田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

12年12月17日 12時34分 着信

金曜日の帰りの買い物の際、マンガの新刊を買いにショッピングセンター内の書店に寄った。ゲームも扱っている店なので、まさかとは思いながらも念のため 3DS のゲームのところを見てみたら「とびだせ どうぶつの森」のパッケージの在庫が。無事にサンタの課題をクリアできて、うれしくていつもより少し高めのワイン(っても1500円程度のやつ)を買ってしまった。長女の iPod Touch は土曜日に長女に色などを選ばせてアップルストアに発注し、こちらもクリア。次女の「どうぶつの森」はダウンロード版を覚悟して、娘たちの 3DS の SD カードを 32G の Class 10 のものに買い替えたのだが、その必要はなかったということに。まぁ、体験版なんかをあれこれ落としているようだし、よしとするか。

土曜日は娘たちといつもの週末。昼食のパンをいっしょに買いにいき、買い物をして自宅へもどってからは、のんびりと本を読んでいた。『ニュートンと贋金づくり』を読み終えた。ニュートンの伝記として面白く読んだ。錬金術へのこだわりについても納得いく説明がなされていたし、中央銀行や金融などの解説も分かりやすくて、良い本だった。続いて『物語消費論改』と『ウィトゲンシュタインvs.チューリング』をぽちぽちと。後者はけっこう期待している(ウィトゲンシュタインの授業にチューリングが出ていたことは知らなかったし)

日曜日の朝、久しぶりにちゃんとした?風邪を引いてしまったことに気がつく。微熱があり、のどから気管支あたりが痛い。とりあえずひどくなる前に選挙だけは行っておいて、自宅に戻って朝食を食べてから、再び布団へ。村上春樹のチャンドラー『大いなる眠り』を読みながら寝ていた。すこし寝たこともあって、体は楽になったのだが、昼食に家族でマック(チキンタツタが復活してるので)という予定はパスし、妻と娘たちが出かけた後も自宅でゆっくりと。チャンドラーを読み終え、他の本を読んだりしているうちに地区の年末総会の時間になったので出かけた。総会の後には忘年会があったのだが、やはりゆっくりと酒を飲むという気にもならず、忘年会はパスして帰ってきた。夜は選挙速報を見ながら酒を飲むというのがこの週末の楽しみだったのだが、さっさと寝てしまったのだった。

今日もまだ喉や胸のあたりに違和感が残っているのだが、熱も下がって、だるさもないので、いつものように大学へ来た。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]