究室のエアコンを止めたからであった。もっとも、サーバの方は昨夜、フリーズを起こしていて、今朝、サーバを一度リブートしているのだが、原因は不明。特に負荷がかかった様子もない。ディスクのエラーでもないようだ。このところ、サーバの方はまったくトラブルなしに動いていただけに、少し不安である。物理的にはディスクが一番の不安要因なのだが、こちらの方は予備の 80G の新品ディスクがあるし、STAT のカードも買ってあるので、なんとかなるとは思う。CPU を G4 に換えたことで熱に弱くなっているのであれば、対策はちょっと面倒かな(ファンを交換するぐらいしかない)。ま、様子を見ていくしかない。このところ、あまりマシンにかまってやってないので、すねたのかもしれないけど。

研究室では『貨幣と賃労働の再定義』を読み進めているんだが、いよいよ?、ネグリなどの議論を参照しながら賃労働について論じていく部分に入り、面白さが増してきた。自分にとっては『資本論』のプラン論争なんかの話は院試の勉強してた頃を思い出して懐かしくはあれど感心はなく、マルクスの可能性をいかに読み解いていくかという議論に関心がある。

10年05月08日 13時58分 着信

妻は仕事なので自分が娘たちと過ごしている。午前中、下の娘の皮膚科に行って(暑くなると、てきめんにかゆくなるようだ)、それから本屋に行き、夕食の買い物などをして帰ってきた。昼食は「ざるうどん&ざるそば 食べ放題」ということにして、冷凍のソバとうどんを多めに茹でて、水でしめてから皿に盛ったものを3人でむさぼり喰ったのだった。午後はのんびりと過ごせるはずだ。日差しはきついが、窓から入ってくる空気は涼しい。

少し前に HMV にアラン・パーソンズのライブの CD ("Eye To Eye: Live In Madrid") の予約を入れた。当初の予定よりも入荷が遅れて待たされたのだが、4月の終わりに佐川のメール便で出荷したとのメールが来て、GW中には手元に届くかなと楽しみにしていたのだが、GWが終わっても届かない。そこで、今朝、HMV に問い合わせのメールを送ったら、HMV が佐川に問い合わせて、佐川から自分に電話で連絡があったのだが、どうやら福井に到着してから先が追跡(確認)できないらしい。メール便って、そんなにいい加減なものなのか? まぁ、コストを下げるために宅配便よりはゆるい管理にしてあるのだろうが…… どういうことになるのか分からないが、いずれにせよ、自分は「佐川飛脚メール便」を使うことはないことだけは確定。

10年05月09日 05時58分 着信

アラン・パーソンズの CD は、結局、改めて HMV から出荷ということになった。今回は宅配便の方で送ってくる。ただ、そうなったことが、配送の「お問い合わせ番号」が変更になったという通知でしかないのは、HMV の対応として、どうかと思う。今回の配送中の紛失をどのように処理するようになったのかは別にしても、注文の品を改めて発送する、との一文ぐらい入れるのが筋ではないのかしら? まぁ、CD が届くのであれば、それでいいわけではあるが。

そういえば、昨日の昼食の準備とかでドタバタしていた時に(ざるそば/ざるうどんというメニューだったので、凝ったことをしていたのではないが、麺をゆで始めたところだったわけ)、日経新聞社から、日経新聞を読む7つのメリットだかななんだかのパンフレットができたのでご案内しますという、勧誘の電話があった。もちろん、「うちは日経読んでるよ!」で即切りしたわけだが、なんていうか、ますます日経新聞はやばいなぁという感じがしてきた。このところ、掲載されている広告が増えてきて、また、どうでもいいような広告(まぁ、新聞の広告はそういうものが多いにせよ)が増えてきたように思っていたし、オンライン版はありえないような料金体系(すでに地元の新聞販売所から宅配してもらっている購読者ってのは乗り換えないで欲しいというメッセージ性を感じるわけだが)で始めるしな。色々なセクターがバラバラにあがいている感じが自分はするのであった。長年読み続けてきたものとしては、ちょっと哀しい感じもする。

昨日の夕方、娘たちと散歩に出た。

夕暮れの東郷・堂田川

少し薄着ぐらいが気持ちが良いなかを、桜の新緑や、田植えの準備で水を張った田んぼ、麦なんかを見ながら、ゆるゆると歩いていたのだった。

今日は夕方から体育委員の仕事。体育大会の準備。23日の当日に雨が降らないことを祈るのであった。

10年05月09日 14時49分 着信

アラン・パーソンズの "Eye 2 Eye" は昼すぎに到着。今日の昼食はたこ焼きだったので、さっそくアラン・パーソンズのライブを聴きながら、たこ焼きの準備をしたり、たこ焼きを焼いたり、そして食べたり。やっぱアラン・パーソンズはいいな、としみじみ。CD のライナーに "In Memoriam : Eric Woolfson (1945-2009)" と書いてあり、それで初めてエリック・フルフソンが亡くなったことを知り、こちらもしみじみと。最初に FM ラジオで " Tales of Mystery and Imagination" を録音して、それを何度も繰り返し聞いていたのが高校1年の頃のはずなので、えっと、30年間の付き合いってことになるのか。今回のアルバムに "Dr Tarr And Professor Fether" が入っていたのが嬉しかったのだが、そうか、もうそんなに長い間、自分の中に住んでいる曲になるのか。

