経営組織論 試験情報

福井県立大学・経済学部 田中求之

2019年度 後期期末試験に関する情報

2月6日修正:教室はL110です!


実施方法

後期科目「経営組織論」(2単位、2年生)および通年科目「経営組織論」(4単位、3年生以上)は、同じ教室で共通の試験を行います。ただし、後期科目で履修している学生は100点満点、通年科目で履修している学生は70点満点の試験となります。

通年科目として履修している学生の前期レポート試験の点数は、30点満点で採点して、後期の試験に加点されます。→「前期レポートの提出状況(田中が受け取った学生のリスト)(点数は載せていません)

ただし、レポート試験を提出していない学生であっても、試験を受けることを認めますが、その場合でも試験は70点満点です。


試験の日時

2月7日(金曜日)2限(10:40〜12:10)、L110教室(いつもの講義の教室)にて実施します。


試験内容

記述式の問題を4問出題します。そのうち2問は授業内容の確認を行う基本問題、2問は授業で学んだことをもとに考えてもらう応用問題とします。

基本問題の2問は以下の内容を出題します:

  1. 公式組織における動機づけと権威の一般化を貨幣経済との関連で説明する
  2. 公式組織と環境とのズレの必然性を、公式化と目的の機能から説明する

持ち込み

紙のもの(ノート、書籍、コピーなど様式や内容は自由)と電子機器(スマートフォン、携帯電話、パソコン、電子辞書)の持ち込みを認めます。ただし、タイピングなどの操作音が他の人の迷惑にならないように注意してください(過度にうるさい場合はその場で使用を禁止することもあります)。

また、このサイト(田中求之の Web サイト)には組織論の講義ノートや資料が掲載されていますが、試験中はサイトの運用を停止(シャットダウン)し、ページを閲覧できないようにします


2020年1月27日 田中求之