田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

19年11月11日 09時50分 着信

今日はカート・ヴォネガットの誕生日らしい。このところ、彼の作品を読解していく『カート・ヴォネガット トラウマの詩学』(諏訪部浩一)を自宅で読み続けているので(全面的に納得ではないが、鮮やかに作品の軸を見せてくれる良い本)、反応してしまった。

週末はアマゾンから届いた(週末も届き続けた)本やマンガを読んでいた。リチャード・パワーズの『オーバーストーリー』が、読ませる。これを軸に、佐藤亜紀『黄金列車』を一気に駆け抜け、万城目学『べらぼうくん』にどっぷり浸かり、「アルスラーン戦記」や「プリニウス」「人形の国」などを味わった。川添愛の『聖者のかけら』にたどり着けるかなと思っていたが、無理だった。まぁ、今日から読むけど。

土曜日には地区の私設図書館に娘たちの読まなくなった本を寄贈に行った。なんだかんだでけっこうな分量になった。車に積み込む作業をしながら、そういやこれって……などと懐かしそうに話していた。図書館を運営している方がイラストレーターでもあるので、Web サイトなどで使うために自分のイラスト作画を依頼することにして、納品の形式なども確認していた。イラストの元になる写真を次女に iPhone 11 Pro で撮ってもらったのだが、いやぁ、すごい画質の写真が撮れるものだと、感心。上半身のポートレートと、座って本を読んでいるのと2枚をお願いすることにして、送っておいた。出来上がりが楽しみ。

昨日は朝、英検の試験を受けにいく次女を送って行って、終了後に迎えに行ってから駅前で買い物。昼食はドンクのパンにしたのだが、黒パン(ライ麦パン)があった。久しぶりのライ麦パンはうまかった。

今日は週末のアオッサの授業や、水曜日のラジオ収録の準備などの予定。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]