田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2009年11月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

09年11月02日 10時51分 着信

金曜日の夕方から昨日の朝まで、自分の両親が来ていた。娘たちはおおはしゃぎ。

土曜日の昼間は天気がよかったのと、明日の休日は天気が悪そうだったので、自宅の二階のベランダの手すりのキシラデコールの塗装の作業を行った。娘たちは自分の両親にみてもらった(といって、二人で勝手に遊んでいたようだが)。サンダーで表面を軽く削って塗っていったのだが、勝手口の手すりの塗装をしたところでもあるので、作業は順調に進む。もっとも塗る範囲が広いため時間はかかったのだが。1時間ほどで作業完了。作業をのぞきに来た自分の父親が、電動サンダーを使ったり、マスカーをはったりマスキングテープで目張りをして塗装しているのをみて、けっこう本格的な塗装作業をやっているのに驚いていた。

夕方からは自分は地区の青壮年会のレクリエーションへ。地区のふれあいセンターから送迎バスにのってリライムに。温泉にゆっくりつかってから宴会。今年は色々な作業を通して話を交わすようになった人も増えたので、色々な人とあれやこれやと盛り上がりながらビールを飲んでいた。宴会が終わってから帰りのバスまでの時間の間に、軽く風呂に入り直し、気持ちよく帰ってきた。

日曜日の昼前に松山へ帰る両親を駅まで送っていってから、家族で買い物に。娘たちに wii を買ってやる。ゲームは「 Wii Resort 」と「どうぶつの森」を購入。自宅に戻ってからセットアップを行う。無線LANへの接続も行った。色々な設定を行ったり、試しに少し遊んでみたりして、あらためてリモコンがよくできているのに関心する。振動と音でフィードバックが返ってくるってのは、色々なところですでに言われ尽くされていることではあるが、すばらしいインターフェースだと思う。寝る前に家族でボーリングをやって盛り上がった。素直に腕を動かすせいか、下の娘が最高得点をたたき出していた。しばらくはゲームで盛り上がることになりそうだ。買い物のさいに本屋にもよったのだが、「りぼん」の12月号やら魔界屋リリーの新刊やらが出ていて、上の娘は楽しいことがいっぱいありすぎ!とはしゃいでいた。

今日の午後は肝臓の検診の日なので、午前中は軽く資料を読んだりして過ごしている。病院での待ち時間は wii の取り扱い説明書を読み込む予定(マニュアルを読むのは好きなのだ)。なんだかんだ言って、自分も久しぶりに購入したゲーム機に、ちょっとハイになっているのであった。

09年11月02日 12時05分 着信

そういえば、このサイトの運用を開始して15年が過ぎた。このサイトに現在残っている一番古いファイルは、自分が NIFTY のフォーラムで公開していた HyperCard のスタックを BinHex に変換したもので(もう Binhex のファイルなんてのも見かけなくなったなぁ)、修正日が11月8日になっている。サイトの外部公開を開始した頃は、自分のコンテンツと言えば当時は HyperCard 関連ぐらいしかなかったので、おそらく、スタックのページを作った際に(「ハイパーカード 青空広場」というページだった)にサーバに載せたものだと思う。それまでも学内の一部の人にはサーバを動かしているよということで見てもらったりしていたのだが(1994年の夏休みに LC475 が入って、イーサーボードを追加で入れて、ネットに繋がってすぐに MacHTTP に出会って動かしはじめたので)、ホスト名を正式に割り当ててもらって、NIFTY などで学外の人たちに「サーバ始めたよん」と言い出したのが11月になるかどうかって頃だったと記憶している。15年経ってもサイトの運用を楽しんでいられるというのも、考えたらシアワセなことかもしれないなと思う。それが可能な環境にいられることを、多くの人に感謝したいとも思う。まだ当分は MacOS 9 でやっていくつもりだし(THINK reference とか ResEdit とか CompileIt! や REALbasic とか、ツールのお手入れは万全だぜ)、まだまだ色々なことができる余地が十分にあると思うんだが、時間の確保が最大の問題ってところか。G4 サーバになったので、ようやく REALbasic 4 の Guide や Reference をきちんと読み直したいとか、やってみたいことはいくらもある。

09年11月03日 16時39分 着信

今日は娘たちをみながら過ごしている。『からだの一日』を読み終えて、それから『雑食動物のジレンマ』に移ったところなのだが、なんだか続き物のような感じがしている。身近なものをサイエンスの目で見ていくという切り口が一緒だからだろうな。『からだの一日』を読むと、自分たちの普段の生活の「なぜ」が、科学では意外と明確には分かっていないということがよく分かる。ちょうど肝臓の検診のタイミングと重なったこともあって、ふむふむという感じで読めた。『雑食動物のジレンマ』は、まだ読み出したばかりで、トウモロコシの話の始めの方なんだが、今やアメリカで生産されるトウモロコシは化石燃料で製造されているようなものだということが、それを可能にした科学技術と文化と生物の特性が説明されていて、なるほど!という感じである。上下の二冊ある本だが、これは期待できそうだな。

