田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

田中求之的日々の雑感」の方には新着40、約一ヶ月分が掲載されています。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

13年10月11日 15時29分 着信

今日の組織論の講義は午前中だけ(午後は学祭準備のために休講)。講義室は蒸し暑くて、講義を始める前からすでに汗が出てくる状態。講義を始めたら汗がどんどん出てきて、汗だく状態で、シャツの色も変わってしまったほど。聞いてる学生も暑そうだったが、自分の汗だくの姿に余計に暑苦しかったかもしれない。内容はコミュニケーション論。今年度は受け手の成立の話を最初に入れて、コミュニケーションが2人の間で起きる出来事であることを確認してから、意味が分かる=選択として了解するという話へ。

研究室に戻ってから、私費で買って読んだ新書の選別へ。本の置き場に困ってきたので、もう読まない新書を処分することにした。210冊ほどを選び出した。

レジ袋に詰めて、ゼミの学生にブックオフに売りに行ってもらった。ついでに自宅から持ってきてあった、もうよまないマンガの処分も一緒に頼んだ。でも、新書が210冊程度では、たいしてスペースが空かないんだよなぁ。

その後、サーバのメンテナンス。相変わらずのアタックが続いているが、新規の IP はかなり減って来た。もっとも、WebSTAR の Deny (アクセス拒否)のリストの長いこと!

娘たちは今日から秋休み。福井市は2学期制なので、昨日、1学期が終わった。そういや、今朝、長女が iPod がおかしいと泣きそうな顔。イヤホンから出る音がおかしくなっていた。別のイヤホンに取り替えても同じ症状なので、もしかしたらサウンド関連のハードの故障かな?と思ったが、まずはこういうときのお約束であるシャットダウン&リスタートを試したら、無事に直った。やれやれ。

この週末は特に予定もない。明日は妻と娘たちは朝から出かける(買い物&カラオケ)ので、自分は一人でのんびりと本を読んでいるつもり。昨日、長女の本を買うついでに注文した自分の本もアマゾンから到着。

國分功一郎氏の本が2冊。これと『マルクス 資本論の思考』あたりがこの週末のお供かな。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]