今日はこれから地区の体育委員の仕事。

10年05月10日 10時28分 着信

昨日の夕方は地区の体育委員の仕事。23日の運動会の準備で、自分は買い出しチームの方に。安売りの店に行き、当日の飲み物(お茶やジューズを無料でサービスする)などを購入。箱単位でがんがんと買ったりしていた。選手名簿の配布も予定に入っていたのだが、まだ確定できない部分があってサスペンドということで、早めに作業は終了したのだった。

今朝、いつものように目を覚ましてから新聞が届くまでの間にメールをチェックしていたら、アップルから iPad の予約開始を知らせるメールが来ていた。[予約注文する]というリンクが埋め込まれたメールだったので、試しにポチッとしてみたら、Apple Store でちゃんと予約できるようになっていた。ということで、64G のやつとケースと予備の電源、それに自宅の WiFi を高速化するために AirMac Extreme ベースステーションを、えいやっと購入。予約開始は朝の10時からだと思っていたので、注文の確定までいけるのかどうか疑問に思ったりもしたのだが、あっさりと注文は確定。ということで、あとは「28日までに出荷」のやつが届くのを楽しみに待つことになる。メモリーの容量には迷ったのだが、iTunes U の講義ビデオなんかをどこどこ突っ込みたいので、思い切って 64G にした。

今日の午後は Mac の授業。システム環境設定の確認の続きと、Saafri を取り上げてアプリケーションの解説の初回の予定。

10年05月11日 14時14分 着信

今日は3年のゼミがこの後あるが、それまではじっくりと自分の時間。ルーマンの『社会の経済』をちょっと読み返していて、そこから思い立って、訳者である春日淳一氏の『貨幣論のルーマン』と『経済システム』を集中的に再読することにした。もちろん、自分の関心は貨幣よりも組織や労働(先日のマルクス主義の本の影響もあって)に向いているわけだが、労働をメディアとして捉える論点を中心に、再読してみることにした。しばらくは、授業準備がない時には(とはいえ、情報システムのために業界などの動向を追いかけるのはけっこう時間がかかるのだが)、この作業だな。

昨日の Mac の授業では前回に続いてシステム環境設定の項目とそれが関わる機能の説明をしていたのだが、インターネット共有なんかもできるのよという話をしたあとで、ブラウザの safari の説明に移った時に、うまくネットにアクセスできないマシンが出てきて、急遽、自分のマシンをインターネット共有でベースステーションにして AirMac 経由でつなげるというのを図らずも実演することになった。自分も実際に使うのは初めてだったのだが、こんなに簡単でいいのかしら?という感じ。

そういや、アップルから AirMac Extreme ベースステーションを出荷したとの連絡が入った。この週末は自宅の無線 LAN のバージョンアップだ。

10年05月12日 13時57分 着信

今日は雨がぱらついて少し肌寒いような天気。気温の変化が激しいと鼻のアレルギーには辛いものがある。

『貨幣論のルーマン』を再読したのだが、機能システムとしての労働システムの議論はやはり納得できない。ただ、組織において労働が仕事というフォルムとして編成され、それがコミュニケーションの継続性を確保する限定的な象徴的メディアとして機能するという議論はなりたつのではないかと思う。もう少し詰めて考えてみる必要があるが。それと、『貨幣論のルーマン』のなかに、ルーマンの市場論をもとにグローバリゼーションの批判を行うような議論があるのだが、そもそもそうした道徳的あるいは倫理的な判断を社会的システム論から引き出すことは、その社会的システムそのものに関しての議論では無効ではないかと改めて思う。なにはともあれ、考える刺激は色々と得られた。

キッチンハイターを買ってきて、研究室の洗面台や急須や湯のみなどを漂白して洗ったら、ピカピカになってなんか気持ちよい。

10年05月13日 17時27分 着信

肌寒い天気が続いている。いったん止めた自宅の蓄熱暖房機を今夜は動かしておいた方が良さそうな感じだ。

今日の基礎ゼミでは気象(天気)を取り上げた。気圧とは何かから始まって、低気圧で天気が悪くなる原理、気団と季節ごとの特徴などを一通り話す。授業が終わってから、降水確率の話をしておくのを忘れたことに気がついた。次回に補足しておくかな。

