田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2010年01月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

10年01月01日 01時48分 着信

雪の新年である。

大晦日の11時から初詣客への甘酒を振舞うために神社に出かけて、準備。雪は断続的に降り続いていたが、幸い風がおさまってくれたので、ブルーシートで甘酒振舞のテントを設営して、新年の初詣の人たちに甘酒の接待をすることができた。

東郷福田白山神社の初詣準備

1時過ぎに振舞を終了してテントを片付けて帰ってきたところである。日付が変わるまで起きていたのは久しぶりなので、眠いのであった。

10年01月04日 10時51分 着信

1日の夜に妻の実家に泊まりに行く。2日に自分だけ先に自宅に戻ってから、大学へ行き、3日の停電に備えてサーバ類をすべてシャットダウン。3日は妻と娘たちが買い物に行っている間、自分は自宅でのんびりと本を読んでいた。夕飯の買い物のついでにパソコン工房に寄って IDE の 80G と 160G のハードディスクを購入。とりあえず AppleShare サーバのディスクの SCSI の方が怪しくなってきたので、IDE のやつを 160G に交換して、SCSI のディスクは外してしまう予定である。

で、今朝、研究室に来てサーバ類の電源を入れたら…… G3 B&W が起動しない! 電源は入るが、それ以上まったく起動プロセスが進行しない。ディスクへのアクセス音もしない。う〜む、これはリチウム電池が切れていたためだな。普段は通電しているので電源を落としても問題はないのだが、昨日は大学が停電で、まったく電気が来ていなかったので、内部の電圧が落ちちゃってブートプロセスに入れないようだ。こういうときは、しばらく電源を入れたままにしておいてから、再起動を試みるとうまくいく、というのは経験で分かっているので(なんせ長い付き合いなのでトラブル対処法も頭に入っている)、電源を入れて放っておいて、その間に、秋葉館にリチウムの注文をしておいた。リチウムが危ないことは分かっていたのだが、普段は困らないので、先日の大改造の時にも注文しなかったのだ。ちょっとドキドキしたが、10分ほどしてリセットスイッチを押したら、じゃ〜んと起動した。やれやれ。頭ではうまくいくはずと思っていても、少し緊張してしまった。G3 の方に IDE 80G を追加して、そちらにサーバのメインのパーティションを作る予定なのだが、リチウム電池が届いた時に作業しようと思う。

昨年買って読んだ本のベスト10は以下のように決めた(順不同):

書名著者
『刻まれない明日』三崎亜記
『ミサキラヂオ』瀬川深
『左京区七夕通東入ル』瀧羽麻子
『フェルディナン・ド・ソシュール 〈言語学〉の孤独、「一般言語学」の夢』互盛央
『ドゥルーズとガタリ交差的評伝』フランソワ・ドス
『柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」』柴田元幸・高橋源一郎
『雑食動物のジレンマ マイケル・ポーラン
『エニグマ・コードを解読せよ 新証言にみる天才たちのドラマ』マイケル・パターソン
『ハチはなぜ大量死したのか』ローワン・ジェイコブセン
『史上最悪のインフルエンザ 新装版 忘れられたパンデミック』アルフレッド・W.クロスビー

正月に読んでいた『アリの背中に乗った甲虫を探して』(ロブ・ダン)は生命の存在についての自分の感覚を書き換えてくれた好著であった。人間が分かっている生命の数や存在のあり方なんて、たかが知れているわけね。続いて生物つながりということで『自然淘汰論から中立進化論へ 進化学のパラダイム転換』(斎藤成也)を読んだのだが、こちらも進化についての自分の考え方に修正をせまる本であった。中立進化論だとたしかに色々なことがすっきりするなぁ。年末に読んだ『大腸菌』も含めて、このところ生命や生物に関する視点をぐいぐいと広げてくれる本に出会えて、ちょっと興奮しているのであった。続けて『マネーの進化史』を読みはじめたところで正月休みは終わったのだが、こちらも面白そうな予感。

