田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

21年10月04日 09時04分 着信

大学の出退勤システムの打鍵をワンクリックで済ませられるようなアプリを組むかと、ページのソースをみて、実際に出勤をクリックした際のパケットもキャプチャしてみたのだが、Form から送り出すデータの中に、クリックした時間の情報を含んでいる謎のデータ(パラメータ)がある。おそらくシステム側から渡されたデータをクリックした時間の情報を含める形で JavaScript で加工して返しているんだろうが、スクリプトを追いかけるのが面倒なので(こんなにスクリプト読み込んでのってぐらいに、ページにスクリプトが埋め込まれ/読み込まれていた)、ま、おとなしくブラウザを使っておくことにした。

今日も秋らしい天気だ。

週末は自宅でだらりと過ごしていた。もっぱら『哲学の25年』を読んでいたのだが、フィヒテやシェリングがカントとヘーゲルの間でどのような論を展開していたのか、ようやくすっきりと分かった気がした。それと、やっぱ自分にはヘーゲルは合わない、カントがいいわなぁ、とあらためて思った(笑)

合間に読んだ『イルカと心は通じるか」も面白く、こちらも読み終えた。橋本治もぽちぽちと読んでいる。こちらは先が長いので、あせらずに読み進めることにした。

今日は色々と書類などをこなしながら、『精神分析の再発明』にとりかかる予定。

来年度の授業のことなども決めないといけないな。この声がどうなるか次第だけど、体調の急な変化もありうることは考えておかないといけないし。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]