田中求之的日々の雑感

このページは田中求之的日々の雑感の2007年08月分のアーカイブです。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

田中が購入したり読んだり気になった本の題名に bk1 やアマゾンへのリンクが付いている場合がありますが、これらのリンクにはアフィリエイト(ブリーダー)の ID は埋め込まれていません。リンクは記録や紹介を目的にしたものです。

【田中求之的日々の雑感】  【田中求之的日々の雑感 アーカイブ一覧】

07年08月01日 12時17分 着信

ひさしぶりに夜中にサーバがフリーズしていた。試験前なので試験情報や講義ノートへの学内からのアクセスが増えているのが原因かなと思ったのだが、サーバがフリーズしたのは夜中の3時過ぎで、サーバの再起動直後なんで、やっぱ WebSTAR のバグがらみだろうな。やれやれ。

久しぶりをもう一つというわけではないのだが、ソフトをオンラインで久しぶりに購入した。TimeDrawer for Mac というファイルの更新履歴を自動的に記録してくれ時系列を遡れるもの。バージョン管理ソフトの手軽に使えるものを探していたので、まさにぴったり。しかし、最近のソフトは G4 以上を要求するものが増えてきたなぁ。そろそろ Intel Mac へのスイッチの時期ということなんだろうが、その予算はどこにもないぞ。

試験の解答用紙の作成で久しぶりに Word の罫線機能と格闘。やっぱストレスがたまるよな。

午後は『行為論的思考』を最後まで読む予定。

07年08月02日 16時08分 着信

梅雨があけたうえに、台風の影響でフェーン現象ということで、かなり暑い。でも、この後、台風の影響で荒れそうだ。

午前中は明日の試験の準備など。せっせと問題用紙や解答用紙を準備していた。その後、あれこれと雑用をこなす。午後は会議であった。

『霊長類進化の科学』を読み進めているのだが、面白いよなぁ、と改めて思う。今日読んだのは道具の使用(人間の髪の毛で歯を磨くカニクイザル!)とかボノボとチンパンジーの性行動の違いとか、霊長類の自己治癒行動(草や葉を食べて寄生虫対策)といった行動の部分なんだけど、わくわくしながら読み進めてしまった。

07年08月03日 16時10分 着信

情報システムの試験の日。学生達はさすがによく準備してきているようであった。ただ、笑ってしまったのは、自分の講義ノートのタイプミスの部分(前後の文章からタイプミスであることは確実に分かる)を、そのまま写した答案があったこと。やれやれ。こちらのミスであることには違いはないのだが。

以前に研究費で購入してあった『認知社会学の構想』を読み始めた。自分の組織論の中に組み込みたい議論である。

試験も終わり、あとは今度の日曜日のオープンキャンパスをこなせば、しばらく自分の時間が取れる。うれしいな。

そういえば、今日、自分の試験の監督をしている際に、教壇の上からずらっと並んだ学生達をみながら、ふと、同じ年齢の色々な人間がこれだけ集まっている空間というのも、考えてみれば不思議な空間だよなぁと改めて思った。確か、吉野朔実の『月下の一群』にも、そういうセリフがあったと思う。暑い日であるし、ほとんどの学生にとっては前期試験の最後の試験ということもあってか、服装が多彩で、それだけによけいに、感慨深いものがあったのだった。

07年08月03日 16時19分 着信

そういえば、自分が使っていた PowerMac G3 B&W を父親に譲っていたのだが、それが起動しなくなったとの連絡が入った。実際に見てみないと分からないが、電話で話を聞くかぎりは、ロジックボードの故障の可能性が一番高い(少し前から、突然フリーズするという症状が出ていたようだし)。新しいマシンを買うようにしてもよいのだが、父親は、ネットにはまったくつながずに、 MacOS 9 でクラリスワークスとデジカメの画像ソフトだけを使っている(この二つのソフトと Mac OS 9 の操作には、不自由がないくらいに馴染んでいる)という状況なので、OS X に移行した場合、新たにマスターしなければいけないことが多すぎるのである。ようはワープロマシンとデジカメ写真編集&印刷機として動けば不満はないわけだ。また、今新しい Mac を買うということは Intel Mac になるわけで、自分が使ってないだけに、トラブルの時に電話越しのサポートができるか不安だったりもする。だからといって、中古の Mac を買うというのもリスクがあるしなぁ。悩むところである。