10年01月04日 15時37分 着信

停電の影響で同僚の Mac mini が起動しなくなったとの相談を受け(ショットダウンせずに放っておいたらしい)、DiskWarrior などのツールをもって同僚の研究室へ。起動ディスクが見つからないという状態だったのでディスクのクラッシュを覚悟したが、DW のディスクで起動したらディスクは認識し、チェックしても特に深刻なエラーは起きておらず、Rebuilt して再起動したら無事に立ち上がった。

出版状況クロニクルを読んでいたら、松山の丸三書店が民事再生を申請したとのこと。自分もずいぶんとお世話になった本屋なので、ちょっと寂しい。そこそこの規模の老舗の本屋だったのに行き詰まるとは、書店経営の厳しさはかなりのものだな。

10年01月05日 12時01分 着信

雪が再び降るようだ。朝から風が強く荒れた天気である。今日から授業再開。

AppleShareIP を動かしている G3 MT の IDE のディスクを 160G に取り替えた。G3 MT のディスク交換を行うのは久しぶりなので、最初はディスクの位置すら迷ってしまったが、無事に交換できた。SCSI の方から起動して初期化を行ったのだが、この MacOS 9.0.4 では 125G までしか認識されないので、160G はちょっともったいなかったかなという感じではある。25G ずつの5つのパーティションに分割して、それぞれに明確な役割を割り振ることにした。SCSI のディスクは、しばらくそのまま動かしておくことにする。

今週の組織論の授業は、境界上のポジションについて取り上げながら、中間システムの分化などを論じる予定で準備している。目的論は、まだ今週にやるには自分の中でこなれていないので、次回にやりたいと思う。

10年01月06日 10時59分 着信

朝からこってり雪が降っている。

雪の福井県立大学の駐車場

大学の駐車場で除雪車が雪かきをしているのだが、研究室の窓から見ていてもかすむほど降っている。これはかなりつもりそうである。今日は、午後に臨時教授会があって、夕方から駅前のホテルで新年会。いったん自宅に戻ってから新年会に出かけるつもりなんだが、長靴をはいて出かけることになりそうだな。越美北線が運休とかになるとアウトなんだが、そこまではいかないことを祈る。

来年度に研究費で購読する雑誌の申込をしないといけないのだが、さて、どうするか思案中。デザイン関連はそのまま続けるとして、日経 Network とか Software Design は微妙なところなのだった。

10年01月07日 09時34分 着信

昨日は3時前にいったん自宅に戻って、15:45東郷発の越美北線で福井駅前へ。4時頃の福井行きの越美北線にけっこう人が乗っているのにちょっと驚く。学部の新年会は6時からだったのだが、それに間に合わせるには4時前のやつに乗る必要があるというあたりがローカル線の現状ではある。新年会までの時間は紀伊国屋と勝木書店で過ごす。駅前の勝木書店でじっくりと過ごしたのは久しぶりなんだが、やっぱここはいいわ。新刊で見落としていたものと、実際に手に取ってから決めようと思っていた本を2冊購入:

ポール・オースターは柴田元幸による新訳ということで、どうしたものかなと思っていたのだが、手に取って読むと、やっぱ欲しくなって購入。川端裕人は新刊は買うことにしている作者の一人なんだが、bk1 チェックで見落としていたようだ。こういう本に出会えるのは福井では駅前の勝木書店ぐらいかもしれない。ドゥルーズのシネマも立ち読みできたのだが、こちらはやはりパスすることにした。

新年会を楽しく過ごして、駅前からタクシーで自宅に戻って寝た。

10年01月07日 11時39分 着信

AppleShareIP を動かしている G3 MT から SCSI ディスクの撤去を行った。ついでにこれまで全く使ったことがないし、これからも絶対に使わないであろう ZIP ドライブも撤去。これで内部 SCSI に繋がっているデバイスは無くなったので、SCSI ケーブルもロジックボードから引っこ抜いて廃棄した。なんかすっきりした。古いマウスパッドをクッションとして G3 の底にしいたこともあるのだろうが、再起動したらマシンがとっても静かになっていい感じ。これまで気になっていた異音も今のところしないので、やはり SCSI ディスクがらみの音だったのだろうと思う(単に振動で筐体が揺れていたのかもしれないが)。これで AppleShareIP はまだしばらがんばれると思う。

