田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

19年04月22日 14時49分 着信

日差しは強いが空気はひんやり。車のエアコンが冷房に切り替わった。

午前中は看護学校の哲学。今日からコミュニケーション論。今日は情報(言語)の意味が「分かる」こと。比較的流れよく話せたと思う。今年から仕込んだ新しいネタもうまくつながったし。学生たちもまだ緊張感が抜けてない感じであった。次回は連休明けなので3週間ほど空いてしまう。看護学校からの帰りに親関係の振り込みなど。

週末の記録:土曜日は義父の法要。会食は地区の仕出屋で。なかなか美味しかった。自宅に戻ってから着替えて次女の買い物に。ホルンの練習用の楽譜が欲しいということで楽器屋に行ったのだが、ホルンの楽譜は少なく、これというのがなかったようで、買わずに戻った。その後は Netflix で昨年の F1 のドキュメントのシリーズを観ていた(観だしたら止まらなくなった)。ウイリアムズやマクラーレンがこんなことになっているとは……等々、最近は F1 を見てなかったので、驚くことも多かった。しかし、よくできたドキュメンタリーだった。

日曜日は選挙に行って買い物にいった(朝、コンビニのコーヒーを飲むのが習慣になってしまっているので)以外は、自宅で文献を読んだり、ノートをとったり。関連性理論と推論主義の文献を読んでいたのだが、なかなか面白い。ルーティン論の展開として活かせるかもしれないなどと思いながら読みふけっていた。

そういえば、このところ、自宅の MacBook Air は妻や娘たちが使うことが増えたので、週末は研究室の MacBook Air を持って帰って作業を行うようにしているのだが、やはり、MacBook Air のキーボードの方が、新しい MacBook Pro のキーボードより、圧倒的に打ちやすいし、ミスタイプも少ない。慣れだけの問題ではない。MacBook Pro 用に外付けキーボードを買うかなぁ。

今日はこの後、明日の情報システムの仕込み。ニュースの整理とトピックの絞り込み。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]