タブレットの wacom のサイトに「スケッチピストン4」という FLASH のプログラムが載っているのだが、これがなかなか楽しい。今日、娘たちにやらせてみたら、夢中になって遊んでいた(うるさかったけど)。「音楽ソフト」(といっても良いと思うのだが)でこういう切り口は、ちょっとすげぇなぁという感じ。wii で遊べたら良いのに、と思ってしまった(iPod だとちょっと画面が狭いかな)。

09年11月04日 12時10分 着信

寒くなった。朝、届いた新聞を取りに外へ出るときゅ〜っという感じで寒さを感じる。今朝は月がこうこうと西の空に輝いていたのだが、光が寒いなぁと感じる。自宅では先週末から蓄熱暖房機を使いはじめた。まだ 100% の蓄熱にはしていないが、朝起きてくるとほんわかと暖かくなっている蓄暖の横で新聞を読むのが気持ちよい。このところとっている日経産業新聞が面白くて、小さな記事まで読んでしまうので、娘たちが起きてくるまでに新聞を読みきれないことも多くなってきた。

そういえば、ブリヂストンもF1から撤退というのに驚いていたら、トヨタも撤退の方向で検討中らしい。これでますます日本のメディアでF1の話を耳にする機会も減りそうだなぁ。

先週末の青壮年会のリライムでの宴会の時に、温泉を上がって宴会が始まるまでの間に何気なくTVを見ていて初めて知ったのだが、ファーブがバイキングスで QB をやっていた! F1 同様にNFL のニュースにも気を配らなくなっていたので、移籍は知らなかったのだ(いったん引退宣言してからだから移籍とはいわないのかな?)。で、今日になって、そのファーブがパッカーズに勝って、全チームからの勝ち星を挙げたことを知る。すごいなぁ。

09年11月04日 12時21分 着信

ファーブの試合の模様は NFL の公式サイトでハイライトの動画を見ることができた。う〜む、やっぱファーブはすばらしい!

09年11月04日 15時37分 着信

来年度のシラバスを Parallels の Vista で行いながら、PBG4 のディスクのメンテナンス(iBook G4 に target disk でマウントして Diskwarrior)を行っていたら、なんか机の周りがモニタだらけになってしまった。

田中求之のある日の作業風景

iBook G4 を立ち上げたのは久しぶりだが、マシンは順調に動いている。でも、やっぱ今となっては遅いよなぁ。

来年度の演習は、かねてから考えていた通り、これまでの課題発表と、教科書作成の2本立てでいくことにした。教科書作成の方は、どこまでの作業ができるか分からないのだが、自分たちで作る本の原稿という視点で講義ノートを読ませて意見を言わせるだけでも面白いかなと考えている。もっとも、最初のうちは手探りでの進行になるだろうし、どんな学生が集まるかにも依るだろうな。

レヴィ=ストロースが死去したとのニュース。『悲しき熱帯』と『遠近の回想』は読んだのだが、その他の本は読みかけて挫折したり、そもそも読む気がおきないままになっている。彼の構造人類学や神話学自体にはそれほど関心を惹かれなかったからだ。『野生の思考』は、読みかけのまま、いつの日かちゃんと読もうと思って、気がつけば20年ってところか。

09年11月04日 16時21分 着信

そういえば、ゼミの相談の際には Keynote でゼミ内容などを説明することにしているのだが、それに使うと便利かなということで、iPod に Air Mouse を購入した。昨日、自宅で試したのだが、これは便利。大抵のことは iPod からできるようになる。無線 LAN なので Mac の方を向いていなくても問題ない。LED Cinema Display を研究費で申請したらそれが通って、来週には納品されるようなので、MacBook に Cinema Display をつないで Air Mouse でスライドの切り替えなどを行いながら説明することができそうだ。

「そういえば、」で後から思い浮かんだことをこのページに投稿するってのが自分のパターンの一つなので、「そういえば」で始まる投稿は、その前の投稿に追記するように CGI を組み替えてしまうのも面白いかもなぁ、と今、思ったのだった。

ジャストシステムの浮川夫妻が会長職を突然退くことになったというニュースが先日流れて、ちょっとびっくり。日本のパソコン史を語るうえで絶対に外せない会社であり、製品(一太郎と ATOK)なわけだが、なにかが起こっているような感じ。ちょっと気になるなぁ。

09年11月05日 12時43分 着信

朝から明日の授業の準備など。明日は相互行為の場面(共在)についての再確認などを行ってから、予期の一般化の話へと進んでいく予定なのだが、色々な論点がごちゃごちゃと入ってきていて(詰め込んだのは自分なんだけど)、なかなかうまくまとめきれていない気がする箇所である。

