田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

20年01月14日 10時21分 着信

アマゾンから届いた本を読み耽っていた週末だった。『氷室冴子とその時代』、『反穀物の人類史』、『ことばの教育を問いなおす』、『国語教育 混迷する改革』、『どこからが病気なの? 』それと「新九郎、奔る! 」3。

土曜日には地区のまちおこしの集会(東福考)に参加。それ以外は、黙々と本を読み続けていたのだった。

今日は3年のゼミ。『経営者の役割』の第3部へ突入の予定。それまでは週末の組織論のための文献読み直しなど。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]