4年のゼミでは、就活に行き詰まった学生を励ましたりしつつ(今年は例年よりも内定がなかなか取れない学生が増えているという感触)、スマートフォンの動向などの話をする(iPad 予約したもんね、ということももちろん)。

明日の情報システムで配布するために、携帯の契約数の推移などの統計資料を Numbers で整理していた。2007年からは月別の各キャリアの動向もグラフ化しているのだが、そろそろ A4 では見づらくなってきたかという感じである。明日は資料を配布して動向の確認などを行ってから、技術解説に入る。

10年05月14日 16時52分 着信

情報システムの講義は、契約者数の推移をまとめた表がグラフを見ながら、前回の歴史のポイントと合わせて説明。その後、技術的な解説に入ってセルラーコンセプト、3G、SIM を解説して終えた。次回は技術的な話の続きと、できればスマートフォンの話がしたいと思っている。

サーバのメンテナンスをして、研究室に来たゼミの卒業生と少し話して(仕事を辞めた報告であった)、学内 Web の運用に関する会議。Movable-Type 上に移行する作業はほぼ終了したので、今後の課題や検討事項の確認。もっとも、運用の作業よりも、Web を広報などでいかに戦略的に使っていくのか?といった別の委員会などで決定すべきことが重要であり、それがはっきりしないことには自分たちも動きようがないという状況ではある。

今日も寒い。昨夜は久しぶりに自宅の蓄熱暖房機をオンにして蓄熱させた。やれやれ。

10年05月15日 17時02分 着信

のんびりと朝を過ごしてから、自宅の無線 LAN を高速化する作業に。これまで使っていた AirMac Extreme Basestation を新しいデュアルバンドの Extreme のやつに交換した、これまでは、一階に置いたメインの BaseStation (UFO 型のやつ)には外部アンテナを付けて、2階には Express を付けてそれをネットワーク拡張に使っていた。で、メインのやつをデュアルバンドに取り替えて、それまでメインに使っていたやつをネットワーク拡張用に2階に置こうと思って設定を行ったのだが、どうも拡張がちゃんとできない。仕方がないので、メインの1階のデュアルバンドのやつだけで自宅内の電波の状況はどうなのか調べてみたら、1台だけで楽勝で自宅全体をカバーしていることがわかった。2階の自分の部屋に置いたキャノンのプリンタも Wifi 接続のやつなんだが、中継なしでも問題なく印刷できた。ということで、古いメインのやつや Express は中継用には使わないことにした。最近の技術の進展はすごいね。というわけで、自宅の無線 LAN は 11n ということになった。もっとも、ADSL のスループットが最近落ちてきているように思うので、あまり速くはならないのかもしれないが。

以前から wii の「wii Music」が良さそうで気になっていたのだが(娘たちも従兄弟の家で遊んで面白かったと言っていたし)、今日買い物に行った際、娘たちが欲しいと言ったこともあって、妻が購入した。自宅に戻ってさっそく娘たちと遊んでいるのだが、楽しい! これって、かつて Mac で遊んでいた、えっと名前が出てこないのだけど、アドリブをキーボードでコントールできるソフトの感じ。もちろん、wii Music の方が圧倒的に完成度は高いわけだが。しばらくは家族であれこれと演奏するのがブームになりそうだ。

今日の夕方は青壮年会の役員会がある。明日は体育委員の仕事。どっぶりと地元の親父なわけである。

10年05月16日 15時16分 着信

昨日の夜は近所のトックリ軒で青壮年会の役員会と懇親会。あれこれと話とビールを交わしているうちに9時を過ぎてしまった、帰ってきてからすぐ寝た。

今日は娘たちを自分がみているのだが、昨日の買い物の際に買った本を読んでいる。買ったのは:

このリストの下から順番に読み進めてる。どれも bk1 チェックで見落としていた本である。

今日の夕方には体育委員の仕事が入っている。一日どっぷりと本を読むこともできないのであった(Wii してるからだろってのもあるが)。

10年05月17日 17時10分 着信

自宅の無線 LAN を AirMac Extreme のデュアルバンドに換えたのだが、確かに MacBook でのアクセスは速くなった。うむ、やっぱ違うもんだなぁと実感。iPod は 11g なので、こちらは今までと同じ(当たり前だけど)。

今日は Mac の授業だったのだが、PDF の作り方(っても印刷するだけで OK という話なんだが)、強制終了のやり方、あるいはターミナルで UNIX にさわってみる、ログインパネルで >console にしてみる、あるいは起動時のオプションといった、システム関係の雑多な話をしてから iTunes へ、今日のところは、読み込みのファイル形式の違いの説明程度にして、本格的には次回に。自分が話す時間が長いと、学生は眠そうであった。今年度から Snow Leopard での授業になったわけだが、さすがに Tiger の時よりは OS の基本的な機能として解説する項目が多くなり、iLife の個別アプリ の説明に入るのが去年よりは遅い。授業の進行にも気をつけなくては。