10年01月08日 16時10分 着信

組織論の授業は境界上のポジションの話を午前中にして、午後は組織における恊働(組織と個人)として組織における個人の行動のありかたをまとめる議論に入った。今日は個人と組織はシステム同士の関係であることを確認した上で、個人の裁量の余地と個人の戦略あたりの議論。非公式的状況については次回。このところ、正月に舌を噛んだところが腫れてしゃべると痛い状態なのだが、今日も話すのが少し辛かった。今朝起きた時にはだいぶ痛みはなくなり楽になっていたのだが、2コマ講義したことで、また痛みが激しくなってしまった。明日からの週末で完全に治ってくれるといいのだが、さて。

秋葉館に注文しておいたリチウム電池が届いたので、先ほどのサーバのメンテナンスの際に G3 B&W のものを交換した。G3 MT の方も交換しようかと思ったのだが(リチウムは2個買った)、先日の停電の際も G3 MT は問題なく起動したので、とりあえず見送ることにした。また、G3 B&W に 80G のディスクを追加する作業も、まだディスクの使い方を決められないので、今日のところは見送った。

10年01月12日 11時03分 着信

休み明けの研究室は寒い。週末に冷えきってしまうからなぁ。今晩からまた雪らしい。ふぅ。

週末は娘の音楽教室の発表会のための練習とか、妻の実家の法事などで終わった。あんまり休んだという感じがしないのは、本がそんなに読めなかったからかな。『マネーの進化史』を読んでいるのだが、これがなかなか面白い。ジョン・ローの話なども詳しく書かれていて、自分の記憶間違いに気づいたり(南海泡沫事件はジョン・ローがからんでいると思っていた)、東インド会社から始まる株式会社の話とか、経済史の本として楽しんでいる。できれば週末に読み終えたかったなぁ。

今日のゼミでは組織論のエッセンスを話すことになっているのだが、どのように話をまとめるか思案中。一般的な話であれば、バーナード辺りの議論をまとめておけばいいのだが、自分のこだわりのようなものをどこまで織り込むかが難しい。

10年01月13日 11時00分 着信

久しぶりに凍結した路面を走ったなぁという今日の天気。雪は少ないが風が強くて気温が低い。冬だなぁ。

朝9時から大学の Web サイト再構築のための会議。だいぶ形が見えてきたというか、最近は、大学のサイトの形みたいなものがほぼ定式化されつつあるなぁということを実感している。形がまとまってきたのはいいのだけれど、それを活かすためのスタッフが確保できるのかというのが実は最大の問題ではないかと思ったりもする。 ……自分のサイトの授業記録の更新も滞っているしなぁ。

10年01月14日 10時06分 着信

雪がど〜んと来た。

雪かきしたよん

朝起きてみたら30cmほど積もっていたので、6時過ぎから自宅前の雪かき。近所の人たちもそのうちに一緒になって7時過ぎにはなんとか除雪の済んだ道まで雪をあけることができた。それから朝食をとり、娘を保育園に送って行って大学へ来たのだが、道は圧雪でつるつるになっており、車はみな低速運転のため、ずっと渋滞を走る感じで、普段は20分あまりの道が1時間以上かかってしまった。パドルシフトでギアを1〜3速の間で切り替えながら走ってきたのだが、パドルシフトの便利さをあらためて実感した。マニュアル車と違って、減速した時には自動的にギアが落ちるなど、オートマとマニュアルの混在的なところが雪道を走るのには便利なのであった。