『雑食動物のジレンマ』を読み進めているのだが、トウモロコシからつながる肉牛生産の話は、自分が知らなかっただけかもしれないが、なかなかインパクトがある。トウモロコシを主食としてない牛に穀物飼料を与えて太らせることが、いかに牛という生物に負担をかけ、その無理を抗生剤等で押さえながら食肉生産マシンとして「育てて」いるか、といった一連の流れなんかは、自分が漠然としか牛肉の生産過程について知らなかったこと、ここまで人工的に生産しているものだとは知らなかったこと、そのことを教えてくれる。

今日から4年生の卒論指導を本格的に開始する予定なんだが、さて、今年の学生はどうなるかなぁ。

09年11月06日 16時23分 着信

組織論の講義の日。今日は恊働論の続き。もっぱら予期論。午前中に予期が可能性の制約・制限として行為を導くことなどを確認し、午後は予期の一般化を論じてから名乗ることによる恊働システムの成立まで。予期に関する議論は、すこし自分が道筋を間違えたこともあって、ちょっとごちゃごちゃしてしまったかもしれない。来週は組織論。

授業後、一休みしてから、研究室に届いたキヤノンのレーザープリンタの設置と設定。B4 が使えて両面印刷可能な機種ということで LBP3980 を入れた。さすがに大きく重い。とりあえず接続を済ませてからドライバのインストールと設定を行ったのだが、なぜか MacBook の Snow Leopard ではプリンタが登録できない。ネットワークでの接続は[追加]ボタンをおしても反応しない(エラーも表示されない)。USB での接続はエラー -9672 が表示されて追加されない。-9672 のエラーの方をしらべてみたら、どうやら Mac のプリンタ接続のエラーとして、かなり色々な機種で発生しているエラーと判明。プリンタシステムのリセットを行ってみたが、症状は改善せず。やれやれ。PBG4 の Leopard にはすんなりと追加できた。うむ、とりあえず PBG4 を印刷用のマシンとして使って、MacBook からはプリンタ共有で繋げば印刷できることは確認できたのだが、それだと両面印刷などの印刷オプションが使用できない。まぁ、全く使えないわけではないからいいんだけど、しばらくは振り回されそうである。新しいプリンタは早いし奇麗だ(当たり前だけど)。

その後、サーバのメンテナンスを行ったのだが、毎日、定期的に SilverKeeper でバックアップしているのだが、それが今日、目の前でフリーズしたので、自動バックアップは中止しておくことにした。サーバは安定しているしね。

09年11月06日 16時50分 着信

LBP3980 は、とってもありがちなことだが、新しいドライバが公開されていて、それをインストールすれば Snow Leopard の MacBook でも使えるようになった。サポートページで動作確認済みになっていたので、添付されているドライバでいけるのだと勘違いした自分のはやとちりであった。ふぅ。やれやれ、いくつになってもこんなミスをしてしまう自分が情けない。ネットワーク経由も USB でも印刷できることを確認して今日の作業は無事終了なのであった。あとはプリンタ用にスタティックな IP を割り振ってもらうように申請すればいい。もっとも USB で使ってもいいんだけど。

09年11月08日 05時03分 着信

昨日はのんびりと自宅で『雑食動物のジレンマ』を読んでいた。夕方になってから家族で買い物に出かけ、文房具屋や本屋に行く。

bk1から本が届く。今回は自宅宛に送ってもらったのだ:

『船に乗れ! 3』を早く読みたくて自宅宛に送るようにしたのだった。でも、今読んでいる『雑食動物のジレンマ』も、そう簡単には中断できない刺激的な内容なので(食の現在について考えるための格好の本、ということになるかな)、これが終わったら船に乗る予定。

09年11月09日 05時29分 着信

今日と明日は妻が出張なので、自分が朝の準備などをしないといけない。今、米を洗って炊飯器を仕掛けたところ。今日は新聞が休みなので、娘たちが起きるまではゆっくりと本を読むつもり。

『雑食動物のジレンマ』を読み終えたが、これはなかなかの収穫だった。

先日、妻に頼まれて、ある靴を、そのメーカの日本の公式サイトで注文した。すぐに自動応答のメールは届いたのだが、その後、正式な案内のメールが届かない。サイトの連絡フォームから問い合わせのメッセージを送っても、何の連絡も無い(受注番号とメールアドレスはもちろん明記)。注文してから1週間たった昨日の午前中に、自動応答メールに書いてあった電話番号に電話したのだが、午後1時過ぎぐらいにメールで状況を知らせると言われたのに(とにかく即答はできないようだった)、メールはまだこない。メーカーのオフィシャルショップでありながら、ここまで対応がルーズなオンライン販売ってのも珍しいと、あきれるのを通り越して、驚いてしまった。だめじゃん、ダンスコジャパン。

09年11月09日 12時35分 着信

MacBook の Time Machine のバックアップ処理がえらく長く時間がかかるなぁと思って思い出した。昨日、Parallels desktop を v5 にバージョンアップしたのだった。それで仮想 OS の vista も関連ツールの再インストールなどで更新したため、全部で 30G ほどのバックアップになってしまったのだった。v5 にした変化は今のところ感じないが、これから年末・年度末に向けて Word や Excel で作業する書類も増えるだろうから、そうした作業を行っていると変化に気がつくかもしれない。

