田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

19年04月19日 13時12分 着信

午前中の組織論/社会システム論は、近代社会の特徴(機能分化と商品経済)から入って、世界・環境・人間まで。人間論は次回も続く。昨日までの松山行きの疲れが残っている感じで、最初はテンションがイマイチだったが、話し始めると上がってきた。思っていたより学生が多いってのもあるか。

水・木と一泊で松山行き。水曜日の朝、いつもの始発で東郷を出て、松山へ。ついてから昼食を食べ(八幡浜ちゃんぽん)、ホーム行き妹と合流。書類を確認してから年金事務所へ。年金相談の予約で埋まってると受付で言われて、これは長時間の待ちかと思っていたら、あっさりと窓口に呼ばれて、サクサクと手続きが終わった。その後、ホームに戻って書類の確認をしたり、銀行からの弔問の対応をしたりして、早めに宿へ。温泉にゆっくり入って、すぐに寝てしまった。

木曜日は実家の地区の銀行で妹と待ち合わせ、父親の口座の処理などの作業。ホームに戻って、今後の打ち合わせなどしてから2時過ぎに松山をたち、8時過ぎに福井。駅で夕食(8ばん)。自宅に戻ってすぐに寝た。

この週末は義父の法要など。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]