田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

12年11月27日 17時03分 着信

雪も近いと思わせる寒い一日。

午前中は大学院の授業。内閣府が3月に出した「若者の考え方についての調査 報告書」を読んできてもらって、中身についてディスカッションした。受講生は中国からの留学生なので、どうしても日中の比較や、自分の世代と今の若者がおかれている環境の違いや変化が焦点になるが、なかなか面白かった。

午後は3年生のゼミ。組織論のテキスト原稿の検討なんだが、天気が悪いこともあってか欠席者も。それと就活の解禁日の12月1日が近づいてきたこともあってか、髪を真っ黒に染めてきてたり、関連する話題がもりあがったりと、すこし浮ついた?感じであった。まぁ、仕方がないが。

友人である玉岡さんからジャズに関するメールが送られてきた。このところ、ジャズから少し離れた感じで、車でもグールドのイギリス組曲がヘビーローテーション(その他のバッハのやつも)という状態なんだが、メールを読んでいて、眠っていたものがむっくりと起き上がり始めた感じがする。

そうか、自宅の CD プレイヤーを娘たちに貸してしまった(とられている)のもジャズから少し離れてしまった原因かもしれない。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]