田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

田中求之的日々の雑感」の方には新着40、約一ヶ月分が掲載されています。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

18年09月10日 15時01分 着信

午前中は看護学校の非常勤。今日と次回との2回で「現象学的人間論と看護」の話をするのだが、さすがに現象学やらハイデガーの議論をそのまま持ち込むわけには行かず、どう話せばよいものかとこの週末考えていた。とりあえず日常の話と看護の話にわけて話すことにして、今日は日常について。世界内存在の話なんだが、我々は日常生活で、なにも考えてないけど、「わかってる」みたいな感じで、日々の生活の中での「わかってる」ということに焦点をあてて話した。道具的存在とか透明性とか気遣い、関心などの話。なるべく日常的な表現で話そうとしたら、かえってぐちゃぐちゃしてしまった気がするが、まぁ、次回へつなげる話はできたかな。

雨は時折ぱらつく程度だが、気温が低い。一気に秋に落ちたという感じ。もう30度越えはないかな。研究室で久しぶりにエアコンを入れずに過ごせている。

自宅の MacBook Air に Sound It! 8 Basic を購入&インストールした。昨日は久しぶりに音楽 CD の作成など。ライブ演奏での拍手の処理とか、ノーマライズとか、かつて Jam でやってたことをあれこれやってたのだが、なんせ処理が早いのが気持ち良い。DVD から切り出した音声トラックを開いて、必要な曲だけを切り出して、サンプリングレートを 44.1Khz に変換なんてのが、さくっとできてしまった。昨日は2枚作ったのだが、あと2枚ほどプランがあるので、ぽちぽちとやっていこう。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]