田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

20年10月07日 14時30分 着信

ペンロースがノーベル賞ということだが、自分は『皇帝の新しい心』をずっと以前に読もうとして、途中で諦めたのだった(物理の話が難しかったのと、なんか変な方向で心を議論しようとしてると感じた)。ブルーバックスとかで出会っていれば、印象が違ってたのかな。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]