田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

19年01月26日 12時01分 着信

研究室に来ている。今日は朝方から雪。うっすらと雪化粧の風景の中を来た。一日中降って夕方には積もりそうだが、今のところはたいしたことない。まぁ、それでも今日は長靴を履いてきたけど。

組織論の講義ノートの更新を行なっている。v2αってところだが、試験までに少しは加筆修正ができそうだ。

他大学でも試験が近づいてきたためか、このサイトのバーナード関連のページへのアクセスが少し増えている。レポート課題への対応かな?

関連性理論の Wilson & Sperber "Meaning and Relevance" が届いた。いくつかの論考はすでにネットで公開されていたものを読んでいるのだが、残りが楽しみではある。次年度の組織論や看護学校の非常勤の哲学の授業では、コミュニケーション論に関連性理論を組み込んで展開する予定で、このところ集中して取り組んでいるのだが、さて、うまくまとまるかな。非常勤の方はハイデガー(とドレイファス)の『存在と時間』の話も、今年度よりは整理して論じたいと思っていたりもするのだが、こちらもなかなかうまくまとまらない。もっとも、組織論の方にも侵入してきているのだが。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]