雪で渋滞

大学の駐車場も除雪の最中で、かろうじて除雪が済んだスペースを見つけて車を止めた。今日も雪は続くようなので、明日も混乱は続きそうである。ふぅ。

10年01月14日 11時43分 着信

今朝、大学へ来る車の中で、どうせ渋滞だろうからということで、Roger Eno の Voices を聴きながら走っていた。雪の中をたらたらと走る車の中で Voices が響いていると、いつもとはちょっと違った時間の流れを楽しむことができた。まぁ、今日は授業や会議が午前中に入っていないので、少々遅れても大丈夫という余裕があったからだとは思うが。明日も雪だろうから、Brian Eno の Bloom か Air を iPod つないで鳴らすのも悪くないかもしれない。

10年01月15日 09時51分 着信

圧雪が中途半端に融けかけた道を走ると、延々と車がロデオ状態になるんだが、昨日の夕方も今朝もそんな道をどこどこ走っていた。今朝はガクンガクンしながらケニー・ドリューのベスト盤聴いてたら、サマータイムが流れて、それが妙に車の走る(っていうかはねる)リズムに合うので、なんか笑ってしまった。雪は峠を越えたみたいだが、この週末のセンター試験は影響が出るかもしれない。

昨日は帰りにいつものショッピングセンターへ買い物に行こうとしたら、8号線が全然動かない状態なので、これはヤバいと思い、買い物を諦めて娘たちを迎えに行き、家にあった生協の宅配で買った食品などで夕食を作った。鴨鍋用の出汁でロールキャベツなどを煮てみるというとんでもないものになったのだが、まぁ、こんなものかなという味ではあった。

雪道をギアを落として走り、エアコンもかけているということで、ガソリンの減りが早い。昨日の帰りにふと気がつくとけっこう残り少なくて、いつもならトリップメターが 420Km あたりになったら給油してるのだが、400Km まで持ちそうもない状態だったので、いつもは行かないスタンドで急遽、給油したのだった。セルフじゃないスタンドに行くのは久しぶりだった。

今日の組織論は午前中だけ(午後はセンターの準備のために休講)。午後は卒論指導。どうなるかと思った今年の卒論も、なんとか仕上がりそうで一安心。

10年01月17日 04時20分 着信

昨日は自宅でのんびりと過ごした。雪がひどかった場合に備えて、金曜日の帰りに色々と買い込んであったので、それらを食べたり調理したりしながら、過ごした。夕食に、すね肉のブロックを朝から煮込んでビーフシチューを作ったのだが、一日煮込んでいたら、肉も野菜もホロホロになってスープがうまかった。

大学時代の友人から結婚祝いにキティーの顔をしたワッフルが焼けるワッフル・メーカーをもらっていたのだが、昨日の朝食に、初めてそれでワッフル(っても、ホットケーキ・ミックスを使ったものだけど)を焼いて食べたら、娘たちが大喜び。自分たちでも焼いたりして、嬉しそうに食べていた。……まさかこうなることを予想して贈ってくれたものか?と思うほどに、今の自分たちの家族の状況にぴったりのものだった。で、以前から頭の中でくすぶっていた「たこ焼き機」を買うってのに、踏み切る決心がついたのだった。今日、家電量販店に見に行こうと思っている。

今日は3時から地区の新年総会&新年会。また弁当をつまみに酒を飲むことになりそうだ。

10年01月17日 04時31分 着信

そういえば、『マネーの進化史』をようやく読み終えることができたのだが、これはなかなか良い本であった。原題の副題が A Financial History of The World となっており、マネーというより金融(金融商品)の誕生・発展と世界史上の出来事のつながりなんかを見て行くという本で、信用制度、債券、株式市場、保険、不動産、デリバティブなんかが、具体的な歴史上の人物や出来事にそくして語られて行く。それによって、ある意味で本質のようなものが見えた感じを得られる本であった。社会に出る前に学生たちにも読んでもらいたいような本。