07年08月05日 16時22分 着信

今日は大学でオープンキャンパスの日。高校生向けの大学説明会みたいなものである。自分は午後からの模擬ゼミの担当なので、早めに昼食を食べてから大学へ。模擬ゼミでは10名あまりの高校生に、携帯電話業界の今の動向と、販売奨励金制度の話(0円携帯のからくり)を話す。ゼミといっても何の準備もしていない高校生相手なので、もっぱら自分が話した。ちょっと緊張気味の高校生がじっと見つめているなかで話すのは、いつもとちょっと勝手が違う。まぁ、新鮮ではあるが、しかし、暑かった。

07年08月06日 16時08分 着信

『認知社会学の構想』を読み進めていた。この本で展開されているカテゴリー論のうち、集合体についての議論は面白く読めたし、自分の組織論の議論にも取り入れたいと思う。ただし、カテゴリー論だけで相互行為を説明しきれるとは思えないので、どのようにうまく「使う」かは考えないといけないな。それでも、相互行為から組織なり制度なりを考える視点として刺激的ではある。続いてエスノメソドロジー関係の本を読むことにしようと思う。新刊でワードマップのエスノメソドロジーも出たようだし。

ADC on iTunes で今年の WWDC のセッションがみられるので、いくつかのセッションをダウンロードして、昼休みにみていた。便利な世の中になったもんだなぁと、あらためて思う。

07年08月07日 15時05分 着信

『認知社会学の構想』からメモを書いていたら、そういえば廣松渉の『役割存在論』(著作集第5巻)を読んでなかったなと思い、引っ張り出してきて、第3章役割行為の構造をガシガシと読み始めた。廣松の文章を読むのは久しぶりだ。ぎっじりと密度の濃い議論を味わうのは楽しい。また、なるほど、こういう用語があったのか、という発見もある。読むことで考えるという作業の快楽。

このところ使う機会の無かった iPod を、思い切って初期化(復元)して、もっぱら外付けの Firewire HDD として使うように変更した。iTunes Store で購入した曲と、セレクトしたものだけを音楽として入れることにし、バックアップやデータの移動などに使う。Firewire は転送速度が速いなぁと、バックアップをとりながら思った。

Brian Eno の Discreet Music が今日の天気にはぴったりだ。

07年08月09日 16時43分 着信

昨日は休みをとって、松山に帰る自分の母親を送っていったり、上の娘とすごしたりしてのんびりと。今日は研究室に来て雑用を済ませたり、研究費で購入している雑誌を読んだりして過ごしているのだが、暑い。

bk1から本が届く:

どちらもさっそくのお楽しみというところか。エスノメソドロジーについては、どこまで付き合うか、自分の中でもちょっと揺れていたりはするんだが、相互行為の現場から考えるという視点を拡げるには欠かせないものなので。

そういえば、Apple が新しい iMac や mac mini といっしょに iLife と iWork の 08 版をリリースしていたのだが、そろそろ自分の PBG4 では苦しいというのがはっきりしてきたかなぁという感じではある。iMovie は普段使うソフトではないので、あんまり気にはならないが。さて、どうするかね。iWork の新しい表計算ソフトには惹かれるものがあるんだが、そもそも自分はそんなに表計算ソフトを使う機会がないからなぁ。iPhoto の新しいやつのために iLife 丸ごとってのもなぁ…… ってところである。

07年08月13日 10時04分 着信

金曜日は休みをとって京都へ行ってきた。いつもの「ひげ床」で散髪をしてから、駅前に。普段なら丸太町からバスかタクシーで京都駅にでるところを、今回はバスと地下鉄を乗り継ぐというルートを使ってみた。意外と短い時間ででられたのだが、やっぱ風景が見えない地下鉄は面白くないな。街が少しずつ変わって行くのをみるのも京都へ行く楽しみの一つなので。本屋に行って、あれ、こんなの出てたっけ?てな感じで、ルーマンの講義録を購入。

その他にもどうでもいいような本を買ってしまった。やっぱ本屋に行って直に手に取ると負けてしまうなぁ。そういえば、家電店で新しい iMac もみてきた。すっきりとして奇麗だが、あのテラテラのモニターはいまいち好きになれないかな。

週末は地元の「おつくね祭り」。土曜日は上の娘と地区の出し物の手伝いなど。日曜日もおにぎりの無料配布をもらいに行って、それを昼食で食べたり。

今日は大学に来ているが、静かだ。それと週末に熱がこもった研究室の暑いこと! サーバなんか熱暴走一歩手前って感じである。やれやれ。もちろん、今日はルーマンの講義録を味わう予定。