研究費で申請してあった LED 24 inch Cinema Display と Adobe CS4 Design Standard のアカデミックパックがとどく。CS 4 のインストールとアップデートを行ったので、またバックアップに時間がかかることになりそうだ。CS2 からのアップデートより、アカデミックライセンスのパッケージ版を購入した方が安いということだったので、そちらを届けてもらったのだが、アドビからライセンスが発行されるまでは試用版状態になるのね。まぁ、こいつをヘビーに使うのももう少し後になりそうなので、困ることはなさそうだが。

インストールの作業を行ったりしながら、『したくないことはしない 植草甚一の青春』を読みはじめたのだが、自分が抱いていた植草甚一のイメージとは少し違うのに驚く。そう気がついて思い返してみたら、植草甚一本人が書いた文章は、それほど熱心に読んでいたわけではないことに気がつく。晶文社の<植草甚一スクラップブック>は3冊ぐらいはまだ手元に残っているはずなんだけど、ひさしく読み返していないなぁ。そういう自分の植草甚一体験を思い返しつつ読んでいるのであった。面白いよ、内容も、そして植草甚一って人の生き様も。

09年11月10日 14時09分 着信

Adobe CS4 のアカデミックライセンスのシリアルが届いた。ページでの案内ではすこし時間がかかるように書いてあったのだが、早い。これで晴れて正式のユーザーとなった。

少し風邪を引いたようで、体調が今ひとつ。昨晩は風邪薬を飲んで寝たら、今朝は3時過ぎに目が覚めてしまった。朝食や娘たちの準備を一人でやらないといけないので、下手に二度寝するとまずいと思って、読みかけだった『船に乗れ! 3』を最後まで読み(色々な意味で揺さぶられる本だった)、『したくないことはしない』を読んでいた。無事に朝を乗り切って大学に来たら、すこしダウン気味である。今週の組織論の講義は、内容が比較的固まっている箇所なので(もっとも、組織の要素となる作動=妥当性を持ったコミュニケーション/行為を貢献として押さえるという修正を加える予定なのではあるが)、授業準備にそれほど時間を割く必要はないので、スローペースでも構わないのが救い。

今日はこのあと3年生のゼミである。そろそろゼミ相談用の Keynote スライドを作らなければいけないな。モニターが 1920×1200 なので、これまでのスライドでは画面にあわなくて間抜けな感じになってしまうので、今年は新たに作り直そうと思う。

09年11月11日 14時27分 着信

荒れた天気だ。

午前中はゼミ相談の際に説明に使うスライドを Keynote で作っていた。keynote を触ったのは久しぶりで、設定方法を思い出すのに少し時間がかかったが、自分に必要な設定の仕方を思い出してからは、さくさくと作業が進む。iWork 09 の keynote を触るのは初めてなんだが、テーマなんかが充実している。昨年までは黒板を使っていたのだが、今年は少し落ち着いたものを選んでみた。昼休みに Chinema Display を繋いで、Air Mouse も使って、iPod で操作しながらの上映テストを行ってみたのだが、なんか、たいした内容じゃないのに、印象的に感じる。これがプレゼンのマジックだよなぁ。ビルドのエフェクトなどに凝るときりがないので、ポイントだけスパークルさせたり彗星を飛ばしたりするのを使ったが(やっぱ使いたくなるよなぁ、これは)、全般的には地味目のエフェクトで設定してみた。テーマのデザインやエフェクトの多彩さが最初に目を惹くけど、文字表示が美しいってのが個人的には Keynote が好きな理由である(もっとも、これは Mac OS の特徴でもあるんだが)。

Windows の Update が出ているということで、Paralells の Vista の更新を行い、ついでに先日導入したキヤノンのレーザープリンタのドライバのインストールなども行う。インストールは何の問題も無く終了。Paralells 5 になったからといって、特段に変化は感じなかった。

組織論の授業の準備でルーマンの『公式組織』を読み返している。今年の講義では、システムという概念の説明をもう少し丁寧に展開して、その流れで、貢献という概念を新たな形で使うことを考えているのだが、うまく自分のものにできるかな。

09年11月11日 16時34分 着信

そういえば、今朝も早く目が覚めてしまい、そのまま『したくないことはしない 植草甚一の青春』を最後まで読んでいた。自分の知っているJJは、彼が最後に輝いていた時期の姿だということをこの本で知ったことが、ある意味で、最大の収穫だったかもしれない。続いて『数学ガール ゲーデルの不完全性定理』を読みはじめた。今回も、展開されている数学の話は面白く読めるのだが、やはり自分は妹キャラがなんだか邪魔に感じる。ま、そういうオジサンになってしまったということかな。この本はゆっくり読まないと楽しめない本なので、しばらく自宅ではこの本を読んでいることになりそうだ。