続いて『ウラニウム戦争』へと進んだのだった。

10年01月18日 12時34分 着信

ファーブのバイキングスが NFC カンファレンス・チャンピオンシップに進出。やったね。スーパーボウルに行って欲しいんだが、さて、どうなるか。NFL の公式ページでカウボーイズとの試合のダイジェストを見たのだが、ファーブならではのプレイが爆発という感じで期待できそうなんだが……。

昨日は朝8時半から近くの神社でどんど焼だったので、自宅のしめ縄をもっていく。午後3時半から地区の新年総会と新年会。仕出し屋の弁当をつつきながら、ビール、日本酒(やかんで燗したのを湯のみで飲む)などを飲みながら、地区の人とあれこれと。

昨日の買い物の際にたこ焼き器を買ったので(売れているのか、家電量販店ではワゴンに積んで売ってた)、今日の夜は自宅でたこ焼きに挑戦である。さて、うまくいくかしら。

10年01月18日 12時36分 着信

そういえば、昨日はずっと『ウラニウム戦争』を読み続けて、読み終えたのだが、これもなかなか刺激的な本だった。ウランという物質の不思議、それにまつわる研究開発、そして原爆の開発と投下、という具合に、ぐいぐいとひっぱられて読んだ。

10年01月19日 12時55分 着信

昨夜の夕食はたこ焼きだったのだが、なかなかおいしく焼けて楽しかった。市販のたこ焼きの粉を使い、たこを大きめに切ったものと、みじん切りのキャベツを入れて作ったのだが、思っていたより奇麗に早く焼ける。焼きながら食べるので、ちょっとしたイベントとしての盛り上がりもあり、大満足なのであった。これからもちょくちょくやることになりそうだ。

午前中は会議など。午後はゼミなのだが、学内の企業説明会とバッティングしているので参加者はどうかな、というところ。昨日も自己PRとかエントリーシートの記入の相談にやってきた学生もおり、3年生も本番である。やれやれ。

昨日、秋葉館で G3 B&W の PCI に取り付ける SATA のカードを注文した。G3 には、新たに追加するために買った 80G の ATA のディスクがあるのだが、それとは別に SATA も積んでみようかなと思ったわけである。まぁ、購入できるうちに PCI カードを買っておいた方がいいかという判断もある。もっとも、期末試験の準備などで忙しくなるので、すぐには取り付けることにはならないとは思うが。

10年01月20日 16時00分 着信

午前中は書類の作成などの作業、午後は教授会や授業の準備。今週の組織論で「目的の機能」を論じる予定なので、ルーマンの『目的概念とシステム合理性』を再読しながら論点の確認などを行っていた。組織論の授業も残りが少なくなってきた。試験問題の準備も始めないといけないな。

Apple の新製品のうわさがあちこちで流れるようになってきたが、さて、実際のところはどうなんだろう? それにしても、ここ1年で電子書籍がここまで盛り上がるというのもすごいな。今年は日本の出版業界にも動きがありそうだし、面白くなってきた。

授業準備などに没頭していると、頭がそっちに持って行かれるので、あまり雑感は浮かんでこないのであった。

このところ、通勤の車の中ではセロニアス・モンクを聴いている。コロンビアに移ってからの作品は、車で聴いてもいい感じなのだ。

10年01月21日 10時42分 着信

BootCamp の新しいバージョンが出ていたので、MacBook の BootCamp をアップデートしようとしたんだけど、Software Update に新しいバージョンが出てこない。はて、と念のため BootCamp のバージョン調べたら、2.2 になっていた。そうか、Snow Leopard にしたときに BootCamp のアップデートを行うのを忘れていたか!と今頃になって気がつく。アップデートしなくても WinXP で起動できて仕事にはつかえていたので気がつかなかったのである。Windows がらみの仕事は Parallels の Vista でこなすことが多いことも、あんまり BootCamp に気を配ってなかった(愛がなかった)原因だな。で、まずは Snow Leopard のインストール DVD で 3.0 にして、それから Software Update で 3.1 にした。ついでにディスクの最適化もしておくか、と軽い気持ちで最適化を始めたら、これがすっごい時間がかかる。今も MacBook は WinXP の最適化の最中なので、メールとか、この書き込みは PowerBook G4 で行っているのであった。

