このページについて

自分が買って読んだ本の中から、この本に出会えてよかったなと思っている本を記録しておくページです。

このページには人文・社会系の本を載せてあります。

ここに掲載している本は、すべて田中が私費で購入して読んだ本です。本の情報を提供するために bk1 へのリンクが貼ってありますが、アフィリエイト等のためではなく、情報の提供・記録のためのものです。古い本(っても10年も経ってないはずなんだが)は絶版になってリンク切れ(「ページが見つかりません」)になるかもしれません。

このページは、学生の皆さん、特に田中が普段接しているゼミの学生の皆さんへの推薦もかねています。ここに載っている本を読んだからといって何か役に立つ知識が身に付くわけではないですけど、世界へのアクセスの回路が増えるのではないかと思います。

*随時更新して行きます

社会・人文系
『マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男』マイケル・ルイス
『ザ・コーポレーション わたしたちの社会は「企業」に支配されている』ジョエル・ベイカン
『芸術起業論』村上隆
『萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか』堀淵清治
『職業外伝』秋山真志
『職業外伝 続』秋山真志
『青い目のサラリーマン、ザイバツを行く』ムルター・ニアル
『悪魔と博覧会』エリック・ラーソン
『金融工学者フィッシャー・ブラック』ペリー・メーリング
『アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語』古田靖&寄藤文平
『経済学という教養』稲葉振一郎
『アマゾン・ドット・コム』ロバート・スペクター
『LTCM伝説 怪物ヘッジファンドの栄光と挫折』ニコラス・ダンバー
『天才たちの誤算 ドキュメントLTCM破綻』ロジャー・ローウェンスタイン
『グリーンスパン アメリカ経済ブームとFRB議長』ボブ・ウッドワード
『株式会社』ジョン・ミクルスウェイト&エイドリアン・ウールドリッジ
『コンテナ物語 世界を変えたのは「箱」の発明だった』マルク・レビンソン
『築地』テオドル・ベスター
『プロフェッショナルな修理』足立紀尚
『修理 仏像からパイプオルガンまで』足立紀尚
『オタクで女の子な国のモノづくり』川口盛之助
『感染地図 歴史を変えた未知の病原体』スティーヴン・ジョンソン
『スシエコノミー』サーシャ・アイゼンバーグ
『ドングリと文明』ウィリアム・ブライアント・ローガン
『誰も国境を知らない』西牟田靖
『だれが「本」を殺すのか』佐野眞一
『沖縄だれにも書かれたくなかった戦後史』佐野眞一
『古書の聖地』ポール・コリンズ
『その音楽の〈作者〉とは誰か リミックス・産業・著作権』増田聡
『聴衆をつくる 音楽批評の解体文法』増田聡
『だれが「音楽」を殺すのか?』津田大介
『戦後日本のジャズ文化 映画・文学・アングラ』マイク・モラスキー
『世界屠畜紀行』内沢旬子
『「本」に恋して』松田哲夫&内沢旬子
『印刷に恋して』松田哲夫
『絵はがきの時代』細馬宏通
『ポケモン・ストーリー』畠山けんじ&久保雅一
『愛の空間』井上章一
『趣都の誕生 萌える都市アキハバラ』森川嘉一郎
『日本のピアノ100年 ピアノづくりに賭けた人々』前間孝則&岩野裕一
『コバルト風雲録』久美沙織
『インドカレー伝』リジー・コリンガム
『主語を抹殺した男 評伝三上章』金谷武洋
『ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命』ローランド・ケルツ
『ベース・カルチャー レゲエ~ジャマイカン・ミュージック』ロイド・ブラッドリー
『安原製作所回顧録』安原伸
『出版社と書店はいかにして消えていくか 近代出版流通システムの終焉』小田光雄
