田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

19年10月10日 11時04分 着信

今日もすっきりとした秋晴れ。こういう日の朝は露が降りていて、カーブのミラーが露で曇ってしまうのが困る。通勤路に2箇所、カーブミラーで確認しながらでないと危ない箇所があるんだが、今朝は緊張しながら走ってきた。

このところの松山との往復で、車のタイヤが素人の自分でもはっきりとわかるほどすり減ってきた。特に右前輪が激しい(前輪駆動で運転席側でほとんど1人で走ってるからだろうな)。なので、昨日の帰りに自宅近くのカー用品店へ行き、タイヤの交換を申し込んだ。燃費よりもグリップ重視ということで選んでもらい、明日の夕方に交換となった。10万ほどの出費になるが、今月末にも松山行きがひかえているので、ここはきちんとしておいたほうがいいかなという判断。11月になると雪の心配が出てくるわけだが(大雪の際にはスタッドレスであってもチェーン装着が義務付けられている区間を走るし)、どうするかな。チェーン買うかな。12月になったらさすがに車はやめておこうとは思っているのだが。もっとも、福井でいつも程度の雪が降るなら問題ないが、松山で雪がふったら面倒(自分は動けても他がぐちゃぐちゃだろうから)ではある。

後期の組織論の授業のために『心を名づけること』の再読中。今期の動機づけの授業は長くなりそうだ。

今日、ウォルター・アイザックソンの『イノベーターズ』2冊が届く予定。そもそもこの手の本には弱いのだが(研究室にあるインターネットやパソコンの歴史みたいな本はけっこうなコレクションになってきている)、ウォルター・アイザックソンが書いたとなれば読まないわけにはいかない。この週末は台風に備えながら読みふけることになるかな。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]