田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

田中求之的日々の雑感」の方には新着40、約一ヶ月分が掲載されています。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

13年08月22日 14時40分 着信

19日〜21日の間、松山に家族で帰省していた。その間もサーバはフリーズせずに動いていた。

19日の朝、自宅を車で出発。北陸道で敦賀まで行き、梅街道で小浜まで行ってから、若狭舞鶴自動車道〜山陽道〜瀬戸大橋〜松山道と走って川内インターで降りた。山陽道のサービスエリアで昼食を食べたのだが、ロッテリアの地域限定バーガーを食べた。

両親の家に行ってから、ホテルへ。今回は2泊なのだが、「たかのこのホテル」という温泉の横にあるホテルに泊まった。部屋は普通のビジネスホテルの部屋なのだが、「たかのこの温泉」に入りたい放題。温泉は源泉掛け流しの気持ちのよいお湯だった。

温泉に軽く入ってから初日の夜は両親と「居酒屋 まつだ」で魚料理を堪能。ここに行くのを楽しみにしていた長女も大満足。その後、父親と「サントリーバー 露口」へ。知る人ぞ知る有名なバーで、父親から話は聞いていたのだが、実際に行くのは初めて。おいしいハイボールを飲む。サントリーの缶のハイボールに濃いめのやつがあるが、あれはこの店の味を再現したものだそうだ。宿に戻ってからもう一度温泉に入った。

2日目は石鎚スカイラインへ。自分も小学生のとき以来になる。面河渓谷で妻と娘たちは裸足になって川に入ってはしゃいでいた。石鎚スカイラインの終点の土小屋まで行くと、さすがに涼しくて風が気持ちよかった。

帰りに久万から川内に抜ける国道を走ったら、途中が行き違いも難しいような山道。久しぶりに車を走らせるのを楽しんだ。宿に戻って温泉にかるく入ってから両親とホテルのレストランで食事。次女はバリィさんのぬいぐるみを買ってもらってごきげんだった。夕食後にふたたび温泉。

最終日は行きと逆のコースを運転。夕方に自宅に到着。全行程 1305 km だった。

今日はまだ夏休み気分を引きずっている。あれこれと雑用やニュースのチェック、それにサーバのメンテナンス&フリーズ対策など。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]