『ブックオフと出版業界』小田光雄
『出版状況クロニクル』小田光雄
『747 ジャンボをつくった男』ジョー・サッター&ジェイ・スペンサー
『南極1号伝説』高月靖
『スウェーデンで家具職人になる!』須藤生
『漫画がはじまる』井上雄彦&伊藤比呂美
『ぼくは猟師になった』千松信也
『メイキング・オブ・ピクサー』デイヴィッド・A.プライス
『天皇制と進化論』右田裕規
『柴田さんと高橋さんの「小説の読み方、書き方、訳し方」』柴田元幸・高橋源一郎
『ロースハムの誕生 アウグスト・ローマイヤー物語』シュミット・村木真寿美
『ハーバードビジネススクール 不幸な人間の製造工場』フィリップ・デルヴス・ブロートン
『市場のための紙上美術館 19世紀フランス、画商たちの複製イメージ戦略』陳岡めぐみ
『僕がワイナリーをつくった理由』落希一郎
『フェルディナン・ド・ソシュール 〈言語学〉の孤独、「一般言語学」の夢』互盛央
『牛を屠る』佐川光晴
『血液の歴史 新装版』グラス・スター
『ドゥルーズとガタリ交差的評伝』フランソワ・ドス
『FM雑誌と僕らの80年代 『FMステーション』青春記』恩藏茂
『したくないことはしない 植草甚一の青春』津野海太郎
『美酒の設計』藤田千恵子
『ストリートの思想 転換期としての1990年代』毛利嘉孝
『マネーの進化史』ニーアル・ファーガソン
『ジャズ喫茶論 戦後の日本文化を歩く』マイク・モラスキー
『性格とはなんだったのか 心理学と日常概念』渡邊芳之
『ウイスキー起源への旅』三鍋昌春
『シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々』ジェレミー・マーサー
『おまんのモノサシ持ちや! 土佐の反骨デザイナー・梅原真の流儀』篠原匡
『ぼくはこうやって詩を書いてきた 谷川俊太郎、詩と人生を語る』谷川俊太郎&山田馨
『ニッポンの風景をつくりなおせ 一次産業×デザイン=風景』梅原真
『ハルヒin USA 日本アニメ国際化の研究』三原龍太郎
『スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン』カーマイン・ガロ
『リハビリの夜』熊谷晋一郎
『世紀の空売り』マイケル・ルイス
『エスの系譜 沈黙の西洋思想史』互盛央
『進化思考の世界 ヒトは森羅万象をどう体系化するか』三中信宏
『デカルトの骨 死後の伝記』ラッセル・ショート
『ニッポンの穴紀行 近代史を彩る光と影』西牟田靖
『音楽ビジネス革命 残響レコードの挑戦』河野章宏
『レーニンの墓 上 ソ連帝国最期の日々』デイヴィッド・レムニック
『レーニンの墓 下 ソ連帝国最期の日々』デイヴィッド・レムニック
『スペイン内戦 上 1936-1939』アントニー・ビーヴァー
『スペイン内戦 下 1936-1939』アントニー・ビーヴァー
『筑摩書房の三十年』和田芳恵
『筑摩書房それからの四十年』永江朗
『即興の解体/懐胎 演奏と演劇のアポリア』佐々木敦
『「無伴奏チェロ組曲」を求めて』エリック・シブリン
『アヴァンギャルド・ジャズ ヨーロッパ・フリーの軌跡』横井一江
『プラントハンター 命を懸けて花を追う』西畠清順
『思想としての「無印良品」』深澤徳
『本の世界に生きて50年』能勢仁
『オックスフォード古書修行 書物が語るイギリス文化史』中島俊郎
『和本入門 千年生きる書物の世界』橋口侯之介
『浅草十二階 増補新版 塔の眺めと〈近代〉のまなざし』細馬宏通
『わたしの少女マンガ史 別マから花ゆめ、LaLaへ』小長井信昌
『遅刻の誕生 近代日本における時間意識の形成』橋本毅彦&栗山茂久編著
『牡蠣と紐育』マーク・カーランスキー
『偽りの来歴 20世紀最大の絵画詐欺事件』レニー・ソールズベリー&アリー・スジョ
『ステーキ! 世界一の牛肉を探す旅』マーク・シャツカー