下の娘を、皮膚科に連れて行ってから保育園に送っていたら、保育園で「おとうさんと一緒にいる」と泣き出してしまった。いつもご機嫌で保育園に行く、それも早く行きたがるぐらいなので、自分も玄関にいた保育園の先生も少し驚く。このところ体の動きが細かくなってきて(体の使い方がうまくなったって感じかな)、大きくなってきたなと思っていたところなんだが、今日はいつもとは違うスイッチが入ってしまったようだ。面白いものである。今日は妻が仕事で遅くなる日なので、娘たちと3人で夕食になるのだが、その前にフォローがいるかもしれない。もっとも、迎えにいく頃には、けろっとしているのかもしれないけど。

雨が降っているので、どんどん雪が溶けている。昨日まで真っ白だった田んぼの土が見えるようになってきている景色の中をセロニアス・モンクを聴きながら大学へやってきたのだった。

明日の授業に備えて目的論の詰めを行わなければ。因果関係の設定自体が戦略的なものだという議論なんかも触れたいのだが、さて、どういう流れで論じるのがよいかな。明日は午前中は目的論、午後はリーダーシップの予定。

10年01月22日 16時17分 着信

組織論の授業は目的の機能を午前中に、リーダーシップを午後に論じた。これで主な論点は終了。次回は企業組織の特異性をまとめの議論としてやってから、総括を行う予定。試験が近くなってきたこともあって出席者が少し増えたような気がする。試験の概要も説明。基本2問に応用2問でいくことにした。

この週末は上の娘の音楽教室の発表会(前日にはリハーサル)があるので、それを中心に動くことになりそうだ。カメラのバッテリーも充電しておかなければ。カメラ・ビデオ用の客席が後ろの方に設定されているので、ズーム一本でいくことになるかな。

Firefox 3.6 がリリースされていたのでアップデート。表示がまた少し早くなったかな。

秋葉館に注文した G3 B&W 用の SATA PCI カードが届いた。今日のところは取り付けなかったのだが、いずれディスクを買ってこようかなと思っている。しばらく使わないでおいておくつもりだったのだが、現物が届くとやっぱ試したくなるわけである。

10年01月25日 11時08分 着信

昨日の午前中はハーモニーホールで上の娘の音楽教室の発表会。自分は2階席の真ん中に座って写真を撮っていた。ビデオ・カメラ用の座席に指定されているエリアだったので、周りも同じように撮影している家族が多かったのだが、みな、ビデオ。写真だけ撮っているのは自分だけぐらいかなという感じであった。グループでの演奏発表という形のものだったのだが、娘のように通いはじめて3年目のものから、8年あるいはそれ以上かという出演者もあったのだが、さすがに長く通い続けている生徒の演奏は聴かせるものがあった。発表会終了後に観に来ていた妻の両親もいっしょに回転寿しで昼食。その後、買い物に出かけたのだが、久しぶりに自分の服をまとめて購入。妻がショップの店員と話しながらセレクトしたものを試着して最終的に自分が判断を下すという感じで、あれこれと。TAKEO KIKUCHI で買い物なんて何年ぶりだろ?という感じであった。

土曜日の昼食はふたたびたこ焼きをした。水加減をすこし間違えてしまったが、おいしく楽しく食べたのだった。やっぱ、自宅でたこ焼きはいいわ。

今日は学生の就活相談なんかが入っているが、あとは自分の作業。試験の準備やサイトの授業記録の更新などの作業を行う予定。読みかけで中断しているルーマンの『社会の科学』に取りかかりたいのだが、ちょっと時間がとれそうもないかな。

ちょうど今、バイキングスがセインツと試合をしているので、途中経過を NFL のサイトで見たりしているのだが(サイトがむちゃくちゃ重いのは、同じようにアクセスしている人が多いからだろうな)、3Qの時点で 21-21 の同点。最後までもつれるのかな?