先日『貨幣と賃労働の再定義』を読んだ際に、ひさしぶりにマルエン全集を引っ張り出してぱらぱら読んでいた(というか、CD-ROM 盤のスキャン画像を見ていた)のだが、ふと、これらの TIFF 画像は Automator で PDF 変換ができるじゃないかと思った。それで、今日の午前中、雑用をこなしている間、サブの PBG4 の方で作業してみた。各巻ごとにフォルダが分けられた TIFF ファイルとして CD-ROM には収められているので、フォルダ内の画像を一つの PDF に変換というワークフローを組んで走らせてみた。楽勝で PDF になるじゃん。全巻で 4.5G ほどになった。試しに MacBook に入っている Acrobat Pro の OCR 機能でテキストの認識をさせてみたのだが、処理に時間がかかるし、本文が縦組み2段ということもあってか、文字は認識できていても段落の認識は失敗していたようだった。なので、こちらはやらずに、とりあえず PDF ファイル群として保持しておくことにした。もっとも、マルエン全集を読むことなんてあるのか?というと、自分でもよくわからないのだが。iPad が来たら入れておこうかな?

10年05月18日 17時17分 着信

今日も暑い。

3年のゼミでは毎年恒例(といっても学生たちは初めてであるが)、友人・家族・恋人を変わったものに喩えてみせるという課題。今年は「携帯電話、本屋、黒板、お酒、消しゴム、カレーライス」の6つから一つ選択ということにした。最初に3つを発表させて、次に自分が使わなかった残りの3つで発表させるという2ラウンド制である。毎年のことではあるが、この演習は盛り上がるし、なんらかの新しい切り口を学生が見せてくれるのでやっている自分も刺激になる。今年は最後にこの演習のポイントのようなものをまとめたものを配った。自分のゼミの場合、なんでこんな演習をするの?という課題も少なくないのだが、こちらの一応の狙いがある時には、それをきちんと書いておくのが良いかなという判断である。これまでも授業の最後に口頭では説明していたのだが、どうしても演習内容の方だけしか記憶には残らない(というか、楽しかったということだけかな)ようなので、ちょっと趣向を変えてみたわけである。次週は、これも恒例の、「ぼくをさがしに」である。今年度は後半に教科書作りを入れるので、前期は定番ネタからのセレクトになる。濃い(と自分は考える)課題を続けることになる。

そういえば、「スイングジャーナル」が休刊になるとの記事が新聞に載っていた。「アドリブ」も休刊になった。自分がジャズにハマったころ、スイングジャーナルはある種の教科書のようなものだった。毎月、欠かさず買って読んでいた時期がある。ディスコグラフィーは保存していた(部屋のどこかにまだ残っているかもしれない)。新譜をそれほど買わなくなったこともあって、最近では全く買っていなかった。でも、休刊という記事を目にすると、買っていない自分が言うのも勝手なものではあるが、すこし寂しいという気持ちはある。もっとも、アーティストの動向が本人の公式 Web サイトで見られたり、D.D. Jackson の ArtistShare のプロジェクトのように新譜を作っていく過程すら楽しめたりするわけで、確かに雑誌が担うべきものは減ってきているのは確かだ。演奏のムービーや新譜のさわりなんかを聴ける「雑誌」としてiPad 版で復活したりしないかな?

Jazz といえば、この春先から普段は聴いていなかった CD を引っ張り出してきて車で聴くという「再会プロジェクト」を続けてきたのだが、最近、ようやく定番というか、車に残しておく作品というのが絞られてきた。とりあえずまず車にぶち込んで、何度か聴いて、よかったら残すし、なんか合わないなら消して、ふるいにかけてきたのだ。車で聴く、それも朝夕の通勤の車の流れにのって農道を突っ走りながら聴くというシチュエーションの自分に合うものが残ってきたわけだが、オーネット・コールマンやジャック・ディジョネット、ギル・エヴァンス(マンデーナイト・オーケストラ)、エリック・ドルフィーがけっこうヘビーロテーションだったりして、自分でもなるほどそうなったかという感じになってきている。もっとも、ここ2週間ほどは、先日届いたアラン・パーソンズのライブ版がヘビーローテーションなんだが(後半、Don't Let It show から Prime Time で、そこに Sirius / Eye In The Sky がど〜んで、Dr Tarr & Professor Fether だもんなぁ、たまらんよ)。

