田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

19年02月22日 10時03分 着信

次女を学校まで送らねばならず、はやぶさ2のタッチダウンの瞬間をリアルタイムでというのは無理だったが、無事に成功したらしいとのニュースにプチ興奮している。この後の記者会見の中継は見たいな。

今日は靄がすごかったが、天気は悪くない。週末も雪の心配はまったくなさそうだから、入試も混乱なく進行しそうだ。

受験生は今日ぐらいから受験会場への移動を行うのかな? 1日余裕をとるとしたら、明日か。週末なんで交通機関や宿は混んでそうだな。

自分は共通一次の最初期(3回目)だったので、国公立入試は一度しかなく、それが3月の頭だった。2月に私立の受験(高校は自由登校)、それから卒業式、そして国公立受験という流れだった。卒業式の翌日に移動したのだが、卒業式が寒かったせいか風邪をひき(今にして思えば寒く感じた時点でおかしかったのかもしれないが)、宿についてから、近くの病院へ夕方に行き、解熱剤をもらったのだった。

あの頃、自分が、今・ここで、こうやって働いてることなんて、これっぽっちも予想しなかったな。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]