07年08月14日 15時12分 着信

今日も研究室に来ている。街はお盆で静かだ。大学も。

ルーマンの講義録を読み終わった。章によって翻訳の質に若干のばらつきがあるように感じられたが、全体としては読みやすい、ルーマン自身によるシステム論の展開であった。収穫であった。その後、『ワードマップ エスノメソドロジー』を読み始めているところ。

とはいえ、昨日からぎっちりと読み込みをしていたので、若干疲れているという感じなので、昼過ぎからは、ADC on iTunes のビデオを見ている。今みているのは新しい OS X に搭載される自動バックアップシステムの Time Machine についてのセッション(Time Machine In-Depth)のビデオだが、なるほどねと、なかなか参考になる。やっぱ、仕組みというか、背後(In-Depth)が分かると納得できる。この夏のお楽しみとして、ADC on iTunes の WWDC のセッションは楽しめそうだ。そういや、勢いで iLife 08 と iWork 08 も発注しちゃったよ、とりあえず自分のマシンで動かして様子を見ようとは思うのだが、考えたら、来年度は Mac の授業がやれるかどうかも判らないのだった。

07年08月15日 10時29分 着信

iLife と iWork の '08 が届いたのでさっそくインストールした。もちろん iMovie はインストールできないが。iPhoto の新しいのは、確かに使い易い感じだ。G4 でも重くないし。iWork の Numbers をちょっといじっていたんだけど、これってクラリスインパクトの感触だよなぁと思った。これでドロー機能がもう少し充実していたらねぇ、って感じ。

夜明け前に起きたので流星群が見られるかと外に出て空を見上げていたのだが、かろうじて一個だけ、奇麗に尾を引く流れ星をみることができた。星空をじっくり見上げたのは久しぶりだ。しかし、夜明けまでも暑かった。

07年08月18日 18時27分 着信

iPhoto のイベント単位の写真の整理というのは、自分のように娘達の写真を撮るのが中心のユーザーには、なかなか便利で、効率的だということを実感。これまで登録した写真をイベントごとにわけて、イベント名をいれて…… という作業に夢中になってしまった。キーワードの付け方がこれまでとまったくインターフェースが変わってしまって戸惑ったのだが、今のところ、不満はそれぐらいである。

それにしても暑い。今年は自分の家をスウェーデンハウスで建てて良かったと実感する。家の中の気温は30°ぐらいであるが、湿度が40%ぐらいなので快適に過ごせる。エアコンもよく効くし。外に出たくなくなる。

妻の祖母に買ってもらった娘達のプールの水遊びに付き合っていたら、しっかり焼けてヒリヒリしてきた。でも、水に浸かって見上げる夏空は気持ちよい(でも、娘達に水をかけられるので、のんびりはできなかったんだが)。

『ワードマップ エスノメソドロジー』を読み終わる。以前にまとめようとして放棄した装置論に改めて取り組もうかという気になってきた。つんつんと色々と刺激を受けた本であった。

07年08月19日 13時44分 着信

朝から上の娘の幼稚園(=小学校)の校庭の草取りに娘とでかける。7時〜8時の一時間の作業であったが汗だくになった。このところ、自宅での水遊びの相手などで肌が焼けており、それが軽い炎症のようになっていて痒くて痛くなった。帰ってからシャワーを浴びて大学へ。

エスノメソドロジーつながりということで『相互行為秩序と会話分析』の読んでいなかった部分に目を通す。それから、ふとアフォーダンスが気になって、ギブソンの『生態学的視覚論』やら『ギブソンの生態学的心理学』を引っ張り出してきて読んでいる。

07年08月20日 15時36分 着信

娘とラジオ体操に行き、朝食をとってから大学へ、という平常のリズムの戻った。まだまだ暑いのだけど。

基礎ゼミの試験の採点をしたり、エスノメソドロジー関連のメモを書いたりしている。ふつふつと色々なことが頭の中で発酵を始めたような感触がある。

そういえば、AppleWorks が販売中止になったとのこと。クラリスワークスと AppleWorks は、ちょっとした書類を作るのに重宝しているソフトだけに残念という気がする。なんといってもあのドロー機能の使い勝手の良さは他のソフトにはないものだと自分は思う。おそらく iWork の Numbers が出たということで、それが後任ということなんだろうが、そうなのであれば、作図機能をもう少し作り込んで欲しかった。もっとも、Numbers 自体のできはなかなかのものだとは思うが。

