田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

21年03月30日 15時23分 着信

電子書籍に関する電子書籍(『電子書籍2020 本の在り方は変化する』萩野正昭)を読んでいるのだが、その中で触れられていた電子書籍に関する論点のうち、自分のこのサイトのページなんかも含めて、ネットのコンテンツの保存というのは、大きな課題だよなと思う。書籍であれば、本という物理的な存在になるため、作者の意思を超えて残っていく可能性があるが(たとえ誰に気がつかれることもなくどこかの倉庫の中に眠り続けたとしても)、ネットのコンテンツは、自分が管理しつづけていても消失のリスクはあるし、まして自分の意思でコントロールできなくなったら、消滅するのは間違いない。まぁ、それでいいのだという感じもするのは事実だが。

しかし、ボイジャーのスタック版なんかをいじっていた頃が懐かしいな(スタック版はむちゃ重くて使い物にならなかったけど)。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]