09年11月12日 16時24分 着信

午前中は会議、午後は卒論指導とゼミ。なんとなくドタバタと時間は過ぎて行く。

昼休みに Life with PhotoCinema 3 を初めて使って、ゼミ生の写真をムービーにしてみた。まったくのお任せコースで作ってみたが、確かにそれなりのものになるのには感心した。映像編集用の QT ムービーに書き出して Cinema Display で表示してみたら、確かにシネマっぽい感じが強くなった。明日の授業後にでも、時間があればもうすこしいじってみようかと思う。ムービーを見たゼミ生から、卒業式の写真をムービーにして DVD で配ってほしいという声が出ていた。うむ、今度の卒業式はそれかな。

09年11月13日 16時44分 着信

組織論の授業では、いよいよ組織論・公式組織論に入った。人の入れ替えがあっても「同じ」であり続けることをポイントにして、行為=コミュニケーションのシステムとしての組織の本質、あるいは公式的予期とメンバーシップなどを論じた。公式的予期の一般化の途中で、今週の授業は終了。システムとはなにかといった抽象的な話を論じた部分では、やはり学生の反応が鈍くなったように感じたのは気のせいかな? 少し展開を急ぎすぎた部分があるので、来週は補足しながら進めることにしよう。

授業の後に学生の就活サポートが1件。エントリーシートを話し合いながら修正する作業で、カウンセリングみたいなものである。その後、サーバのメンテナンスを行ったのだが、AppleShare サーバを久しぶりにきっちりとメンテナンスする。また、システムのバックアップをとってバックアップでも起動できるようにしておいた。このサーバもそろそろディスクにトラブルが起きてもおかしくない時期に入っている。ディスクを2つ搭載さいてあるのだが、システムが載っているのは SCSI のディスクなのである。こっちは何かあったら、もう取り替えることはできないのが怖い。ATA のディスクを新しいものに取り替えて、そちらのディスクだけで運用する体制を整えておいた方がいいだろうなとは思っている。

09年11月16日 09時24分 着信

この週末は娘たちとのんびり過ごした。Wii で対戦したり(いやぁ、遊ぶほどによくできているのに感心するわ)、『数学ガール』を読んだり。

しかし、一気に冬めいてきた。

今日はゼミ相談の日。果たして今年はどうかな? Keynote のスライドの準備はほぼできたのだが、たぶん、やっているうちに手直しをしたくなるだろう。さて、モニターなんかのセットアップをするか。

09年11月16日 14時31分 着信

例年、初日はゼミ相談に来る学生は少ないのだが、今年は昼休み前から一気に来た。12時頃から先ほどまで、ほぼノンストップで説明を続けていた。Mobile Air Mouse で Keynote をコントロールしながらの説明は、最初はリズムが取れなかったり、カーソルが変な方向へ動いてしまったりしてドタバタしたが、3回目ぐらいからはスムーズに。やはりパソコンを置いてある場所に戻らなくても進行できるのは楽だし、大画面だと見やすい。

09年11月17日 16時33分 着信

午前中は会議。午後は授業の準備と3年生のゼミ。3年のゼミは就活関連の行事と重なったようなので自由参加にして研究室で。来た学生たちとまったりと話をして時間が過ぎてしまった。

最近、自分の周りの同僚でポメラを使用する人が増えてきた。なかなか便利そうではある。うむ、自分の場合、iPod でメモを取ればいいのだが、やっぱキーボードを打つのとは感覚も速度も違うしなぁ。一気にひらがなで入力して保存しておいて、時間ができた時に後から変換していくなんてことができれば、そこそこの入力装置として使えそうな気もする。

そういえば、今のゼミ生などに、来年度からゼミで始める教科書作りの話をすると、面白そうという反応がけっこう返ってくる。今のゼミ生たちもなんらかのかたちで関わるようにするのも悪くないかな、と考えはじめた。

昨日、ちょっとした書類を作るのに InDesign CS4 を初めて使ってみた。慣れないので試行錯誤が多いのだが(印刷関連のタームも理解できていないし)、だいぶ視界が開けてきた。これから書類作りは InDesign で組んで PDF (それを印刷)ってのでやってみるかな。すくなくとも、Word のリボンに振り回されるよりは、気分的に楽だし。

09年11月18日 16時46分 着信

今日も朝からゼミ相談。風邪気味なので自宅で風邪薬を飲んできたら、なんかぼ〜っとなってしまって、今ひとつテンションがあがらない状態だったのだが、やはり学生が目の前に来るとスイッチがきちんと入る自分がいるのだった。学生が来ていない時間には、研究費で購読している雑誌を読んだり、授業のための講義ノートを再読したりしていたが、細切れになるので、いまひとつちゃんと読めなかった。午後は教授会。今日は早く終わったので、その後、ようやくじっくりと授業の準備である。明日もゼミ相談を入れているし、アルバム撮影があるので、落ち着かない一日になるだろうな。

