田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

20年04月24日 10時27分 着信

県からの新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく休業要請によって、教員も4月25日から5月6日まで、基本在宅勤務となった。え、授業の準備できないし、5月4日から授業開始なのに、と思ったら、書類を提出することで研究室へ来ることが可能になっていた。……ほとんど毎日のように来ないと、自分の授業の準備はもちろん、学部教員の遠隔授業のサポート(環境整備など)も間に合わないのが実情なんだが……

学生への通知や相談にはメールを使っているのだが、学生からメールは面倒なので LINE でできないか?という声が。LINE で対応している教員もいるようだが、自分はそのつもりはない。LINE だと反射的なコメントをすぐに返してしまいがちになるので(スタンプだと受け取り方に迷うこともあるし)、この状況で込み入った説明などをするには、やはりメールだと思っている。でも、まぁ、ネットの連絡は LINE が当たり前の学生にしてみれば、電子メールは緊張すると言ってたゼミ生もいたように、堅苦しくて、面倒な手段なんだろうな(既読かどうかもわからないし)。メールでは失礼で、文書か、せめて電話で、なんて言われてた時代は過去のものになったと実感。実際、学生からのメールは、シグネチャがないのは当たり前で、自分が誰かも名乗らないのや(大学のアドレスなら氏名と学籍番号がわかるけど)、件名すらないのも珍しくないものなぁ。

今日も授業準備、午後に遠隔授業のサポートに関する zoom 会議。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]