10年05月18日 17時29分 着信

そういえば、今朝から『シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々』を読みはじめたのだが、これがなかなか引き込まれるのだ。パリにある書店の話を色々なエピソードで綴っていった本だろうと思っていたのだが、著者がカナダの新聞記者で訳ありでパリに逃れてそこでシェイクスピア&カンパニー書店に行き着いて、そこがコミューンみたいな場所で…… とストーリーがしっかりあって引き込む本なのである。こういう本こそ何もかも忘れて読みふけりたいのだけどな……

10年05月19日 17時24分 着信

午前中は資料の読み込みなど。久しぶりに色々な文献を読みふけっていると時間の密度が濃くなったような気がする。午後は教授会。なんだかんだと毎日は過ぎていくのであった。ふぅ。

10年05月20日 16時10分 着信

今日も蒸し暑い一日だ。午前中は明日の情報システムの準備。各キャリアの夏の新製品をチェックして特徴や新技術・サービスを確認してまとめる作業。Wi-Fi がらみが色々と動いているなという感触。まとめたものは明日の講義の冒頭のニュース解説として話しはじめ、そのままケータイの技術解説に進める予定である。

基礎ゼミでは西洋史を取り上げて、ルネサンス、宗教改革、市民革命、産業革命の4つのトピックに絞って概要や主要な人物・事物などを説明。毎年のことだが、世界史だと学生はほとんど知らない(忘れている)状態なので、もっぱら自分が講義することになる。

高橋源一郎の『「悪」と戦う』を一気に読み終えた。言葉が繋がれることで生まれるドライブ感に煽られて最後まで突っ走ったような感覚が残る。それが気持ちよい。高橋源一郎の小説を読んだのは久しぶりだと思うのだが、言葉が書かれていること自体が流れに巻き込むという点で、『さようなら、ギャングたち』を「群像」で読んだ時のことを思い出した。それと、変な話だけど、ちょうど車で聴いていたオーネット・コールマンの「Complete Science Fiction session」が、この小説となんかが同じ気がしたのだった。

10年05月20日 16時53分 着信

そういえば、高橋源一郎の『さようなら、ギャングたち』は、群像の掲載ページを切り離して製本したものをずっと持っていて、なんどか読み返したのだった。今でも部屋のどこかにあるかもしれない。大学のクラスの友人(小説なんかの話が合う友人だったのだ)にも勧めた覚えがある。村上春樹が「午後の最後の芝生」を書いたのもその頃のはずだ。『さようなら、ギャングたち』と「午後の最後の芝生」は、大学の語学の授業(これがクラスになっていた)の風景と繋がっているのだった。それも、なぜかフランス語の文法の授業の教室の風景しか思い出さないのだけど。

10年05月21日 09時28分 着信

情報システムの授業に備えてニュースをチェックしていたら、Google TV のアナウンスの記事が。うむ、これはニュース解説で取り上げなければと、プレスリリースなどを読んでいた。このニュースの解説から Android の話にふって、Google ケータイへとつなぐという展開もアリだな。

10年05月21日 15時07分 着信

情報システムの講義は、各キャリアの夏の新製品の中からいくつかの動向をまとめて紹介するニュース解説から入った。その流れでスマートフォンの話に行き、アプリケーション追加と OS のバージョンアップによる機能追加&進化をポイントとして押さえてから、Google TV のニュース解説、その後、おサイフケータイと GPS の話をして終了。今日は暑かったこともあり、Google TV の話なんかも飛び込んできて、全体にドタバタしてしまったかな、という感じはある。次回からデジカメ。

研究室に残してある(というか、残っている)バックアップを焼いた CD-R や DVD-R の整理を行い、不要なものは廃棄した。昨年度に入った学部棟にあるシュッレダーが CD などにも対応しているということだったので、それで砕いたのだが、見事に砕かれていたのに感心した。CD-R のふるいものの中にはレーベル面が変色してしまったものなんかもあり、また何でこんなものをバックアップしたのかな?と自分が首をひねるようなものもあり、時間の経過を感じたのだった。なんだかんだいって、動態保存というか、ハードディスクに入れておいて、節目節目に新しいハードディスクに移していく(その過程の中で残すべきものもふるいにかけられる)というのが、もしかしたら今の時点ではまっとうなデータ保存のあり方なのかもしれない。娘たちの写真のデータなんかは、BD にも入りきらないサイズになってきているものなぁ。

10年05月21日 16時11分 着信

この週末は地区の運動会がある。今週に入ってから毎日のように天気予想と天気図をにらんでいたのだが、どうやら日曜日には雨が降りそうだ。明日は晴天のようなので午後は会場設営の手伝いを行うことになるが、日曜日は延期に伴う連絡に追われることになるのかもしれない。せめて午前中だけでも降らずにもってくれたらなと期待してるのだが。しかし、こういう天気に関する情報も、気象庁のサイトやらウェザーニュースのアプリ(iPod Touch と Wii のチャンネル)で最新の状況がすぐに確認できるのは便利である。これまでは NHK のローカルニュースの天気だけは見ていたのだが、天気もニュースもネットで OK なので、気がつけば、いつのまにか TV で7時の NHK のニュースを見るのも止めてしまっている。NHK のニュースの内容自体、NHK のサイトで確認できるわけだし。自分はドラマやバラエティ番組は見ない(あ、新・三銃士だけは見てるな)ので、ほんとうに TV も見なくなった。そろそろ自宅の TV も買換えなければいけないのだが、デジタル放送・ハイビジョン放送が見られることよりも、Wii が大きな画面でできることのほうが嬉しいくらいだなと思う。