ゼミの説明で本格的に LED Cinema Display を使いはじめたわけだが、けっこう熱くなるのには驚いた。確かにこれだけ広い画面を光らせるために LED を使うと熱くなるのかもしれない。でも 24 インチの画面がすっきりと美しいのには感心する。

09年11月19日 18時13分 着信

今日も朝からゼミ相談への対応。今年は少し多くの学生が来たかなという感じである。もっとも、これまでの経験では相談に来た数と応募の数は関係がないようなので、実際にどれくらいの応募があるかは分からないが。なにはともあれ、相談期間を無事に終了。

その後、4年生のゼミの卒業アルバムの写真撮影。にぎやかに写真を撮影した。当初の予定では食事会が組まれていたのだが、都合が付かなかったり体調がおもわしくない学生もいたので、今日は中止ということになった。なので、学生たちが帰ってから自分はじっくりと授業準備。今週はゼミ相談に時間がとられ、自分として納得できるだけの時間が準備にさけなかったのが不安だったのだが、なんとかなるかなという感じにはなった。今日の自宅の夕食は不要ということにしてあったので、すこし遅くまで研究室で準備などの作業をして帰るつもりである。

そういえば、昨年は今頃に雪が降ったりしたのだが、今年はまだ大丈夫のようだ。もっとも、しっかり寒くはなってきているが。

このところ、全然落ち着いて本が読めない。欲求不満が溜まっている感じ。

09年11月20日 15時50分 着信

組織論の講義の日。午前中は前回の公式組織論の復習を行ってから公式的予期の一般化の3側面を確認するという内容。午後は動機づけの問題で、動機の一般化、権威の一般化が、貨幣による欲望の一般化によって成り立つことを確認し、無関心圏や目的の変更可能性、あるいは参加への動機と仕事への動機の乖離(個人目的と組織目的の乖離)が原理的なものであることを確認して、最後にインセンティブ・システムについてさらっと説明して終了。

研究室に戻って一休みしてから、サーバのメンテナンスを行い、その後、机周りのコンピュータなどを動かして Cinema Display を正面に来るようにおいた。モニターを使わない状態(Display ポートを接続しない状態)でも、電源や USB 経由でスピーカーを鳴らすことができる(サウンドの出力はディスプレーオーディオになる)ので、すこしすっきりした。ただ、モニターに自分の顔が映るのはなんか落ち着かない。これはやっぱ MacBook にキーボードとマウスをつないで、MacBook を閉じて使ったほうが、気分的には落ち着くかなという感じではある。でも、文章を書く時には、ノートパソコンのキーボードとモニターの距離感がすっかり馴染んでいるので(一本指の疑似?タッチタイプで入力しているので、できれば視線にキーボードが入っていたほうがミスタイプは少ないのだ)、作業内容によって使い分けることになるかな。

明日からの連休はゆっくりできたら嬉しいな。

09年11月22日 03時55分 着信

昨日は娘たちを自分がみていたのだが、簡単に言うと Wii な一日だったわけだ。買い物に出かけて、家電量販店をのぞいてから(セール中ですごい人だった)、ショッピングセンターに行き、マリオカートを買って、昼食はマクドで、買い物をして帰ってきて、森のどうぶつのブラックバス釣り大会をしたり、カートで遊んだりして……てな感じで一日が終わったのであった。

寒くなってきて、そろそろ家の中が乾燥してきたので、今日あたり、加湿器を動かし始めようかなという感じ。

09年11月24日 10時46分 着信

日曜日と昨日は、家族でのんびり(=だらだら)過ごした。Wii をやったり、本を読んだり。買い物に行った際に、妻と折半して『魔女の宅急便』5巻セットを購入したのだが、娘がさっそく読みはじめていた。まだ早いかなと思っていたので、ちょっと意外ではある。

しかし、寒くなってきた。体調が今一の状態のまま、なんとか踏みとどまっているという感じではある。昨年の今頃は雪が降ったわけだから、まぁ、そういう季節になってきたということなんだろうけど。

最近はもっぱら車で音楽を聴くのに使っている iPod 40G (グレースケール画面のやつ)が、どうやらバッテリーがへたってきたようだ。すぐにバッテリーが無くなる。車のシガーソケットから充電しながらだと音にノイズがかなりのってしまうので、その状態ではちょっと聴いてられないのである。うむ、バッテリー交換サービスに出すかな。でも、そこまでのお金をかける必要はあるかな。ちょっと悩んでいる。もちろん、iPod Touch を車でも使えばいいんだけど、あんまりたくさんは詰め込めないしなぁ(最近、iPod には Apple Lossless で曲を入れるようにしている)。さて、どうするかね。

