田中求之的日々の雑感

【福井県立大学・経済学部の教員である田中求之(たなか もとゆき)の日記のようなもの】

ここに記されているのは、あくまでも田中求之の個人的な意見や感想です。田中の所属する組織や田中の公的な立場の見解ではありません。「田中求之的日々の雑感」の方には新着40(約一ヶ月分)が掲載されています。

12年11月05日 12時36分 着信

なんかすっきりしない天気である。

3日の土曜日は娘たちの小学校の授業参観日。午前中に出かけた。娘たちの学校での顔みたいなものを知ることができて面白かった。それと、小学校の授業を見ていて、進行がゆっくりしているなぁと感じた。娘たちのクラスはどちらも20人以下の少人数になっているので、先生が一人一人の状況を確かめながら進行しているということもあるのだろうが、小学生にとっては、これぐらいのテンポで学びは進んでいくものなんだろう。それが今回は新鮮だった。自宅に戻ってから夕食の買い物に行き、あとは『欲望の植物誌』を読んでいた。4つの植物の人間との関わりを描いている本なのだが、自分が一番面白かったのはマリファナについての章だった。マリファナについては知らないことばかりなので当然と言えば当然なんだが。なかなかの収穫の一冊だった。

4日は自宅でのんびりと。夕食は回転寿司へ。なかなか混んでいたが、客の回転も早いようで、思ったほどは待たされなかった。客が多いということで回っているネタの種類も多かった。

[1つ前の投稿][前後をまとめて表示][次の投稿]