田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

田中求之的日々の雑感」の方には新着40、約一ヶ月分が掲載されています。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

18年03月12日 07時05分 着信

忘れないうちに記録しておく。

3月3・4日の週末は自宅でのんびりと過ごした。週明けは学生の相談やらあれこれ。この頃からなんとなくお腹が張る感じが。水曜日に臨時教授会。再試験中だったゼミ生の卒業が確定して一安心。金曜日は県立図書館運営懇話会。翌日の3月9日の土曜日、お腹の張りがすごいので、これは腹水がたまったかなと思い、朝から病院へ。エコー検査の結果、やはり腹水がたまっていた。また血液検査では肝臓・腎臓関係の数値が良くない。CTとレントゲンと心電図の検査もして(フルコースやなと思いながら)、診察の結果、即入院ということになったのだった。

最初、空いてる部屋が個室しかない(差額が1日8千円以上!)と言われて、どうなることかと思っていたら、通常の部屋が空いた(差額無しの4人部屋)とのことで、そこに入院することに。自宅にいったん戻って下着など必要そうなものを持って病院へ戻り、正式に入院となった。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]