10年01月25日 15時30分 着信

あ〜あ、バイキングス負けちゃった。オーバータイムで破れたようだから、かなりの接戦だったんだろうな。残念。

「愚者のぐしゃぐしゃ」に、遅れていた「2009年に読んだ本で印象に残ったもの」を掲載。コメントなどは書かずに、このページに投稿したものをまとめておいた。……そういえば、今年になって、まだ bk1 から本も買ってないなぁ。このところ、坂本龍馬本が山のように出てくるのに、出版業界の構造的不況の深刻さを感じるんだけど、そういう本の流れの中で、こちらにピクピクっと呼びかけてくる本が減ってきている傾向は続いているように思うのだ。もっとも、自宅には読みたい本がまだまだあるので、そちらを読んでいれば自分的には OK なんだけど。

授業連絡版の組織論のページも更新。でも、授業記録の更新がまだおいつかない。記録の記入を行いながら、試験問題を考えているので、今週中には作業は終わると思う。

10年01月26日 11時36分 着信

雪がちらついていたと思ったら、今は日が射している。なんか奇妙な天気である。

今日も授業記録の更新などの作業を行っているのだが、先週、リーダーシップを論じた際に、ひさしぶりにセルズニックのリーダーシップ論を交えて論じたのだが、それでもういちど読み直してみるかという気になった。翻訳は手元にあるのだが原書がないので(たしかあったと思ったんだが……?)、アマゾンで調べたら1部のみ在庫ありだったので注文した("Leadership in Administration: A Sociological Interpretation" Philip SelznicK ¥2,856)。ついでにサイモンの『経営行動』の原書も安かったので買っておいた("Administrative Behavior, 4th Edition" Herbert A. Simon ¥1,893)。春には、このへんを読み直そうかな。セルズニックをきっちり読むなんて久しぶりになるな。

昨日、ちょっと気になることがあって、久しぶりに ADC の昔の Reference Library CD を出して来て、Technote を読んでいた。MacOS Classic についてのドキュメントがこうして今でも読めるのは助かる。文書タイトル一覧を眺めながら、そういえばこういうトピックや技術が熱かった時期があったなぁ、と懐かしかった。

10年01月27日 12時05分 着信

昨日注文したサイモンとセルズニックの本がもう届いた。セルズニックの方をぱらぱらと読んでいたのだが、1983年にカリフォルニア大学出版からペーパーバック版が出る時に彼が書いた序文のなかで、日本の産業組織のあり方をほめている記述がある。時代だなぁ。今の日本の状況を見て同じ言葉が出てくるとは思えない。このまま読み続けていたいところだが、試験や授業の準備、講義記録の更新など、やるべきことはたくさんあるのだった。ふぅ。

いよいよアップルの発表会が日本時間の明日に迫って来ていて、ネットでは色々な記事が出回っている。どんなものが出てくるのやら。明日の朝は起きたらまず iPod で情報をかき集めるのに夢中になりそうだ。

10年01月28日 09時52分 着信

今朝は4時半頃から iPod でアップルの新しい製品の情報をかき集めていた。CNET のライブブログが経過を報告していたのでそれを読んで、それからアメリカの Apple のサイトにアクセスしたらすでにトップが iPad になっていて、ビデオも見られるようになっていたので、ビデオをじっくり。iPod Touch が大きくなったって感じだが、細かなところが考え込まれて作り込まれているように思う。iBooks の品揃えとか(オライリー本が買えるなら、かなり便利かも)、本の表示品質など、気になるところはあるんだが、iWork の書類をあのサイズで見たり編集できるのは便利かな。……買ってしまいそうだな。

今日も明日の授業に備えて準備。試験問題のうち、事前公開する4問を確定する必要がある。

10年01月29日 15時15分 着信

組織論の講義は今日で終了。全体を総括して何を問題として論じて来たのかに焦点を当てて、個人と組織の関係、個人的なものと仕事の関わりなどを話してから、配布した基本問題などへも言及しつつ、講義全体を振り返った。思っていたより短い時間で済んだのは、講義の復習を話す時には板書をいっさいしなかったからかな。

