田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

21年09月24日 13時05分 着信

バーナードが抽象概念でわかった気になるのは良くない(全体情況を捨象するな)というときに、ホワイトヘッドの The Fallacy of Misplaced Concreteness を引き合いに出すのだが、確か、彼はこれの参照先として『過程と実在』をあげてたけど、やはり "Science And The Modern World" の方が適切というか、ホワイトヘッドの言ってることがよくわかると思う(たしかパーソンズはこっちをあげてたな)。初めて読んだのだが、3章と4章が、もろにその話だった。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]