07年08月21日 15時29分 着信

ちょっと確認したいことがあってルーマンの『手続を通しての正統化』を読み始めたら、これが面白いのなんの、一気に引込まれてしまった。裁判などの手続に関する論考の中で論じられる様々な社会的メカニズムの考察が、組織論的に「使える」話なのだ、これが。というわけで、今日は雑用などは極力簡単に澄ませ、試験の採点も一時中断して、読みふけっているのである。没頭できる時間のシアワセ。

先日から使い始めた TimeDrawer だが、除外ディレクトリの設定などをちょこちょこやって、ようやく自分の仕事や作業に関連するファイルだけを追いかけるようにできた。今のところ安定して動いている。もっとも、昔から Mac を使っている習慣で、こまめにファイルセーブをしてしまう(センテンスごとに無意識的に指が Command + S を叩いてしまうのだ)ため、履歴が分単位になってしまうのは、本当に遡る必要が出てきたときには不便かも知れない。そういう意味では、Apple が Time Machine でやろうとしているみたいに、デフォルトでは1時間ごとに記録を取るといった方が現実的かもしれないな。

07年08月22日 15時15分 着信

久しぶりの雨のせいで蒸し暑いこと!

自宅のキッチンにはシーガル IV の浄水器がついているのだが、1年経ったので、フィルターの交換をした。交換用のフィルターはネットで購入したのだが、1万5千円ほど。まぁ、確かにミネラルウォーターを買うよりは安いかなぁ。

『手続を通しての正統化』を読み終える。後半の政治に関する議論も面白く読めた。その後は、明日の高校での大学説明会の準備や、明後日の講演の準備などをしていた。

このところ、昼休みの息抜きに YouTube で色々なアーティストのビデオを検索しては聴いているのだが、D.D. Jackson が出ているのもあったりして、さすがに色々なものが揃っているだけはあるなぁと実感している。今日はラリー・カールトンがリー・リトナーといっしょに演奏した Room 335 が良かった(日本ツアーの映像のようだった)。

07年08月23日 16時50分 着信

午前中はあすの講演のための仕込みなどを行う。午後から大野高校へ大学説明会。経済学部の紹介を話す。久しぶりに講義スタイルで話したせいか、咽の調子がいまひとつだったかな。やっぱ少しでも休みが入ると調子が変わってしまうもんだなというのを実感。運動選手が日々の練習を欠かさないのも分かるというとおこがましいか。ただ、学部の説明の一環として大学で学ぶことの意義みたいなことにも触れたのだが、明日の講演にも使えそうなフレーズを思いつく:知識が生まれ変えられていく現場に立ち会う面白さ。ちょっと奇麗すぎか。

大野に行ったのは久しぶり。大野だと街中でもミンミンゼミが鳴いていた。

07年08月24日 15時39分 着信

県職員会館で福井経済クラブの定例懇談会にて講演。地元企業のトップの集まりなので、やはり緊張してしまったが、えいやっとばかりに要しておいた授業改善と動機づけを繋げた話をする。展開が少しもたついたりスッキリとは行かなかったところはあったが、なんとか無事に終了。講演後の質疑応答の中で県大の学生の就活について厳しい注文等も出た。こういう場で話をするのは良い刺激になる。正直なところ、もっと芸を磨かなくてはなぁと思う。とはいえ、ヘタに受けを狙って外すよりは、いまの自分のように直球一本でいくのが破綻はないとは思うが。話の最後は大学教育擁護になってしまったが、ま、それはそれでよしとしよう。

今日も強烈な夏空で、講演の往復の車の中は暑くって辛かった。研究室に戻って生き返った。

金曜日なのでサイトのメンテナンス行っていたのだが、その合間に、新しくなった GarageBand の Magic GarageBand で遊んでいた。これ、確かに楽しい! Jazz と Funck を試したのだけど、曲がまずいいし、楽器のバリエーションに選択がシブイ。これは学生なんかも喜ぶだろうな。曲にもバリエーションがあるともっといいんだけど、もしかして、別売りのセットとして出たりするのかな? それとも個人が作成&公開できる仕様になっているのか? いずれにしても、これはしばらく楽しめそうだ。いい時代になったなぁ(大げさ)。

07年08月27日 15時39分 着信

土曜日に家族で買い物に出かけた際に、以下の2冊の本を購入:

JavaSript について、ここらでちょっと見ておくかという気になっていたので、新しい版がでたやつを買った。もう一冊は A-Life の ML で紹介が流れていたのを思い出したので買って見た。

