田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

19年03月22日 15時58分 着信

水曜日は京都へ。駅前のイオンモールの大垣書店で1時間あまり過ごしてから馴染みの床屋へ。平成最後の散髪であった。終わってから駅の伊勢丹でいつものように漬物を買う。次女が気に入った柴漬けなどあれこれ買い込んだら5千円ほどになってしまった。福井駅についてから来週の松山行きの切符を受け取ったりして、越美北線で自宅に戻った。

しかし、京都は観光客が多い。以前によく使っていた市バスは三十三間堂、清水寺や八坂神社を通る路線のため、バス停には長い行列ができていた。自分は別の路線に乗って、学生時代にウロウロしてたあたりを窓越しにみていた。夜中に酒を買いに自転車で行ってた店がまだ営業していて、なんかちょっと嬉しくなったりしてたのだが、記憶に重なる風景はどんどん少なくなっている。

昨日は自宅でこってりと読書。京都で買い込んだ本や前日に届いた本など。ネットで評判が良いみたいなので『食べたくなる本』を買ってみたのだが、確かに面白く読ませる。

今日の午前中は学生の就活サポート。といっても、ほとんどは状況確認を兼ねた雑談なんだが、自分にできることはこれぐらいだもんな。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]