田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

19年11月06日 10時45分 着信

朝晩はすっかり寒くなってきた。先週末から自宅の蓄熱暖房機を動かし始めている。まだ100%にはしてないが。ほんのりとした暖かさがうれしく感じられるようになってきた。

昨日はゼミ相談の合間を縫ってモチベーション関連のまとめをしていたのだが、その後に3年生のゼミでバーナードを読んでいて、改めて当時の心理学とか有機体論との結びつきが読み取れて面白かった。

先ほど、サクッと自動終了のアプリを作り込んでみた。サーバの再起動があっても設定時間に確実に作動するようにしてみた。もっとも、しばらくは使う必要はないので、単にプログラミングが楽しいからやってみたという感じではある。MacOS 9 には、毎日の起動やシャットダウンのスケジュール運用、あるいは停電後に自動再起動をさせる機能があるのだが、このマネージャー(API)を REALbasic で呼び出せないか、ちょっと調べてみようと思う。

今日は週末の授業や、アオッサの科目の準備。アオッサの科目に関連してラジオで話すことになったので、そちらの原稿も作成しなければ。

学内のインフルエンザの予防接種の案内が来ていたので、今年は申し込んでみた。母親のホームに行く際など、インフルエンザに感染していたら、大変なことになりそうなので。もっとも、ワクチンがこの冬の流行の型に合うかどうかは、自然任せではあるんだが。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]