田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

20年10月16日 09時57分 着信

普段は自宅からは投稿しないようにしているのだが(自宅にいる時は仕事のメールさえなるべく読まないし、返事もしないことにしている)、今日は書いておくことにした。

すでにマスコミでも報道された通り、勤務校の教員にコロナの感染者が出て、昨日の朝から経済学部棟は閉鎖になった。日曜までは原則、立ち入り禁止である。昨日は、朝8時前に研究室に来た。いつも娘と朝食を食べたら大学に来るようにしているので、朝はけっこう早いのだ。で、ニュースなんかをチェックしていたら、感染者が出たということで経済学部棟が閉鎖されるとの通知。あわてて何冊かの本をバッグに突っ込んで、退出し、自宅に戻った。その後は、自宅で文献の読み込みなど。

今日も、明日も、明後日も、自宅に籠ることになる。幸に、読みたい本/読むべき文献は山のようにあるので(昨日持ち帰った荷物の重かったこと!)いいのだが、昨日と今日の講義は休講になったので、今日の授業の補講に当たる分をオンデマンド教材で作成するのだが、研究室のサーバで作業が行えないので(なんせ管理者でもリモートではログインできない鉄壁のセキュリティなのだ! ……って古いだけだけど)、とりあえず教材の公開は月曜日になる。

本来であれば昨日は対面授業再開の初日だったのだが(他学部や非常勤の先生の授業は行われたようだ)、なんかドタバタしている。

やれやれ。

こういう時は、じっくりとプログラミングの学習なんかもいいかもしれない。とりあえず?、ライブ録音をしながらの授業に備えて、レコーディングに使うソフトのマニュアルの再読と、動作テストは行っておこうと思ってる。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]