田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

田中求之的日々の雑感」の方には新着40、約一ヶ月分が掲載されています。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

18年02月13日 18時48分 着信

サーバが落ちていないようなので、今回の大雪関係の経過を記録しておく。1週間、ほぼ自宅で過ごしたのは、初めてだ。明日も出られるかどうかわかんないけど。

2月3日(土曜日)は、COC+ の大学連系授業の最終回。アオッサでレポート試験。友チョコの材料を買いに行きたいという娘たちと一緒に駅前に出て、試験と採点を済ませて、娘たちと帰ってきた。

2月4日はおとなしく過ごしていた。

2月5日は朝からスーパーボウルの生中継を観戦。このころから雪がけっこう積もり始めたが、夕方に娘たちを迎えに行ったりするのはいつも通りの感じだった。

2月6日は、起きたらがーんと雪が積もっていた。いったん登校しかけた娘たちも学校が休校に。自分の勤務校も期末試験期間だったのだが、休校。

その後は、自宅にこもっているしかない日々。娘たちの学校も週末まで休校。自分の勤務校も、結局、週末まで休校(試験の延期)。

週末に一旦雪は小康状態になったのだが、昨夜から今日にかけて、また降雪。

週末にガソリンを給油するのと買い物にでかけたのだが、笑ってしまうぐらい、スーパーにはものがなかった。ガソリンが入れられたのもラッキーだったみたいだ。

次女は今日から授業再開。長女の高校は今日も休校。自分の勤務校は今日の試験をすべて延期。試験の採点(卒業判定)などがドタバタになりそう。

先週は大学から「なるべく大学には来るな」というメールが来るし、今日は知事の名前でなるべく仕事を休めという文書が出るなど、まぁ、こんなことはそうあるもんじゃないよな(あったら困るし)という状況。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]