今週末の組織論の授業では、まだ十分にこなれていないポジション論をやる予定なので、じっくりと仕込みが必要だな。

09年11月24日 17時33分 着信

ルーマンの『公式組織』の第10章「期待構造の柔軟性と変動」と、『社会の経済』の第9章「メディアと組織」を合わせて読むことで、組織がポジション(位置とか地位とか本によって訳語がぶれるんだけど、地位というとステータスとの関連が強まるので、とりあえずポジションという語がニュートラルかなと自分は思う)という秩序形態をメディアとして役割構造を編成する(フォルムを刻む)ということを軸にした柔軟性や分業(分化)の話が、自分の中で少しずつうまくまとまりはじめた気がする。システム分化の話を組み込むのがちょいと難しいかなとは思うが、ポジションの分化は、システム分化の限界的なものとすることで、なんとかストーリーをまとめあげられそうだ。もっとも、講義でうまく話せるかは、ちょっと不安だったりはするのだが。

09年11月25日 16時39分 着信

朝から黙々と授業の準備としてルーマンの『公式組織』の再検討を行っている。共時的な多様性に対してシステム分化があり、継時的な可変性に対してポジション・システムによる柔軟化がある、という環境適応の二側面としてまとめることができそうである。ステータスやコミュニケーション経路あるいは責任と権限の割当といった一連の議論(『公式組織』の第3部)は、仕事の仕組みとして具体的な形態をどのように作っているかというストーリーでつなげることができるだろう。これまでもそういう流れで講義してきていたが、今回は、もう少し軸をしっかりと貫いて話ができそうな気がする。あとは自分の中に染み込んでいき、自分の言葉として出てくるように、自分で考えることだろうな。

『数学ガール ゲーデルの不完全性定理』を自宅で読み続けているのだが、なかなかじっくりと読みふける時間が取れない。フェルマーのやつよりも、数学の面白さやつながりといったもの、なんていうか数学的な世界の景色の感触のようなものがしっかりと感じられて、面白いのだが、そのぶん、読む時もどうしてもじっくりと味わい確かめながらになってしまうこともある。でも、良い本だよなぁ。『数学ガール』の最初の本でも感じたことだけど、学生時代にこんな本で数学に出会えていたら、大学教養課程の数学の授業を途中で諦めて数学に別れを告げることもなかっただろうな、と思う。

09年11月26日 09時59分 着信

気持ちよく晴れた。

晩秋の経済学部棟

今日は月曜日の時間割で進行する日なので授業などはないのだが、卒論の指導は入れる予定。

昨日、ほぼ一日、みっちりと『公式組織』の下巻の読み込みをやっていたのだが、帰り際に、責任の話とからめて組織では公式的な予期のもとでの行為はすべて決定になるという話が展開できること思いついた。なので、今日はその線で授業用のノートの修正をするつもりである。組織は決定のシステムという論点が『公式組織』の段階できっちりと出ていること(ただし、なぜ決定になるのかということや、決定とは何かって話はしてないけど)も見えてきたし。『公式組織』の特に下巻は、実際に公式組織ではどのような行動が見られるのかということを公式的予期によるシステムの派生的問題として色々と論じているわけだが、こうした具体的な話を講義でする場合、自分がついついとってしまう行動を引き合いに出すようにしている。自分をネタにする分には害がない。本当であれば、大学の色々な問題や、色々なルートで耳に入ってくる県の行政の問題、あるいは卒業したゼミ生から愚痴として話を聞かされた地元企業の問題など、使えそうなネタはそれなりにあるのだが、あくまでも他人の話として聞いたことでしかなかったりするので(大学でのことは自分も当事者だけど)、さすがに講義で学生にそれらをそのまま話すのはまずいよなぁと思っている。でも、ルーマンの『公式組織』は、そういう話とつき合わせて読むといっそう面白いんだけど。

そういえば、自宅には白樫の木を一本植えてあるのだが、今年の夏にゴーヤやオクラに肥料を買ってきて撒いた際に、残ったのを少し白樫の木にもまいておいた。すると、明らかに去年までとは違う勢いで新しい葉が出てきて、肥料ってきく(っていうか自分の家の土地がやせてるってことだろうけど)なぁと感心していたのだが、そうした今年になってぐんぐん出てきた葉は、見事に毛虫に喰われてしまったのだった。それまでに出ていた葉の手前まできっちり食べて、古いやつは残っている。去年までは毛虫に食い荒らされたことはなかったので(まったくいなかったわけではないが)、やはり肥料で促成栽培した葉が毛虫に目を付けられたってことだろうな、と勝手に解釈している。やっぱ無理に?肥料なんかやらずに、その土地でその土地なりに育っていくのを見守るのがいいのかしら、なんて思ったりもする。もっとも、今年は自宅の木々が虫に目をつけられたのか、紅梅のほうは幹にアブラムシがびっちりついて、その後、別の虫に葉が全く無くなるまで食べられてしまったのだった。そういう巡り合わせの年ってことだったのかもしれない。

09年11月26日 10時14分 着信

そういえば、今朝の bk1 チェックをしていたら、ヴォネガットのクリスマス絵本 "Sun Moon Star" の翻訳版『お日さまお月さまお星さま』が出ていた。原書は、学生時代に京都書院の美術書のコーナーで見つけて、高かったけど、シンプルで美しい絵にヴォネガットの文章ということで買ったのである。あのころ、本屋巡りの時には京都書院の美術書コーナーであれこれと美術書や写真集を見るのが楽しみの一つだったなぁ、と思い出したのだった。

