田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

田中求之的日々の雑感」の方には新着40、約一ヶ月分が掲載されています。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

17年07月18日 10時40分 着信

週末の連休は松山に帰省していた。

土曜日の始発の越美北線で東郷をたち、京都と岡山で乗り換えて昼過ぎに松山着。軽く昼食を食べてから両親の家に。その後は年老いていく両親の現実に向き合いながら、ゆるゆると過ごした。夜は泡盛(クースー)をたっぷり飲んだ。

翌日は両親と買い物へ行き、その後、昔通った通学路(道の形しか記憶に一致するものはなくなってたが)を歩いて酒を買いに行ったり、夕方には歩いて鷹ノ子温泉へ行ったりして過ごす。

昨日は10時過ぎのしおかぜで松山をたった。偶然、車内で従姉妹と叔母に出会い、びっくり。叔母は結婚した年以来、従姉妹に最後にあったのはいつになるのか自分でも覚えていない。向こうから声をかけてもらって気がついた。こういうことってあるんだな。岡山、京都で乗り換えて、6時前に福井着。部活や塾に行ってた娘たちといっしょに迎えに来てくれた妻の車で自宅へ。

松山往復の車内であれこれ読めるかなと文献などを持って行ったのだが、車窓の景色を眺めながらうとうとと眠っていたので、あんまり読めなかった。

今日も、まだ少し疲れが残っている感じ(日常にまだ戻りきれていない感じ)。

父親は車の運転はもう諦めたとのことで一安心。もっとも、福井ほどではないにしろ、車が使えない生活は大変ではあるのだが。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]