一覧 
 
 
福井県立大学・経済学部 田中求之 (Motoyuki Tanaka)
最終更新日: 13年01月31日 16時17分

田中求之が2012年に買って読んだ本( 田中求之が2012年に買ってしまった本) の中で印象に残っている(この本に出会えたのは良かったと思っている)本のベスト10(順位はつけない)は以下の通り。今年は小説は除外。またルーマン関連の本も例年通り除外。

『昆虫標本商万国数奇譚』川村俊一
『飼い喰い』内澤旬子
『世界鉄道史 血と鉄と金の世界変革』クリスティアン・ウォルマー
『フェルメールになれなかった男 20世紀最大の贋作事件』フランク・ウイン
『知識と経験の革命 科学革命の現場で何が起こったか』ピーター・ディア
『意識は傍観者である』デイヴィッド・イーグルマン
『冥王星を殺したのは私です』マイク・ブラウン
『ゼロからトースターを作ってみた』トーマス・トウェイツ
『世界で一番詳しいウナギの話』塚本勝巳
『ニュートンと贋金づくり』トマス・レヴェンソン

ベスト10には入らなかったけど、この本も収穫だったなぁと思ったのは以下のもの

『食の終焉 グローバル経済がもたらしたもうひとつの危機』ポール・ロバーツ
『チューリングを読む』チャールズ・ペゾルド
『みんなの家。 建築家一年生の初仕事』光嶋裕介
『細菌が世界を支配する』アン・マクズラック
『欲望の植物誌』マイケル・ポーラン
『系統樹曼荼羅』三中信宏&杉山久仁彦
『醤油鯛』沢田佳久
『12月25日の怪物 謎に満ちた「サンタクロース」の実像を追いかけて』高橋大輔
『ウィトゲンシュタインvs.チューリング』水本正晴