田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

20年09月28日 09時20分 着信

この週末はひたすら本を読み続けたのだった。木曜日に二ノ宮の勝木書店に行った際に、Twitter で紹介を見かけて面白そうかなと買って帰った本の中に森晶麿の黒猫シリースがあった。何冊か出ているようだったので、とりあえず2冊買って帰ったのだが、土曜日に読み始めたら、ハマってしまって、2冊を一気に読み切り、続きが読みたくなって、夕食の買い物のついでに勝木書店に再び行って、シリーズの残りをまとめ買いし、週末、読み耽っていた。昨日、シリーズを読み終えたところに、タイミングよく?、アマゾンから『言語の七番目の機能』が到着。ロラン・バルトの死をめぐってのミステリー仕立ての小説なんだが、フーコーとかドゥルーズとかエーコとか、まぁ出てくるわ出てくるわって感じで当時の思想家たちが登場する小説。ニヤニヤしながら読んでいた。まだ途中だけど。思想家たちの著作からの引用なんかを織り交ぜつつ(この場面にはやっぱこれ持ってきたかと、思わず笑ってしまったところもあり)、まざかなり嫌味なキャラ設定になってるんだけど、それも含めて楽しんでいる。

次女の高校の吹奏楽部のオンラインコンサートもあり、それも視聴したのだった。

今日は秋らしい天気。すっかり気温も低くなった。午後に機器更新の終わった学部演習室の説明会。後期の授業に向けて、教材作りなど開始ないといけない。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]