09年11月27日 15時58分 着信

bk1から本が届く:

軽めの本を2冊。このところじっくりと本を読む時間が少ないのだが、ちょっと読むのに良いかなと思った本である。bk1 のポイントを使ったので安く買えた。

組織論の授業は、午前中はシステム分化(役割分担)、午後は配置=ポジション論。環境の共時的な多様性に対してシステム分化がなされ、継時的な可変性に対してポジション・システムがある、という位置づけで話を組み立ててみた。午前中の内容はこれまで毎年論じてきたことなので、ざくっと進行。もっとも、毎年やってる内容は、話すほどに短くなってしまうのと、勢いで細かな論点を落としてしまったりするというのある。今日もサブ・システムから見て上位システムが環境になるという話と、分化で分けられるのは決定(決定権)であるという話を忘れてしまい、午後の冒頭に補足することになってしまった。ポジション論のほうは、論として展開するのは今年が初めて(これまではステータスと一緒にやっていた)で、自分でも不安を抱えたままに話していたのだが、中心的な論点はなんとか話せたと思う。ただ、なぜポジションという概念を用いて論じないといけないのかという点は、もしかしたらうまく伝わっていないかもしれない。でも、自分的には、また一つ視野が開けた手応えがあるので、まぁ、良しというところである。来週はステータスと権限・責任の割当に行く。

BiND3 の公式ガイドブックが出たのだが、買おうかどうか迷っている。本を買うと、たぶん、サイトをいじりたくなるのだが、その時間がとれないで、かえって欲求不満が溜まりそうだからだ。

大学の Web サイト更新がらみで Movable Type をちょいと調べることになりそうだ。こっちも、下手するとハマるかもしれない。

そういや、「のだめ」の最終巻が出たんだよな。この週末のお楽しみだな。この週末は2日ともに自分が娘たちをみていることになるので(いっしょに Wii の「どうぶつの森」をやって過ごしてしまいそうなんだけど)、今日届いた本とか「のだめ」を味わいつつ、だらだらと過ごしたいところである。

09年11月30日 09時58分 着信

週末は娘たちとまったりと過ごしていた。体調がいまいちなこともあって、あまりアクティブとはいえない過ごし方。Wii ではもっぱら「どうぶつの森」で釣りをしていた。

そういえば、学生から、田中求(たなかもとむ)という方が別の大学にいらっしゃるということを聞いた。自分は学内では田中求、田中(求)と表記されることが多く(自分の大学には田中?之という教員が3人いるのだ)、学生たちは「タナキュー」と呼んでいる。で、学生が、なんかの時に自分のページを見るために"田中求"で検索したら、田中求之ではなく田中求さんを見つけたということであった。自分の姓のほうは、ほとんど匿名に近いくらいに多くの方がいる姓なんだが、名前のほうは、これまで同じ表記の名前を見かけたことはない。なので、自分のサイトを見つけてもらうには「田中求之」という名前で検索してもらえば、サイトを長く運用していることもあってか、いっぱつでトップの候補にちゃんとサイトが出るようになっている。最近では学生などには名前で検索してねと言うようになっていたのだが、これからはちゃんとフルネームで検索してもらうように言わなければね。田中求さんについて調べたかったのに田中求之のほうに来てしまったという方もいるかもしれないな。

今日は卒論指導とか授業の準備など。そういえば、自分の大学の推薦入試でインフルエンザによる追試験が行われることになったようだ。福井はけっこう感染者が出ているからなぁ。

09年11月30日 14時57分 着信

そういえば、金曜日に届いた『美酒の設計』は、読みはじめたら一気に最後まで読んでしまった。描かれている杜氏とそれをとりまく人々の姿が引き込むのだ。また、日本酒作りというものの奥深さも味わえる。この本を読んだので週末は久しぶりに純米酒を買って飲んでいた。昨夜は、娘たちにはミートソースのパスタを作り、自分はアサリの酒蒸しをベースにしたパスタを作った。久しぶりの酒蒸しはうまかったが、作りながらちょびちょびと飲んでいたので、けっこう酔っぱらってしまったのだった。

「のだめ」23巻は、金曜日の帰りの買い物の時点ではDVD付き限定版しか本屋にはなかったのだが、どうしても読みたい気持ちが強く、限定版を購入したのだった。もちろん、自宅に帰ってすぐにでも読みたかったので、夕食の準備をしながら読んでいた。こういう終わり方にしたのか、という感じ。で、読み終わったのをリビングに置いておいたら、上の娘がぱらぱらとめくって、自分でも読めそうだということで、さっそく1巻から読みはじめていた。TVのドラマのやつは面白がって一緒に見ていたので、ある程度はストーリーが分かっているということもあってか、夢中になって読んでいる。