田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

田中求之的日々の雑感」の方には新着40、約一ヶ月分が掲載されています。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

18年07月03日 13時36分 着信

状況の変化に心身がついていけてないって感じ。

金曜日の帰りに予約した切符を取りにいったついでにポピーに寄ったら、翌日で閉店とのお知らせが。またひとつ書店がなくなってしまった。

土曜日は始発で東郷をたち松山へ。実家に行き、父親を見舞ってから、翌日の母親のホーム入居にそなえて、家電の荷造りや片付けなど。松山市のゴミの分別の仕方が福井とは違うのでとまどう。本当にこれを生ゴミと一緒に捨てていいのか?といったことを母親に色々と確認していたら、煙たがられてしまったので、松山市からの広報で確認。夜は高校の同級生2人と会食。楽しかったし、なんか助けられた感じ。ホテルは妹に紹介してもらった少し高めのところに泊まったが、なかなか快適だった。15・16日も松山行きなので、15日の夜の予約を同じところで先ほどしたら、料金が倍だった。

日曜日は、朝、父の見舞いに行き、妹と合流してから、母親のホームの入居。母親をあずけてから、家具や家電を購入したりと1日、動き回っていた。夜に妹といっしょに父親のもとに行き、あれこれと相談。夕食は妹と。兄妹で食事なんて、考えてみれば、初めてだった。

月曜日は母親の様子を見に行ってから、銀行で手続などを行い、自分は父親のもとへ。医師や介護師、ケアマネなどを交えたカンファレンスに出席。父親のリハビリは順調だったのだが、施設に遅くとも今月中には入居する必要があるという新たな懸案が。カンファレンスが終わって父親と少し話をしてから、松山をたった。

今日は3年のゼミ。くそ暑いんで、なんかだら〜っとしたゼミになりそう。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]