10年05月23日 17時49分 着信

やはり雨だった。なので地区の体育大会は来週に延期となった。

昨日は、午後から小学校のグランドで大会の準備。ほぼ雨だろうということだったが、可能性がないわけではない、ということで最低限の準備だけを行うことになったので、自分はライン引きをしていた。テントの搬入や組み立てはしないことになり、そのまま自宅に戻って休んでいた。

今朝4時に起きてみたら、その時点ではまだ降っておらず、これはやるかもしれないと妻も弁当の準備を始めたのだが、そのうちに降り始め、6時前に延期の連絡。来週の選手出場者の確認のために7時半すぎから選手で出てくれることになっていた方の家を回る。それから自宅に戻って、一息ついてから、昼前に家族と買い物に。チキンタツタが復活ということで、昼食はマックで。それから自分は駅前の勝木と紀伊国屋、あついはロフト、無印良品などで。何をしたというわけではないのに、なんか疲れた。

そういや、上の娘が音楽教室でバッハのメヌエットを弾くことにしたようなので、MIDI のファイルをダウンロードして GarageBand で開いて鳴らしていたら、楽器とループの追加インストールをしろというメッセージが出たので、1.2G がどの程度で落ちるか試してみよとダウンロードでインストールを選んでみた。最大で 2.8MB/s の速度で落とせたので、やっぱ 11n にして速くなったなというところか。

10年05月24日 15時52分 着信

今日の Mac の授業は iTunes だったので、自分が普段使っている MacBook を授業で使った。ライブラリにすべてが放り込まれて、それをプレイリストで使っていくという大枠の説明をしてから、細かな機能のいくつかをピックアップするかたちで説明していった。毎年思うことだが、iTunes はどこまで踏み込んで解説するかという加減が難しい。また、iTunes Store のインターフェースという側面については、そんなに踏み込んでも意味がないようにも思うので(iTunes Store の宣伝をする授業ではないので)、どうしても中途半端になってしまう。今日の授業では、自分の MacBook をもっていたったので、iTunes の説明をしてから、Parallels で Windows 7 を、BootCamp で XP を動かして、Windows をこんな感じで使えるよという紹介をして、なんとか授業らしく?しめることはできたのだけど。

10年05月24日 16時19分 着信

bk1 から本が到着:

なんかバラバラなのは毎度のことである。福岡伸一の本は、ついつい買ってしまう。一番期待しているのは『大気を変える錬金術』である。窒素をめぐる化学産業史の本ということになるのかな? 面白かったら基礎ゼミのネタにでもしようという下心?もありだったりする。

そういえば、アラン・パーソンズの "Eye 2 Eye" のライナーのアラン・パーソンズに関する記述の中に、2008年に過去のアルバムの拡張・リマスタ版をリリースしたという記述があり、そうだったのかと改めて HMV で調べてみたら、アラン・パーソンズ・プロジェクト名義のアルバムすべてがボーナストラック付きのものがリリースされていた。輸入版であれば安く買えるようだったので、これも何かの縁と一気に購入を申し込む。アルバム10枚で 14,000 ほどだから、安いよなぁ。iTunes でアルバム買うより安い。入荷待ちののがあるようなので、届くのはも少し後になりそうだが、楽しみである。

10年05月25日 05時20分 着信

『大気を変える鍊金術』は期待以上に面白く刺激をもたらしてくれる本だった。昨日の夕方に読み始めたら、一気に引き込まれて、今朝も3時過ぎに起きて、最後まで読み切った。みすず書房の本でここまで引き込まれたのは、ずいぶん久しぶりだ。窒素をめぐる産業史(ペルーのグアノやチリ硝石の話、メインのハーバー・ボッシュ法、そして化学工業の立ち上がり)、科学史、そして環境問題と、ハーバーとボッシュという人物、そしてドイツの政治、これらが絡み合いながら、大げさにいえば人類が新しい局面(化学的に物質を作り出し商品化する)に突入する場面を描いた物語が、ぐいぐいと引っぱって行く本。堪能した。こんな本に出会えて嬉しい。

