田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

20年02月25日 11時22分 着信

みすずから出た『オーケストラ』をこってり読み耽った週末だった。

それ以外はセルズニックのノートの加筆・修正。書き始めてから時間がたっているので、最初と最後ではかなり説明や訳に違いが出てるのと、全体としてみると、内容的な重複(繰り返し)が目につくので(まぁ、これはセルズニックの原書の内容がそうなんだが)、その辺を修正し絞り込む必要がある。まぁ、新年度までにはまとまるかな。来年度は大学院の社会システム論の授業があるので、せっかくなんでそれに使えたらいいかなと考えている。

昨日から長女と妻は入試へ。昨日は次女を図書館に送って行き、自宅に戻ってからは録画しておいた映像研を見たり、読みかけになっていた『着せる女』を最後まで読んだり。

そのほか、この週末に京大が公開したプログラミング(Python)のテキストを読んでいたが、自習用のテキストとしてかなり良いかなという感じである。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]