田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

12年12月20日 15時39分 着信

昨日は教授会が終わってすぐに帰宅したので、このページへの投稿を忘れていた。もっとも、とりたてて何があったというわけではない一日ではあったのだが。

今日は卒論指導と4年のゼミだったのだが、諸般の事情でどちらも休講になった。

このところ『制度としての基本権』を補助線に使いながら『公式組織』の議論を整理するという作業をしているのだが、一昨日から『基本権』の原書にあたりながら術語を確認するという作業をしている。ルーマンの翻訳は訳者によって訳語がかなりぶれるところがあるのと、『基本権』の場合は、同じ本の中であきらかに同じ語を別に訳しているだろうと思われるものがあるからだ(2名で訳しているので、そのためだろう)。『基本権』の人格(人格システム)の議論と『公式組織』の公式化されたシステムの議論を合わせると、この頃のルーマンが近代社会(分化した社会)をどのようにみていたか(組織にどんな意義を見いだしていたか)がくっきりとする感じがある。うまくまとめられればいいのだけど。

長女の iPod Touch が届いた。これでサンタの仕入れは完了。後はラッピングをすればいいだけ。

bk1 とアマゾンから本が到着:

『醤油鯛』は、気になっていたが買いそびれていた本。自宅では『ジャコバン派の独裁』を読み始めた。

同僚の Mac のメンテナンスが入ったのだが、メモリーが 1G だと今では苦しいということを実感。やっぱ 4G はいるよなぁ、今なら。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]