で、この週末は、JavaScript を最初から読んでいた。まだ半分ぐらいまでしか読めてないが、なかなか楽しい。こういう言語の解説本はけっこう好きなのだ。なるほどねぇ、とか、そういうのが AppleScript にもあればねぇ、とか色々なことを思いながら読むのが楽しい。JavaScript をマスターして何かをする計画はないのだが、自分のページなどにちょっとした仕掛けを付けたくなるかもしれない。これから DOM の解説に入るところなので、ちょびちょびと読み進める予定。

今日は試験の採点を済ませて成績を提出(っても学内のシステムに書き込むだけだけど)。その後は、来週から再開される看護学校の授業なんかを見据えつつ『ジンメル・つながりの哲学』を再読したりしている。個体同士は不透明でも、関係の透明が確保できれば、人間関係(組織も)はOKなのよん、というのが今期の講義の全体を通してのテーマなんだが、次回は役割論とかを話そうかなと。会話分析がらみの話も面白いのだが、まだ自分で料理するまではいってないので。ジンメルも面白そうだなぁ……

07年08月28日 14時40分 着信

朝からのすさまじい雨の中を大学へ。久しぶりにライトを点灯させてワイパーを最速で動かしながら運転した。夏の終わりを告げる雨かなという感じではある。

『心はプログラムできるか』をざっと読み終えた。人工生命の紹介&解説本としては悪くないが、本のタイトルである心の問題は最後になってやって少しだけ出てくるという意味では、ミスタイトルではないかと思う。人工生命の解説本としては、自分は今でもスティーブン・レビーの『人工生命』が一番だと思うが、あの本で語られた状況以後、どのように研究がなされているのかを知ることができたという点で、まぁ、よかったかな。

組織における相互行為として会議/ミーティングに焦点をあてて考えてみる、というのに自分は取り組もうと思っているのだが(ルーマンの手続 proceeding に関する議論が一つの導きになるだろうし、そこに『公式組織』の後半の議論、あるいは相互行為論をからめて考えてみるという感じかな)、同じ論点を扱った "Organziation and Interaction" David Seidl の再読を開始。ルーマンが組織と相互行為をシステムとして分けたということにどこまで拘るかという点が一つのポイントだろうが、作動において重なるとするのか、相互浸透の二つのシステムとするのか、そのへんが分かれ目かな。

07年08月28日 16時24分 着信

「夏休みの工作」というキーワードの検索で自分のサイトにやってきているアクセスが、このところポチポチ見られるようになってきた。このサイトに「夏休みの工作」に役立ちそうなネタはないとは思うのだが(まさか夏休みの宿題に osax を作りましたとか、AppleScript で CGI を作りましたってのはないだろう)、そういう時期なんだなぁと、ツクツクボウシの声を聞きながら思うのだった。あ〜あ、8月も終わってしまうよ。

07年08月29日 13時38分 着信

会議をシステム分化の線で考えるということの続きで『社会の法』の中の裁判についての部分を再読。決定手続を分出させるという分化の形式についての議論だからだ。まだすっきりとは見えてきてないんだが、なかなか面白いかもしれないという感触。

今日から上の娘は幼稚園が再開。2学期制なので新学期の開始ではないのだった。

アウトラインプロセッサの Opal を久しぶりに使っていた。更新をチェックしたら新しいバージョンがでていたので、ダウンロード&アップデートをやらせる。最近のソフトは、ソフト自体がこの作業を行ってくれるものが増えてきたなぁ。便利ではあるんだが、再インストール用のファイルが残らないってのは、少し不安だったりもする。まぁ、そういうファイルが必要になる機会は、以前に比べたら、きわめて少なくはなってるわけだけど。

07年08月31日 16時42分 着信

bk1から本が届いた:

どちらもなかなか面白そうだが、さて。

会議論(仮)ってな感じで考えていることを確認するため『公式組織』の下巻を通し読みしている。この下巻は、具体的な行動の次元で公式化がどのように影響するのかという話なので(公式化によって必要になってくる公式化できないもの、みたいなのがぞろぞろ出てくる)、比較的読みやすい。

同僚の Mac Book のセットアップをサポートしたのだが、やっぱ Mac Book は早いね。それと、あのテカテカの画面は、確かに DVD を見るにはいいかもしれないと思った。やっぱいいよなぁ、新しいマシンは。

そういえば税務署から確定申告のローン控除の部分に修正が必要との呼び出しがあって、どきどきしながら水曜日に出かけたのだが、本当にちょっとした修正であった。税務署からの呼び出しなんて、なんかドキドキしてしまった。