田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

田中求之的日々の雑感」の方には新着40、約一ヶ月分が掲載されています。

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。
田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。

13年05月27日 16時33分 着信

昨日は東郷地区の体育大会の1日。天気がよかったのでしっかりと日焼けした。顔がまだひりひりする。昨日は昼頃に彩雲が見られた。

土曜日は自宅でゆったりと。買い物ついでにピーマンと唐辛子の苗を買ってきて庭に植えたり、流れが悪くなっていた洗面所のメンテナンスをしたりして過ごす。夕食後にリビングで横になったら、そのまま朝までリビングで寝ていた。夏のように暑い日が続いているので家の中は28度ぐらいなので、リビングでごろんと寝ても朝までぐっすりだった。

日曜日は体育大会。自分は場所取りもかねて7時過ぎに小学校へ向かう。テントの回りで地区の人たちとあれこれと話をしたりして過ごしてから開会式。その後、自分は玉入れに出場。今年は娘たちの親子競技はどちらも妻が出たので、自分はもっぱら写真撮影。日差しがきつかったのでしっかりと焼けた。夕方に終了してから、自宅に戻ってシャワーを浴びて一休みしてから、地区の体育大会反省会という名の宴会へ長女と。寿司やオードブルをつまみながらビールを飲んで地区の人たちと歓談。9時過ぎに自宅に戻って寝た。なかなか楽しい一日だった。

今日の Mac の授業は iPhoto 。画像を扱うついでに Preview も取り上げる予定だったが、スライドショーなどの説明や実演で時間がかかってできなかった。次回は GarageBand の予定。

授業後、同僚の Mac のメンテナンス。動作がおかしいというのでディスクのチェックやメンテナンスをしていたのだが、5年前の iMac でメモリーが1Gなんで、動作が遅いのは仕方ないというところか。それでも不可解な現象が残ったので、一度、業者に見てもらった方が良いのでは、と言っておいた。

honto から本が届いた。

『プリンプリン』に漢詩に音楽関係が2冊。「プリンプリン物語」は、自分がちょうど高校3年生の時に放送されていた人形劇。学校から自宅に戻ると1時間ほど寝てから起きて、夕食前にこれを見て、夕食を食べてから自分の部屋で受験勉強、という生活だったのだ。大学の下宿には TV が無かったので(電話も TV もなかった。下宿の共同の TV が1台。そんな下宿がまだあった時代)、最終回まで見ることができなかったのだが、自分が見た NHK の人形劇の中では一番好きな番組である。というわけで、思わず買ってしまったのである。

音楽関連の方では『ピアノの歴史』(原題は A Natural History of The Piano)に期待。ピアノについて色々な角度から書かれた本(ピアノの博物誌ってところ)。届いて冒頭を読んでみたらオスカー・ピーターソンの話から始まってる。それだけでビンゴ!って感じ。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]