10年05月25日 16時57分 着信

こんなに集中して本を読み続けているのは久しぶりかもしれない。今朝まで『大気を変える鍊金術』を読んでいて、大学に来てからは『グーグル秘録』を読みはじめたのだが、こちらも一気に引き込まれてしまった。Google が何をしてきたのかを、その時々の回りの状況も含めて丹念に描いているため、Google という企業のポジションが変わっていく様などもしっかりとつかめる。インターネット関連の会社の話(業界本とでもいうのなか)が大好きということもあるが、それを抜きにしても、今のインターネットを考えるためにも刺激に満ちた本だ。情報システムの授業でも、いずれは Google に絞った話をしたいとはずっと思ってきたのだが、この本のおかげで、どのように Google を見ていくのがいいのかというようなものが自分なりに、何かがつかめた気がする。今日はゼミ以外の時間はひたすらこれに没頭している。

3年生のゼミはシルヴァスタインの『ぼくを探しに』のダイジェスト版を読んでもらって、どう読んで、何をテーマとして捉えたのかという話。皆の意見の集約を行ってから、原文を紹介したりして翻訳による枠付けの話をして終了。シンプルな物語だけに、色々な読み方があって、それが面白い。来週は開学記念日で休みなのだが、金曜日が時間割変更で火曜の授業になることを忘れていた。学生に指摘されて思い出したのだが、もうすこしで授業を飛ばしてしまうところだった。

10年05月26日 11時16分 着信

『グーグル秘録』は今朝読み終えることができた。なんていうか、強情なイノセンスみたいなものが突っ走っていく姿をみたような気がする。

iPad の発売を控えて iTunes App Store に iPad のコーナーができたりしている。自分の場合は、とりあえず Web とドキュメントが快適に読めることがポイントかなと思うのでアプリにはまだあんまり関心がないが、GoodReader だけは購入かなとか思いながらストアを軽くブラウズしていて、そういや iPad ならオンラインの文献検察&閲覧サービスの Questia が快適に使えるのではないかと思ったのだった。久しぶりにアクセスして、試しに Chinema Display の大きな画面で表示して使ってみたが、画面が広くなるだけでも読みやすい。これは iPad の画面でもけっこういけるかなと思ったのだった。届いたら試してみよう。で、Questia でルーマンなんかを検索していて、"Luhmann Explained: From Souls to Systems" (Hans-Georg Moeller) というルーマン解説本を見つけたので、今はそれを読んでいる。なんかこってりと本や文献を読み続けているのだが、楽しい。

10年05月26日 15時33分 着信

Google の Chrome の Mac 用安定板がリリースされたというので、さっそくインストールして試している。確かに小気味よく動く感じはあるかな。これまで Gmail は Firefox だったのだけど、こちらに切り替えようかと思ったのだけど、学内の事務システムなんかが MS Explorer 以外は Firefox しかサポートされていない状況なので(学内システム&メール用として Firefox を常時開いてあるのだ)、止めておいた方がいいか。

10年05月27日 16時37分 着信

今日の基礎ゼミでは食がらみのネタをあれこれと。毎年やっている健康増進法による食品表示の規制などの話に、祝チキンタツタ復活ということで立田揚げと唐揚げの違いといったトリビアルな食ネタをいくつかからめた。洋食が日本でどのように受容されたかといった話にもつながる部分もあって、もうすこしその方面で話を広げても面白かったのかもしれない。食品か医薬品へと話を繋げる予定だったのだが、トリビアルなネタにけっこう熱心になってしまい時間切れでカットした。薬事法がらみは改めて行うこととした。

4年のゼミでは iPhone の使い方(就活用に iPhone を買った学生がいる)とか、福井の大手企業の採用での学歴(学校)差別の問題とか、色々なことをあれこれと語り合っていた。

いよいよ明日 iPad 発売なのだが、さて、いつごろ届くかな? 宅配便で届くのだろうから、昼間かな。明日、自宅に戻ったら、iPad 三昧ってところか。週末は地区の運動会なので(この週末は晴れそうだ)、明日ぐらいしかじっくりは遊べないかもしれない。いずれにせよ、楽しみである。ネットでもいっきに色々な書き込みが増えるんだろうな。

10年05月27日 16時43分 着信

……アップルから iPad の出荷を知らせるメールが来ていた。クロネコヤマトでの発送になっていて、配達状況を確認したら配達店到着になっていた。近づいてきているぞ。ただし、ケースと予備の電源は Apple Store で出荷準備中のままなので遅れるようだ。ま、本体がやってくるならそれでいいのだけど。

