田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

20年02月07日 13時46分 着信

試験は無事に終了。学生たちは、事前に内容を告知しておいた基本問題の方は、持ち込んだ資料やスマホを見ながらサクサクと書いていたようだが、応用問題の方は、あれこれと検索しながら、けっこう悩んだようだった。スマホ持ち込みを許可した昨年もそうだったが、時間がかかった(かけた)学生の割合が多くなった。検索で正解は見つからないことに気がつくまで時間がかかるってことかな(そのことに気がつくないままの学生もいたかも)。

試験時間中は落としていたサイトも、何のトラブルもなく再起動した。

午後はアオッサ科目の紹介文などを書いてから、新着の文献に取り掛かるのだが、その準備として、昼休みに電子化(OCRでワードファイル化)した。これだとパソコンで読みながらクリックで辞書が引けるので(Copy&paste で書き抜きもできるし)、英語の文献はこの方法が使えるようになって本当に助かっている。研究費で購入した本だから書き込みなんかもできないしね。300ページほどの本を一気に処理させたのだが、思っていたよりも速く処理が進んだ。スキャンの操作に慣れてきたこともあるかな。

週末は娘たちはおそらく図書館に行くだろうから、その送り迎えとかが入るだろうが、それ以外は文献読み込み&読書かな。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]