先日、有楽町西武が閉店というニュースを聞いて、開店時の盛り上がりを知っている人間として、そして東京へ行った際にはとりあえず行ってみた人間として、状況の変化を感じずにはいられなかったのだが(東京に住んでいなかったからこそ、トウキョウを中心に起こっている出来事のある種の象徴のように強く感じていたのかもしれない)、今日になって京都四条河原町の阪急が閉店というニュース。こちらは合コンの待ち合わせ場所の定番として、やはり自分の中には強く残っている場所なので、また一つ、自分の中の京都を形作っていたものが消えてゆくのか、という感じ。もっとも、阪急自体は、学生の自分が買い物をする店ではなかったので、地下の食品街ぐらいしか利用した覚えがないのだが。百貨店自体が、かつての「お出かけの場所」としての輝きや価値を失っているから、仕方がないのかもしれない。先日、自分の服を買った際にも、紳士服売り場の階の閑散とした雰囲気に、これが今の百貨店だよなぁと思ったのである。

iPad 発表のジョブズの講演が iTunes のポッドキャストに登録されたので、さっそくダウンロードして、少し見ていた。以前よりはすこし枯れた感じではあるが、対話的な体験に引き込んで行く力は相変わらずである。 ……iPad 欲しいな。とりあえず、日本のアップルのページで発売開始のお知らせメールを送ってもらう登録はしておいた。

10年01月29日 16時14分 着信

bk1から本が届く:

はだかと性器が重なって、それに橋本治だよん、という自分でもなんだかなぁの組み合わせだが、どれも期待している。橋本治の対談は、浅田さんとの対談が載っているということで、ちょっと意外に感じたので買ってみたのである。この週末のお楽しみかな。授業も終わったので大学ではルーマンを読む時間もとれそうだし、うれしいな。もっとも、なんだかんだと書類を書かなければいけない時期になってきたのだが。

10年01月31日 06時38分 着信

金曜日の帰りの買い物の際に夢枕獏の陰陽師シリーズの新作を購入し、その日のうちになんとか読み終えた。で、昨日は買い物の際に本屋によって、有川浩『キケン』、荒川弘「百姓貴族」1、誉田哲也『武士道エイティーン』、「チャンネルはそのまま」2、どうぶつの森攻略本なんかをどかっと買い込んで、昨日、それに今日も、それらを読みふけっているのである。あ、金曜日のうちに『性器の進化論』は読んでしまったのだった。うん、面白かったけど、ジェンダー的にこういう記述はどうよ?と思わないではない箇所もあり、なんていうか、このへんの無頓着ぶりが研究者っぽいとは思う。性というものの不思議さとややこしさみたいなものを味わうには悪くない本だけど、面白く気持ちよく読める本ではない。

妻に向かって「 iPad 買うからね」って宣言しちゃいました。金曜日の帰りに口座の残高とかもチェックして、今後の予定とかも考えても、3〜4月頃なら大丈夫だし(昨年は Kiss X3 買ったな、同じ頃に)。そういや、データ通信はドコモが獲得に動いているという話もあるようで、もしドコモが使えるのなら、3G 版も悪くないかなという気も少ししている。でも、たぶん、WiFi 版を速攻で購入して、家の無線 LAN の AirMac Station を 11n 対応版に取り替えてしまうような気がしている。

サリンジャーが亡くなったとのニュース。もっとも、自分が読むようになってからはずっと表には出て来ていないので、動向だけはマスコミで確かめられる状態だったのねと思ってしまった。キャッチャー・イン・ザ・ライとかナインストーリーズとかの新訳も出て、サリンジャーが日本で改めて注目している時期に重なったのわけが、亡くなったからといっても、ある種の象徴的な意味ぐらいしかないようには思うけど。追悼企画で新訳が出て来たりしないかな。