10年05月28日 16時05分 着信

今日の情報システムはニュース解説にけっこう時間を割くことになった。 LED TV の出荷遅れ、NECとカシオと日立の携帯部門統合、総務省の SIM ロック解除ガイドライン案、ワンセグでも NHK の受信契約が必要になる話、ノキアとヤフーの提携を紹介しておいてから、iPad 発売、それに関連してソニー、凸版、KDDI、朝日新聞の電子書籍配信企画団体設立、デジタル教科書教材協議会発足と、なんかてんこもり。電子書籍ネタはやっぱ一度はきっちりと整理して話した方がいいかなと思う。講義はデジタル画像の1回目としてビットマップとベクター、画素、解像度、光の3原色、そして人間の色覚特性(なぜRGBですべての色が表現できるのか?)まで。次回は色覚特性の残りをやってからデジカメの仕組みへと進める予定。

iPad は今頃はクロネコヤマトのトラックに載っているころだと思うが(たぶん自宅には誰もいなくて不在通知が入ってるだろうな)、予備の電源とケースの方も、それぞれ昨日のうちに発送したのとのメールがアップルから届いた。週末には揃うことになるだろうが、明日と明後日は地区の運動会に時間も体力も気力も投入することになるので、落ち着くのは月曜日かな。あ、でも、月曜日は検診が入っているか……

今日のサイトのメンテナンスの際に、久しぶりに CGI の機能拡張を行った。このページの投稿を投稿ごとに表示するページ(Permalink で表示されるページ)に[一つ前の投稿]と[次の投稿]のボタンを埋め込めるようにしたのである。Valentina のデータベースの操作のスクリプトを書くのは久しぶりだったので、最初はちょっととまどったのだが、無事に実装できた。表示の仕方などはもうすこし調整の必要があるが。昨日、研究費で購読している Software Design を読んでいて、関数型プログラミングの話が面白くて、なんかプログラミングがやりたくてうずうずしてしまったのである(AppleScript は関数型ではないけどね)。それで無理矢理?、新しい機能を追加することにしたのだった。やっぱプログラミングは楽しい。予定していた機能のスクリプトが書けてからも、それこれと変形させて遊んでしまったのだった。あ〜あ、まだ書き足りない気分である。

10年05月28日 21時48分 着信

自宅に戻ってみたらやはりクロネコの不在通知が入っていた。さっそく電話して再配達を依頼。夕食を終えた頃に iPad 本体だけでなく、電源もケースも届く。MacBook に接続してセットアップを始めた。そうして、今、この文章は iPad で書いているのだが、もともと一本指で入力している自分には、この位のサイズのキーボードであれば楽勝で入力できる。普段、MacBook で入力している時とそれほど速度は変わらない。いぁ、これはいいわ。メールも、ちょっとした文章もこれで楽々入力できるじゃないか。わははな気分である。これからムービーを iPad 用に変換して収める作業や、夕方に買ってしまった iPad 用のアプリのインストールとテストなのだ。

10年05月29日 18時11分 着信

下の娘が熱を出したので、体育大会の準備どころではなくなって、自分が自宅で娘たちを看ていた。明日は体育大会は間違いなくあるだろうから、肝心の時に委員として動けないのは、他の委員に申しわけない気持ちになる。

自宅で娘たちを看ながら、iPad をじっくりと触り、環境設定などを行っていた。なによりもバッテリーの持ちがいいのに驚く。DVD をリッピングしてエンコードをやり直したムービーを何本か見ていたのだが、バッテリーがほとんど減らないのに驚く。やるねぇ。その他にも、アプリを入れたり、書類を入れたりしていたのだった。一通りはわかったかなという感じである。

明日は朝から体育大会にドタバタすることになる。長い一日になりそうだ。

10年05月31日 13時55分 着信

昨日は一日、地区の運動会にどっぷりであった。朝6時半から準備を始め、4時過ぎに終了してからは後片付け、そして地区の打ち上げの準備、打ち上げの片付けをして自宅に戻ったのは10時過ぎであった。疲れたけど、楽しかった。裏方的な仕事というのは、自分はけっこう好きだったりするのだなということを改めて感じたのだった。高校時代に放送部で行事のたびに PA の設営などの裏方をしていた時のことを思い出していたのだった。前日に熱を出した下の娘は妻と自宅にいることにしたので、上の娘との二人での参加になったのが残念ではあったが、上の娘が同級生たちとはしゃぐ姿をみて、普段、自宅では見られない顔を発見したのだった。

今日は朝から少し二日酔いぎみで眠かったので、二度寝をしてから大学へ。この後、肝臓の検診。数値が悪そうだな。

iPad もあれこれ試している。資本論の PDF を文書表示ソフト(3つも入れてしまった)でどれが一番見やすいかを試したりしている。

bk1 から本が届いた:

テリー・イーグルトンの本を買うのは久しぶりだ。また、植物ものはちょっと前に読んだ『植物になって人間をながめてみると』〜『土の文明史』の流れの続きのような感じで読めるかなと思ったのだ。

アラン・パーソンズ・プロジェクトの Extended 版10枚も届いた。iPad & iPod に入れておこう。