田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

田中求之的日々の雑感」の方には新着40、約一ヶ月分が掲載されています。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

18年06月28日 10時49分 着信

先週末よりドタバタが続いており、体調もイマイチである。

土曜日、いつものように始発列車で松山へ向かう。到着後、松山の両親の家に行き、妹と合流。介護保険証などの書類を確認してから、養護老人ホームの契約へ。契約の作業は3時間弱。終わってからリハビリ病院の父の見舞いに行き、契約の報告。その後、自分はたかのこの温泉へ。夕食は岡山で買った弁当(寿司など)。松山の家に泊まった。

日曜日は朝から妹と母親の入居のための買い物へ。父親のものも購入したので、見舞いがてらそれを届けてから松山の家に戻り、2時過ぎの列車で松山をたった。福井には10時前に到着。

7月1日に母親が入居なので、前日から松山へ行き、当日の引っ越し作業を行い、翌日に様子を見てから福井へ帰ることにした。今回はホテルに宿をとることにした。

月曜日の午前中は看護学校の非常勤。授業の準備が十分にできなかったこともあって、リクエストテーマにしたら、今年は様々なテーマが出てきて、1回では終わらなかった。来週は母親の入居作業ため、休講。

月曜の午後は肝臓の検診。良いとも悪いとも言いがたい状態。

火曜日は疲れが出たのか体調がイマイチだったので、早めに自宅に戻って休んでいた。

昨日は午前中に緑内障の検診。こちらは順調(進行はみられない)。体調がイマイチなままだったので、午後は自宅に戻り、電話で両親の新聞の解約や電話の移転手続。電話は NTT の回線ということだったのだが、NTT から回線休止になっているとの連絡。どうやらケーブルテレビに固定・携帯の電話を全て移しているようだ。次回の松山行きで契約の確認の必要がある(両親の言うことが事実と異なっていることが多々あり色々と苦労する。普段、離れて暮らしていると、こういうことはしかたないとはいえ)。

今日は基礎ゼミ。発酵食品をとりあげる。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]